おれをつれてゆけ。きっとやくにたつぞ。

マンモスのバリエです。

箱裏のやつ。
微妙に色々と手が入っています。
牙に防護フレームが付いていたりするので試作機だと推測。


大型ゾイドの箱裏にはこのような微妙に手の加えられたモデルが乗るのが通例でした。
ゴジュラスまでは。
ゴルドス以降のゾイドはイラストでのバリエーション等が載るようになりました。
こうした「なんでもない」ような改造機はあまり華やかではないんですが、これはこれで世界観を広げている感じがしてGOODですね。


コチラは有名かな。
デスザウラーを撤退させた奇跡の武勲機。
「マイナスゼロ砲」なる冷凍砲を持っている。


名称はスノウマンモスで良いのかしら。

この時期においてまだマンモスが運用されていたのはとても興味深い事例です。
そしてそれが極寒地というマンモスならではの強さを活かせる場所であった・だからこそデスザウラーさえも撤退に追い込んだという所はとてもゾイドらしくて良いなと思います。

「キミのアイデア次第で旧式機だって最強にできるさ」
スノウマンモスを見てるとそんな感じもする。
見事な改造機だなあと改めて思う次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

マンモスは素体としては決して弱くはないと思ってます
ただ、黎明期だった為に武装などが軽火器中心(このころは歩兵や骨ゾイドが主流)であったので旧式化してしまった感を感じました。
PSゲームに出てきたマンモスMK2ならレッドホーン相手にも十分勝てると思えます<バスターキャノン装備してる時点で射程外から砲撃が来る


マイナスゼロ砲で思ったのは、デス本体が無事でもパイロットがよく無事だったのだと思いました

ファミコンの台詞ですね

タイトルはファミコンの台詞からですね。
序盤は割と役に立った覚えがありますが、正直仲間の強さがわかりにくいゲームだった印象です。
それにしても攻撃が射撃だけなので、マンモスやゴジュラスは使い方を間違えている気がしますね。ゴジュラスMKⅡは逆に強くてバトストと真逆でしたが(笑)。

 いわゆる『PSゾイド』でその存在を知って以来、マンモスは大好きなゾイドです。無骨で洗練されているとは言い難いですが、とても頼もしいパワフルさを感じます。
 ビームを発生させる牙、耳の大型レーダー、多数の兵装をもたせることができる余裕など、とても優れた機体であるように思えますが、就役期間でゴジュラスに大きな差をつけられたのは何故でしょうか……。
 もしかしたら、寒冷地ではあのデスザウラーを沈黙させるほどの活躍をする反面、温暖な大陸中部では本領を発揮できないのかもしれませんね。そうであるとするならば、中央大陸よりも緯度が高い暗黒大陸で、思わぬ活躍を見せるのではないかと期待せざるを得ません。デッド・ボーダーなどと対峙する情景は想像できませんが……。

No title

ps2のゾイドだと下手するとジオーガ以上の能力を発揮するマンモスさん
改造前に冷凍砲持たせることもできますね…
ゲームじゃさすがに一方的に凍らせて撤退に追い込むなんてマネ出来ませんけど
…にしてもゴジュラスに主力機争いで負けてしまい勿体ない機体だなぁって思いますね

No title

マンモスは機獣新世紀になって突然人気が出ましたね。
再版されなかったのに凄いヤツ!
その影響か、コアボックスでまさかの復活。
エレファンダーも人気機種ですし、哺乳類の人気が高いのも新世紀の特徴かな、と思います。

PSゾイドではビガザウロと並んで妙に強くてちょっとびっくりしました。
冷凍砲を付けた日にゃあもう…。
武骨でカッコいいヤツです。

No title

>神楽歌さん
実際のゾウが耐久力も攻撃力もむちゃくちゃ高いように、ゾイドマンモスも決して弱くはないでしょうね。実際、パワーはゴジュラスに匹敵するし頑丈さはレッドホーンの砲を受けても動き続けられるくらいにはあるようです。
仰るように武装…特に火力が貧弱で後にもパワーアップされなかったのが辛かった所ですね。

デスザウラーはあの状態で撤退できているのが凄いですね。

>YHさん
ゲームでは序盤はゴジュラスよりは強かったですねぇ。
初代も2も四連速射砲が最強の武器だと思います!

>Namenlosさん
「パワフルに暴れまわる」ですよね。
無骨さだけを追求したようなデザインで、いかにも不格好で古めかしいんですがそれがカッコ良いですね。

レーダーはおそらくゴルドス以前に登場したという事もあり旧型で信頼性に難があったと推測します。
これはアップデートする事で改善できたはずですが共和国軍はそれをしなかったようですね、、、。
弱点は足回りがビガザウロと同じ事だと思います。
要するに運動性が低いであろうと思います。
ビガザウロやゴルドスは格闘戦を行わないから良いのですが、マンモスは格闘戦こそが主体。
求める動きに足がついていかない感じをイメージしています。
専用に・格闘戦で通用する程度の設計で新造していれば良かったと思うんですが、流用したのがまずかったなと。

暗黒大陸ではナルホドですね。
あの時代の技術で足回りの問題を改善しつつ装備も一新させた仕様にしていればかなり活躍できそう!

>w15さん
惜しいですよね。あまりにも存在感を示さないまま埋もれてしまった。
しかしそれゆえに「もしも」が妄想できる機体でもありますね。
私は上のレスのように暗黒大陸で運用されていたら…という想像をしていきたいと思いました!

>メカカブトさん
「カリスマ的人気」とまで書かれましたね。
まぁそこまでではないと思うのですが、なかなか再販の機会に恵まれない事も相まって人気がメカ生体当時以上になったのは確かだと思います。
GOTTAの読者レースで惜しくも二位になったのも影響しているのかな。

PSゾイドは”地面を割るように”ドシンドシンと勇ましく歩いているシーンが印象的でした。
そして攻撃はよくスカる・・・・・・。

No title

寒冷地に強いマンモス。
実は「コアの発熱量が凄い」「神経系が繋がったパーツや装甲の保温性が高い。吹雪の中でも装甲表面を触るとほんのり温かい程」
なんて特徴があったりしないでしょうか。

そんな特徴があると、
「温暖な環境下ではオーバーヒートの恐れがある」
「なのでわざと神経系の効果や接続を鈍らせるようにしており(冷却を促すのを優先)、本来より(生命体としての)能力が低下している」
とか
「発熱量が高いので、その熱に耐えられる“専用の”部品を用意する必要があった(=内部が既に全体的に新造だった。しかも高価)。機体外部をビガザウロやゴルドスから流用する事でなんとかコストを抑えた」
「コストに見合った活躍を期待出来ず(ついでに「ゴジュラスとゴルドスでよくね?」という風潮もあり)、生産終了・縮小となった」
なんて事があったりするかも・・・?
(ビーム兵器メインなのも、熱を利用する為だったり? でも共和国が実弾重視になったので上手く活用できなくなったとか?)

でも暗黒大陸では復活して欲しかったですね。
「水を得たウオディック」の如く存分に暴れ回るマンモス。
ついでに装備も「鼻先にクロー」「耳からEシールド」など色々と作られ、
ガイロス帝国に「象系大型機体の強さ」を知らしめた(そして象さんに繋がる)、なんてw

(・・・と、ここまで妄想した所で、「それだと冷凍砲使わなくていいんじゃないか? 寧ろ高温な特性に合わないんじゃないか? という事になる」と気付いてしまう)
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント