キングゴジュラスを倒せ

最近はキングゴジュラスの話題を良く出していますが、うーん、強いゾイドだ。
でも攻略したいなぁ… と思います。

そんなんわけで今日は「キングゴジュラスを倒せ」というテーマで一つ考えてみたいと思います。
ギル・ベイダーやギル・ザウラーが追い詰めている事から察するに、極めて難しいが不可能ではないと思う。思いたい!



ウルトラザウルスやギル・ベイダーはキャノピー式のコックピットが。
デスザウラーは背中のインテークファンが。
マッドサンダーはローリングチャージャーが弱点と言えます。
いずれも弱点を狙われ危機におちいった(またはそのまま負けた)経験があります。



はたしてキングゴジュラスにも無いのだろうか。
コックピットは頑丈な装甲で守られているし、インテークファンのようなものもないし…。
デカイのに素早いから高速ゾイドでも攻めにくい。
キンゴジュは高速ゾイドを捕らえているシーンが幾つもあるのだ。

いやしかし、可能性があるとすれば脚部付け根だと思います。
多くが装甲に覆われ鉄壁を誇るキンゴジュですが、ここだけは装甲が少ない。


おそらく機動力を上げるために多少犠牲になったと思われる。それがゆえに超高速ゾイドをも補えられる能力を得ているのだろう。
だが、防御力には幾らかの難が残っているはずだ。
もちろん、キンゴジュだから非装甲部であってもかなりの防御力ではあると思う。
それでも、実はここは損傷した事があります。

アイス・ブレーザーの自爆特攻…体当たり攻撃によって損傷して煙を吹いた。

アイス・ブレーザー、全力で撃ちながら体当たりしてようやくダメージを与えた。
アイス・ブレーザーは中型ゾイドだが、エネルギーの塊であるコアをそのままぶつけているわけだから相当の威力だったと思う。
(いわばアイス・ブレーザー版コア砲のようなものだろう)
それでもって煙を吹く程度で済んでるのだからキンゴジュおそるべしですが、いやいや、でも可能性はあると思う。
もう少し強い攻撃を当てる事ができれば。

ちなみに、超高速ゾイドを捕らえる能力を持つキンゴジュがアイス・ブレーザーの特攻を許しているのは変な話に聞こえるかもしれない。
でもこの現場はキンゴジュが総攻撃を受けている状況。その中でアイス・ブレーザーが特攻を成功させた感じなので仕方がない。


アイス・ブレーザーの自爆特攻よりも強い攻撃ができるとすれば何だろう。
デスザウラーの荷電粒子砲はいかがだろう。海をも割れる威力。メカ生体時代には3発撃つのが限界だった。3発とも至近距離から当てる事ができれば、さすがに脚部を溶かす事くらいはできるかな…?
ただ、キンゴジュが黙って受けてくれるわけはない。殴られるか蹴られるか尻尾の一撃を喰らうか。それともかみつかれるか…。これはちと難しいか。
OSデスでも難しいだろうなぁ…。


ではセイスモならどうだろう。貫通力に特化したゼネバス砲を当てれば、装甲部は無理でも非装甲部である脚付け根なら撃ち抜けそうな気がする。

ただギガは全身のどこに当てても良かったから良かった。
けどキンゴジュは違う。足の付け根に当てねばならない。
ピンポイントを狙うという事を要求されれば厳しいかもしれないなぁ。
また。キンゴジュが側面をみせていれば良いのだけど、正面を向いている時は狙う難度が跳ね上がる(正面から見れば非装甲部はあまり見えなくなる)。

「遠距離から撃つ」事をコンセプトにしている以上、自らが移動し側面に回る事は不可能。攻撃のチャンスは敵次第。
それでも、ある程度は脅威となり得るのかな。上手く不意打ちができれば撃破も不可能ではないかも。
唯一つ懸念があるとすれば「グラビティモーメントバリア」が、いかなる効力を発揮するのか。
こいつの機能如何によってはゼネバス砲にさえ耐えるのかもしれない…。


デス・キャットの超重力弾砲ならどうだろう。単機では難しくとも集団で一斉に飛び掛りそのうちの一機が当てれば良いというような。

超重力弾砲はキンゴジュに当たった事はありますが、硬そうな前面に当たったのみ。効かなかった。
でも、装甲のない脚部付け根に当てれば…!
これは可能性があると思う。ただ別の問題がある。
キングゴジュラスがスーパーサウンドブラスターを使った場合だ。

この攻撃は、周囲全ての機に影響が出てしまう…。
ゾイドグラフィックスvol.21では、キンゴジュがスーパーサウンドブラスターを使用し敵部隊の大半を壊滅させる→一部生き残っていた敵は格闘戦やガトリングなどで殲滅する という描写がありました。
おそらくスーパーサウンドブラスターに耐えられるのはデスザウラーやギル・ベイダー等の大型で耐久力のある頑丈な機体のみだろう。
デス・キャットは、耐久力はそこまでなさそう。
という事でデス・キャットは厳しそうである…。


味方機だがマッドサンダーはどうか。
マグネーザーなら脚部付け根を破壊する事はできると思う。高さも丁度いい位置だ。

ただ正面からでは無理だろうなあ。
スーパーサウンドブラスターに耐えられるとしても、ダメージは蓄積するでしょう。弱った状態ならマグネーザーをつきたてようとも危うい気がする。
仮にスーパーサウンドブラスターを使われなかった(無傷で接近できた)としても、キンゴジュはデスザウラーよりデカいしパワーもある。マグネーザーをがっりしつかんで動きを止め、そのままへし折るまたはマッドサンダーごとブン投げてしまうか…。そんな風になってしまいそう…。

ただ唯一、地中から攻めればワンチャンスあるかな…?
地中だと隠密を保てる可能性もあるし、仮にスーパーサウンドブラスターを使われても地中だと威力が減衰するだろうから損傷を受けにくいと思う。
また地中から攻めたとすれば足の裏なんかを狙っても良いかもしれない。さすがにこんな所はマグネーザー級の攻撃を受ける想定にはなっていないと思う。
まぁでも…、地中では動きが遅くなるのは必至だから、いかにして地上のキングゴジュラスの動きに追従して最適なタイミングで飛び出すかが難しそうではあるなぁ。
可能性はないわけではないかな…?

かつてコング部隊に対して地中から攻撃を仕掛けた時は、軽い地割れが起きてコングが数機転落していた。
穴を掘るシーンは多くあるけど地割れが起こったのはこのシーンのみ。なので地質が地割れを起こしやすい感じだったのかな?
そうした地帯にキンゴジュをおびき出してから地中から襲えば(地割れを起こせば)、穴に落ちて一瞬だけ動きを止めるキンゴジュにドリルをつき立て…という事も可能ではあるのかなあ…。


切り札、ギル・ベイダー。


一応、ビームスマッシャーを当てれば切る事は出来る。あと、チタンクローで腕をもいだ事がある。
破壊はできる。
でも、ビームスマッシャーも「至近距離」から放たないと意味がないと思う。遠距離に行くに従い威力が拡散するから、キンゴジュを切れる威力を保つには至近距離からの必要があるのだ…。
改造機ギル・ザウラーは、至近距離からビームスマッシャーを撃つべく接近しすぎた。そこでキングゴジュラスに捕らえられてしまった。
至近距離まで近づく必要があるとすれば、攻撃するよりも先にキングゴジュラスのスーパーサウンドブラスターを受けそうだなあ…。
これは何ていうか、ギル・ベイダーのキャノピーが密閉されていない事からギル自身は耐えてもパイロットが耐えられない気もする…。

キングゴジュラスのスーパーサウンドブラスターの厄介な所は、周囲一帯に影響が及ぶという点です。
バトストではリング弾を撃っているようなシーンがある。これは集中放射であろう。これならば狙った対象のみを破壊できるから良い。


だが先にも書きましたが、ゾイドグラフィックスvol.21には敵部隊に使用し一気に撃破したようなシーンがあります。
音は前方を中心にしつつも周囲全てに広がります。人が叫べば横に居ようが後に居ようが聞こえるのと同じで。
キンゴジュは対部隊用として拡散放射が出来るのだと思う。
威力はリング弾…集中放射の方は被弾したギル・ベイダーやガン・ギャラドが一撃で沈んでいるので最強の破壊力と言える。
一方、拡散放射は幾つかの敵が生き延びている(その後、キンゴジュが格闘やガトリングで追撃して殲滅)。なので拡散した分だけ威力は減衰したと思う。

例えば複数のデス・キャットやギル・ベイダーが自爆覚悟で特攻してきても、スーパーサウンドブラウスターを拡散放射すれば良い。
デス・キャットはそのまま沈むだろうしギル・ベイダーもパイロットが無事ではない。
(もしかすると最終決戦に挑んだギル・ザウラーがデスザウラーをベースにした理由はこれかもしれない)

んー…。厳しいなぁ。
可能性があるのはセイスモとマッドかなぁ。極めて難しそうではありますが。

ただキンゴジュは自身の強さは完璧でも運用状は難があるような気もする。
それはスーパーサウンドブラスターを広範囲に撃てば敵部隊を一気に殲滅できるという事です。
これはキンゴジュ1機VS敵大部隊なら良いのだけど、キンゴジュを含む共和国部隊VS敵大部隊だったら大変だ。
スーパーサウンドブラスターを広範囲に拡散放射してしまえば、味方機にも深刻なダメージが出てしまう。
特に歩兵が散開するような現場では絶対にやばい。
すなわち、部隊で運用する際は拡散放射は厳禁。集中放射のみになると思う。
集中放射しかできないのなら、一度の使用で一方向の敵しか狙えぬ。

ゾイドグラフィックスで拡散放射をしたのは、キングゴジュラスは単機であった。
それゆえ存分に使えたのだろう。
先にギル・ベイダーに苦戦したシーンを挙げました(チタンクローで腕をもがれた)が、これは周囲に味方機が居た。
それゆえ拡散放射ができずにギルの接近を許したのだろう。

ここに可能性があるかもしれない。
キングゴジュラスは万能に近い性能を持つものの、やっぱり単機で全て遂行できるわけではなかろう。
行動には味方機の支援が欲しい場面もあろう。
そのような状況…、「キングゴジュラスを含む共和国部隊が攻めてくる」ようなセッティングを組む。
まんまと騙された共和国部隊がやってくれば、デス・キャットとギル・ベイダーを出来る限り大量に一気に突撃させる。
味方機への被害を恐れて拡散放射ができないキングゴジュラス。
こうすれば全力で迫り来る全機を撃破する事は叶わないだろう。
生き残った中の一機でも、有効打を撃ち込めれば。
あとは動けないキンゴジュに第二次攻撃隊を差し向ければ…!

ただキンゴジュがええいもう味方の損害は仕方なしと判断して拡散放射すれば無に帰す…。
また、うまく推移し脚を破壊しても、スーパーサウンドブラスターは使用できるだろう。
第二次攻撃隊を差し向けたところで返り討ちになる可能性もある。
時間をかければ再生して起き上がるだろうから損傷を与えた後は速攻で完全破壊する事が必須。

んー、不可能ではないと思うものの、やっぱり強力だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

新世紀ゾイドvsキンゴジュはどうかな?

個人的にまず見たいのはやっぱりキングゴジュラスvsマッドサンダーかな?
キングゴジュラスの妄想でも書いたけど、
スーパーガドリングに数秒でいいから耐えて、マグネーザーを腹部に突き立てれば!
とか思うんですけどね!ビッグクローとマグネーザーじゃどっちの方が強いか気になるけど、
三式さんの記事見てると、キングゴジュラスのビッグクローの方が強そうですね。
三式さんにとってはマッドサンダーに勝って欲しいだろうけど(気持ちは良く分かる!)

タイトルにある新世紀ゾイドvsキングゴジュラスですが
まず見てみたいのは初号機デススティンガーvsキングゴジュラスです。新世紀ゾイドの中でも、
真オーガノイドと言われる初号機デススティンガーは最強の名にふさわしい活躍をしてますからね!
ただ、体格は明らかに不利なので、勝とうと思うならば、地中に潜り込んでの不意打ち作戦で
行くしかないでしょうね!一度攻撃した後、再び地中に潜って…の繰り返しによる長期戦です。
地中に潜っていたら、サウンドブラスターの威力も届きにくいし、ガドリング砲も土と言うバリアと
Eシールドで何とか耐えうると思いたいな。ただ、サウンドブラスターよりガドリングの方が
この作戦では脅威だと思います。とりあえず先を読ませない攻撃で
デススティンガーは地中から攻撃するしかないでしょう。

次にエナジーライガーvsキングゴジュラスも見たいですね。時速660キロもありますから、
キンゴジュはアイスブレーザーの攻撃で損傷したことがあるので、エナジーライガーも基本は
アイスブレーザーと同じ様に、スピードを生かして装甲の薄い所を攻めまくるのです!
エナジーファルコンになって戦う事が出来ればもっといいんですが…
課題はスーパーサウンドブラスターをどうするか?ですね!これが難しいんよ;;(泣

おまけ、ライガーゼロシュナイダーvsキングゴジュラス。
いや、シュナイダーのブレードがキングゴジュラスの装甲に通じるか?単純に見たいんですよ。
ただ、勝つためにはサウンドブラスターやスーパーガドリングの脅威を避けるため、
キンゴジュのレーダーに引っかからないよう、キンゴジュの接近を待ち、間合いに入った所で
お腹にあるだろうゾイドコアをブレードで狙う!仕損じたらもうお仕舞でしょうね。難しい所です。

デスザウラーで戦うにしろ、デスキャットで戦うにしろ、
一番の問題はキンゴジュがバリアを使える点だと思います。どこかにあるバリア発生装置を破壊
デスザウラーは荷電粒子砲でとどめ。デスキャットは超重力弾砲でとどめが出来れば理想なんですが
キンゴジュのバリアが内蔵式なら、もうお手上げだなぁバリアに直結する装甲部分の破壊、
内蔵式のバリアをも破壊って手段もありますが、上手くいくと思う?三式さん?

ギルベイダーが空から十分な距離をもって、ビームスマッシャーで首を攻撃できれば!
と思うんですが、そーだな遠距離に行くに従い威力が拡散するの忘れてた!
やっぱり至近距離で首とかに撃つしかありませんね。勝つには…ただそれが出来なかったあたり
キングゴジュラスの攻略は容易では無いですね。正に難攻不落です。

邪悪な神楽歌

お疲れ様です

セイスモなんですが…まことに言いにくいのですがキングは電子戦能力を持ってます。
強さは分かりませんが簡単に行けるかは難しいと思いました。

キングは長距離攻撃力の低さからモビィディックによる満載ザバットかつ小規模出撃による長時間連続時間差(落差1分間から30分のランダム)特攻はいかがでしょうか?
その間のモビィディックの防空という問題はありますが、ランダムで襲ってくるザバットが長時間きます。来ないともって休もうとしたら来るが何度もあります。
パイロットに影響が出る機体ですし効果あると思いました
まともに攻撃で倒せないならまともじゃない方法ならと思いました。
最悪、爆弾は無人機をいいことに核兵器とか…(おい)
ちなみにザバットは顔に向けて常に飛ぶようにプラグラムです


No title

やっぱバケモンですね…キングゴジュラス
混成部隊ならともかく単機だと撃破の難易度がグーんと上がりますね…

脚部へのダメージを与えるという点ではライガーゼロシュナイダーが適任かもしれませんね
新世紀で復活したデスザウラーの足をバッサリやった記憶があります
ただキングゴジュラスはデスザウラー以上の瞬発力がありそうなのである程度損傷を回避出来るかもですし…
そうなるとやはり三式さんのいうセイスモの遠距離砲撃やマッドサンダーの地中からの奇襲が一番有効そうです

しかし単機のほうがサウンドブラスターの制約がないぶんよりいっそう攻略が難しくなるって…やっぱバケモンですわ

No title

外から力を加えてもまるで効果は無さそうですね。
セオリーではエネルギーが尽きるまで持ちこたえるのでしょうが、キングゴジュラスの戦闘可能時間はどんなもんなのでしょうね。
これが無限に等しいエネルギーを持っているとなればもう手がつけられない。
ダークスパイナーのジャミングなら、と思いましたがおとなしく攻撃なんてさせるようなキンゴジュじゃありませんね。根拠はありませんが、力押しでジャミングウェーブも跳ね返したりして。

No title

進化したグレートZナイトなら確実にキングゴジュラスを倒せるでしょう。現に一撃でキンゴジュを倒していますし。キンゴジュを生み出したグローバリー三世号の技術より遥かに進んだ地球の技術で作られたのですから当然ですが。
他の候補では、1200ミリウルトラキャノン(直撃すれば消滅、例え装甲が耐えられても全センサーと間接部は破壊されて戦闘不能)、ギルカノン(ビームスマッシャーでもキンゴジュにある程度ダメージを与えられるのでより高い威力のプラズマ粒子砲なら一撃で致命傷を与えられるはず)、ギルザウラー(ただしギルのボディにビームサーベルとデスザウラーのコアを搭載した機体で。デスザウラーのボディは重すぎるので)、セイスモサウルス(ビームスマッシャー並の威力は持つと思われるゼネバス砲ならキンゴジュの装甲を撃ち抜けるのでは?)、ムゲンライガー(惑星Zi最硬のリーオの剣でコックピットとコアを破壊)、ダークスパイナー(キンゴジュの両腕を操ってコックピットとコアを潰す。暗黒大陸戦争時のゾイドにジャミングを防げるゾイドは存在しないはずなので。キンゴジュの背鰭の電子戦アンテナを使われたら不利ですが)
 確かにキングゴジュラスは当時の最強ゾイドですが、ノーマルのギルに中破させれれたりしているので決して不死身のゾイドではないと思います。残骸もコアを失った状態では、デススティンガーかキメラブロックスに寄生されない限りは無害な物でしょう。現に部下からキンゴジュの残骸の回収をするように進言された暗黒軍の将軍は自分にゴミ拾いをさせるつもりかと罵るほどですし。
ところでキングゴジュラスの左足にアイスブレーザーの自爆攻撃を受けてダメージを受けたという話がありますが、あのキンゴジュがあの程度の衝撃と熱でダメージを受ける物でしょうか?装甲から立ち上る煙は単にアイスブレーザーの弾薬と燃料などで、キンゴジュ自体は無傷に見えるのですが。

キングゴジュラスにダメージを与えられる兵器は確かにあるものの、反対にキングゴジュラスからの攻撃も全てが防御不可の即死級の威力となると、無傷での撃破は無理でしょう
一対一では戦闘にすらならないかもしれません
単機で大多数を殲滅する戦闘でこそ全力を発揮しそうなゾイドですから、友軍施設や基地の近くにいる時に襲撃し、味方への被害を気にして一番の驚異であろうスーパーサウンドブラスターの使用を制限せざるを得ない状況を整え、有効打になりえるデスザウラー、デスキャットのを中心とした地上の大部隊で飽和攻撃し、なんとかスーパーガトリングだけでも損傷させたいです
そして間髪入れず再び飛行ゾイド大隊による飽和攻撃をしかけ、隙が出来た一瞬を見逃さず、複数のギルベイダーによる本命のビームスマッシャーを数発に分けてでも確実に撃ち込めれば、なんとかなるかな…?
多数のゾイドが犠牲になりますが、無闇な戦闘より勝機はあると思います
あとこれは攻略方法ではなくただの興味なのですが、セイスモの超収束荷電粒子砲を超長距離からではなく、減衰しないほどの至近距離から照射できるなら、装甲も貫通できるかも…?
もちろんそんなに近いならセイスモが先に粉々にされそうですが
そしてギガのゾイド核砲も気になります
巨大ゾイドのコアの全エネルギーを一気に解放する一度きりの攻撃。破壊力が未知数なだけに、淡い期待をもってしまいます

鳴かぬなら どうしてくれよう ほととぎす

 つ、強い……
 突き抜けた能力があるのではなく、まんべんなく強い、オールラウンダーであるからこそ厄介な強さです。

 例えばマッドサンダーなら、寸胴の脚部ゆえの地形適応能力の低さがネックとなる。どう考えても正面からの陸戦向けで、空や海から襲うギルベイダーには完敗した。
 ギルベイダーはやはりオールラウンダーだが、飛行ゾイドなのに小回りが利かないのが弱点で、そこからはるか格下のオルディオスに被害を出した。

 ところが、キングゴジュラスは「何かの対抗機」ではなく「そもそも強い機体」なだけに、ほとんど欠陥というものがない。

 とある小説で「権力という万能の暴力を手に収めた者(王)にとって、最も恐ろしいものは、最も単純な暴力――腕力である」という言葉があります。
 キングゴジュラスはただ単純に「強い」。それ故に、隙が見出しにくい。

 だからこそ知恵を絞りたいのですが……厄介ですなあ。
 ここを突いたら、というのがない。あっても薄い。充分他の能力でフォローできる。
 単純な強さで頭抜けているというなら、知恵を絞らず単純な力で上回るか、あるいはそもそも土俵を切り崩すしかありません。


 もっと力をぶつけるなら、ホエールキングを叩き付けましょう。
 むろん、体内には爆弾を満載。「無人在来線爆弾」ならぬ「無人ホエールキング爆弾」をぶつけるのです。
 いかなキングゴジュラスといえど所詮は数十メートル、500tクラスの「小型機」。昔の駆逐艦程度の大きさしかありません。
 対してホエールキングは小さくても200m超、重量は8000tクラス。カードゲーム版だと300mを超える全長を誇ります。
 小さく見積もっても十数倍を誇る質量の、それも爆弾。無事ではすむまい! たとえ粉砕はできなくとも、ホエールキングのがれきに埋めさせるだけでも行動不能にできる……はず。

 いや、どうかな。デスザウラーだって昔地面を潜り抜けることが出来たんだし、踏みつぶしても砕けず、がれきに埋めても脱出されるかも……

 あるいは、何とかしてホエールキングの中に収納して、そのまま海に潜って船ごと水没させるか、超航空まで飛び上がった後自爆させて落とすか……
 でもこの場合、どうやってホエールキングに呑み込ませるかが問題ですね。というより、うまく呑み込んでもそこからどうこうする前に内側から破壊されるような……

 考えれば考えるほど切り抜けられそうです。


 もういっそのこと、政治的に引きずりおろすしかないかも。「土俵を崩す」とはこのことです。
 例えば、共和国の軍部や有力者に「大統領はキングゴジュラスやそのテクノロジー系列機を量産して親衛隊に配備し、その戦力で帝国のみならず共和国内部の『不穏分子』をも一掃しようとしている」などと情報を垂れ流してかく乱させて、政治的に自縄自縛に追い込むとか。
 実際軍部のほとんども(大統領直属の機関以外は)キングゴジュラスのことを知らなかっただろうし、その辺に疑心暗鬼の種を撒けばあるいは。

 うーむ……でもこの場合、キングゴジュラスに乗り込んでいるのがヘリック大統領その人というのがネック。
 本来こういう謀略は大統領とパイロット(つかキンゴジュ担当司令官)を離間させることで真価を発揮するのだが、疑心をあおるべき本人が乗り込んでいるから離間させようがない。
 開発・研究チームも極秘に事に当たっていただろうから、外国の諜報員が調べられるとも思えない。
 下手すると、大統領が「本気」になって「嘘から出た実」になりかねない。

 というかそもそもギルベイダーで首都爆撃とかやっちゃったから、軍部も政府も「権力闘争もキンゴジュの追及も、ぜーんぶガイロスが滅んでからだ!!」とかムキになっちゃってるだろうし、そもそもヘリック大統領だって政治手腕に長けているから、この手も実ることまでは期待できないか……?
 そんな謀略をいまさら対処療法的に持ち出して、勝てるんならとっくに勝ってますよね……。

 とことんまで隙が無いな!!

No title

こうしてみると、「飛行型」で「遠距離砲撃タイプ」と最も相性が良さそうな要素が揃っているギルベイダーですら歯が立たないのでギルベイダー以外のゾイドではなおさら無理な気がしてきますね・・・。

さて、ゼネバス砲は(当たれば)可能性があるかもしれないと私も考えましたが、ちょっと気になることが。
そもそもゴジュラスギガの場合はどこにゼネバス砲が当たってもギガは死んじゃうんですか・・・・?
いや、頭や胴体をまともに撃ち抜かれない限りはいくらギガでも即死はしないと思うのですが・・・・・
キングゴジュラスに話を戻すと、ゼネバス砲だとよほどクリティカルヒットしない限り倒れず2発目を撃つまでに間合いを詰められて終了なのでセイスモでは無理だと思いますね・・・・

キングゴジュラスの強さは、現存するゾイドを見渡してもスーパーガトリング砲とサウンドブラスターを同時に防御できるゾイドがいないことだと思います。
特にサウンドブラスターは音なので回避も難しいが、防ぐよりは避ける方がまだ出来るでしょう。
「高機動」「遠距離」「キングゴジュラスの装甲を破ることが出来る」そんなゾイド。


・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・ギルベイダーか・・・(そして最初に戻る)

No title

ここまで強い、且つ打たれ強いというイメージと説得力はゴジュラスタイプに加えてやはりそのデザインにもあるんでしょうね。
ゴジュラスタイプではいなかった口内に噛付き以外の武器がありその「口から放たれるモノが最大最強の武器である」
はい、ゴジュラスの元ネタと言われる偉大なる怪獣王を思い起こさざるを得ませんw
ダークスパイナーのジャミングでの攻略ですが、コントロール装置って見方を変えればゾイドの制御装置、もしくは安全装置でもあるわけです。
で、それにジャミングを仕掛けてシステムをダウンさせたとします。
ここに「へリック大統領の精神への影響」「Zナイト登場時の行動」「元ネタの怪獣王」といったものを組み合わせると…。
共和国軍がそのまま攻めてきたほうが「まだマシ」な結果になってしまいそうな気がして止みませんw

No title

ディバイソンがデスザウラーを火山に突き落としたことを例にとれば海溝などで深く沈めたりということも可能かとは思いますが果たして・・・

RCではグラビティーモーメントバリアという名前がついてますが、これが重力を操れるのかという疑問が湧きます。
自機の周りの重力を異常に強くすれば敵の砲弾は勝手に叩き落とすことができます。
逆に、自機にかかる重力の方向を逆にすれば空中へと勝手に浮き上がりますから異常ともいえるジャンプ力、方向が横になれば機動力の高さの謎も解けます。

ひょっとしたら、重力砲ならこの力場を突破あるいは無効化できるのかもしれません。
シールドライガーに乗ったハーマンが「シールドにはシールドだ」と見事デススティンガーのシールドをショートさせてます。
このため、同様の力場をぶつけ合えばバリアは一時的に剥がれて非装甲部分を狙うことも可能ではないかと思います。
あいにく私は新からで旧バトストを読んだことがなく、wikiでしか見たことないのでアレですが、ギル・ザウラーの電磁剣はこのために装備したのではないかと考えます。

No title

ガイロス宮殿方式で区画ごと打ち上げて訳も分からぬ内にゾイド星の重力から放逐してしまえばキングゴジュラスといえどもそのうち考えるのを止めるに違いない…
…宇宙で自力の姿勢制御ができるようには作ってないだろうけどデブリとかと妙なピタゴラを起こして帰ってきそう。

No title

うーん、実際キングゴジュラスの攻略方法を考えてみると難しいですね・・・。
陣営無視で様々なゾイドを起用し、戦力も無尽蔵で犠牲を厭わないと言う前提で行くならば、
圧倒的な物量による絶え間ない波状攻撃でキングゴジュラスとそのパイロットが疲弊しきるまで攻め倒すのが自分の考え付いた攻略法です。
上空からは無人のザバットや無数のフライシザースで編成した空爆・特攻部隊で空襲を続け、
地上ではセイスモやゼロパンツァー、ウルトラザウルスなどで編成した重砲撃部隊が絶え間なく砲撃を続け、
砲撃の合間を縫ってゼロシュナイダーやデスキャットなどで編成した決死隊が突撃、
それをケーニッヒやシャドーフォックスで編成した部隊である程度の距離を保ちつつ煙幕や砲撃で支援、
更にここまでの陸と空からの攻撃の中にマッドサンダーやギル・ベイダーと言った大型機による攻撃をランダムで混ぜ込む事でキングゴジュラスを更に疲弊させて弱らせていく・・・。
これをキングゴジュラスを撃破するまで続けると言う作戦です。

まあ、どう考えても大多数のゾイドがスーパーサウンドブラスターやスーパーガトリング砲で薙ぎ払われますし、
ビッグクローや尻尾などによる格闘攻撃での犠牲も多数になりますし、
途方もない戦力を消費し続けた末にやっと倒せるかどうかと言う、兵站と犠牲をガン無視した人海戦術ですが・・・。
ただ、個人的にキングゴジュラスはこれくらいしないと倒せないと思います。
やっぱりキングゴジュラスは凄いです。

ジャミングウェーブは効かないかも?

他の方も仰られていますが、キングゴジュラスにダークスパイナーのジャミングウェーブは効かない可能性が高いと思います。

オーガノイドシステムのゴジュラス・ジ・オーガが、パイロットであるアーバインとの精神リンクのみで動くので、ジャミングウェーブが効かないという描写がありました。

もし仮にキングにもオーガノイドシステムがあったら、ヘリック大統領とのリンクから見ても、ジャミングウェーブは効かないと思われます。

オーガノイドシステムでないとしても、サウンドブラスターや各種装備で大丈夫そうな気がします。

キングゴジュラスに敵はないのかも?

だから天は彗星を落としたのか?

そんな神がかりすら感じます……。

No title

逆に考えて、スーパーサウンドブラスターが厄介ならば、発射してる最中の口の中に荷電粒子砲その他を撃ち込むという手段が有効かもしれませんね。

プロイツェンのブラッディザウラーは改造コングのビームガトリングで口内からコクピット付近まで撃ち抜かれていますから、可能性はあるかも?

No title

>ゴジュラスファンさん
なるほど地中からの奇襲でいうとデススティンガーは良い戦いができそうですね。
踏まれれば一発アウトな気もします。
飛び出すタイミングさえ最適になればワンチャンスという所でしょうか。

エナジーライガーはライガーとはいえ巨大機なのでサウンドブラスターに耐えてくれると信じたいところです。
が、まあダメージを追ってしまえば速度も鈍るだろうからなぁ・・・。
ファルコンと共同にするならいかにして合体と分離を使い分けるかが重要と思います。
ただし完全沈黙させるのは至難の業でしょうね・・・。

>神楽歌さん
あ・・・・・・・、そういえば電子戦能力も高かったですね・・・・。
ゴルヘックスとどっちが上だろうなあ・・・。出力が桁違いに高いからクリスタルレーダー級の装備だったかもしれませんね。
とすれば遠距離精密射撃を阻害できただろうし、ダクスパでもきついか・・・。

仰るように高高度からのザバット突撃を繰り返せばキンゴジュには迎撃ができないでしょうね。
どの程度効くかはともかく、パイロットへのストレスはかなりのものでしょうねえ。

もしもコックピットがダメでも、キャップを一個一個破壊していくとかでもダメージが機体できそう。
ザバットの無限爆撃を繰り返せばあるいは・・・。

>w15さん
単機で最強というのは良くもあり悪くもありという感じでしょうねー。
部隊で進撃中にサウンドブラスターを使おうとすれば、味方機をいったん後方に下がらせる必要が。
そうなれば敵とて構えてしまうだろうから効果は半減です。

シュナイダーはどうでしょうね。
ガル・タイガーやジーク・ドーベルは捕まった事があります。
シュナイダーの方が両機よりは運動性は高いと思います。どこまで粘れるかが見所ですね。
ただ一撃では切れないと思うので同じ箇所を何度も切る必要があると思います。それっでもってよやく千切れる感じ。
一撃目はうまくいっても二撃目以降が決まるかどうかも難しそうな気もします。

>A-10に乗りたい人さん
戦闘可能時間も長そうですねー。
サウンドブラスターなら残弾を気にする必要もないし・・・。

ジャミングも、よくよく考えれば高性能電子戦装備を持っているのでゴルヘックスの様に無効化してしまいそう・・・。

>No Nameさん
グローバリーIIIの技術ではなく古代遺跡に由来する技術で開発されたとの考えを基にして本記事があるのでグローバリーIII技術であるといわれればちょっと困惑してしまうのですが、キングゴジュラスのテクノロジーを支えたのがグローバリーIIIであるとするなら仰るとおりだと思います。

アイスブレーザーの件はこの攻撃によって行動の自由を奪われているので尊書と考えて良いと思います。

>横転臼砲さん
至近距離からセイスモが全力でゼネバス砲を撃てば装甲でも貫通できそうですね。
もちろんそれを許すはずはないのですが・・・。
ギル・ベイダーがビームスマッシャーを至近距離から撃てば切れる。だがそれが難しいというのと同じですね…。

コア砲はどうでしょうねえ。さすがにギガのコアエネルギーを全て注げば大ダメージなると信じたいところですが。
ナッパさんに気功砲を撃った時みたいにならなければ良いのですが。

>ハデスさん
超質量を持って仕留める攻撃は既に経験があります。
キングゴジュラスを工場内に誘い込む。
工場には全体に爆薬がしかけてあって大爆発。&瓦礫で埋める。
という、まさにホエールキングをぶつけるのと同じ・・・爆薬両や質量でいえばおそらくこちらの方が多い作戦を受けています。
ですがあえなく失敗。一時的に埋めただけでキングは自力で地上に生還しています。
さすがに次の号でダメージを修復するべく整備を受けていましたが、ダメージを与える程度に留まり決定打にはならないようです。

>No Nameさん
ギガはコックピットまたはコアを貫かれればアウトだがそれ以外は即死ではないと思います。
ですが「装甲は全て貫かれる」「裏側まで貫通」するとあれば、もはやどこに当たろうが戦闘が継続できるような状態ではなくなります。
そういった意味で言うとどこに当たってもアウトと言えると思います。

キンゴジュって全ての攻撃が最強クラスの敵を一撃で静めるからもう卑怯すぎるわコイツって笑えちゃうくらいですね。
戦艦大和の砲が機銃に至るまで全て46cm砲であるようなイメージ…。

>No Nameさん
暴走している姿だけは見たくないですね・・・・・・・・・・・・・・。
ヤツは海に落ちたとか火山に落ちたとかで静まってくれるから良いのですが、キンゴジュの場合は火山につかるとむしろパワーアップしちゃいますからねえ・・・・。

>いずもさん
驚くべき事にキンゴジュは泳げます。なので沈めても無理だと思われます・・・。
もうやだこいつ飛べない以外は完璧・・・。
(共和国軍の「いつもの」無茶した改造機を思えば、いずれキンゴジュも飛ばしてしまいそうだ…)

重力砲は厳しいかもしれませんね。
というのもデッド・ボーダーはある時期を境にやられ役に転じているので、共和国軍が何かしらの対策をもったものと思われます。
キンゴジュに対策がないというわけはないと思います。
ギルザウラーの剣はデスザウラーがベースの機体なので荷電粒子エネルギーなのかなーと思っています。
ですが暗黒軍最終号機として重力法も含めた全ての技術が終結していると考えるのも面白いですね。

>No Nameさん
Zナイトでは宇宙空間をさまよった挙句に地球に落下して暴れ回っているので・・・いずれ戻って基礎でもありますねぇ。
いっそ太陽にまで近づければ重力にひかれてしまうと思いますが。

>ラウルさん
やっぱりパイロットを披露させるのが一番ですね。
なんていうか、でも、勝てませんと言っているようで、やっぱりキングゴジュラスは強いなあ・・・。
これだけ強いゾイドなので、疲弊したと判断する事も迷いますね。
そろそろ疲弊しただろうと思って突撃したらまだ生きていたとか・・・ありそう・・・。

>コバルトブルーさん
勝ちたいと思うと同時に、勝てないと思いたい・こいつは絶対的な無敵であって欲しいと思える矛盾がありますね。
そんな神々しいゾイドだと思います。

>石藏さん
そこまで近づければワンチャンスありますが、イソップ童話の猫に鈴を付ける話みたいになりそうでもあります。
サウンドブラスターの影響を受けない・その位置から精密射撃ができる・その威力は口腔内を破壊する程度には高い
を満たしたゾイドを探せばワンチャンスあるかな。
やっぱりセイスモが最も適任かなあ。
といっても、相手が都合よく「サウンドブラスターを放つべく大口を開ける」とも限らないので難しいかも。
別の捨て駒・陽動部隊を繰り出したりすれば可能性がちょっと高まりそうでもあります。

No title

セイスモを候補に挙げる方はやはり多いですね。当たればワンチャン、という期待は抱きますね。

ところで前々から不思議なのですが、
ゼネバス砲はセイスモサウルスじゃないと撃てないものなのでしょうか?
一応はカミナリ竜型ゾイドの長いボディで粒子を加速させているという設定もあるのですが、それってつまりは
「荷電粒子吸入装置」
「長大な粒子加速装置」
「発射装置たる砲塔」
「レーダー装置」
さえあれば設営し敵に命中させられるということの裏返しです。

わざわざセイスモサウルスにこれを搭載してパイロットを訓練して装甲や他の装備を取り付けて護衛をつけて歩かせるよりも、旋回可能な固定砲台として何台も設置して迫りくる敵に発射した方が同じコストで遥かに多数製造できるのでいいんじゃないかと思うのです。
こんな考えに至ったのはセイスモがあまりにもゾイドらしくない戦術兵器だから個人的に好きじゃないという理由もあるのですが、確かに理に叶った戦術である、とも思います。
ですがそれなら更に突き詰めて大量生産して固定砲台にすればもっと効果があるのでは?とも思うわけです。

しかしながらバトルストーリーではセイスモサウルス以外にゼネバス砲を発射した例がないので何かしらの理由があるのかなとも思います。
何かしら良い仮説が出れば「ゾイドとしてのセイスモサウルスの存在意義」というものも見えてくるのですが、このままだとセイスモは文字通り「ただの歩く砲台」で面白みが無いゾイドだなと思う次第です

No title

単体での戦闘では絶望的に勝ち目がない…
となると閃光騎士団やアイゼンドラグーン的な特殊部隊で挑めば!!

イエーガーでかく乱しシュナイダーで脚部を狙いなんらかの損傷を与えパンツァーで弾幕を貼る
業を煮やしてサウンドブラスターを使おうと口を広げたところにフェニックスの主砲を叩き込めばあるいは!!

…ただ初手でキンゴジュによってバラバラにされるシュナイダーとイエーガーの姿しか想像出来ない
というか包囲網をしいたとしてもサウンドブラスターの広域放射でなんらかのダメージを負わされ動きが鈍ったゾイドが惨殺されるかも…

セイスモのゼネバス砲で遠距離攻撃やデススティンガー、マッドサンダーの地中から急襲のがまだ勝ち目がありそうですね…

No title

>No Nameさん
セイスモがゼネバス砲を撃てるのは「発射を実現する大パワー」「発射衝撃に耐えるだけの頑丈さ」があるからだと思われます。
たとえば戦艦大和の46cm砲を駆逐艦に積んだら、撃った反動で自身が転覆してしまいます。
そのような事と思われます。つまり荷電粒子砲を収める「器」として十分な能力を持つのがセイスモであるという考えですね。

>w15さん
やはり口腔内を狙いたい感じですね。
当たれば良いのですが、大型砲をピンポイントで狙えるかが不安でもありますね。
またもう一つ思ったのが、「口を開けると同時に叫ぶ」のだと思うので、発射タイミングが凄く難しくもありますね。
サウンドブラスター放射後とすれば、ミサイルも破壊され着弾前に爆発してしまう可能性が高いと思います。

地中はまだしも可能性が高そう。でも最初の一撃をよほど理想的に当てる必要があるので、そこを考えたいところですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント