こうしん

HPひさびさに更新しました。コラムです。こちら
どぞー。

宇宙的な妄想は好きなジャンルです。
今後も色々としていきたい次第です。

それにしてもギルの航続距離は素晴らしいなぁ…。
爆装してこの距離を飛べるのだからもう凄まじい。

サラマンダーは共和国基地から飛び立ち帝国領土を爆撃し帰還する事ができる。
これでも十分に凄いことなのだけど、ギルはその更に上を行く…。

新バトストでギルの爆撃シーンを見るとレドラーも随伴しています。
これはおそらくですがギルから航路中において空中補給を受けたのだと推測します。
でないととても到達できないと思う。

ただし、暗黒軍は学年誌によると潜水空母を保有している。
なので、レドラーに関しては近海まで運ばれ合流したのかもしれない。

まぁ、いずれにしろギルは改めて凄い!
この長大なミッションを見た時、私はラバウル航空隊を思いだしました。
当時、ここに進出していた海軍航空隊は、
片道1000kmの距離を飛んで敵基地上空に到達
迎撃機と戦い対空砲火を避けながら攻撃
そして帰還
という事をやっていました。

当然ですが疲労はMAX。
当時おそらく世界一の猛者ばかり揃っていた海軍航空隊のパイロットは、この無茶な作戦の中で次々に失われていったのであった。
特に単座機は最悪で、全ての操縦を一人で行わなければならない事やコックピット内のスペースの狭さからコリをほぐすような事も不可能なのでした。
これが比較的余裕のある爆撃機なら交代で操縦したり機内の予備スペースで休んだりもできるのでマシなのですが。

さてギルは単座だしコックピットは狭いし大変そうである…。
もっとも自動操縦ができるだろうからその意味ではマシかもしれないけど。

ギルのパイロットは技量は勿論のこと、長距離の飛行でもへこたれないタフな体力と精神力が求められたのだと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私は当初はマスドライバー(SEED)みたいな射出機で隕石を気密性防御ポッドにして弾道射出してるのだと思っていました
レドラ―は中央大陸内部に前もって用意してあった旧ゼネバス基地でギル帰還時に基地に再度保管(ギルを囮にして)や破棄などしているのだと思いました<ゼネバス住民の一部が協力して
この時点でゼネバス住民にとってガイロスもへリックも「敵の敵」であって味方というわけでないから、不必要な消費をさせてあえて足を引っ張っていると思いました<へリックの初戦の戦術の不和は旧ゼネバス兵が命令無視や内部工作のためなど

あと、ギルは足がありますから海に浮きドックや孤島改造の基地で簡易の補給や休息ができると思いました

航続距離

改めて考えるとギルの航続距離は凄いですね。
オートパイロットがあれば
デルポイ大陸までのフライトはそれ程大変ではないかと思われますが、
操縦・空戦・爆撃だけでなく、レドラー隊の指揮もしていたと考えると
パイロットの負担は相当なものだったと思います。

レドラーに関しては公式ファンブック2でリッツ・ルンシュテッドが
ニクス大陸(軍事拠点チェピンと推測)からニクシー基地まで5時間で
乗って来ている事からノーマル機の航続距離はその程度と考えます。
ギルに随伴したレドラー部隊はデルポイ到達寸前に
ギルもしくはホエールカイザーから補給を受けた可能性は高そうですね。


No title

しかしギルベイダーが大気圏をも航行できるとなると脅威ですね…
とはいえ三式さんのおっしゃるとおりドノーマルのギルベイダーではキャノピー式のコクピットではパイロットが悲惨なことに…
腹から大気圏突入しようもんならそれこそさすがのギルベイダーでも翼がぶっ壊れそうですね

それよりも…暗黒軍の宇宙要塞の戦いがなかなかシュールですね
いくら宇宙とはいえキングライガー、ガルタイガーのチョイスは両軍どういう神経してんだwwwとしかいいようが…
飛行ゾイドがレドラーしかいない暗黒はまだしもそれこそサラマンダーやらレイノス、プテラスだの飛行ゾイドならわんさかいるでしょうに…
もしくは宇宙空間だからマグネッサーシステムがうまく機能しなかったのかも…ですが

No title

ここまで長距離だと航法コンピュータなり航法士が乗り込んでいた可能性もあると思われます
ギル・ベイダーのサイズだとどちらも十分に搭載できるでしょう
後レドラーに関しては、元から片道飛行だった可能性も
B-25の東京空襲の様に海に不時着水してパイロットはウォディックに回収させるとかで

No title

バトルアーマー(Zナイトのアレです)やモビスルーツやバトルテックは核融合炉を搭載してるのでいいですが、ゾイドの場合はパイロットとは別にゾイドコア用にも生命維持装置を積まなきゃいけないので大変そうですな。宇宙用ゾイドが少ないのはグローバリー三世号のエンジン問題以外にも理由がありそうです。
・・・にしても、何故惑星Ziの人々は猿や猫を宇宙に送り込もうと思ったのでしょう。私だったら鳥か魚を打ち上げます。

No title

マッドサンダーを掴んだまま飛行できるパワーと強力なウイングバリアーを併せ持つギルベイダーなら、単騎で大気圏離脱や再突入をこなせると思います。
自動操縦でも狭いコクピットで長時間の飛行はキツいでしょうね。ただ、それでも高速ゾイド(走行中上下に揺れる、時速200キロを超えるスピードでの格闘戦など)よりはマシでしょうけど。最も乗り心地の良いゾイドは車輪式のモルガでしょうか。

No title

暗黒大陸を攻撃したサラマンダー爆撃機やサラマンダーF2は、どのように運用されたのでしょうか。

中央大陸から自力でフェリーされたのち、暗黒大陸の前線基地を拠点に活動した、という解釈でよろしいでしょうか。
(フェリーするだけなら、武装とか外して軽量化して燃費を稼ぐこともできるから、渡航は可能かと思われます。)

No title

>神楽歌さん
多少都合の良い解釈ではありますが、ゼネバスを救出する事を当時の共和国軍が目指していた以上は、中央大陸は一枚岩になっていた・少なくともレドラーを運用できるレベルの敵性基地は存在し得ないと思います。
多分当時の状況は「戦国時代だった中央大陸だが暗黒軍の襲撃を受け強固な一枚岩となった・後にヘリック王国が誕生した」ような状況だと思います。

またギル・ベイダーによる初回の爆撃作戦実施時は、制海権はまだ共和国側にあった筈です。
この後のギル・ベイダーの活躍で制海権は徐々に暗黒軍側に移ります。
なのでギルを整備できる規模の施設は難しいのかなあとも思います。

>noirwizardさん
過度に神経をすり減らす状況でしょうね。
自動操縦装置があったとしても、敵に発見される個とがないとも言えない状況なので精神負担はかなりのはずです。
攻撃部隊は多分できるだけ発見されたくなかったはずなので、ホエールカイザーは随伴していないと考えています。
(デカくてトロい)
なのでギルからの補給があった可能性が一番高いと思っています。

>w15
おなか周りはレッドホーンと同じですしね。
まぁ材質は変わっているかもしれませんが…。

キングライガーとかは一応は宇宙用と書かれていますがどこを改造してあるのかは謎…。
体の要所要所にノズルが付いていればそれらしいのですけどね。
「アクアコング」等の改造ゾイドは、口にチューブをつけ呼吸をイメージさせる改造をしたものが多いです。
そのような改造が欲しかった所です、、。

>ロイさん
レドラーだと片道飛行でも「爆装」状態では到達できるかなー・・・という疑問はありますね。
(レドラーは護衛戦闘機として爆装していなかった可能性もありますが)
ウオディックも当時の制海権を握られていた状況ではどこまで活動できただろうというのはなかなか不安です。
ただし、それでも中央大陸を攻撃する為に身をささげたパイロットが居たと思えばそれはそれでとても熱いものがあります。

>名も無い者さん
たぶんサルを打ち上げたのは宇宙に行ったサル「アルバート2世」へのオマージュがあったのか尾しれませんね。

>No Nameさん
ウイングバリアーは私は名前の通りウイングを覆うバリアーだと思っているんですが機体全体を覆うものならば可能性はありますね。

ゾイドの乗り心地は空想科学読本などでも指摘されますがマーダの時点で「疲労度が高いので」との記述があるので後の機体はある程度の改良がされていると思われます。
もちろん揺れがないわけではないと思いますが許容程度には。
私は共通コックピットを持つ機体はヘルメット上の外装(ヘルキャットなど)が何かしらの機構を持っておりコックピット内のゆれなどを低減していると思っています。
そのような機構が無いとすれば一番マシなのはサンドスピーダかショットウォーカーかなあ。

>す さん
暗黒大陸で活躍しているサラマンダーは暗黒大陸内に作られた共和国軍基地から飛んでいるか、当時の共和国軍が保有していたメガフロート(洋上基地)から飛び立つという運用ですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント