重さ

重さについての話題が膨らんでいるので、リストを作ってみました。
メカ生体ゾイドの一覧。

クリックで拡大
(クリックで拡大)


そして機獣新世紀ゾイドの新型機の一覧。


(ブロックスは現状では省いています)
ライガーゼロの素体重量はカードに記載されているとの情報がありましたので、その情報で足しています。

ここから考えを深めれば色々と面白い説が出るかも?

全体的に違和感は少ないんですが、やっぱりゴジュラスギガは軽いなあ。
400tくらいでも良かったと思う。まぁ、古代チタニウムが軽いという事なのかなぁ…。

あとベアファイターが軽いのが意外。なんかアロザウラーより重そうに見えるのですが。
ブラキオスも体格からすればもうちょっとありそうなんですが、あんがい装甲が薄かったりするのかな。

逆に重いと思ったのはブレードライガーです。
124tて…。ジェノザウラーより10t以上も重いやんか。
シールドライガーMK-IIと比べると14tも重い。シールドライガーに更にゴジュラスキャノンを1門つけた位の重さよ。
それで305km/hを出すのだからオーガノイドシステム恐るべしだわ。
思うのですが、ブレードライガーの最高速度というのは背中のブースターを最高にふかした時だろう。
ただこれはエネルギー消費の極めて大きい、飛行機で言うとアフターバーナーを使うような全力と思う。
あれを使用しない通常時の(脚だけの)速度ならばシールドライガーとどっちが速いのだろうか。

重量面でみれば、ライトニングサイクスは65tで、いかに軽量化に気を配ったかが分かる。
比するとシャドーフォックスは割と重めかな。
52tというのはコマンドウルフやライジャーよりけっこう重い。

他は、凱龍輝がバーサークフューラーより軽いのが意外だなーと思ったとか色々細かい所でありました。
今後の掘り下げがはかどるぜ。
本資料ですがもう少し見やすく改定してHPのデータベースにでも入れたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

骨とは言え、小型ゾイドより重いアタックゾイドもあるんですねぇ。

No title

ウルトラが500トンでセイスモが200トン足らず……?
なんかイメージと違いましたね

でもこの表で共和国軍にとって一番深刻なデータは、コマンドウルフが40トン後半なのにケーニッヒウルフは90トンと倍以上になっていること。
これって間違いなく「コマンドが運用できたがケーニッヒが運用できない土地」が成立していることは想像に難くないです。
むしろ重量としてはライガーゼロタイプゼロのほうが軽かったりする始末。

シャドーフォックスはコマンドの様に主力高速機のサポートに回っていた描写はなかったですし、ケーニッヒも重量的な問題でコマンドのような運用もできそうにない。
コマンドウルフの後継機はついに生まれなかったということなんでしょうかね。

No title

他のゾイドは、誤差の範囲内かな?という程度ですが、やはりゴジュラスギガは軽すぎますね。
確かに見た目はお風呂で使う軽石みたいな装甲ですが・・・・
倍あっても全然いいですよね。

地味にディバイソンの重さがかなりのものですね。ゴジュラスと一緒!

そして100t以上あって軽々と飛ぶ連中はスゴイな・・・・という印象です。特にそれでいて機敏なオルディオスやガンギャラドは常識外れですね

No title

ゴジュラスギガの200tも軽いほうですが…セイスモも軽いですね…こちらも200t切るとは
逆にデススティンガーは300t以上で重いってのは以外です
背中のショックカノンとロケットブースターくらいしか追加武装が見当たらないんだが…

No title

セイスモは大きいといっても前後にヒョロ長いだけで胴体はライガークラスなので適正ぐらいかなと思わなくも無い・・・・
むしろジェノ・BF系はライガーより重たいイメージがありましたがあまり変わらないのか・・・・・

 333トンもの重量で飛行するギル・ベイダーは異常としか言いようがありませんね。撃墜できたとしても、これほどの重量物が落ちてきたらどうなるのやら……。
 レッドホーンやブラックライモスは、突撃戦法を行うわりには軽いですね。ブラックライモスの場合、軽量化しつつ破壊力を得るためにドリルが採用されているのかもしれません。
 ガリウスがフロレシオスやハイドッカーよりも重いのが意外です。これといった武装も装甲もない、がりがりのガリウスに12.5トンになる要素がどこにあるのだろう……。

空戦ゾイド

ストームソーダーが47tしかないのには驚きました。ハイパワーユニットならともかくモーターでそれはないだろという感じです。
あと格闘戦のみのレドラーと火力重視のレイノスとではレイノスのほうが軽かったのが意外でした。

No title

みんな、ゾイドがだいすきなフレンズなんだね。たーのしー。

…失礼しました(汗。さて、現実の戦車と比べてみると…
重さ:61式<74式<90式
速さ:61式<74式<90式
なので、ライガー系の「旧型より重たいけど、性能は良くなった」というのはアリかなと思います。むしろ、ある程度の重量を確保した方が格闘性(打撃力)が高まると考えれば、格闘戦の好きそうな共和国的に新型ライガーやケーニッヒにもある程度の重さを求めたのも一理あるかと。一方で、昔のマウス戦車ほどの巨大戦車は現用では生まれませんので(むしろ最新鋭の10式戦車は軽量化)、ゴジュギガもそこそこの重さに抑える設計思想だったのでは。フューラーが格闘重視と見れば、反射ビーム砲主体の凱龍輝より軽いのも同じ理屈で説明できます。

コメントにあったウルトラとセイスモの違いにしても、実弾砲を持つ旧戦艦より、ミサイル主体の現イージス艦の方が軽く速いですね。(絶対的な数字の妥当性はさておき)

…そこまで考えてトミー開発部は設定付けしたのかが最大の謎ですが(笑

追伸
特撮が好きなので、ゴジラやウルトラ怪獣の数万トンに慣れていた子供のころは数十〜数百トンは軽る過ぎと思っていましたねぇ…

No title

重量の話ですと、昔グレートメカニックで読んだ「ロボットの体積と重量の比」を思い出します(ガンダムは体積に対して軽く、航空機に近い比率になっている、など)。脚の面積から接地圧を考えてみるなど、重量についての考察はいくらでも広げられると思いつつも、なかなか進められていなかったり。

こうして見た時、やはりすごいのは300t超のギル・ベイダーですね。地球で言う大型輸送機の最大離陸重量並み、それで空戦をやってのけるとは…
全体的に航空機系が重いように感じますが、やはりマグネッサーという地球とは根本的に異なる揚力発生装置を持つが故でしょうか。

No title

>No Nameさん
アタックゾイドが重いというべきか小型ゾイドが軽いというべきか・・・。
アタックゾイドああのサイズの中で重量差が大きいので興味深いですね。

>makiさん
ケーニッヒはシールドライガーDCSやグレートサーベルよりも軽いので運用場所は特に問題なかったのかなーと思います。
パンツァーやエナジーライガーとかになるとマズい場所が出てきたかもしれませんが。

>NoNameさん
たしかに軽石っぽい柄でもあるw
ギガはデスザウラーに並ぶ重量であって欲しいというのもあるんですが、デススティンガーより軽いのも気になっちゃいますね。

オルディオスは地上走行時はお尻のブースターや翼のパワーをかなり借りていそうですね。

>w15さん
デスザウラー並の超重装甲を持ったデススティンガーなので、(もちろん重たいものの)割と数値は妥当と思います。
むしろ相対的に見て他が軽い・・・・。

>No Nameさん
セイスモはキットで言うとまぁそれほど大きくないですね。
尾と首が長いのでもうちょっとあっても良いのかなという気はしますが。
あと、アニメでもバトストでも大きめに描写されていたので、余計に小さいなという印象が出ているのかもしれませんね。

>Namenlosさん
ギルは大きさからすると333tは妥当なのですが、それをM.0の速度を持つ驚異的な飛行ゾイドとして実現できる技術が凄すぎだと思います。

ガリウスは確かに重いですね。
んー・・・、何だろう・・・・。

>YHさん
運動性の為に装甲を限りなく削っているのかもしれませんね。
ゼロ戦の様に飛行性能で持って被弾率そのものを下げる思想なのかも。
エンジンがいっぱいあるので見た目に重そうではありますが。

>NoNameさん
たしかに同性能で小型軽量化できれば理想ではありますが、ギガの重量はちょっと極端でもありますね。
凱龍輝は集光パネルが重量増加に絡んでいないのが意外です。マッドサンダーが重いのは反荷電粒子シールド周りが主要因と思います。
なので集光パネルのシステムには重量がかさみそうだなーと思うのですが…、この辺のシステムも解き明かしていかねばなー。

艦で言うと、護衛艦こんごうが161m・7250t、巡洋艦古鷹が185m・7950tなので似たようなものですね。
もっともヘリ空母のかが(248m・19500t)と空母加賀(247m・38200t)は凄い差がありますが、これは装甲や機関の重さです。

>極光さん
ギルは基本が333tで、そのうえ爆走できるという事でしょうから凄まじいですね。
下手をすれば爆装状態での重量はマッドサンダーをも超えるかも…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント