グスタフ問題

先日グスタフのバリエーションを描きましたが、改めてグスタフについて。
深く考えるとグスタフは難しいゾイドだなあと思います。
コメントでも頂きましたが「沼」です。
それは何ゆえ戦闘用に改造されなかったのかという事です。

積極的に試作型が開発されている事から、軍としては出来ることならグスタフを戦闘用にという期待があった事は確実です。
さてグスタフですが、まさに超重戦車になれる可能性を秘めています。

格闘戦は全く期待できない。
立体的な闘いが全く出来ない。旋回性能もカノントータス以下だろうから、接近されれば全く為す術はないでしょう。
ただ大砲を積む事さえできれば、優秀な支援機になれます。後方から支援砲撃を行う用途としては、要するに自走可能な砲でありさえすれば良い話なので、極めて有効に機能できそうです。

ビーム砲はゾイドのエネルギーを使用して撃つと思う。だから発射時にはエネルギーを一点集中して撃つような動作が必要と思う。
グスタフはそのような事が苦手なのかもしれない。
グスタフはパワーはある。しかし「長時間に渡って一定の速度を維持する長距離輸送」のような事は得意でも、瞬発的なエネルギーを発揮する事は苦手というような…。

ただ、これは共和国お得意のキャノン砲を積めば解決できます。
火薬で撃つ砲なら、グスタフのエネルギーというのはさほど関係ない…。
キャノン砲を積むには、「積めるだけの頑丈さ」さえあれば良いという話なので…。

てっぺんに旋回式の砲を。側面にゴジュラス用長距離キャノン砲を。
そんな風にしたら、後方支援機として最高の機体ができそうなんですが…。
グスタフの頑丈さや搭載量の多さから考えると、この程度の増設は容易でしょう。
全て火薬式の砲にすれば、エネルギーがどうという問題も起こらないだろう。

このような仕様で運用できれば、最強の支援砲撃機が完成する…。
ゴルドスあたりと組んで存分に長距離砲撃をして頂きましょう。
運用できていれば、大活躍してそれこそ戦史を変えていたかも…。
でも、そうはならなかった。

もしかすると、火砲を発射する音にさえビビる臆病さがあるのかなぁ……と思いました。
その音や発射衝撃によってコンバットシステムが容易にフリーズするような…。
ただ、それなら「戦場に赴き傷ついた味方を回収する」ような事も嫌がるだろうしなぁ…。
なにも戦闘が終わった後に赴くだけじゃなく、いまだ弾の飛び交う戦場に突入して回収するような場面もあっただろう。

んー………。どうなのだろう。
もしかするとグスタフは「臆病ではあるが、自分の任務には忠実なのかもしれない」という説も。
任務…回収する事を理解し受け入れているので、戦場には赴き回収任務をする。
もちろん怖い。怖いけど、その際は任務を理解しているから「コンバットシステムがフリーズする」ではなく「はやく回収して逃げたい」になり、結果として回収を迅速に行う事につながる。

後方支援機として「撃つ」事だけをやらせると、それ自体が任務となってしまうからグスタフは嫌がってしまい上手くいかなかった……。

ただ、ムンベイ仕様の箱裏には砲をぶっ放しつつ突撃している勇ましいグスタフが載っています。
そのように、中には戦闘に耐えうる暴れグスタフ的な性格の個体も極少数は居るのかも。
そうした個体ならば戦闘用としても有効に機能させる事ができる………、それゆえ軍は全グスタフをそのような性格に調教した上で戦闘用に転化できないかと検討している……が、なかなか上手くいっていない。
そんな風な事なのかも。

メカ生体時代にも機獣新世紀時代にも戦闘用としては運用されなかったグスタフですが、メカ生体ゾイド末期のキメラ技術が発達した時代…あの技術がそのまま継続研究されていれば。
あるいは新世紀の末期、ブロックスの技術がそのまま発達していれば。
グスタフにとっては可哀想ですが、全グスタフをむりやり戦闘用に最適化し運用する事もできていたのかも。
ただそんな風にしちゃうと、ついにブチ切れたグスタフが大群で真っ赤な目をして突撃してグスタフ大海嘯を起こすかもしれませんねぇ…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まあ臆病ってか優しいって感じですかね(笑)
敵を攻撃するのは味方のためであってもきついけど味方を後方に下がらせるためなら危険な処でも行ってしまうってのはそんな気がします。
でもそれだと、戦闘勃発前なら良いけども勃発後に味方を最前線に送り込むことは難しそうです。。。
ゼネバス専用デスザウラーをデッドボーダーまで運んだグスタフはなんか強そうな飾りもあってへっちゃらぽいですが、その辺もやっぱ機体ごとの個性なんですかねー。

No title

先日もコメントしましたが、確か/0に暴れ牛みたいに動いてたデコトラみたいなグスタフがいた覚えがあるので、
個体によっては戦闘にも適応する勇ましいグスタフがいるかもしれませんね。

アニメのムンベイ仕様グスタフ見る限りでは小火器程度なら大丈夫かもしれませんし、ジェノザウラーの荷電粒子砲にその身を晒して盾になるくらいは肝は据わっているかも・・・。
(ただしムンベイのグスタフがそれくらい肝が据わっている特異個体なだけかもしれませんが・・・。)

ところで、PSゾイドシリーズでは一応グスタフの武装は体当たりになってましたね。
(他に武装らしい武装が無いからゲームシステム上一つでも攻撃用の武装を持たせるには体当たりくらいしかなかった可能性もあると思いますが・・・。)

No title

こんにちは。
グスタフの考察、面白いですね。
グスタフはダンゴムシだから、衝撃を感じると丸くなり、動かなくなるのでは?
敵の攻撃を受けるだけでなく、自分の背負った巨大な砲の反動でも同じかもしれませんね。
まあ、それはゾイド特有の、モチーフに依存した考えですが。
私がグスタフの砲撃タイプが存在しない理由は、合理性だと思います。
戦場には、巨大な輸送システムが必要です。
ところが惑星Ziでは、道路や鉄道を利用した軍事輸送はあまり描かれません。
時々描かれる輸送手段は、ゾイドを改造したものが多い(デスザウラーの部品を運ぶ謎のトレーラーなど)。
さて、例えばウルトラキャノン砲は36センチ砲なので、ざっくり金剛級の主砲と同じくらいの砲弾を使用すると想定すると、1発が約600kg。
一回の戦闘でどのくらい砲弾を使用するか、正確には分かりませんが、4連装なので、5斉射すれば20発、12tになります。
ウルトラ1機が戦闘を行うために、常にこの程の輸送能力が随伴しなければならない。
鉄道や道路が貧弱な上、不整地が多い戦場ではグスタフ以上の輸送力はない。
グスタフがフル稼働で輸送に従事しないと、前線の兵装はすぐに枯渇しそうです。
つまり、あまり得意ではないグスタフ砲戦タイプを作るよりも、砲戦ゾイドの補給輸送に従事した方が合理的ではないか、ということです。

また、これもウルトラキャノン砲を例として、グスタフ砲戦タイプを作ったとしたら、と考えますと。
ウルトラキャノン砲の射程は100kmとされています。
さて、帝国軍にアイアンコングがいた場合、そのミサイルは射程200kmです。
巨大な砲を積んだグスタフは、ざっくりトレーラー牽引時と同じ程度の速度になるとすれば、時速50km/h。
全力疾走で敵を最大射程圏内に収めるだけで、2時間もかかります。
また、帝国軍にサーベルタイガーがいた場合、最大戦速で接近されると、30分で近接戦闘に持ち込まれます。
ウルトラキャノン砲がどれだけ連射できるかは分かりませんが、これも仮に大和級や金剛級の主砲を想定すると(主砲形式によって弾丸装填方法が異なるようで)、ざっくり40~100秒。
砲撃諸元を統合・修正しつつ、砲身の冷却を想定すれば、5分に1射撃、といったところでしょうか。
つまり、サーベルタイガーの接近までに、6回の砲撃が可能となります。
が、高速で接近する敵を、6度の砲撃で精密に撃破するのは、おそらく相当困難と思われます。
もちろん、グスタフの前には前衛部隊がいるはずです。が、それらとサーベルタイガーが近接戦闘に入れば、もはや同士討ちの恐れから砲撃できません。
すると時速50km/hでしかない上、小回りがきかないであろうグスタフは、攻撃も前進も後退もままならない、遊兵になってしまいます。
野戦ではなく、攻城戦や防衛戦ではどうでしょうか。
攻城戦は、基本的に攻撃側の損耗が大です。
敵の火力が集中するそのような前線では、臆病なグスタフは丸まって固まる防衛本能が発動しそうです。
防衛戦では、確かに威力を発揮しそうです。
しかし、機動力と運動性能に欠けるグスタフは、ほとんど固定砲台として運用されかねません。
すると、別にグスタフに装備しなくても、防御を固めた陣地に巨大砲を設置するのと同じです。

また、これも私のイメージに過ぎませんが、ゾイドは陸上(航空)兵器としては、おそらくかなり高額な兵器なのではないでしょうか。
メカニズムなどを考えると、戦車や自走砲よりも、ずっと生産コストやメンテナンスコストがかかると思われます。
また、生命体という特徴もあります。
そのため、そう簡単に損耗させないよう、軽微な損傷といえども、回収・修理・整備などに力を尽くし、機体の完全喪失を避けようとするのではないでしょうか。
自走できない状態のゾイドを後方に輸送出来るのはグスタフだけです。
グスタフを戦闘に回すより、傷ついたゾイドを後方輸送して戦線復帰させるほうが、より戦闘力の回復に寄与するのではないでしょうか。

そんなわけで、グスタフはやはり輸送メインで運用する方が部隊の戦闘能力を高めるのではないでしょうか。
長文失礼しました。

No title

りがとうございました。
 グスタフがコクピット真っ赤に光らせて大暴走すりゃあそれは怖いなあ。グスタフ大海嘯はまさに悪夢だろうなあ被害的にも絵面的にも。
 普段大人しいなだけに、暴走するときはかえって一塊になって暴れそうですね。散らばらないぶん余計に破壊力が!


 ところで、なんでグスタフを輸送用に使いながら実戦に使わないのか、を、ふと、変な感じで思いつきました。……思いつきの珍説ですよ?
 それは、「グスタフは実はものすごーく貴重なゾイドなのだ」「あの修理アームはグスタフにしか使えないのだ」説。

 ええー…、っていう感じですが……いや三式さまが悪いのでございますよ? グスタフと王のダンゴ虫を繋げてしまうからでー(転嫁)
 ともかく……ダンゴムシはたくさんの足を持ち、どこぞの王の虫は金色の触手を持ちますが、実はあの修理ユニットはグスタフの触手/足を接続して細かく動かすもので、グスタフは走りながら修理アームを操作できるほとんど唯一のゾイドである……とか(アニメ版ではグスタフが触手を出すシーンはあります。マウントオッサにて)。
 運ぶだけならそれこそゴルドスやマンモスでもできるし、ホエール系やタートルシップ系なら体内に基地並みの本格的な修理施設を作ってしまえる。しかし、安くて取り回しがいい一般サイズのゾイドで修理ユニットを細かく動かすのは実はグスタフだけの特技である。マンモスにあのトレーラーをつないでも、曳かせることはできるが修理アームを細かく動かすことはできない……とか。
 これなら、「相当数配備されている+強化の余地はある」「なのに軍事転用されない」ことの説明になりませんか?
 つまりグスタフの損耗=小規模前線施設の損耗(本格設備を望めず大型母船も来れないような)であり、たとえ頭数が不足していても、「ほかでも代用できる」戦闘部隊に使うことはしたくなかった、とか。「こんな補給も来ねえ貧乏基地じゃあ、シールドライガーよりもグスタフのほうが大事なんだよ!」なんて。

 まあそれだと、なんでグスタフに限ってそれができるんだっていうことになりますね。あれだけハイテクを誇る世界で修理ユニットの汎用化がされていないのかというと疑問だし、そもそも触手を伸ばしての修理が得意って、それじゃ完璧に銀幕の帝王ダンゴムシじゃねえかって感じですが。

No title

強い弱い以前にグスタフを戦闘用にすると、目的地に到達する能力という意味での機動力が絶望的なんですかね。
ゴジュラス用のキャノンセットでもゴジュラスとMk-II(量)との重量差から単純に見ても35トン近くあり、ゴルドス等に比べグスタフは軽すぎるので反動対策の装備等もと考えたら大改装でしょう。砲に見合う観測・照準能力の有無も疑問が残ります。
速度も最大積載時の50km/hに迫るほどに鈍重になると思います。仮にMk-II(量)と同じ70km/hとしても、これらは恐らく整地の話。地形踏破能力ゾイド界最底辺を這い進むであろうグスタフを連れた進軍は数値以上に遅くなると思います。

後方支援砲撃にしてもキモは同じで、活動する地形が限られ、砲撃地点に就くのも、地点間の移動も遅い。適時に適地に至れないデメリットは何物にも代えがたいのだと思います。

そもそも素のグスタフの生存率は装甲に加えゾイド人の気質みたいなのも手伝ってたんじゃないでしょうか。非武装の回収作業機を撃退こそすれ躍起になって仕留めに掛かろうとまではしないみたいな。それが完全武装で重砲向けてきたらさぞヘイト稼ぎそう。

No title

もう終わったゲームの話なので誰も覚えていないかもしれないですが、
マテリアルハンターにはモノスゴイ速さで体当たりしてくるトゲトゲのついたグスタフいましたね。

No title

武装グスタフ……。
なんとなく二次大戦時の英国の『BISON移動トーチカ』みたいな顛末で終わりそうですねぇ。

No title

グスタフのマラソンランナーのような持久力を評価された結果、戦闘より輸送ゾイドとして重宝されたのではないでしょうか。
一度は砲撃戦用機としてのプランがあったが、自走砲のように「撃っては位置を素早く変え、また撃つ」という、動き方は瞬発力に加え、立体的な機動力が必要。グスタフには向きません。それこそサーベルタイガーに長距離砲を搭載した「スナイパー」が多大な戦果を上げた例もあります。
グスタフは不整地で、安定して長距離の輸送ができます。同じような能力をもったゾイドが多く存在しないため、「優先的に」輸送任務にあてがわれた結果、戦闘ゾイド化は幻になったのではないでしょうか。

No title

たしかバトストの戦力比較のところに戦闘能力は低いがトレーラーについ武器を積めば強力な機体に・・・的な起債があったような

やはり戦闘用としては不向きだったのもあるでしょうがゴジュラス、ウルトラ、アイアンコング、デスザウラーをさしおいてホウゲキゾイドとして運用するメリットがなかったかもしれないですね
闘争心も上の4体と比べてもおとなしそうですしね

軽すぎる?

グスタフの場合、闘争心の問題もあるでしょうが、そもそも軽すぎて反動に耐えられない可能性もあるんじゃないでしょうか?
ゴジュラスでさえキヤノン砲を使用するのに反動を抑える必要があるのに68tしかないグスタフでは難しいと思います。
かといって他の砲では口径が小さくなるからゴルドスやカノントータスと変わりないでしょうから付けても無意味と判断されたのではないでしょうか?

前回のグスタフ考察に自分で書いたコメントに対してですが、あまりに巨大な火砲だと牽引は余裕でも発射の衝撃で機体が吹っ飛びそうですね
そうなるとビーム系が良いかもしれませんが、瞬間的に消費される分、エネルギーの容量的と機体の相性に不安が残るという…なんとも難しいですね
装備するならば小型の火器をハリネズミのように配置するくらいでしょうか
戦闘に向かないのは性格もそうですが、この丸っこい体型にも原因がありそうですね
車輪にしろキャタピラにしろ虫のような多脚にしろ、ぬかるみはかなり苦手な地形なはずですし、敵からの体当たりや突然の足場崩壊などで万が一にも転倒した場合、自力で体勢を立て直すこともままならないように思えます

No title

>No Nameさん
けなげな性格なのかもしれませんねー。
戦闘に出すのが可哀想になっちゃうくらい。

皇帝専用機を運んだ黒いグスタフは、さすがに特別仕様機だったのかもしれませんね。
ムンベイ機に負けず劣らずの暴れグスタフで、それゆえ親衛隊に所属したというような…、

>ラウルさん
ムンベイ仕様は、ムンベイが漫画版にみられたような「気」の使い手であって、グスタフと対話をした結果あのような戦闘をもいとわない勇ましい性格になったのかなと思いました。
要はあのグスタフは性格というより「ムンベイのためだから」という解釈ですね。
アニメ版や漫画版の世界だと、こんな捉え方も良いかもしれませんね。

PSゾイドのグスタフは、精神集中を覚えさせると最強の一角に・・・・。

>komugiさん
なるほど、確かにウルトラが居るから輸送に集中してもらったほうが良さそうでもありますねー。
ふと量産前なら…とも思ったんですが、その穴を埋めるようにゴジュラスMK-IIも就役している…。
やはり無理をしてグスタフに砲を載せるより輸送に となったのかもしれませんね。

戦場ではあらゆるシーンを想像しなきゃいけないから、「総合的に」導くと、やっぱり難しいという結論になりそうですね、、、。
共和国は言わずもがな。帝国もレッドホーンとコングで十分に代行できる。
むしろ無理に運用してもデメリットが目立つような…。

>ハデスさん
一斉に突撃したら、なんていうかグスタフは走らない。歩かない。車輪で動きます。
だからローラーで轢くような感じになる。被害状況は恐ろしいことになりそう。文字通り平地になっていそうですね・・・。

修理ユニット(ムンベイ仕様に付属するアームなど)は、もともとは陸上基地用装備として発売されたものなので、残念ながら独立運用できそう・・・。
でも、トレーラーに乗せて破損しないように丁寧に運ぶことが出来るのはグスタフだけかも。
(マンモスが荒っぽく牽引したら壊れちゃいそう・・・)
そうした意味では、前線で確実に修理ユニットを使えるのはグスタフだけですね。
華々しい前線だけでなく修理は極めて重要なので、それをこなせるグスタフが多く求められたのは自然なことだと思いました!

>No Nameさん
軽いのは確かに思ってました。
車輪なので発射の反動は後方に動く事で逃がせないかなーと思っていましたが、射角が限定されそうでもありますね。
マルダーの様に地上に吸着できるなら大丈夫なんでしょうけど、、、やはり厳しいかな。
箱裏バリエの砲は、ゴジュラスキャノンよりは小さい。これが物語っていそうですねえ。。

ゾイド星人の気質はかなり影響していそうですね。
あの格闘主義を見るにつけ、こだわりは極めて強そう。グスタフを使うなんて・・・という風潮は強そうですよね。

>No Nameさん
あのゲーム、全体的にそんな仕様ばっかりでしたね・・・・・・・・。

>NoNameさん
バイソン移動トーチカ! 初めて知りました。
面白い兵器なので調べてみたいです。地球の兵器も置くが深いですね。

>A-10に乗りたい人さん
短距離ランナータイプではなく、絶対に長距離ランナータイプですよね。
瞬発力に乏しいけど長距離を走った状態でも速度が何ら落ちていないような感じ。
ライガーとは全くもって逆の感じ。
やはり総合的に「他のゾイドで代用できるか」等も加味して導くと、戦闘用としてはグスタフは厳しそうですねえ。

ただ、新世紀の世界でもグスタフの戦闘ゾイド化が研究されているのが疑問だったりも。
(もしかして、この時代はグスタフが比較的多く生き残っており、ゾイド不足にあえぐ軍が予備戦力にしたいと願ったのかも…)

>w15さん
惜しいと思わせる要素がありつつも、他のゾイドでやればいいじゃないかという事でしょうね。
ただ装甲の分厚さはホントに凄くて、生存性を重視するパイロットが居ればグスタフの戦闘ゾイド化を強く嘆願したりもしたかもしれませんねぇ。

>YHさん
水平発射ならともかく射角を変えればマズいかもしれませんね。
カウンターウェイトは積めなくもないと思いますが、大掛かりになるのかもしれませんねー。

>横転臼砲さん
ビーム砲は瞬発力の無さそうなグスタフでは厳しそうですね。
エネルギータンクを装備するなりしておけば、一発程度は発射できると思いますが、後が続かなさそう・・・。

ハリネズミ的に対空砲を積めば、シュトルヒやシンカーにとっては脅威になるでしょうね。
その辺はウルトラザウルスなど防空に優れたゾイドの存在により採用されなかったのかも・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント