帝国側対空装備

先日書いた共和国軍対空装備の記事に続いて、今回は帝国軍について触れます。

帝国軍の対空装備は前回さらっと触れていますが、最初期のレッドホーンの時点で完成度の高い砲を得ています。
全周囲への旋回可能で、なおかつ仰角も高く取れる中口径加速ビーム連装対空砲です。



やはり戦況を受けての設計だと思いました。
初期の頃からやっかいな飛行ゾイドペガサロスが居たので、その対処として早期から対空砲の研究が進んでレッドホーンに装備されるに至ったのでしょう。
もちろんこの砲は対地上ゾイド用としても使えると思いますが、キットでは仰角を高く付けた位置で固定されている。その事は対空用を強く意識していることを思わせます。

ただ初期の頃の小型ゾイドにはさしたる対空砲がありません。
レッドホーンの中口径加速ビーム連装対空砲は、バトスト1巻の内部図解ページによると「対ペガサロス用」とされています。
ですが、ペガサロス程度の敵を撃つ砲としてはおおげさな装備にも思えます。
オーバーキルというか・・・。

これを考えるに、初期の頃はビーム砲の技術的な精度がまだ低かったのだろうと思います。
いかにゼネバス帝国といえども。
全体的に、後のビーム砲に比して収束率が低くエネルギーの拡散が激しい。
発射直後は濃密なビームがある(=高威力)だが飛距離が増すにつれ徐々に拡散して威力を落とす。
そんな仕様だと思います。

遠距離(高空)でも十分な威力を残すなら大口径ににする等して「遠距離で威力が減った状態でも最低限の破壊力を残しておく」ような仕様にする必要がある。
というのがレッドホーンの中口径加速ビーム連装対空砲なのだと思います。

こんな苦労をするなら素直に実弾砲を使えという話になりそうですが、そこはまぁ先鋭的な装備を好む帝国の思想が反映されている気もします。
また、ここで苦労をして大型対空ビーム砲を作れば、技術的に大きな蓄積が得られる。後に発展したビーム砲を開発でき共和国を圧倒できるという目算もあったと思います。
実際に帝国軍はコングMK-IIの大型ビームランチャーや荷電粒子砲など圧倒的なものを開発しています。
その目論見は正解だったと言えるでしょう。

共和国軍が大型ビーム砲をようやく実用化したのはシールドライガーMK-IIのキャノンビーム砲の時。
それまではコマンドウルフのニ連ビーム砲座が最大だったからなぁ。

レッドホーンはバトスト1巻戦力比較表によると、サラマンダーに対抗するのは難しいともされている。
中口径加速ビーム連装対空砲は対大型機用としては非力なようだ。
この事は、先に書いた説を裏付けていると思います。高空ではエネルギーが拡散して威力が低下している。サラマンダーには決定打にならない・・・。


さて、ともかく対空砲は帝国軍が初期から優れたものを持っていた。
その後、帝国軍は地対空ミサイルの開発にも死力を尽くすようになります。

アイアンコングの6連発ミサイルは低空に降りたサラマンダーを撃つ事が出来る。
コングMK-IIの高高度ミサイルは航空を飛ぶサラマンダーさえ捕らえる事が出来る。
計画のみですが、ディメトロドンも背びれに無数のミサイルを装備した防空タイプが開発されていたようだ(箱裏バリエ)。


こうして見ると、帝国軍は対空装備としてビーム砲→高性能ミサイルへと変化している気もする。
やはり、いくら収束率をあげても遠距離(高空)では威力が減衰するという根本的な問題を解決する事はできない。
高高度を飛ぶサラマンダーを落とすビーム砲は無理があり、それでミサイルに注力するようになったのかもしれないなぁと思いました。


そういえば、共和国軍は後々に対ギルベイダー用としてディバイソンコブラを開発しています。


対空用超巨大ミサイル。
共和国軍はキャノピーから装甲式コックピットに移行したことといい、帝国軍の後追いが多いなあと思いました。

ただ、同時期の共和国軍はレーザーネットだのマグネゴジュラスだのゴジュラスボルガだの珍妙な対空装備も多く試作しているのですが。


優秀なお手本を失った共和国軍が迷走しだしたのだろうか…。
いやでも、ボルガはともかくレーザーネットとマグネゴジュラスは見事にギル・ベイダーを一時的にせよ拘束して見事に成果を示しているので珍妙というのは失礼かもしれませんが。
でも、やっぱり珍妙というか、対空すら格闘戦的な発想で行おうとする共和国軍には染み付いた何かがあるなと思えてならないな。

ゼネバス帝国軍がそのままあり続けていれば、ミサイルの次に何が来ていたかを考えるのも面白いかも。
と、そんな感じで帝国側でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ディバイソンコブラのところにさらっと書いてあるんですが、中性子ミサイルって、何ですか? 何か、中性子爆弾を思い起こさせるネーミングですが……。だとしたらゾイド星にも核兵器がある、ということですね……。

No title

ディバイソンがさらっと中性子ミサイル撃ってるのが面白いです。
単に原子爆弾等の字面を避けたか、撃破に至らずともパイロットともしかするとコアを放射線で害す意図で敢えて中性子爆弾なのか、実物と無関係のSF風ネーミングなのか・・・

No title

想像ですがレッドホーンの対空砲は回転するので
頭や背中の部品と干渉するのを避けて角度が固定された
のではないかと思います。
その結果「この砲は対空砲にしよう」と設定されたのではないかと。

普通ロボットは、漫画があって、その設定通りにプラモが作られる訳ですが、昔のゾイドは逆でキットがまずあって、それに設定をつけたり、漫画がつくられると言う順番だったと思うのです。

そういった現実世界の都合でなぜそうなったかを考えるのも楽しくないですか?

No title

 レッドホーンが大型ビーム砲を対空火器として開発したのには、一つにはビームが実体弾やミサイルよりもずっと速く飛ぶこともあったでしょう。

 小説版ガンダムだとビーム兵器というのは実に恐ろしい代物で、スピードは光の速さに匹敵し見てからの回避は至難、その上かすっただけでも拡散するビームの粒子が突き刺さって、装甲に見えない穴を無数に開けてボロボロにするとか。
(もっともビームは直撃しないと意味がなく、そこは火薬よりもやりにくいそうです)

 低空を飛ぶとはいえスピードに優れしかも小さいペガサロスを地上から落とそうというなら、ビームかレーザーを使わないととても無理という思いもあったのでしょう。

 もちろん三式さまのご指摘通り、あえて高いハードルを設けることでゼネバス・テクノロジーの礎にしたことは間違いないと思います。


(実は角川スニーカー文庫・小説版ガンダムはものすごくSF的・哲学的要素が強いので、新しい視点を取り入れるのにおススメです。文体はむちゃくちゃ難解だし展開はアニメと全く違うしで、とっつきにくいのは確かですが)

No title

>す さん
中性子爆弾でしょうね。爆弾に使ったかミサイルに搭載するまでに小型化した以下の違いだと思います・・・。
さらっと書いていいものではないですね。

>No Nameさん
生物ですからねー・・・。そこを狙って黒い共和国軍が撃った可能性は否定できないです・・・・。

>サンボルさん
そうですね。
頭部のフリルは何とか避けられるんですが、フリル周辺の砲に干渉しちゃいそうですね、、。
あの不自然な角度はキット的にはそのような理由があるのでしょうね。

そう思うとクリムゾンホーンの歩行に干渉しまくる六連粒子砲はもう少し考えて欲しかった、、。

>ハデスさん
ミサイルはM3以上も余裕で出る上に追尾性が期待できるのでビーム砲に比しての利もあります。
ビーム砲はエネルギー消費がどの程度あるかが問題になってきそうですね。
また遠距離においてどの程度の威力減衰が起こるかも興味深いテーマです。
もっともペガサロスが相手なら威力が減ったところでどうという事は無さそうですが…。

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント