ウルトラな改造

ウルトラザウルスのバリエーションです。
こつこつ作っていきたい。


コチラはバトスト1巻の超巨大ポスターに載ってたタイプ。


対空砲は、ドイツ軍のゲパルト対空戦車のキットを使用している。
こいつの砲塔をウルトラの飛行甲板に設置しただけというお手軽改造。


本仕様は元々は小学五年生に掲載された改造作例です。
色もノーマルタイプに近いし、再現はかなり容易な部類かな?


唯一、パイプが黒くなっているのはノーマル機との差です。

本仕様はおそらくシンカー対策かな?
水上艦が飛行機に弱いのは周知の通り。
海上航行中に空から襲われてはたまらん…という仕様だと思います。
だが冷静に考えれば、ウルトラザウルスはプテラスを搭載できる。
わざわざ大掛かりな対空砲を付けるよりも、ノーマル状態のままでプテラスを搭載しつつ運用したほうが遥かに良いという結論になったのだと推測します。
(本仕様はおそらく艦載機の運用能力を失っている)

ただしゲパルト対空砲の効果は高かったとも思います。
後年に改造ディバイソン「ヘッジホッグ」は、本機と同様の対空砲を持っています。


ウルトラザウルス改造もういっこ。
こちらは改造というよりプロトタイプです。


ほとんどノーマルやんけ! という感じですが、ウルトラザウルス登場直後には試作品が使われている事がありました。
バトスト1巻では扉ページに出てくる機や、ミーバロス上陸作戦で上陸後にキャノン砲を放つ機がこれです。
キャノン砲の付け根のディティールが制式機とはやや異なります。

また、試作機はキャノン砲の口径が違う。

制式機に比べて砲身が肉薄です。
肉薄なので砲身に強度がなく、数発程度の発射でダメになったのやもしれぬ…。
(ウルトラの様に「撃ち続ける」仕様の場合、砲身命数は出来る限り長くしておきたいはずだ)
そこで制式機の様に肉厚なものに改定した。

砲身自体の直径は同じだが、試作機のものは肉薄。すなわち口径がやや大きい。
制式機は「36cmウルトラキャノン砲」です。
試作機は…、38cmか40cmくらいだろか?
「ゴジュラス王者伝説」という漫画に、「ゴジュラスキャノン砲とウルトラキャノン砲は同じ砲だ」というような台詞が出てきます。
ゴジュラスキャノン砲は42cm砲です。
ここから考えると、試作ウルトラザウルスのキャノン砲は42cmという解釈でも良いかもしれないなあ…。

あと、試作機は胸部ミサイルポッドの形状も異なります。
制式機は8連ミサイルポッドですが、試作機は10連ミサイルポッドである。
ミサイルポッド自体の大きさは変わらないので、おそらく一発あたりのサイズが小さい。

キャノン砲の口径が大きく・ミサイルはやや小さい。そんなのが試作機。
キャノン砲の口径が小さくなったのは、最たる理由は砲身命数と思われる。だが威力過剰で小さくなったという要素もあるのかな・・・?
一方、胸部のミサイルポッドは10連では威力不足だったのかもしれない。
以前はマーダやゲーターのサイズが小型ゾイドの標準だったけど、この時期はイグアンやハンマーロックのようにやや大型化したものが標準になっていたので。

そんなわけでウルトラザウルスの改造バリエでした。
ウルトラザウルスは比較的改造バリエが他にもあります。
○寒冷地仕様(大氷原の戦い)
○ヘリック大統領専用機
○空母タイプ(フロレシオ海海戦)
など。
これらも順次再現していきたい次第です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

色んなウルトラザウルス

それだけウルトラザウルスを再現するなら、ビッグマザーも再現して欲しいな♪
と思って、ビッグマザー検索していたら、マッドサンダーを海上輸送するためのもの
であるウルトラ空母ってのも見つけちゃった!同じZoids Ignition日誌でですが…
これも再現するのか…大変そうだなぁ…

キットの話したいので、ウルトラザウルスのキットの話ですが、首を持ち上げて口を開き、
威嚇するように首が動き、同時にキャノンが連動で動く様は今見ても迫力満点ですね。

キットの話したついでにしますが、MPシールドとHMMシールドとが同時に同じ値段で
売られていたら、どっちを選びますか?三式さんはMPの方を選びそうだなぁ…
とか思っているんですが、本人から直接聞きたいです。
(両方とか言われたら正直意外です。主に無動力にも魅力感じてるって意味で)
以前、ゾイドをアニアの様にノンスケールで…って話したけど、三式さんが黙っていた
のを見るに、やっぱりゾイドは動力で動く物で、スケール感いっぱいの方がいいよなぁ…
子供向けでも出来たらさ!とか思ってます。
(多分アニアの様にって考えには否定的な事しか浮かばなかったのかな?とそれはそれで仕方ないと思ってます。)

ゾイドが復活するには、以前誰かが言っていた動力ゾイドを無動力として組める上に
そのゾイドに動力を与えるカスタマイズパーツとして、動力機関を売るって形の方が
ゾイドファンにとって理想かな?と今は思ってます。
(ゾイドのコスト削減もファンにとって、動力ゾイドが欲しいのと同じくらい悲願だと思う)
自分のゾイドを動くゾイドとして作りたいなら、動力パーツを買いなさいってのは
旧来のファンからも好評になるのではと思っての事ですけどね。

家のRZ-001ゴジュラス、多分動くだろうから電池入れて動かしてみようかな?久しぶり♪
ゾイドの魅力は動く事ってのを再認識しそうです。

No title

PSのゾイドでウルトラが対空攻撃にエネルギー使って攻撃出来るのに地上ゾイドには実弾でしか攻撃出来なかった思い出が…
さすがに頑丈なウルトラがレドラーやシュトルヒに遅れを取ることは皆無でしたがw


肉厚な砲身は砲撃力が優秀だった故に撃ち続けられるほうが好まれたのかもしれませんね
このキャノン砲こそウルトラの生命線でもありそうですし

お願いします

 いつも楽しみと驚きで拝見させていただいております、ハデスです。
 このたびウルトラザウルスのバリエーションということですが、ふと思いました。

 アニメ版のウルトラザウルスと、バトストのネオ・タートルシップ。どちらが大きいのだろう。
 少し前の記事で、ホエールキング、ホエールカイザー、戦艦大和、空母ニミッツを比較しておられましたが、あれをアニメ版ウルトラとネオ・タートルシップでできないでしょうか。

 アニメのウルトラは、全長555m、全高333mとあります。バトスト版のざっと十一倍。
 他方、ネオ・タートルシップは全長377m、全高199m。
 ウルトラよりも一回り小柄……と行きたいですが、よく考えるとウルトラの「全高」は長い首が稼いでいるわけで、実のところアニメウルトラの胴体とネオの甲板とは、比べたらどれほどのものになるのでしょうか。

 また、ネオ・タートルシップはホエールキングをさらに上回る巨体です。キット版キング(全長225m、全高54m)が大和よりやや小さい程度でしたが、カード版キングはそれよりさらに大きく(全長321m、全高65m)、ニミッツに惜しくも届かないレベル。
 しかしカード版ネオはそのカード版キングよりさらにデカいわけです。

 幸いというかなんというか、ネオ・タートルシップはカードではほぼ真横から描かれています。
 三式さまがネオ・タートルシップを描かれたことは無いのは存じております(旧タートルシップは本にも載っていましたね)が、個人的にネオ・タートルシップが好きということもあって、是非ともお願いいたしたいと思っております。

追伸……というより自己PR

 連続すみません。
 実はこのたび友人からペンタブを譲っていただきまして、それを用いて最近イラストを描き始めました。
 で、本日ゾイドのイラストを、ピクシブにアップしました。というかピクシブイラスト初投稿です。
 URLは以下
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=61205371
 以上。
 ジェノザウラー開発途上のプロトタイプという設定です。名前は「キュマイラ」。
 ご高覧いただけましたら、幸いでございます。

火力は十分?

ウルトラが元々装備している対空レーザーは威力あるんでしょうか?
バトスト1巻によるとゴルドスの20ミリレーザー砲はシンカーなどには効果がないとありウルトラの対空レーザーも同程度の口径なので偵察機を落とすくらいにしか役に立たない気がします。

あとやはり旋回式の砲を作るのはやはり難しいんですかね?
ゲパルト対空砲も方向を変えられるように見えないので、横から狙われたらなす術なしに思えます。

No title

ウルトラザウルス!王者の風よ!!
やっぱりメカ生体カラーが好きです。

メカ生体時代のカラーリング

対空砲搭載型はメカ生体版の渋いカラーがよく馴染んでいますね。そういう意味ではミリタリーとゾイドはけっこう親和性が高いですね。特に中央大陸戦争時代のゾイドには。

No title

>ゴジュラスファンさん
申し訳ないですがあまり私個人にこだわりすぎる内容は反応に困るので少し控えていただけると助かります。。。。。。
あの時にああ言ったからどう言ったからと詳細にまで、この部分にレスがないからああだこうだというように推測されても戸惑うわけです。。。。。
私個人に対して探求したいのでしたらあまり答えたくありません。ここは主としてゾイドを語り合う場として活用したいのです。
むろん一切言うなというわけではありませんし適度な交流は良いと思うのですがバランスとして過剰さを感じるという事です。ご理解頂ければ幸いです。
なおこの件に関しては返信は不要です。お願い致します。

>w15さん
PSゾイドでは、ウルトラは帝国側を選んで敵として登場された時の印象が強いです。
このゲームはレドラーでスキル疾風を付けると無双できるんですが、ウルトラだけは対空射撃が充実しまくってて迂闊に攻撃できない恐るべき敵でした。
そういえばラストミッションの敵旗艦機もマッドサンダーじゃなくてウルトラでしたね。

キャノン砲は頻繁に交換していたらコストもとんでもない事になりそうですね。
その意味でも肉薄タイプは評価が低かったのかも…。

>ハデスさん
うちにネオタートルシップのカードがあったかどうかは分かりませんが、もしもあって更に楽に再現できそうならやってみたいと思います。
余り期待せずにお待ち頂ければ幸いです。

>YHさん
たぶん威力はあると思います。
ゴジュラスやゴルドスのパノーバー20mm砲はシンカーが登場するよりも前に登場したものです。なのでビークルを想定した威力で十分と言えます。
ですがウルトラが登場したのはその後ですので当然ながらシンカーを貫く威力が想定されているはずです。
口径は威力を知る上で重要な要素ですが、ビーム砲やレーザー砲は出力がものをいいます。
なのでウルトラのエネルギーを使用した砲は十分な威力を有していると思われます。
ついでに、パノーバー20mm砲は後々にまで採用されているので、外観は同じとしつつも中身は高出力タイプにアップデートされている可能性も高いと思います。

ゲパルト砲は旋回できるかどうかは不明ですが、ちと格納庫に突っ込む感じで付いているようにも見えますねえ。
ヘッジホッグに装備された時は「旋回可能な対空砲だ」と紹介されたのですが。

>メカカブトさん
軍艦っぽい黒はやっぱりズッシリとした感じがして最高ですね。

>A-10に乗りたい人さん
メカ生体ゾイドは、ウルトラザウルスあたりからミリタリーな雰囲気が最高潮になりましたからねー。
この時期からマッドサンダーくらいまでの時期は渋いカラーが最高に似合う機体が多いですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント