収束砲

改造ゾイドは現在は初期~中期のものを中心に書いていますが、今日はちょっと末期のものを。


ガンブラスター改造機です。
コンセプトはビッグ・バッド・ジョンと同じ感じですね。
無数の砲を集束して一門のデカ砲にというのは定番と言えましょう。

本機は名称は不明ですが小学四年生のストーリーに登場する改造ガンブラスターです。
デスペラード基地という所に所属していて、ギル・ベイダーからの攻撃を受けた。
サラマンダーF2と共に防戦に努め、なんと撤退させるという戦果を挙げる。
あのギルを撃退という事をやってのけたたいへんな武勲機です。


色はノーマルに近い感じ。
砲ですが、これはどうも曲がるストローを中心に作られている模様。

さて本機の利点として砲の仰角が高く付く。これによって対ギル戦が効果的に可能になった。


劇中ではこんな感じ。

おそらくF2が必死にギル・ベイダーを”ガンブラスターが撃ちやすい位置”にまで誘導して、そして巨大砲を撃ち込むとかそんな戦い方をしたと思われる。

ところで本機は、上の写真ではわからないのですが・・・、タイヤの付いたトレーラーの上に乗って戦っていました。
もしかすると、脚部がまだ未完成気味・未調整気味だったのかも。
その機体で必死にギルを迎え撃ったのだとすると燃えるものがあります。

そんな感じで改造ガンブラスターでした。
名称不明ですが、ノーマルが無数の砲を持った”ガン”ブラスターだから、収束砲を持つ本機は”キャノン”ブラスターとかでも面白いかなーと思います。

改造ガンブラスターはとても少ない。
あとはアルトブラスターくらいかな・・・?
あと試作型が居ましたが、この二つもゆくゆく手を付けたい所。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

個人的にはガンブラスターのアイデンティティを無視してるような気もしますが、ギル相手への奮戦は素晴らしいと思います。
撃墜できないまでも撃退したことで「最強」であっても「無敵」でないと証明したのは反撃のきっかけになりますし。
ウルトラを小型化して超長距離線から長距離~近距離での砲戦にした機体とイメージしてますし、バランスが悪くても部隊運用でいくらでもフォローできる点から暗黒大陸戦争での傑作機だと思ってます

No title

三式さんのバトルリサーチに記載されてた改造ガンブラスターですな
車輪付きの台にのせられてたのが未調整だったのかはたまたエネルギー温存のためだったのか…

いずれにしろギルベイダー無敵時代において撃退したってのは凄いですね

No title

>神楽歌さん
まぁ、たしかに無数の砲を持つゾイドという部分をなくしちゃってますからねー。
あと黄金砲でもなくなったし・・・。

バトストに登場したのはまさにギル無敵時代。オルディオスはまだ就役していない時期です。
この時期に「撃退」とはいえギルの目的を失敗させているのだから本当に凄いです。
改造マッドサンダーや改造ガンブラスターが必死に奮戦した結果、オルディオスまでのつなぎを何とか保てたのでしょうね。

>w15さん
エネルギー温存説はありそうですね。
一発撃てば、もはや歩く事もできないくらいに消耗してしまう…。
逆にいえばギルが危機を感じ撤退するくらいの威力でもある…。

なにげにガンブラスターと共に戦ったF2も凄いですね。
撃墜されず、しかもガンブラスターの射撃位置にまで誘導しているのでエース機といっていいと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント