VS大関

先日書いたキンゴジュの強さに関する記事の続きです。


コチラの記事で、「キンゴジュの運用は短期間だが、倒たゾイドの種類が多い」と書きました。
うむ、短期間でこれだけのゾイドを倒したのは凄いなぁ。
「戦わなかっただけで、こいつならいけたかも・・・」という希望を全て排除しているんですよね。

デッド・ボーダー、ダーク・ホーン、アイアンコング、デスザウラー、ガン・ギャラド、ギル・ベイダー。
みんなやられたという。

・・・面白い事に、ゾイドは「戦わなかっただけで、こいつならいけたかも・・・」が後に実現する事が多いのです。
デスザウラーはマンモスを倒す描写がなかった。後年に雪原でまさかの敗退をした。
マッドサンダーはレッドホーンを倒す描写がなかった。後年にダーク・ホーンに土をつけられた。

キンゴジュは…ないなぁ…。
あらゆる敵を倒している。
「こいつとはまだ戦っていないからどうなるか分からない」そんな希望を容赦なく叩き潰している。


さてそして、今回は戦い方にも注目したいです。
「無敵」といえばキングゴジュラスですが、イメージで言うとデスザウラーもかなりのものがあると思います。
デスザウラーが無敵さ・次元の違いを印象付けたのはゴジュラス大部隊との決戦だと思います。


これ。

少し前のゴジュラスギガの記事で、年末商戦用の決戦ゾイドは「まず大関を倒す」「そしていよいよ横綱に挑む」と書きました。
これはデスザウラーはゴジュラスを倒してからウルトラザウルスに挑む。 マッドサンダーはコングを倒してからデスザウラーに挑む という事ですね。

デスザウラーが格別なのは大関との一戦だと思います。
マッドサンダーを例にとれば「塔の上の悪魔」の強力コングを倒しました。ですが、機数で言えばコングは一機でした。
まぁ「要塞ごと破壊した」というのは凄まじい事なんですが、やっぱり戦いというのは「ゾイド対ゾイド」が印象に残ります。そういった意味でいうと「コングを倒したマッドサンダー」という印象の一戦だったと思います。

ではデスザウラーはといえば、大関を倒したというのは同じでも、「ゴジュラス大部隊」を倒したという、これはもう凄まじい数を制した所が凄いと思います。
この事が、デスザウラーの無敵イメージを強くしているんだろうなあと思います。

マッドサンダーだって、学年誌を見れば「複数のコング含む帝国部隊を単機のマッドサンダーが壊滅させる」という号もあるのですが、

コチラはマッドサンダーは地中からの奇襲で敵を浮き足立たせてから壊滅させていた。しかも最初にコングを倒していたのでおそらく指揮系統を乱した上で残りを殲滅した。
対してゴジュラス大部隊との戦いと言えば、ゴジュラス大部隊がデスザウラーを取り囲む圧倒的優位な状況を作り、しかも先制攻撃で最も得意とする格闘戦を挑んだ末に大敗したのだから印象は倍増です。
デスザウラー凄し。

さてキングゴジュラスですが、細かい描写を見てもデスザウラーのような無敵イメージがあります。
キンゴジュに対して行われた暗黒軍側の対策というのは、主に混成部隊をぶつけることでした。


コチラのシーンでは、デッド・ボーダーとガン・ギャラドとガル・タイガーが一斉に攻撃しています。
そしてデッド・ボーダーとガン・ギャラドは瞬殺され、ガル・タイガーの運命もお察しでしょう…。
このように多くの種類のゾイドが一気にやられている姿を見ると、束になってもかなわん・・・という戦慄のイメージになります。

そして、デスザウラーと戦うシーンもありますが、その際はデスザウラー部隊を相手に単機で挑んで勝っています。


こちら。なんていうか、えげつない勝ち方…。
一機は首を引きちぎられている(よく見ると胴体は踏まれてる)し、もう一機は胴体をぶっちぎられてる。

キングゴジュラスはデスザウラーと戦うシーンは比較的多いのですが、なんかもうどれもえげつない。

ゴジュラスのリベンジを大いに果たしたという事だろうか…。
でも、なんていうかこれは悲惨だ…。
同タイプであるだけに、キンゴジュとしては最も組みやすいゾイドなのでしょうね…。

この頃の大関クラスの暗黒ゾイドは、おそらくガン・ギャラドとデスザウラーだと思います。
大関との一戦においてデスザウラーVSゴジュラス大部隊を髣髴とさせる圧倒的な強さを描いているのですね。
凄いなぁ。
しかも、デスザウラー部隊の敗北の直後には、間を開けずにデス・キャット二機以上を含む暗黒高速部隊がキンゴジュに挑んでいます。
この勝負の結末は描かれませんでしたが、次の号でキンゴジュが健在だった事からお察しです。

ギル・ベイダーも・・・・、あるいはこのように描けば良かったのになあ。
海上を航行するウルトラ大艦隊に挑んで沈めるような。
マッド艦隊を沈めた戦闘は「そら勝つわ」だったけど…、あれがウルトラだったら。
ウルトラが真価を発揮する海で戦い、そして大艦隊に勝利するような描写があればなあ・・・と思いました。
その際に護衛としてサラマンダーF2やなんかを登場させ、その上で勝つだったらより強さの印象が強くなったかも。

ギルは実に惜しいゾイドでした。デザインとか最高なのに。
オルディオスにやられた事も残念ですが、それ以外にも惜しい箇所がたくさんあると思います。

ギルが最高の演出をされており、そしてキンゴジュと壮絶なバトルを・・・というものだったら最終決戦がより輝いただろうにと思います。
話が逸れてきましたが、そんな感じでキンゴジュの無敵のイメージはやっぱり凄いなあという話でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

デスザウラーの生首持ってるところ、引きちぎられた配線が生々しいですね。
その生首がキンゴジュを見上げてるように見えるとか、だらしなく開いた口とかにまた絶望感を感じられます。
サウンドブラスタ―でデスの頭部を破壊してるところも含めて、何というかデスザウラーの頭部デザインだからこそここまで来るものがあると思います。
ゴジュラスの頭部だとここまでにはならないかも。。。

No title

デスザウラー初登場時のゴジュラス部隊を壊滅させたシーンは非常に印象的ですが、ジェノザウラーも似た演出をされているのが面白いです。
改造セイバータイガーとレッドホーンをテストで倒し、次に共和国の大部隊を壊滅させるという流れですが初戦は格闘戦のみ、次に荷電粒子砲を使用して本領発揮というのはデスザウラーを意識しているのかなと思います。

しかしキングゴジュラスはやはり最後だけあってか暴れっぷりがすごいですね。ガンギャラドがギャーッて言ってますし、デスキャットは「なんだコイツ・・・・」って茫然と見てますし、さすが最強と言われるだけのことはあります。
デスザウラーVSゴジュラスでの、いわゆる同タイプなので性能差がモロに出てしまうのをキングゴジュラスに同じように見せつけられているのは皮肉ですが熱くなりますね。

ゴジュラス、といえばゴジュラスギガもフラッグシップ的な機体なのでここまででは無くとも、ある程度の「うわっ、こいつ手がつけられん・・・」的な描写は欲しかったですね

懐かしいな

何がって、土の中から、超巨大ゾイドあらわる!との一文と
キングゴジュラス激パワー大あばれ!の一文ですよ。
両方とも学年誌で見て、土の中から、超巨大ゾイドあらわるの方は自分が初めて見た
マッドサンダーの戦いなんですよね!確かその後のページに荷電粒子砲が効かない!と
デスザウラーとの戦いもあったはず?(記憶が正しければ)

キングゴジュラスのこいつとはまだ戦っていないからどうなるか分からない!みたいな相手は
自分としてはデスキャットがそうだったんですけど、改めて三式さんの学年誌等やネットをみてると
超重力弾砲が、恐らくキングゴジュラスのグラビティーモーメントバリアにはじき返されてるシーンがあり
やっぱりデスキャットもダメだったのかな?とか思ってます。

最近ゴジュラス・ジ・オーガをノーマルゴジュラスにして遊んでいますが、
ゴジュラスが天高く吠えるシーンは絵になりますね!共和国の闘志を燃え上らせる様に
天高くゴジュラスが咆哮し、帝国軍を倒すためゴジュラスを中心とした大部隊が動くって
シーンを最近想像しながらゾイドを楽しんでいます。

アイアンコングもドラミングをして天高く吠えて、帝国の闘志を燃え上らせて、
アイアンコングが指をさし、レッドホーンやセイバータイガー、小型ゾイドがコングと共に進撃する!
何てシーンも良いですね!

ゴジュラスは格闘戦なら無敵って設定をもっと生かしてアニメとか作って欲しいですね。
ジェノブレイカーやバーサークフューラーが格闘戦を挑み負けるとか、
量産型デススティンガーとなら、格闘戦で互角に戦えるとか!
そういったゴジュラスの格闘戦の強さがあったから、
(実際レッドホーンやサーベルタイガー、アイアンコングでは格闘戦で倒せない)
デスザウラーが大関との一戦で格別な意味を持つ戦いになったんだと思います!

ちなみにHMMゴジュラス・ジ・オーガはプレイバリュー高いですよ(^^♪
ノーマルのゴジュラスにして遊べるし、ゴジュラスMk-II量産型にも出来ます。
イイ物手に入れたものです^^♪基本はノーマルゴジュラスにして遊んでます♪

No title

同タイプの悲劇、再び……。

肉食恐竜型の格闘タイプは、本体の格闘性能+大火力砲がフォーマットになっていますね。(例外はギガですが…)。
この組み合わせは戦術の熟成から導かれた装備と言えるかもしれません。
カテゴリーの基本はゴジュラスMK-Ⅱで完成したと考えると、色々とシックリくるように思います。

それにしても、キンゴジュはけっこう残虐ファイターですね……。

No title

セイスモVSウルトラザウルスデストロイヤー
セイスモVSキングゴジュラス
デススティンガーVSマッドサンダー…

描写でどうとでもなりそうですけど…
個人的にはマッドサンダーVSセイスモならどっちか勝つか…ですね

No title

ここでも散々言われてきたことですがキンゴジュの強さを際立たせるためにもギルの戦歴描写は惜しいですねえ。
東の横綱キングゴジュラス、西の横綱ギル・ベイダーが互いに全勝で千秋楽にて決戦なら盛り上がりもキンゴジュの強さもさらにもう一歩上になったと思うのですが、ギルは前日に大関オルディオスに土をつけられていた状態なので…。
オルディオス複数機によってギルを撤退させた、どまりならまだ横綱としての格を保てたと思うのですが。

No title

今回の挿絵で完全にゴジラ映画さながら(FW版)を想像しました。
あれは最初にガイガン(小結)に始まりジラ(マグロ食ってる奴、要は雑魚)から複数体、そしてモンスターX(大関)で最後はカイザーギドラ(横綱)でした。
ゴジュラスはキャノビー、コングは背中のむき出しのミサイル、デスはファン、マッドはRチャージャー、ギルも翼など無理すればどうにかなるような弱点がありますがキングゴジュラスには付け入る隙が無さそうに見えます

ゾイドタクィクス(PS2)でハーマンがセイスモにマッドならどうにかなると言い、最後の3話(2話かもしれない)前にマッドを配備しました。<バトストのディメトロプテラをベースにしたステージです。<最終話ではレイ仕方なくとはいえ閃光師団を懲罰部隊にしたことを謝罪してます<本編でもその描写が欲しかったです

No title

状況として当時の状況を整理してみます。

・キングゴジュラスは首都へと進撃中。
・ギルベイダーはすでに敗北している。
・暗黒軍は何が何でもこいつを食い止めて撃破しなければならない。
・暗黒軍は全軍・全ゾイドを挙げてデスザウラーを中核とした部隊と高速部隊の波状攻撃によってキングゴジュラス攻略を目指した。
・キングゴジュラスはそれらを返り討ちにして首都までたどり着いてしまった。

状況だけを整理してみましたが暗黒軍としてはもうどうしようもない状況ですね、これ。
この後のギルザウラーとの決戦も苦戦を強いられながら勝ってしまうわけですから、描写の上でここまで最強を強調されたゾイドは後にも先にもないでしょう。


比較してみると浮かび上がるのは、やはりゴジュラスギガとセイスモの描写の不足ということになるのでしょうか。
単純に状況のみを取り上げてみても情報量が不足しているのは確かでしょう。
新世紀末期の残念な点としては「このゾイドはこのゾイドで対策」「足りない性能差はユニゾンで穴埋め」といったように、カタログスペックのぶつけ合いで戦場を描写しがちになってしまったことではないでしょうか。
無論、それも大事です。
大事なことなのですが、戦場でのとっさの判断が勝敗を分けるというの描写をゴジュラスギガとセイスモで行えなかったことが残念であるように思います。
高速機での戦い(ブレードライガー・ジェノブレイカー対デススティンガー等)ではある程度描写できていたことですから、手を抜かずに低速機でも描写しきってほしかったです。


デスザウラーが…

 ほげー……

 なんという戦場だ。一応旧バトストはゾイドコアボックスで入手しており、またネットでそれなりに情報は拾ってきていますが、それにしてもこのキングゴジュラスのすごさ。リアルタイムのインパクトは違うなあ。
 あのデスザウラーが複数投入されてしかも撫で斬りですか。
 そりゃあ、新世紀でもデスザウラーは量産投入されていますが、これはちょっと次元が違いますね。恐ろしい勢いで砕かれていく。いっそ脆ささえ感じてしまうレベル(確かに旧式でしょうが…)。

 この後隕石落下でデスザウラークラスの超大型機が絶滅の境をさまようかと思うと、切ないというかやるせないというか、もったいないというか。
 ……ああ、そうか。この時期は、もうすぐメカ生体の時代が終わって機獣新世紀へと向かう時期なのですね……時代を感じるなあ。

No title

デスザウラーもキングゴジュラスもその時代の大関クラスである同系統の機体を複数相手にした無双ぶりが凄まじいですね。
デスザウラーは機獣新世紀に登場して間もない時期からファンブックの戦歴などでゴジュラスの大部隊を壊滅させた事が語られていますし、
キングゴジュラスのえげつないまでの暴れっぷりも後世に無敵の最強ゾイドと言う伝説を残すのに相応しい活躍ぶりであると思います。

これらを踏まえるとギル・ベイダーやゴジュラスギガ、セイスモあたりは描写的に惜しいなぁと思います。
ギガやセイスモはバトストが展開する場をもっと広かったのならあるいはと思いますし、
ギルはこちらのコラムなどを見ていると活躍の場自体は確保されていたのだから描写に気を使ってくれればと思ったりもします。

こうして改めて見ると、デスザウラーとキングゴジュラスは設定と描写の双方でとても上手くその強さを伝えていると思います。

No title

>No Nameさん
えぐいですよねぇ・・・。
デスザウラーの「無表情な顔」だからこそ、いっそうそう感じられるのだと思います。

>No Nameさん
ジェノザウラーも「徐々に」力を解放させていったのが面白かったですね。
格闘力、荷電粒子砲、そしてブレイカーへの進化。
段階があるとワクワクしますね。

ガン・ギャラドは「ギャー!」の表情が作りやすいからか、たびたびやられていますね。
そういえば、実はガン・ギャラドを撃破したのはキングゴジュラスだけだったりします。

ギガはコングかジェノあたりを相手に無双をみせて欲しかったですねー。

>ゴジュラスファンさん
それはおそらく小学一年生の88年12月号ですね。
これとは別の号です。
この頃のマッドサンダーは穴を掘りまくっていました。

現在だと複雑なCGも動かせるだろうから、ゴジュラスをレギュラー登場させる新作は欲しいですねー。

>W15さん
個人的な推測ではマッドサンダーといえども「点」の突破力に特化したゼネバス砲は防げないかなーと思いますねー。
あと、「ハイパーローリングチャージャーをフル回転してシールドを展開する」事によってはじめてデスザウラーの荷電粒子砲を防ぐことが出来る。
この事から考えれば、仮に防げると仮定しても、マッドサンダーはどこから飛んでくるとも分からないゼネバス砲に対抗して常にフルパワーでシールドを張り続ける必要があると思います。
かなり無茶。
ただ一点、マッドサンダーに可能性があるとすれば地中に潜る事です。
こうしてしまえばさすがに撃たれないだろうから退避は可能。あわよくばそのまま穴を掘って接近すれば勝ち目もあると思います。

>しめじさん
ギル、強いんですけどねぇ…。どうしてもデスザウラーなどと比べて積み重ねに弱い感じが。。。
ギルの最大の勝ちは戦略爆撃にあると思いますが、それだとウルトラやマッドサンダーとの戦いは描きにくいんですよね。
オルディオスはクルーガー機が相手ならまぁ良かったんですが、学年誌ではその他にも負けまくっているのでちょっとなあ・・・。

>神楽歌さん
キンゴジュは・・・・、強いて言うなら腕と足には装甲が少ないので狙いどころかな・・・?
特に足の付け根は上手くいけば行動を奪えるので効果がありそう。
超重力弾砲クラスの砲を直撃させれば何とかなるかなあ…。
現在は硬いであろう正面からしか当てた描写が確認できません。
また、アイス・ブレーザーは脚部付け根に特攻をして損傷を与えました。

>makiさん
キンゴジュは共和国首都攻略部隊と「合流」しています。
という事は「本隊が先行して暗黒首都を攻める」「キングゴジュラスが単機で進撃して合流する」という作戦だったと思われます。
暗黒軍も、さすがに単機のゾイドだから仕留められるだろうと最初は思っていたかもしれませんね。
それがどんどんやられていき、しまいにはデスザウラー部隊やデス・キャットさえも相手にならなかったというのは、暗黒軍司令本部の心理を想像すると凄い事になっていたんだろうなあと思います。

ギガとセイスモは頑張って欲しかったですねー・・・。
新世紀は多様性を描く事はもう少し気をつけて欲しかったですね、、。最後の一言で「実は」とフォローされる事は多かったんですが、でも高速ゾイドなんで所というイメージが強烈にある感じだったのは否めないと思います。
ただエレファンダーの描写に関しては重砲部隊の活躍もありとても良かったと思います。あのようなものが他にもあれば良かったのですが。

>ハデスさん
デスザウラーはこの時期はゴジュラスMK-II量産型が肩をぽんと叩いてる感じですね…。
とにかくもうキングゴジュラスには何機居ようが何をしようがまったくかなわない感じです。
しかし隕石衝突でこのクラスの強力機が軒並み死に絶えたのは興味深い。
過度に人工化されたゆえに生命としての強さは下がっていたのかもしれませんねえ。

>ラウルさん
デスザウラーのゴジュラス部隊を相手にした伝説は、なぜか新世紀では「荷電粒子砲による」とされていましたね。
あれ、素直に格闘戦と書けば良かったんじゃないかなと思っていました。
いずれにしろ「ゴジュラス部隊を単機で」というのは凄まじいんですが。
キングゴジュラスは、最後だからできた無茶苦茶な強さという要素もありますが、同時に従来からあった積み上げる描写もあると思います。

No title

暗黒軍、最初は単機のキングゴジュラスを「ただのちょっとでかいゴジュラスじゃないか」ぐらいに見てゾイド部隊を繰り出すも、次々とやられていきデスザウラーやガンギャラドをいくら送り出しても全滅、ギルベイダーも撃ち落とされて最新鋭のデスキャットも・・・・

これ、とんでもなく恐ろしいですよね。
じわじわとすべての勝ち筋を打ち消されて自軍の手駒はどんどん減っていく・・・・

レベルカンストした勇者一人プレイに乗り込まれたラストダンジョンの魔王とかこんな気持ちなんでしょうか。なったことないですけどw

No title

でしょうねー・・・・。
まさかそんな早期にこれだけの強力機を完成させるとは思っていなかったでしょう。
せいぜい改造マッドサンダーあたりを想定していたと思います。
常識的に考えて当然。
暗黒軍、哀れ・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント