中央大陸

思えば中央大陸というのは上手い舞台だったなあと強く思います。
第一次、第二次中央他陸戦争がかくも盛り上がったのは見事な中央大陸の設定があったからではないだろうか。

170116b.jpg
<クリックで拡大>

最大の特徴は国境に山脈があって超えるのが困難な事。
山を回避すると海があるからこれも難しい。

これの回答として、帝国軍は山を越えるためにサーベルタイガーを作った。
共和国軍は山越えを放棄して海を越える選択をした。水陸両用のウルトラザウルスです。

障害があればこそ、それをいかにして超えるかという工夫が生まれる。
両国が出した答えは異なるものだったけど、どちらも正解だった。見事に敵国にまで進入できているから。

戦う舞台が平坦なだけでなく、何か大きな障害があるというのは良い。戦い方が多彩になりそれぞれのゾイドが輝けると思う。
ゴジュラスは強い。でも山岳では戦えないから決定的ではなかった。
サーベルタイガーは山岳では無敵だった。でも平原ではゴジュラスを倒すほどの力はないから決定的ではなかった。

第一次中央大陸戦争は、結果としては共和国軍の勝ちに終わった。
海を越えた共和国軍は、圧倒的な海軍力を見せつけた。
しかし山岳での戦いに限ればサーベルタイガーに最後まで勝つ事はできなかった。
負けた方にも立つ瀬があったという点でも良いと思う。

実に面白いなあと思います。
第一次中央大陸戦争は、互いの戦略の違いや各ゾイドの特色が極めて色濃く出ていて多彩さが際立っていた。

続く第二次中央大陸戦争では、共和国軍はサーベルタイガーの残骸を解析して同様の性能を持つシールドライガーを開発。
対する帝国軍も「敗北して暗黒大陸に逃げ延びた」という事情から、次なる戦いには帰還が必須。海を越え上陸戦を行う為にウオディックをはじめとする高性能海戦用ゾイドを開発した。
第一ラウンドでは保有するゾイドに大きな差を付け、第二ラウンドでは両者ともに全ての力を得て殴りあうという姿に発展しているのも面白い。

第二次中央大陸戦争でも、中央山脈や海は大きな障害として両軍の戦闘を大きく制限した。
デスザウラーの完成後、同機は共和国首都を陥落させた。だが中央山脈では十分に運用できずに同地での主役にはなれなかった。
そこを突いて、共和国軍は山脈の攻略を進める作戦に出た。
後に完成したマッドサンダーも、山岳では満足に戦えない枷があった。

中央山脈の存在がゾイドの多様性を加速させたのは間違いないと思います。
中央山脈が優れているのは、多彩なゾイドを必要とする状況を作りつつ、同時に子供でもすぐに分かるような要素になっている事でもある。
後のバトルステージには、これほどの要素は残念ながらなかったと思います。
次なるゾイドを展開する上では多彩なゾイドをを必要とするステージ、それぞれが輝けるステージを構築する事に力を入れて欲しいなあと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

惑星Ziの大きさが地球の85%だそうですが、
中央大陸の大きさってどんなものなんでしょうね。
中央大陸のみの頃は一枚絵やメルカトル図法の地図でしたが
新世紀では西方大陸の登場によりヴィンケル図法での
地図表示が主になったように思えます。

以前は、体長数十mの巨大兵器が時速数百kmで疾走する
戦場と考えると、かなり大きな大陸で中央大陸が惑星の大半を
占める程大きさなのかな、とも思っていましたが…

新世紀に入り、西方大陸他が設定されると相対的に
中央大陸が縮小された世界地図が設定され、
今では中央大陸自体はオーストラリアと同じ位の
大きさになった感じに見えました。

中央山脈の存在

確かに中央山脈の設定がバトストを面白くしていそうですね♪

アイアンコングを開発したのは、山での活動が可能な点と
あわよくば中央山脈を背中のミサイルで共和国領を攻撃する事を前提に作ったのかもしれませんね。
(背中のミサイルは射程200キロだから、多分中央山脈を越えれるかな?と)
万能ゾイドですし、アイアンコングは多分山での活動もできると思います。

デスザウラーの脅威にさらされた時は、共和国は海をウルトラザウルスを使って
海から帝国領を攻撃するなど、積極的に海を利用していた気がします。
ゴジュラスも海の浅瀬をわたり、帝国領に侵入したりしたのかな?

中央山脈という山での戦いなら、ゴジュラスもアイアンコングの格闘攻撃に苦戦したりしたのかな?
コングは自重を生かして、タックル、ゴジュラスを急斜面に転がり落とすなどの工夫が出来そうです。
山での戦いならゴジュラスもサーベルタイガーの森を使ったゲリラ攻撃に苦戦しそうですね。
ゴジュラスと言えども、山はコマンドウルフやステルスバイパーに進撃を譲った方が良さそうです。

後、バトスト1巻で多種多様なゾイドを組み合わせた部隊編成が、地形の複雑な
中央大陸での戦いでは有利であることも分かったという一文が今回の記事で
思い出されました。

話は変わりますが、デススティンガーの山での戦いってどんなものでしょうね?
最近、量産型は荷電粒子砲の威力が30パーセントも落ちていて、ジェノブレ並みの威力に
なっているのでは?と思い、性能が落ちた分、地形を生かした戦いをしたいだろうな。
と思って書きました。キラーフロムザダークからの予想ですけどね。

後、アンケートの件は本当にすいませんでした。三式さんと良好な関係を築きたいので
再度、お詫び申し上げます。

No title

PSゾイドのメカ生体の遺伝子でも地形の影響力は強かったですね。
あのストイックなゲーム性も相俟ってマップによっては地形に適したゾイドの編成が肝になってた印象が強いです。

例えばウルトラザウルスは水陸両用なので陸主体のマップでも海主体のマップでも使えますが、確か山岳系の地形には強化パーツを付けない事には入れないので山岳系のマップでは持て余し気味になってた記憶があります。

また、メカ生体の遺伝子ではゾイド本体の固定装備と後付する強化パーツで同じ装備スロットを共有しているシステムも、
固定武装が多いデスザウラーやウルトラザウルスの様な大型機ほど本来想定している地形以外への適応性が低く、
そう言った面でもより地形に合わせた編成の重要性が伺えて来ます。

個人的に中央大陸の地形問題で一番鮮烈だったのは中央山脈ではデスザウラーの運用が困難であり、
帝国と比べて山岳戦向きなゾイドを多く持っている共和国が有利になったと言う描写で、これが非常に上手いと感じました。

加えて、ゾイドオリジナルのジェノリッターに触発されて、
「もし中央大陸戦争時代にジェノザウラーが開発されるとしたら?」
について考えた際にも、この中央山脈の存在は大きなヒントになりました。
デスザウラーはその巨体ゆえに中央山脈での運用が困難と言う問題点を抱えているものの、
その強大な戦闘力や共和国兵への心理的影響を考慮すれば帝国軍はデスザウラーの存在をもっと有効に使いたい。
そこでデスザウラーの意匠を意図的に残しつつダウンサイジング化と高機動化を推し進めた機体としてジェノザウラーを開発して実戦投入すれば、
ジェノザウラーは中央山脈においても高いパフォーマンスを発揮し、
帝国軍は共和国に対して更に優位に立つ事ができたと思います。

起伏が豊かで様々な地形がある中央大陸、多種多様なゾイドが活躍する場としてこれ以上は無いくらい素晴らしい大地であると思います。

No title

中央大陸の地図を見てみると思った以上に山地が多いですね。
同時に険しい山地が多すぎるので、ゴジュラスやデスザウラーの活躍できそうなところって少なくなりそうですねえ……。

と、ここまで書いて感じました。
こりゃあ確かにセイスモが大活躍だわ。
一見して起伏にとんだ険しい土地が多いということは、守りやすい土地がかなり多いということでもあります。
つまり、要塞砲に足がついたセイスモを前線に出しても、少し配置に工夫すれば守り切れる公算が高いということになるのではないのでしょうか。
セイスモが直進性の高い荷電粒子砲を採用したのも、中央大陸では山や丘の存在に事欠かないので、迎撃のみを考えたときに有利であると判断されたからではないでしょうか。
カノントータスがメカ生体時代の実弾から荷電粒子砲に装備を乾燥したのも、戦訓の蓄積によって同様の理由があるのではないかと思うのですがどうでしょう。

話は変わりますが、山岳地帯の戦いで対空砲はどれだけ活躍したんでしょうねえ、気になります。
現代での山岳での戦いといえば旧ソ連のアフガン侵攻でしょう。
平原での戦いを重視し性能と引き換えに大砲の仰角が取れなかったソ連戦車を待っていたのは、険しい山の上から打ち下ろされるロケット攻撃。
急遽引っ張り出されたのは対空車両で、崖や山の上の敵に対空機関砲を打ち込みまくった経緯があります。
地球では前述の例がありますが、惑星Ziの対空砲事情はどうなっているんでしょうねえ……。


>>ゴジュラスファンさん

多分ゴジュラスはそこそこ泳げます。
背びれを水面に出して、力強く泳げそうな気がします。
そして水中戦に特化したのがマリナーかなと。
根拠?
いや、だって元ネタ的には、ねえ?(笑)

No title

>NoNameさん
初期の頃は設定があやふやでその都度スケールが変わっているような感じもしますね。
「ゾイド星最大の大陸」とされていたんですが、今やそこまで巨大でもなくなってしまい・・・。
現在の地図設定と惑星の大きさから計算すると、だいたいオーストラリアと同じ程度ですね。

初期においては暗黒大陸(北方大陸)と中央大陸の二つだけみたいな感じだったんですけどねー。
クック湾が北極みたいな景色になっていたことは、初期において中央大陸がよりスケールの大きなものを想定していた名残だと思います。

>ゴジュラスファンさん
アイアンコングのミサイルは確かに大陸間弾道ミサイルの様に自国両から敵国を「より安全に」攻撃するものとして考えられていた可能性があると思います。
まあそのような運用を想定するなら200kmでは大した効果がないので、せめて数千kmは欲しい所でもあるんですが。
それは開発できなかったのでコングの現在の仕様に落ち着いた可能性もあると思います。

デススティンガーは多脚だしその気になれば穴も掘れるので山岳でも十分に運用できると思います。
ただ心配なのはウミサソリのコアを持つので長期間において水がない所では存分に活動出来るのだろうかという事でもあります。

>ラウルさん
山岳では本当に適正のあるゾイドが強かったですよねー。移動力がもう凄い!

バトスト3巻での山岳での戦いは燃えましたね。
共和国軍はより多彩な構成で挑んで勝利を得た…。コマンドウルフが光っていましたね。

ジェノザウラーが開発されていたとすれば、それはもう恐ろしい効果を挙げていたでしょうね。
実際には開発がより現実的な「グレートサーベル」になったわけですが。
でも、少しなにかの事情が違えばもしかすると完成していたかもしれませんね。
その場合のスペックは我々の知るジェノザウラーとは少し違っていたかもしれませんが(山岳では荷電粒子砲は使いにくいので別の連射可能な装備になっていた可能性が高いと思います。もしくは思い切って完全撤去しパルスレーザーライフルのみになっていたかも)、そういうのを想像しても面白いですね。

>makiさん
山岳も高い低いのさ差はあるので一概には言えませんが、山はかなり多いですね。
セイスモの砲は高い場所に置けば有効な気はしますが、攻撃を受ける側も隠れやすい事情があります。
なので無敵かなー・・・という所でもあります。
現実的に言って、いくら高い場所に置いても目標との間に一切の障害がないという状況は極めて少ないはずです。
これを考えれば曲射が出来る(障害を避けて狙う事の出来る)実弾砲にも使いがっての良さは残されているのかなーと思います。
もちろんビーム砲にはビーム砲の利があるので、半々くらいの配備数になったのかなとも思います。

バトスト3巻のゲルマンジー上陸作戦から山岳での戦いを見ていると、
山岳などで高所から撃たれた場合、共和国軍ならキャノン砲などの大口径砲を後方からぶちかまして解決、あるいは航空兵力を以って対処しそうな感じがします。
帝国軍はどうだろうなあ・・・。あまり対処できなかったからこそ山岳での戦いに敗北したような気もします。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント