フロレシオス

フロレシオスのバリエーションを描きました。
フロレシオスはそんなにバリエーションはないだろうと思っていたらまあ、これがけっこうある。


こちらはノーマル仕様。以下はバリエーションです。
今回は色を付けたので線画じゃなく色付きで紹介します。

「前期型」

History of Zoidsより。
緑色なのが特徴的です。河川での運用をされるのだろうか。
ノーマル機に比してバラストタンクの大きさが小さく(短い)、付き位置が前方に寄っています。
バランスがちと悪そう。

「後期型」

こちらもHistory of Zoidsより。
背中にレーダーが装備されています。バランストタンクはやはり小さい。
本仕様は「後期型」と付けられていますが、その割に解説では「レッドリバーの戦いで活躍した」とされています。
レッドリバーの戦いって開戦時の戦いだ。なにが後期型だ…。

思うに、「‎前期型」「後期型」いずれもバラストタンクが小さいから「試作機」だと思う。
試作機として数十機程度が製作された。試作機中の前期型と後期型であると解釈しました。
両試作機の運用の結果、バラストタンクの容積や付き位置に問題が見つかり、改良されて量産型(ノーマル機)に発展したという感じじゃないかな。
量産型ではレーダーは付いていませんが、この時代のレーダー技術はお察しなので良い効果を挙げれなかったのだろう。

「箱裏作例1」

背中が装甲(?)で覆われています。剥き出しのノーマルと比べると優雅な印象。
水の抵抗も減ってるのかな。「性能向上型」とでも言うべきか。
ただしこの時代には帝国軍にロクな海戦用ゾイドが存在しなかった為、性能向上があまり必要ではなかったものと思われる。
(フロレシオスに被害が増えたのはシンカーが登場してからである)

「箱裏作例2」

大型のウイングが付いている。運動性の向上を狙ったタイプかな?
だが大きすぎる事から逆に動きが悪くなりそうな印象もある。重量もかなりのものだろう。
「巨大なヒレを少数つける」という発想が失敗したから、次級バリゲーターでは背中に小型のヒレを無数に付ける方式にしたのやもしれぬ。
共和国海戦用ゾイドで巨大なヒレが復活するのは新世紀のハンマーヘッドを待たねばならぬ。

「高速タイプ(?)」

戦闘機械獣のすべてより。
バラストタンクが鋭いものになっている。おそらく高速化を図ったものと思われる。
対空機関砲と思えるものが付いているのはシンカーへの対策だろうか。
たぶん高性能と思えるのだけど、バリゲーターが既に就役していた時期に出現した改造機(と思われる)ので、本格的な量産は見送られたものと推測します。
頭部にアンテナがあるのでおそらく通新緑も向上している。

「頭部換装タイプ」

当時の販促イラスト(プロモーションアニメ?)の中に、口の付いたフロレシオスが登場します。
謎。
牙がないので格闘戦は無理と思われる。
ZAC2032年のアルダンヌの開戦でザットンと戦っている様子が写っている。
ZAC2032年という事は、フロレシオスとしては後期に活躍した機体。
後のゾイドは口があるのが標準になってゆくのだけど、本仕様はその時代に向けた実験機のようなものなのかも。

ちうことでフロレシオスです。
そんなにないだろうと思っていたら、けっこう多い!
でもフロレシオスはこれにてコンプリートです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

フロレシオス好きなんですよね~、ども!
やられ役でしかないかもしれないけど、その中で共和国の頑張ってる感も出ていて(笑)
こいつが活躍してた時期を短編で良いからバトストジオラマで作ってほしい!

兵員輸送用ハイドッカーも口開けてた気がします。
キットでは開かないけど開いてるシーンがあるというのも、小型ゾイドなら自分は想像が膨らんで好きですね。
むしろそういうのが小型を買う一番の魅力だと思ってたり、、、

ウルトラのベース?

箱裏作例1の背中がウルトラザウルスの背中みたいですね。これがベースになってウルトラザウルス開発が進んだと考えても面白いかもしれません。

No title

>No Nameさん
私もフロレシオス好きです。
共和国初期ゾイドの中ではボリューミーで「骨じゃない」しっかりとした造形・・・・・でも後のゾイドと比べたらやっぱりヒョロい・・・・そんなバランスが好きです。

ハイドッカーにも口があるやつがありましたか。
それは確認してみないとなあ・・。
小型ゾイドは数が多いので妄想は一番ぶつけやすいですね。

>YHさん
あぁー なるほど、確かに似ていますね。
開発したメーカーが同じなのかなー・・・なんていうのも考えていきたいですね。

No title

すみません、兵員輸送用ハイドッカーの口開けですが恐らくこれが本文に書いてあるフロレシオスですね。ゲーターがガトリングビーム撃ってるところなんですが横の文章の経緯からこれはハイドッカーだと20年以上勘違いしてました。

お騒がせして申し訳ありませんでした(汗

No title

了解です。
でも共通コックピットなので、フロレシオスが換装できたということハイドッカーや他のゾイドでも換装できそうですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント