火を吐くカエル

久々に共和国機以外を描きました。


ファイヤーフロッグ。
暗黒軍特殊兵器開発局で試作された局地戦用特殊ゾイド。
生産数は1です。

小二のバトストで登場。新バトストでも機体紹介のみされていますね。


色がまぁ、カエルそのまんまやんけ! という感じなんですけど…、試作機だからなのか全身ディオハリコンなのか…。
デザインは意図的に幾つかアレンジしています。
特に砲は大きく変えました。
例えば赤い連装砲は本来はウルトラザウルスのキャノン砲基部に付いている対空砲なんですが、共和国側のしかも小威力の砲なのはどうよと思ったので変えたわけです。

しかし最初に見た時は割とキワモノに見えたんですが、今見ると結構ゾイドとしてよくまとまっているなぁと思います。


制式採用されていたらこんな感じだったのかな?
ファイヤーフロッグですが、おそらく暗黒大陸の険しい地形を走破すべくジャンプ力がある=高い機動力を確保できるカエルが検討されたのだと思われる。
しかしジーク・ドーベルやガル・タイガーの方が良いと判断されたのだと推測しています。

性能面もですが、ファイヤーフロッグは大型だからコスト面でも圧迫したのかも。
暗黒軍の国力ではデッド・ボーダーやダーク・ホーンの生産を維持するだけで結構いっぱいいっぱいだろうし。

小二で登場したファイヤーフロッグですが、実はこちらのゾイドは「ゾイドデザインコンテスト」の最優秀作品を立体化したものです。
「第三勢力”暗黒軍”が本格参戦した! そこで新しい暗黒メカのアイデアをぜひ寄せてほしい」
というキャンペーンが学年誌・てれびくん・コロコロで行われました。
小二部門で最優秀を得たのがファイヤーフロッグでした。
商品化こそされなかったものの、きちんと立体化されてバトストに登場したわけですね。

元となったイラストはこちら。

立体はなかなかの再現度ですね。

ファイヤーフロッグは立体としてはデッド・ボーダーとゴーレムのパーツをミックスして作られていますが、タルボサウルスとゴリラを合成してカエルを作るという発想の凄さよ。

ところで本機は「暗黒大陸に上陸したマッドサンダーを倒す」という目的で運用されました。
火山地帯に誘導して見事にマッドサンダーを含む共和国部隊をマグマに突き落としています。

さてファイヤーフロッグはアイデアコンテストから生まれたゾイドですが、最優秀賞の景品は「ゴールドメッキ・マッドサンダー」でした。
当時の少年はこの景品が欲しくて必死にゾイドデザインを考えて応募したものよ…。
しかしなんていうか、金メッキのマッドサンダーが欲しくてアイデアコンテストに応募して、大賞作品はマッドサンダーを倒すゾイドとして運用されるのだから、なんだか凄いシビアだなと思いますねえ・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ファンから公募のゾイドといえば、

デススティンガーは応募された時点では共和国ゾイドとして大賞になったのに、なぜか帝国ゾイドになりましたね・・・・
(確かコロコロに送られたハガキがそのまま載ってて共和国ゾイドと書かれていたので、よく覚えています)
その後デススティンガーのバリエーション機のKFDも改造コンテストの優秀作品でしたがライガーゼロにやられる役を押し付けられたりしてます。

なぜかトミーはファンからの応募作品に対して厳しい・・・・

耐寒性あり?

イラストは随分メカっぽくアレンジされていますね。これならゾイドらしくていい感じです。
それにしてもデッドボーダーとゴーレムから製作するとは驚きですが、それがわかる三式さんもすごいです。
ところでカエル型なら暗黒大陸の地形を走破できるというのはわかるんですが、暗黒大陸は寒冷地ですよね。耐寒性は大丈夫なんでしょうか?

No title

元のいかにも改造ゾイドな丸っこい感じが、線画版ではいい感じに角ばっていますね。
部品の分割も浮かんでくるようです。

No title

やっとファイヤーフロッグをまともな形で見れました。
ネットで探してもこの手の画像などはまるで見れませんからね。
それもこれもゾイドを心から愛している氏の活躍があってこそ。
本当に感謝の極みです。

No title

マッドサンダ―をもらうために送ったゾイドでマッドサンダ―を倒すって鬼のような行為を…
カエルですが最高速度的にはどうなるんでしょうね
口から火を吐くってことは忍者の大蝦蟇を想像しました

No title

全盛期の最強を誇ったマッドサンダーをカエルが仕留めるって…
とはいえウルトラもゴーレムにやられてますからね…
不覚をとるというより相手の金星ってところでしょう

No title

暗黒カラーめっちゃかっこいいですね。
 
どうも元になった生物に寄せたカラーリングは生っぽく感じてしまいます…バリゲーターくらい落ち着いた色合いなら気にならないのですが。
カエルはかなり寒さに弱いイメージがありますし以前あった考察を踏まえると暗黒大陸では火山地帯以外では力を発揮できなかったなども正式採用が見送られた理由の一つかもしれませんね。

No title

個人的にゾイドコアボックスで入手した新バトストで初めて見た時からベースになったゾイドが解らなかったファイヤーフロッグでしたが、
まさかデッドボーダーとゴーレムをミキシングして作られていたとは・・・。
長年の謎が解けたのと同時に驚愕です・・・。(しかもデカイ!)

No title

純粋なマッドサンダーが初めて敗戦したのが、このファイヤーフロッグだったということですか?シーマッドは戦いが専門では無いと思われるので仕方ないと思いましたが……
しめじさんの考察通り、ファイヤーフロッグが局地的に力を発揮する土俵にて奇襲を掛けられたので、これも仕方が無いことかもしれませんが、ショッキングでした。

No title

飛び跳ねて移動とか着地の衝撃大丈夫とか思ったけど
アニメのジェノブレイカーが飛んで降りて飛んでってやってたし大丈夫ですよね

No title

カエル型は湿地帯に生息してそうで、運用できる地形、気候に制限がありそうですね。それをディオハリコンで無理やり補・・・ってるのかわかりませんが、もしそうなら暗黒軍らしいですね。

カエル型ゾイドはどの陣営も採用することがありませんでしたが、08年のホビマガの記事でカエル型のギミック試作やデザイン画が載ってた・・・・ような気がします。まさかリバセンの企画があんなに短命に終わるとは思いませんでしたが、もし軌道に乗って勢いが付いたらヴァルガに続いて商品化が実現していたかもしれませんね。パッケージには「リアルに歩行」ならぬ「リアルに跳躍」とか紹介されていたりして。
歩行ギミックに磨きをかけたラプトル型も開発中だったみたいだし、見たかったなぁ。

 立体はミキシングとは思えないほど高い完成度ですね。タルボサウルスとゴリラが、見事にカエルになっています。
 カエル自体、様々な体色をもつ生物なので、緑以外のカラーリングも見てみたいですね。暗黒軍の制式塗装もかっこいいです。
 カエル型といえばアクアドンですが、同じカエル型でここまで性能差があるのは何故でしょうか。野生体が違うとしても、たかがカエルにそれほどの違いがあるのかと考えてしまいます。これが暗黒軍の技術力によるものだとしたら、アクアドンなども最新技術で強力なゾイドになる可能性があるのでしょうか……。

No title

↑失念してました。カエル型ゾイドはアクアドンがいましたね(汗)

No title

初めて見た時の「!?」と言うしかないようなインパクト。
自分もゾイドコアボックスのバトストで見ましたが、
「これは改造ゾイドだよね? 原型留めてないよね?? 何使ったのか判らん・・・! ガンブラスター? いやガルタイガー?? まさかのフルスクラッチ???」
と大きな謎となったまま過ごして来ましたが・・・・・・ソイツらかぁ~~~っ!
遠景モデルやら今回やら見事特定されてますが、
三式さん、ゾイド星で情報部隊か何かやってましたか?(笑)

原型不明の造形と色のインパクトで気付きませんでしたが、
線画で見ると結構良い感じのディティールだったんですね。
(アレンジだとしたらナイスアレンジですっ)
暗黒カラーも良いですねっ。でも暗黒マルダーみたいな明らかにヤバそうな毒々しいカラーも見てみたい気もしますw

水辺での活動こそ得意そうですが、だとしたらヘルディとのコンペに負けた可能性もあるかも・・・?
「暗黒大陸でも温暖な火山帯にのみ生息するゾイド(だが寒い所では・・・)」という活動場所を限定されるのが強そうですが。
(一番得意なのは牛退治。パペットゾイッド!・・・失礼しました(笑))
(・・・って、過去記事見付けて確認したら本当に牛くん倒してた・・・w 以前の記事へのリンクは付けないんでしょうか?)

マッドを手に入れる為にマッドを倒した・・・。
暗黒派だったら「見事マッドを捕獲した!(この話では倒しちゃってるけど)」とも思えそうですが、いやはや何とも・・・。

・・・「マグマに落ちて色々あって出来たのがこの金メッキ・マッドだよ」・・・みたいなストーリーだったらイヤだなぁ(苦笑)

No title

この子が登場するストーリーは読んだこと無いんですが、マッドサンダーはマグマに落ちたぐらいで大破してしまうものなんでしょうか?
デスザウラーが大丈夫なぐらいですからマッドなら平気そうな気がするんですが・・・・

No title

>NoNameさん
容赦ないですよね。
デススティンガーは活躍と言えば大活躍していますが、的として大活躍したのは複雑だったでしょうねえ。
コンテスト機の中でもバリゲーターは悲惨を極めましたね。
名機として長く運用され「画面に写る」事だけならトップクラスなのですが・・・。

>YHさん
そういえば寒いのでカエル型は辛そうでもありますね。
暗黒軍ならディオハリコンで何とかして居そうな気もしますが、根本的には苦手であり落選した理由の一つかもしれません。

>メカカブトさん
線は多少意図的に増やしています。元のままではさすがにのっぺりというか…、24サイズの極小ゾイドなら良いのかも知れませんが、大型ゾイドとしては…。

>ごりごりらららさん
私もまさかこやつを真面目に描く日が来るとは思っていませんでしたw

>神楽歌さん
最高速度は120kmとされています。ちょっと遅いですね。
ジャンプすればもうちょっと早く移動できそうですけど…、ただ背中の砲手が大変な事になりそうでもありますね。

>w15さん
この時はマグマを利用されましたが、共和国部隊もまさかそのような地帯におびき出されたとは思っていなかったでしょうね。

>しめじさん
ちょっと緑はそのまますぎますよねー。
ガルタイガー的というか。。
色が重要ですね。
マンモスが寒冷地で運用されたように、ファイヤーフロッグも火山地帯でのみ運用を続けられたと思いたいなあ。

>ラウルさん
最初はヘル・ディガンナーの尻尾を取った状態だと思っていたんですが、それだと小さすぎるなと思いデッドボーダーだと気付きました。
アイデア賞もののミキシングですね。

>ショッキングでしたさん
最初の敗北は飛行タイプのデスザウラー「デスウイング」との一戦かな?
この一戦では空から荷電粒子砲を撃たれてマッドは大破しました。ですがその後レイノスの活躍でデスウイングは翼を砕かれ敗北。
おそらくマッドは回収され修理されたでしょう。
というような事はありましたね。
ただしこのマッドはおそらく生きており後々にまた登場しています。
この号の次の話は「暗黒軍がマッドサンダーを鹵獲した。しかし共和国軍によって奪還された」というものでした。
このとき、共和国部隊は「なぜマッドが!?」という反応をしていました。またマッドはやけにすすけていました。なので今号でマグマに落ちたマッドサンダーだが生きており暗黒軍に回収された(そして後に奪還された)と考えるのが良いと思います。

>さいれんとさん
メインコックピットは何らかの措置が採られていると思いますが、背中の方座に座っている人は大変そうです。

>A-10に乗りたい人
リバセン時は飛び跳ねるカエル型とかシュッと後退するエビ型が計画されていたみたいですね。
いずれも完成を見たかったものです。多分、ヴァルガ級のギミックをみんな持っていたのだろうなあ。
特にえび型は造形も好みだったので残念でした。

アクアドンはカエルと言い張っていますがあんまりそうは見えないですねw
泳ぐ姿は見事ですが。

>Namenlosさん
変えるにも大型小型がいるので、アクアドンはアマガエル的な、ファイヤーフロッグはウシガエル的な野生体を使っていたのかもしれませんね。
色的にはアマガエルかモリアオガエル的ではあるんですが。

>kuehleさん
たしかに。水上/水中用ゾイドとしても運用できそうですね。
ヘルディガンナーはVSオルディオスの評価として「水中戦に持ち込めば勝てる可能性もある」とされているので、なにげに水中ではとんでもない強さを持っていますねー。
そこで負けちゃったのかも・・・。

>NoNameさん
上のレスで書いている通り多分生還しています。さすがマッドですね。
ただし他のゾイド(キャノピー式のゴジュラスなど)は出てこないのでそのままやられたのかもしれません。

No title

暗黒大陸は過酷な環境とは聞きましたがコイツが採用されなかったのはマグマに帰ると味方にも制約がかかってしまい使いずらかったのかもしれませんね
味方もろともマグマに沈めるワケにもいかなかったでしょうし

しかしコイツのノウハウはどこにいかされたんだろうか・・・
謎です

No title

あんまり噴火させたりすると暗黒大陸というかゾイド星自体がやばくなりそうですしね。。。。
構造については脚部などの作りは高速ゾイドに応用されたりしているのかなとも思います。
また火を吐く性能はガン・ギャラドの火炎放射との関係も考えたいですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント