重量更に考える

「ゾイドの重量」について、頂いたコメントを読みつつ更に考えていきたいです。
幾つかのテーマに分けて書きます。

さてゾイドは軽い。それについて、

★重力が異なっている説★
ゾイド星(惑星Zi)では重力が低いと考えれば整合性を取れます…が、これは個人的には懐疑的です。
実のところこんな資料があったりします。



極初期の頃の資料ですね。
重力が何と0.6Gとされています。
が、地球人が問題なく行動できている事からやっぱり地球と同じ1Gじゃないのかなと思います。

じゃあ上記資料は何なんだっていう事にもなるんですが、これは星が時期嵐などがあり色々と大変な場所なので、重力が変わる極地が存在するという可能性があると思いました。
(厳密に言うと地球でも南極と赤道付近を比べるとわずかに重力が違う)
最初の観測地点がたまたまその辺だったという推測ですね。
この場合、後半に書かれている「0.6Gだと大気が維持できるかが疑問だがこれは後の調査を待ちたい」も解決するかなと思います。

★tという単位が異なる説★
地球とゾイド星では1tという重さの基準が違う可能性もありますが、これも懐疑的です。
というのも「メートル」については地球と同じ基準であるようなので、単位は一律に地球基準になっていると思うのです。

ただ少し話題が逸れますが、ゾイド星においては長さにしろ重さにしろ独自の基準があるかもしれませんね。
我々はゾイドをメートルやトンで図りますが、その情報はゾイド星の情報が地球に入る段階でヘーゼルハースト宇宙言語学者等を通じて「翻訳・単位変換」が行われているのかも。


さて、本日は重量に関して新しい議題を出します。
ゾイドの重量で地球基準で考えると謎なのは、大型化してもさほど重量が増えないという点です。

10mの機体が20mになったら「長さは二倍」ですが重量は体積に依存するら2倍よりももっと重くなります。

ゾイドの重量において難しいのは大きくなってもさほど重量が変化しない点です。
全長10.73mのゲルダーは25t
全長20.8mのレッドホーンは94t
全長41.8mのマッドサンダーは585t
こう書くと順当に増えている気もしますが、よくよく考えるとおかしい。

重量は体積で求める必要があります。
例えばこのブロックがゲルダーと同じ25tとする。



ブロックをの一辺を2倍にすると…、

この通り。体積比は8倍になります。すなわち200tですね。

体積比は3乗で求められます。
2倍になれば体積は8倍に。
3倍になれば体積は27倍に。
4倍になれば体積は64倍に。


これは3倍の図。675t。

ゲルダーは10.73m、レッドホーンは20.8m。
おおむね二倍と言って良いでしょう。
という事は体積比で言うと8倍。本来ならば25t×8=200tほどである筈です。

マッドサンダーは41.8m。
ゲルダーの4倍もありますが、角の長さがかなりを占めるので本体で言うと3.5倍程度かな。
それで計算すると、1072tほどと計算できます。

むろん上記は参考値程度であります。実際は全く同じ形状ではないので変化は生じるでしょう。
ただゲルダーよりレッドホーンは装甲がおそらく分厚いし搭載する火器も大型であろうから、むしろ200tより重くなる筈。
マッドサンダーに至っては、装甲の厚さや反荷電粒子シールド等の搭載で過度に重くなる筈。
なのですが、実際は92tや585tに収まっているので、これはかなり軽いなあと思えるわけです。

形状・搭載武器・装甲の違い等を加味すればゲルダー25tに対してレッドホーン250t、マッドサンダー1500tくらいが妥当?
しかしそうはなっておらず92tや585tに収まっている。

何度か「ゾイドにはマグネッサーシステムなどで常時”体を浮かす”ような効果があり、しかも大型ゾイドの方がその力が強い。それゆえこのようになっている」との説を出しました。
その説の理由はここであります。


地球では一時期「多砲塔戦車」という概念が生まれ、そして一瞬で消えました。
名の通り、多くの砲塔を積んだ戦車です。これにより前後左右すべてを同時に撃てるようにして死角をなくす意図がありました。
強い戦車にいっぱい砲塔を積んだらもっと強くなるじゃん! っていうロマン兵器ですね。


インディペンデント重戦車。砲塔が5つもあり凄く強そうだしカッコいい。

なぜ消えたかと言うと、実際に実現しようとするとアンバランスになったからです。
砲塔を多く積むという事は大型化が避けられません。
大型化すると重量が増えるので機動力が低下します。デカくてノロいので狙い撃ちされるだけです。

機動力を確保するなら重量を軽減するしかない。重量を軽減するには砲塔を減らすか装甲を削るしかない。
「多砲塔戦車」なんだから砲塔を外す選択肢は採用できない。
ならば、もはや通常の戦車よりもペラい装甲にならざるを得ない。

大出力エンジンを積めば? というのもなかなか難しい。
そもそも戦車というのは陸上で移動させながら運用する兵器としては最大級に重い。
必然的にその時代において確保できる最高のエンジンが登載されているので、もっと重い戦車が出たから倍の出力のエンジンを付けようとはできない訳です。

こうして(この他にも多くの問題があるのだが今回は略する)、多砲塔戦車は消えていったのであった。

さてゾイドですが、今回このように考えていると「多砲塔戦車を実現できる世界」なのかなあと思いました。
「ゾイドにはマグネッサーシステムなどで常時”体を浮かす”ような効果があり、しかも大型ゾイドの方がその力が強い」とすれば、重さの問題がそもそもクリアできている。
だから十分な装甲や大型火器の搭載も可能になる。
出力に関しても「ゾイドのエネルギーに依存する」「大型ゾイドは総エネルギー量が多い」わけだから十分なものが常に得られる。

という感じで、現時点での重量への見解をまとめてみました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

マグネッサーシステムが飛行ゾイド以外にも標準装備されているのであれば機体重量を軽くすることもできるでしょうけど…
そうすると例えばエンジン始動と同時にマグネッサーシステムがオンになり重量が軽くなるが電源が切れる(メンテナンス、もしくは撃破される)とシステムが解除され重量が重くなるんでしょうかね…?

地球の尺度では陸上ゾイドは体積に比して軽く、逆に飛行ゾイドは重いように感じます
主に飛行ゾイドに装備されているマグネッサーシステムですが、これはゾイドにとって極めて当然に備わっている能力を機械的に再現したものなのかもしれないですね
その能力とは今回の説である身体を浮かせる効果ですが、その発生源はゾイドのコアかもしれません
この浮遊効果はコアの大きさや出力に比例し、大きく強くなるにつれ浮遊する力も強まり範囲も広くなると仮定すれば、大型ゾイドになるほど体積と比較して重量を軽減できるのも不思議ではありません。仮にマッドサンダーの本来の重量が約1500tだとして、585tにまで軽減できる効果範囲と出力を生み出せるのは大型ゾイドゆえの強味だと感じます
そして浮遊効果はコアを中心として生命活動をしている間は常に働いているため、仮にボディに致命的な損傷をうけてもエンジンを止めても基本的に解除はされない、飛行ゾイドのマグネッサーシステムはコアのものとは独立しているため始動停止は自由。と想像しました

No title

確かゾイドコアボックスの説明に、地球人は最初、ゾイドよりも安価で安定的に製造できる戦車を量産して売り込んだけれど、いざゾイドと戦車の模擬戦を行ったら、ゾイドの機動性が戦車を圧倒したという下りがありましたね。この時の説明で、ゾイドは地磁気の反発を利用することで高い運動能力を獲得しているという説明があったと思います。

そう考えると、ゾイドの重さは本来の重量よりも軽く成っている可能性は大いにありそうですね。ゾイドコアが搭載されることで重量の軽減が行われるとすると、いざコアを搭載してみたら予測よりも軽くなるということもあったのかも?

このあたりが帝国軍が飛行型ゾイドを揃えられなかった理由につながるかも?いざコアを載せたら思うように軽くならなかったりとか。 
シンカーはエンジン出力で強引に飛んでいる様にもみえるので

No title

思いつくのは、素材がハニカム構造や多孔質に加工されている。複合装甲などのハイテク装甲。なにも100%金属ではなくて、適材適所にセラミックや樹脂相当物も意外とある。とかですかね
いやしかし小細工ではどうしようもなく感じるほど軽いな…機体間の整合性も難しいっすね…

マグネッサーは「重くても大丈夫」・「軽いが如く動ける」ことの裏付けには説得力のある考えだと思いますが、重量自体が軽い理由としてはどうでしょうか?

それぞれ出力の異なるであろうマグネッサー稼働状態で重量表記されているとしてしまうと、条件の揃わない不安定な情報になってしまいます。質量との比較で各機のマグネッサー性能を表す指標に使えるかもしれませんが、すくなくとも「重量」のニュアンスからは離れるように思います。

 少し本筋から外れますが、三式さんがコラムで書かれていた重力砲についての考察ですが、この考察を読んでいて、重力砲は「重力そのものではなくゾイドに搭載されているマグネッサー・システムを暴走させる兵器」なのではないかと思いました。
 というのも、重力を操るというのは流石に超技術すぎると感じたんです。しかし、ほぼすべてのゾイドにマグネッサー・システムが搭載もしくはゾイド生命体に備わっているとして、重力砲はある特定の波長の電磁波などでコントロールを狂わせるものだとしたら、個人的には納得がいきます。
 暗黒軍は、なんだからの手段でマグネッサー・システムの出力を規格外に上昇させる技術を保有しており、それがギル・ベイダーの飛行などにも応用されているのではないかと考えています。

No title

重量の増減も気になりますが、個人的にはゾイドの重量は全備重量なのか、本体だけの重量なのか気になりました。
実際、太平洋戦争中のアメリカと日本の戦闘機の最高速度の数字は、日本はフル装備での計測に対し、米は計測専用の状態(武装や燃量をぎりぎりにする違いがあります
現場での使用変更も(砂塵処理や海近くでの塩害対策)も気になります

Namenlosさん<それが発展してジャミングウェーブになったと考えると面白いです



追記:ゾイドのメーカーのタカラトミーですが、昔Jフェニックスというゲームがありました。舞台の惑星Jは複数の月の影響で時期ごとに重力が変わるという設定を久しぶりに思い出しました

機体の材料が違うのでは?

カタログデータの重量はマグネッサーシステム稼動時の重量ではなく主機関停止時の重量ではないでしょうか。その定義で行くと飛行ゾイドのカタログデータの説明がしづらいからです。(マグネッサーシステムのみで飛んでいるものは重量がマイナスになるのでは?)

また、数百トンの重量を持つ大型ゾイドはマグネッサーシステムの稼動でその重量になっているとすると、地球の戦車の事例から地上を満足に歩く事すらできないと考えられます。

したがって、ゾイドのカタログデータの重量は素直に主機関停止時の重量であり、機体稼動時にマグネッサーシステムにより地上での活動に支障の無い数十トンまで見かけの重量を軽減すると考えた方が合理的ではないでしょうか。

では、ゾイドの極端な重量の相違をどう説明するか?思うにゾイドは大きさや種類によって機体に使われている材料が全く異なるのではないでしょうか?

比較の為ガンダムを例にしてみましょう。ガンダム世界のモビルスーツは開発時期により機体の重量が同じサイズでも極めて異なります。Wikipediaからいつくか拾ってみると次のようになります。


○ザク2 F型
装甲材質: 超硬スチール合金
本体重量: 56.2トン
全備重量: 73.3トン

○ジェガン
装甲材質: チタン合金セラミック複合材
本体重量: 21.3トン
全備重量: 47.3トン


開発時期の新しいジェガンは同じサイズのザク2の半分の重量しかありませんが、これは全く機体の材料の違いによるものです。ゾイドにも同じ事が起きているのではないでしょうか。つまり、例えばマッドサンダーが本来1000トンを超えるはずなのに500トン程度に収まっているのはゲルダーよりも遥かに軽量強固な材料が使われているからと思われます。(ザク2とジェガンの事例のようにマッドサンダーにゲルダーの半分の密度の材料が使われていればマッドサンダーの重量はカタログデータ通りに収まる)

かつて、ゴジュラスが機体の材質を地球由来のものに変えることで「のろまなメカ」から「最強の格闘ゾイド」に(極端なまでに)生まれ変わった事を考えると、ゾイドの世界は在来型の材料と地球由来の超軽量強固な材料が混在して使われている状況なのではないかと思われます。数が必要な中小ゾイドには安価な在来型の材料が用いられ、大型ゾイドには超軽量強固だが極めて高価な材料が種類ごとに異なる割合で使用されているのではないでしょうか。

余談となりますが、改造ゾイドがノーマル機とくらべ異常に強いのは普段使われない材料がふんだんに使われているからと想像する事もできると思います。

No title

マグネッサーがたとえゾイドコア由来のもので、機関停止しても機能するものであったとしても、エネルギー消費の問題で、睡眠中などは停止させていると思います。外骨格が自分の体重を支える十分な強度さえあれば、呼吸や心臓の鼓動と違って、四六時中機能させる必要はありませんし。巨大ゾイドほどマグネッサーに費やすエネルギーは馬鹿にならないと思います。
仮にゾイドコアにマグネッサーの能力があってその能力が休眠状態でも機能する場合、捕獲した野生ゾイドからコアを抜き取ったら、ゾイドの死骸からコアが浮かび上がったりするのかも。キングゴジュラスのコアなら、天井をも突き破って飛んでいきそうですね。
重量の数値は重量軽減していないそのままの数値だと思います。仮にマグネッサーの機能があってもマグネッサー機能時の重量として本体の重量とは別に記載されると思うので。

No title

>w15さん
「計測する基準」があるのだと思います。
例えば船には
「軽荷排水量」という船そのものだけの重さ
「基準排水量」という航海に必要な一定の物資を搭載した基本状態の重さ。
「常備排水量」という戦闘に必要な一定の物資を搭載した基本状態の重さ。
「満載排水量」という搭載できるものを全て積みきった状態での重さ。
などがあります。
兵器は基本的に「そのまま戦える」状態で計測するものと思いますので、マグネッサーの利いた状態で計測するものと思います。

>横転臼砲さん
私も基本的にエンジンを停止していようが「コアが生きている限りにおいては」維持し続ける能力だと推測しています。
ただし損傷を負うと「利きが弱くなる」ような状態もありえると思います。
それもまたコアを狙いたい理由なのかもしれませんね。

>NoNameさん
シンカーは強引にエンジンで飛ばしている感じですねー。
マグネッサーシステムもまぁ使われて入ると思いますが、低レベルでの(それだけでは飛行ゾイドとしてあれない程の)使用だと思います。
新世紀のストームソーダーもエンジンで無理やり飛んでいる風にも見えますが、あれは「単独でも飛べる程度の高レベルマグネッサーシステム」「補助として外付け大推力エンジン」という感じかもしれませんね。

>NoNameさん
たとえば人間の心拍数にも基準値がありますが、とうぜんながら計測時においては「このような状態で計測して下さい」という条件があります。
当然、計測時はそのような基準に応じて図られていると思います。
ただし状態によってマグネッサーの利きが違うとすれば、「あえて基準とは違う計測をしてそれを公表する」というような情報操作があったとも考えられます。
それはそれで妄想がはかどりますね。

>Namenlosさん
重力砲と絡めると凄く面白いですよね。
マグネッサーで「自身が浮く」事が出来るのなら理論上は「敵を浮かす」事も可能だと思います。また効力を失わせて「地面に縛り付ける」ような事も。
構造はマグネッサーで行っているが使用上は「重力を操っている」のと同じ事が出来ると。
ギルの飛行システムは磁気振動システムなるものが搭載されています。そこも含めつつ考えたいですね。

>神楽歌さん
それは凄く気になりますよねー。
たぶん実弾系の大型キャノン砲装備の機体重量から考えると「砲弾が詰まれて居ない」状態での計測な気もします。
ただし例えばゴジュラスMK-IIが砲弾込みの重量で記載されているとするなら、ゴジュラスギガが異様に軽い事も説明ができる気もします。

>T.Nさん
金属質の多いゾイド星では地盤が極めて固いと思われるので基本的に重量によって歩けないという事はないと思います。
モチロン湿地帯などもあるのでその場所においてはその限りではありませんが。

マグネッサーシステムはコアがある状態においては完全にOFFにはならないと思います。
人は寝ている間は活動力が低下していますが、かといってゼロではないですね。そういうものかなーと思っています。

材質に関しては当然ながら考えられるものではあります。
ただしその場合は、時代と共に全体的に軽くなっていると思います。
似たような機体で比べると、たとえば「ベアファイターが重く」「カノンフォートが軽い」のなら良いのですが、実際はそうではないのでこれもまた難しい問題だと思います。

>NoNameさん
私は逆にマグネッサーシステムは「切れない」と思っています。
寝ている間も心臓は動いているようにです。
また際限なく浮くものではないと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント