エイプリルフール2017

エイプリルフール2017のこたえあわせー
さて今年は去年に続いてクイズ形式にしたんですが、お楽しみいただけたなら幸いです。

調子に乗って長々と書きすぎたかな…。
もうちょっとサクッとした方が良かったかなーとも思っています。

さてフェイク部分はどこかお分かり頂けましたかな。
二つありました。
うち一つは、たぶん去年のものよりは幾らか簡単だったかなと思います。
もう一つは、もしかすると去年のよりも難しかったかも。

一つ目の答えはここです。

「シールドライガーMK-IIの説明書にはメカ生体ゾイド末期に改定が加えられた」と書いていますが、ここがフェイクです。
この説明のために使用した上の画像もフェイクです。

シールドライガーMK-IIの説明書に改定は加えられていない。
最後まで「当初と同じ」説明書が使用されています。

じゃあこの画像はいったい何なんだと思われる事でしょう。
それについて説明します。

実はこれ、あの伝説のゾイド食玩・カバヤの「ゾイドガム」の説明書です。
綺麗にスキャンして全体をお見せしましょう。

うほぉ・・・ゾイドガムすげぇ。
本格的なプラモといった構成をしていて、説明書も本家ゾイドに引けをとらない位に本格派なんですねー。
二色刷りをしている点も本家と同じですね。

ゾイドガムのパーツ数はとても多い。
マッドサンダーやシールドライガーなどの電動ゾイドのゾイドガム版はさすがに幾らかパーツ数が減っています。
ですがコマンドウルフやブラックライモス等のHiユニット級は本家とほぼ同じパーツ数をしていたりします。
これらの機種は、説明書も動力を組ませる部分がない以外は本家とほぼ同じだったりします。

ここにしか載っていない機体解説があるのも貴重。
んー、改めて凄いなゾイドガム。軟質プラと言う点だけは難ですが、それ以外はまさに隙のない見事な出来であります。
しかも、これで200円だったんだもんなあ…。


二つ目は、

この画像ですね。
シールドライガーDCS-Jの説明書として提示した画像ですが、こちらは嘘です。

正しいシールドライガーDCS-Jの説明書は、

これです。

んんん同じじゃないんかい!? と思ったアナタ、よく見てみましょう。
カスタマイズパーツの説明書が違うのです。


CP-01ビームキャノンセットは、実は二種類あります。
一つは、一般発売されたもの(上)
もう一つは、2000年の次世代ワールドホビーフェア冬で先行販売されたもの(下)

両説明書ですが、中身は同じものです。

ただし先行販売版は表紙の画像が違う。旧大戦時の写真を使用している。
対して一般発売版はRZ-007シールドライガーで撮影されていますね。

シールドライガーDCS-Jの説明書は「シールドライガーの説明書+一般発売版のCP説明書」です。
フェイクの画像は「シールドライガーの説明書+先行発売版のCP説明書」にしていました。
これはちとマニアックすぎだったかな。

ところで、ちょっと謎だと思っている事がありますので追記します。
シールドライガーDCS-Jの説明書は、ノーマル説明書+CP説明書です。
これが謎です。

というのも、新世紀ゾイドの限定強化ゾイドといえばシールドライガーDCS-J、ゴジュラス・ジ・オーガ、アイアンコングPKの三つです。


オーガとPKはノーマル説明書+CP説明書ではなく、専用の説明書になっているのですね。
なんでシールドライガーDCS-Jも専用の説明書にしなかったのだろうなぁ。
ちょっと謎です。

まあ、そんなわけで今年もコラム的な形を採りつつエイプリルフール記事を作ってみたんですが、改めてお楽しみいただけたなら幸いです。
今後も良い説明書に期待したいものですね。

さて、来年はどうしようかなあ…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まじっすか!
ハローマックの広告のオルディオスとガンギャラドだと思ってた。
二つだけ背景も入ってたから。。。

自分がゾイドを意識したのはキンゴジュ発売後ですが、おもちゃ屋のちらしが楽しみでしたね~。
載ってるだけでテンション上がる。

No title

うーん、シールドライガーMK-2は当たりましたがもう一つはDCS-Jでしたか・・・。
ジ・オーガやPKは当時ゲットしたんですがDCS-Jは未入手だったので盲点でした。
(まあ、今回の問題の中には他にも未入手のキットのものが結構ありましたが・・・。)

それにしてもカバヤの食玩プラモの出来には毎回毎回驚かされますねー・・・。
往年の勇者シリーズの食玩プラモもそうですが、
「元になった玩具やキットの設計図を多少のアレンジを加えつつほぼそのまま流用しているのではないか?」
と思えてしまうくらいの芸の細かさです。
ジェイデッカーのシャドウ丸やダグオンのライナーダグオン、ガオガイガーの撃龍神など、
自分はDX玩具版は持ってないのですが、アニメ放映中の当時に入手したこれらのガム系の食玩プラモはサイズや強度、細かい可動部の省略を差し引けば、
DX玩具版のそれに準じた変形合体ギミックを有していて、
総じて凄まじい出来だった記憶があります。

と言うかこのシールドライガーMK-2、今でもこのままの仕様で通用しそうな出来栄えだし、
一部の関節の構造(足の付け根や背中のビーム砲の部分)を本家キットやMSS、HMMからフィードバックして、
素材も普通のプラモデル用の素材やABSにした上で、
あとはほぼそのままの形でサイズをガンプラのHGくらいの大きさでキット化すれば、
手ごろな価格とサイズで大型ゾイドを集められるプラモシリーズができそうな気がします・・・。
(理想を言えばバンダイのスーパーミニプラみたいな感じのものがですが、スーパーミニプラ自体は結構高いので、もうちょっとリーズナブルな方向に寄った感じで。)

半分正解

ハローマックの広告がフェイクじゃなかったのには驚きました。ウルトラザウルスを掲載できるとはどんだけ在庫余っているんだという感じです。
ゾイドガムの説明書は何となく見覚えがあるという程度でこちらのほうが自信がなかったのに正解してしまうとは…

No title

自分はかすりもしませんでしたが(あくまで三式さん基準では去年より)簡単な方のフェイクはチラホラ当てている方がいるのにも驚きです。
言われてみればガムの説明書は工程番号が若すぎる、組み立て順に違和感、ギミックを稼働させるパーツが見当たらない等気になる点はありますね…。観察力が足りませんでした。
 
DCS-Jの方はどう転んでもお手上げです。

No title

貴重な説明書ですね。最近のはホビーサーチで見れますが、中古で買った旧ゾイドを洗浄後ちゃんと組み立てられるか不安になります。
組み立て順が載っているサイトってやはりないですよね。

No title

ゾイドガム、出来が本家と大きさ以外変わらないと聞いてはいましたが、パーツ構成がほぼ「そのまんま」ですね。
大きさの合う動力ボックスを入れたら動き出すんじゃないでしょうか。ギアボックスの組立には時計職人が必要になるレベルかもしれませんが(笑)

DCS-Jが他の限定ゾイドと違う理由は、オーガとPKはいわゆる「量産型」とは異なり、専用の説明書が必要です。一部のパーツはCPとして単品では販売されませんでした(そこがこの2機の限定たる所以ですが)。
そう考えると、この2機に「専用の取説が必要だった」だけで、もし不要だったなら全てDCS-Jと同じ「ノーマル+追加パーツの取説」の構成だったかもしれません。

No title

>NoNameさん
私もオルディオスとガンギャラドだけキット写真じゃなくジオラマなのが不思議です。
ちなみに両写真は学年誌などの「プレゼントコーナー」などでもよく使われています。
トミー側が書く雑誌や玩具屋に素材として提供した写真なのでしょうね。

>ラウルさん
設計を流用して(ダウンサイズと最低限の改定のみに留めて)開発費を浮かしていたのではないか?
というのはよく聞きます。
ですがここまで細かくしちゃったら逆に費用がかかっちゃいそうでもありますねw

ゾイドガムは専門の金型職人さんがやっていたのかなぁ・・・。
凄まじい腕の持ち主さんですね。
ゾイドガム、ぜひとも再販して欲しいです。
当時価格は200円ですが、1000円くらいでも十分に価値があると思います。

>YHさん
むちゃくちゃ売れていた時期があるので、ハローマックも調子に乗って仕入れすぎたのかもしれませんねw

>しめじさん
注意深く見ると必ず分かるのがシールドMK-IIの説明書ですね。
「MSS」の説明書にする手もあったのですが、それだとバレやすいし面白みも低いのでゾイドガムにしてみました。

>joeさん
ゾイドの場合は何とか組める程度のパーツ数なので、立体パズルみたいな感じで挑戦してみても面白いですよー。
あれやこれや悩んだ末にカチッとはまると凄く嬉しいです。

>A-10に乗りたい人さん
一部は手動ながら動きが「連動して繋がっている」ものまでありますよ。
凄まじきゾイドガム。執念を感じます。
逆に…、コマンドウルフなんかはそのまま一体成型の脚だったりもします。
やっぱり設計を流用しているのかもしれませんねぇ。

説明書は、確かにCP説明書では対応しきれなかったからかもしれませんねぇ。
でもDCS-Jも専用の説明書が欲しかったなぁ~!
こやつだけ専用の説明書じゃないのでちょっと寂しいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント