ハリネズミ

ディバイソンの改造タイプを書きました。

ヘッジホッグです。バトスト4巻の超超重武装の本機に衝撃を受けた方も多いのでは。
バトスト4巻の紹介ページでは、アングルのせいもあり本当に重戦車のように見えて迫力満点なのですね。

本機の背中のユニットは旋回式対空砲とされています。
でもって、


こちらの、対空ウルトラザウルスの背中のユニットとほぼ同じ形状をしています。
これは実に面白い事実です。

いわゆる「改造セット」は量産されて各ゾイドに装着されています。

この対空ユニットも、ゴジュラスキャノン等ほどではないが、ある程度は量産されて各機に装備されていたのかも。
実際にそういう機が画面に写った事はないんですが、たとえば旧式化したもののペイロードはかなり高いマンモスに本ユニットをつければ優秀な防空機として延命できそうでもある。
存分に暴れまわってもらいたいです。
まあ、突撃してこそナンボのマンモス型機械獣としては不満が溜まる仕様なのかもしれませんが。


さてヘッジホッグ、色はノーマルと同じような感じです。戦車のイメージなのであまり派手な感じにはしたくなかったのかなと思いますね。

対空砲の他にはミサイルやキャタピラを装備。
ミサイルは幾つかに色が分けられているので、「対空」「対地」など用途が違うのかもしれない。

キャタピラは、ゴジュラス「ベン・ハー」とは違って「脚を残したまま、補助装備としてキャタピラを装備」というものになっている。
たぶん、普段は脚で歩行し、脚では行動困難な地帯ではキャタピラに助けられながら動くのだと思う。

理想的ではあるが、一方で普段においてはキャタピラがデッドウェイトになっている事も否めない…。
そこから更に考えると、本機は脚では行動困難な地帯に投入される前提で開発されたのだろう。
学年誌では中央山脈に派遣されています。

さてさて、ヘッジホッグについての雑学。
本機はまさにてんこ盛りな仕様です。パワーのあるディバイソンらしい改造だなあとは思いますが、初見での印象はやっぱり盛りすぎてないか?というものでもありました。
その理由を紐解きましょう。

実は本機は、小五に掲載された…、


この改造講座が元になっている。
「初級コース・ミサイル増設」
「中級コース・対空砲を付けよ」
「上級コース・キャタピラで脚力強化」

初級は武器を接着剤で付けるだけ。
中級はプラモを組んで微妙に形状を調整して付ける。
上級はプラモを改造してからゾイドに付ける。
という、なるほど良い講座ですね。







で、気付いたかと思いますが、ヘッジホッグというのはこの一連の講座で出来上がったものを統合した豪華仕様です。
統合時に更にミサイルを増すなど一部に調整が加わっています。
こんな風に見るとヘッジホッグが更に面白く見えてきますね。

そんな感じでヘッジホッグでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まさか初級中級上級全乗せだったとは…知りませんでした。
ウルトラの時も思いましたが対空ユニットの嵌り具合がすごい。
ミリタリー色の強い共和国大型ゾイドなら大抵似合いそうです。
 
名前もいいですよね。同名のイギリス兵器がルーツなのかもしれませんが単独では「盛りすぎでは…」と感じてしまう見た目も名称を見た後だとむしろ積むだけ積んだ姿の方がハリネズミにふさわしく思えます。
『○○使用』もいいのですがこういうスコーンとくる名称がつくと改造機がより魅力的になりますね。

No title

まず最初に見た感想が勇者シリーズのグレート合体で次が仮面ライダーバースのバース・デイでした<素体に色々とつける強化形態
対空ユニットは優秀でもマンモスは全部の武装がエネルギーですし、FCSが対応できなかったことや索敵能力や反動制御の近代化などで採算性が取れなかった(強化自体が不可の可能性も)かもしれないと考えました

No title

キャタピラ改造はなかなかレベルが高そうですね。
いきなり「さあこの改造ゾイドを再現しよう!」とハードルを高く設置せず、段階的に改造を楽しめる配慮は素晴らしいと思います。
ソイドの脚に別の動力ユニットは確かに普段足枷になりかねませんが、そこはディバイソンのパワーで、という力押し感もまた共和国わしいです。
平原、特に砂漠や雪原など、蹄がはまって動けなくなりそうな地形ではこのキャタピラ(無限軌道でしたっけ?)が役に立ちそうです。
実はガンブラスターにこのキャタピラをつけたら機動性大幅アップするんでは?とか考えた時期がありました。

No title

改造の集大成だったのですね!!
なお戦火は…

No title

ディバイソンのパワーを活かした文字通りのハリネズミな改造はバトストで初めて見た時もインパクト抜群でした。
そしてこれが改造講座のステップアップの全部載せと言うのがまたいいですね。
個人的に全部載せは大好きです。

初級コースの安価な武器セットを使うと言うのは後年のカスタマイズパーツや最近で言えばビルドファイターズや鉄血のオルフェンズのガンプラにも通じる所がありますね。
安価な武器セットは手に取り易くてカスタマイズの強い味方です。

ゾイドの脚にキャタピラと言うと、個人的にはガンダムSEEDをやってた頃にバクゥに触発されてヘルキャットの脚にキャタピラを付けた砂漠戦仕様なんてものを考えたりしました。

フルファイア:男のロマン

機動力無視の重武装ですね。こうも積載し過ぎると只の砲台になってしまいますね😅ガンタンクやブルドにヨロシクのキャタピラ搭載とは、学年誌攻めてたんだなぁ

No title

別の改造セット説は面白いですね。
もしベンハーが採用されていたら、MK-Ⅱは足や尻尾にこんなキャタピラを付けたんだろうか。

それにしても対空砲は本当にかっこいいなあ。
改造ウルトラ繋がりで寒冷地キットもあったら面白いです。

No title

>しめじさん
良い作例ですよねー。いい感じにステップアップさせつつ、全てクリアしたら全部乗せのご褒美が待っている。
ゾイドの改造指示は「おおらか」というかいい加減な指示のものも多いのですが、この記事のものはとても良い理想的なものになっていると思います。

>神楽歌さん
マンモスは色々と調整さえすれば不可能ではないとは思いますが、費用対効果に見合わなかった可能性はありますね。
唯一、コストをある程度かけてでも運用を続けたかったのが寒冷地だったのかも。
不遇の機体ですよねぇ。それがまた良いのですが。

>A-10に乗りたい人さん
キャタピラは難しいですね。しかも一つならまだしも4つ作る必要がありますからね。
ヘッジホッグに必要な車輪は12個。ゲパルト戦車の車輪は14個。2つ予備があるのがまだ救いかな…。
キャタピラはパワーのあるディバイソンなら何とか運用できそうですね。
ほとんどの域ではデッドウェイトになると思いますが、特殊な地域においてのみは力を発揮しそう。

ガンブラスターにつけるともはや本物の戦車になりそうですな。

>w15さん
たぶんグレートサーベルにやられちゃっていますが、その前にアイアンコングMK-IIの守る基地を陥落させているので全くの不遇でもないですね。
なお同基地攻略の際には17門突撃砲を使っており増設武器の意味とは一体・・・・と思ってしまいました…。

>ラウルさん
全部乗せいいですよねー。
過積載気味ですが、それもまたディバイソンと言うパワフルな機体には似合っている気がしますね。

手軽な武器増設は良いですよね。この作例では接着せよとされていますが、ゾイドのハードポイント径に対応する改造をしておけば更に使い勝手が向上しますな。

>NoNameさん
けっこうキャタピラつきゾイドは前期・中期・後期ともに存在しますね。
新世紀ゾイドの「ゾイド改造マニュアル」なんかでもバーサークフューラーの下半身を戦車化したものとかがありました。
戦車=キャタピラ
戦車=強い
キャタピラ付けたら強い みたいな感じでしょうね。

>メカカブトさん
キャタピラをヘッジホッグの様に「足との併用」で搭載するには安定感のある四脚が必要な気がしますね。
ゴジュラスでこの方式をしてしまうと、ローラースケートをやっているような不安定感がでそうな気もします。

対空砲は良いですよね。どの共和国ゾイドにも似合いそうでワクワクです。
寒冷地装備も良いですね。世界観が広がる装備がどんどん出ると良いですよね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント