謎の仕様&名前

改造ゾイドを再現している昨今ですが、たまにある謎すぎる改造ゾイドは正直「どうしよう・・・」と悩みます。
特に初期のものはそんなのが多い。
その中の一つがコイツです。



グレーターなる改造ゴルドスです。
なんかもうリクガメみたいにアレンジされていますね。ゴルドスの面影は極めて少ない。
しかも丸い模様がポップというかコミカルというか、なかなか異質な改造機ですねえ。
横から見たものが無いんですが、尻尾はどうなってるのかな…。

初期ゆえの雰囲気が残る仕様ですが、触手状のビーム砲といいなかなか凄い印象を残している。
そのうえ割と強いみたいなのも凄いなあ。

ちなみに本機はビガザウロ「パーシング」と一緒の号に登場した。
かたやミリタリーな雰囲気満点なパーシング。
かたや奇抜な謎仕様のグレーター。
同じ号の改造機でここまで違うかと驚かされる。

さて本機はちょっとネタ的な所もある。
後の号の「改造ゾイド大紹介」みたいなページで再度掲載された際には…、



改造ゴルバス。
この誤植は一体・・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あの伝説の(?)「ベアフ”ャ”イター」に比べればゴルバスなんてかわいいもんじゃないですか!

・・・・おわん型の装甲、というかお椀そのものですよねコレ。
しかも意外と強いというのが面白いです。

No title

ガチからネタまで、これぞ改造ゾイド!
モルガ部隊からすると恐怖だったんじゃないでしょうか……。

いいですねぇ、このゾイド

触手がビームとか素敵です。
こういう「勢いがある」というような古い改造ゾイドをみると、世界観の奥行きと間口の広さを感じますね。
他にもこういうゾイドがあればぜひ取り上げてくださいませ。

No title

触手ビーム砲とか死角なくなるし、クレーターからは複数のミサイルが発射されてるんでしょうか?くそ強いですね。
強固な防御と高火力、先日の記事で紹介されたフォート・グスタフに近いコンセプトですがこちらは活躍したのですか。
尻尾は弱点にしかならない気がするので無い気がします。というか頭も引っ込めた方がいいような…。

No title

ゴルバス。これはこれで破壊力のある名前ですね(笑)
おそらく手書きの原稿の字が汚く
「ト」の一画目と二画目がきちんとくっついてなく
離れていたために打ち込んだ方が「ハ」に見えたのだと思います。
これとは逆に一画目と二画目をきちんと離さずくっついていたために
「ハ」を「イ」に、「ル」を「人」と打ち込み
「ハンドルを右に」を「インド人を右に」と大誤植した
某有名ゲーム雑誌を思い出しました。

まさか、幻獣型……?

 ステゴサウルスとは何の関係もない「おわん」をかぶせられて、ゴルドスが何を思うのか気になるところです。そもそも、このグレーターはステゴサウルス型と言っていいのでしょうか……。
 キャノンやレーダーは取り外されているものだと思われますが、コンクリートで塗り固められた鋼鉄のおわんだけでも、かなりの重量がありそうですね。ゴルドスが耐えたとしても、あまりの重量で地面にめり込みそうです。
 触手状のビーム砲が、どことなく亀に巻きついた蛇を思わせます。もしかするとグレーターは、ビーム砲のように見える蛇型ゾイドと、ゴルドスのパーツを流用した亀型ゾイドを合体させた「玄武型ゾイド」なのかも……。

No title

画像を眺めていて思い出したんですが、ウルトラマン(初代)になんかこういう怪獣いませんでしたっけ・・・・?
なんかテトラポットみたいな形の・・・・。
名前が出てこないんですけれど、あれに似てますね。

どんな状況?

仕様もそうなんですが、状況も少し疑問ですね。
ゴルドスは偵察任務だと思いますが、これではレーダーが有効に使えるか疑問ですし、モルガに囲まれている時点でさっさと引き上げるべきだと思うんですが…
まあ、モルガの部隊もさっさと退却して味方に報告したほうが賢明だとは思います。
最後に分厚いコンクリートをまとうくらいで防御になるんでしょうか?仮になっても機動力の大幅な低下は避けられないはずですし。

No title

体をコンクリートでガードって聞くと防御力高そうですけど…
小型ゾイドならまだしもレッドホーンのリニアキャノンだと簡単に破壊されそうな気がするです…

No title

ゴルバス! ゴルドスとの共通パーツを多く有し、高い戦果を期待されながらも商品化されなかった幻の陸戦ゾイド・ゴルバスじゃないか! 正式採用されていたのか・・・!

・・・まぁ冗談はさておき。

なかなかすごい見た目ですが、グスタフとの関連を思わせるようにも感じます。
一見トンデモ改造のようですが、「岩に擬態しての接近・待伏」なんてのも狙ってそうです。
帝国兵もその機影に「岩山が動いた!」と叫んだ事でしょう(笑)
写真と説明文から戦闘用かと思いましたが、これはそもそも戦闘用の改造なんでしょうか?
それとも偵察用の、被発見率やイザという時の生存率を高める改造や追加装備?

そして落ち着いて見てみると触手砲のインパクトの方がすごく感じて来ました。なにこの共和国の技術。
触手砲はやはり普段は収納しているんですかね。もしかしたらもっとたくさん隠れてるのかも・・・。
Namenlosさんの意見のように、別ゾイドである可能性もありそうです。
ブロックスにあったような「植物ゾイド」である可能性も・・・?(自分は触手と聞くとグ○ディウスの植物面の敵連想しちゃうもんでw)

・・・それにしても、なんか月とか隕石っぽい装甲ですね。
きっと隕石型のコンテナで空から降って来て、隕石が割れて飛び出すつもりが割れ方が悪くて引っ掛かってしまったゴルベイダーなのでしょう(違
(しめじさんもサラっと言われてるようですが、やっぱり「クレーター」が名前の由来なのかな・・・?)



(・・・以前の記事の「隕石写真」の所為か、揚げ物に見えて来た・・・w)

No title

>NoNameさん
ありましたねー。
ゴルバス君は強いといってもモルガを倒す程度と言うのが微妙で良いですね。

>メカカブトさん
まあモルガからすると大きい的というだけで脅威でしょうねー。

>DDAさん
触手どんなシステムで成っているんでしょうね。
初期にはこんなネタ的な部分の多いものが多いです。

>しめじさん
ミサイルですかねぇ。
シャッター的なところから撃っているのかもしれませんねぇ。
触手ビームだけだと大型ゾイドとしては低火力ですがミサイルを内蔵しているならまずまずの火力ですね。

>よいへいさん
あの雑誌はザンギュラとか色々と伝説的な誤字をしていますね…。

>Namenlosさん
野生体が良くもまあ拒絶しなかったものですね。
重量は元のゴルドスが199tなので250tくらい・・・?
脚部がやばそうな気もします。もともとビガザウロ用の脚を流用しているので辛そう。

この時期においては合体ゾイドがけっこう出てくるので、もしかしたら玄武のイメージはあるかもしれませんねー。

>No Nameさん
ゴジュラス戦車タイプといい、けっこう参考にされている部分が多そうなので元ネタがそれかもしれませんね。

>YHさん
電子専用装備が全て撤去されているので偵察や通信がができるかは謎ですね。
劇中では前衛はグランチュラ、その奥にゴルバス君が居る感じでした。

コンクリは鉄よりは弱いですね。なにゆえこんな材質を選んだかは謎が多く残ります。

>w15さん
コンクリは鉄より強いとは思えないので防御力は謎ですね、
レッドホーンの砲だと確実に耐えられないでしょうね。
マーダやゲルダーの砲だと厳しいかな・・?

>kuehleさん
なるほど、触手は確かに植物型ゾイド的な可能性もありますね。
私は植物型というとビオランテを思い出しますねー。
グラデディウスは3が難しすぎて諦めました…。

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント