名称不明

たぶん最大級にマイナーだと思う改造レッドホーンを描きました。
もはや面影がほとんどないんですが、ゾイドグラフィックスvol.7に登場する作例です。
名称不明。



1985年。作者は小林誠先生。


同時期には、有名なアイアンコング改造機「ミノタウロス」も発表されています。こちらはご存知の通り横山宏先生の作例ですね。
この時期のゾイドは有名なモデラーさんに作例を依頼する事に積極的でした。
既に「小学三年生」では連載が始まっていた時期ですが、まだ学年誌を主力に据えていたわけではなく、他にも様々な方向を模索していたのでしょう。
そういえば、この頃には「ホビージャパン」にもゾイドの広告がよく出ていました。模型ファン…ハイターゲットへの訴求も強く意識していたのでしょう。
小林誠先生や横山宏先生の作例は、その事をよく示しています。



さて本機ですが、まぁーゾイドというよりもはや戦車ですね。
個人的にはドイツ軍初の戦車であるところのA7Vを思い出しました。
たぶんイメージ的にはそのようなところじゃないかな。


画像はwikipediaより。

A7V、いかにも前時代的な戦車って感じです。
イギリス軍のマークIからはじまる菱形戦車シリーズは有名と思いますが、同時期やや遅れて登場したA7Vもなかなか魅力的です。
全長8mの車体に、乗組員はなんと18名を要する。
「車内はむき出しのエンジンの騒音がひどく、戦闘中はこれに戦闘騒音も加わるため声による指示は不可能であった。車内はわずかに差し込む光以外は真っ暗闇であった」


極めて異色のゾイドですが、んー…、超初期型とでも解釈すれば良いんでないかな。
ロングレッグサリーの記事でも少し触れましたが、最初の頃の「むりやり保有してますよと言う為だけに作ったような状態」のレッドホーンの中の一機。
直線的な装甲やリベットが帝国らしくない感じがしますが、初期の頃の大型ゾイドになれていない帝国軍の技術では、曲線的な造形や溶接技術がまだまだ途上であり未発達。大型を作るには直線&リベットにせざるを得なかったような感じなのかも。

そんな感じでレッドホーンの改造バリエでした。レッドホーンは改造バリエが多いのでまだ幾つかあるのですがどうにかがんばる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ゾイドグラフィックスはさすがに国会図書館には保管されていないでしょうし、オークション等でも凄い値段で取引されているので、いつの日か書籍化されることを夢見ています。
「動くプラモ」への挑戦としてはやや疑問が残る作例に思えてしまいますが、戦略的意義が非常に高い改造ゾイドではないでしょうか。
大人数の兵員輸送・物資の運搬・補給が可能、更にはかなり大規模な居住スペース・作戦司令室等もありそうではないですか。
こういうゾイドが一体でも商品化されたら、ゾイドの魅力が一層広がる気がしてなりません。
貴重な作例のご紹介をありがとうございました。

No title

おお、こんなヤツもいたのか。

ごちゃついた感じがいかにも黎明期ですね。
あるいは76mm砲対策か。

ツノの造形にレーダーを使用している様ですが、実際にレーダーと解釈するか、模型的に形状で選んだ造形上の問題と解釈するか。
資料に乏しい機体は考察の塩梅がなんとも難しいですね。

No title

これまたドえらい改造機ですね…
もはやレッドホーンの原型を留めてないけど装甲に覆われてる分並みの射撃武器は平気そうですね

No title

地雷によって足を失ったレッドホーンの再改造とか…?
その被害を減らすためデストローラーが導入の流れだったり…(レッドホーンの足を吹き飛ばす地雷じゃあのローラーでも怖いですが)。
改造機にも何かしらの繋がりやドラマがあると面白いのですが。

不評だったかも?

もはや生物としての原型をとどめていないですね。レッドホーン野生体をここまで改造したら倫理的にまずすぎて兵士からも批判が出たんじゃないかと思えます。
あと角の部分にレーダーが付いていますが、何でこんな位置にあるんでしょうね?これでは真っ先に破壊されるだけで背中に置いたほうがいいはずなのに…

No title

歩けるのか(というか足はあるのか?)という問題はあるものの、
こういう急ごしらえ感のある改造はいいですね。
極初期の頃の機体という雰囲気がいいなぁ

以前載せてたロングレッグサリー、star warsのAR-ARですよね☺ありそうなデザイン

No title

>kageさん
ゾイグラやカタログなんかはぜひとも一覧にして欲しいですよね。
その辺の資料をかき集めれば容易に一冊の本が出来上がりそうなんですが。

本改造機ですが、兵員輸送はできそうですが居住性はけっこう悪そうにも見えますね。
騒音が凄そう…。

>メカカブトさん
凄い作例ですよね。
レーダーは本当にレーダーだとすると正面にあるので真っ先に壊されそう・・・・。
正直に言うと何か別の装備と解釈してアレンジしたかった箇所なんですが、んー、難しいですね。

>w15さん
装甲はあるんですが、このような直線的な形状だと避弾経始が全く期待できないので見た目以下の威力しか期待できないかも…。
この経験が後の曲面装甲につながっている・・・とかだと面白いと思います。

>しめじさん
分かりにくいんですが、一応は脚はついていますね。
脚の外側に大きく張り出す形で装甲が付いています。

改造機につながりがあると面白いですね。
自軍でも敵軍同士でもそうした要素も考えてみたいです。

>YHさん
本機はキメラ的なものではなく、あくまで「外側に」付けただけなので倫理的な問題は低いかも。
それでも絶対に好評ではなかったでしょうね。
もはやレッドホーンに見えない・・・。

>No Nameさん
一応、脚はあるんですが歩きにくそうですね。すんごく。
機動力は大幅に低下しているでしょう。。。
こうした積み重ねが後の見事な帝国軍につながっていると思うと感慨深くもあります。

>No Nameさん
AT-ATですな。
あとホエールカイザーも同機の影響を強く受けていると思います。主に胴体の形状が。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント