ウォーリアー

ゴジュラス9バリエーションの中の一機、ウォーリアーです。
腕に巨大な回転ノコギリを装備。切り裂きます。


腕は…、


この資料を見て、「手持ち式の武器」であると考え、着脱可能で左右どちらの腕でも持てると解釈しました。
この資料を見る前は、片腕が完全にノコに置き換わっているものだと思っていました。


武器は盾とノコで構成されている。


色がド派手です。

ところで本機は改造機としては珍しく詳細なスペックが判明しています。
ノコギリは回転数が1分間に2000回転、重量は250tとのことです。
この情報は駄菓子屋シールに載っているんですが、なんでそんな貴重な情報が駄菓子屋シールに載っておるのだよ…。

さて本仕様ですが見ての通り アイアンコングを倒しています。
というか、学年誌の方ではコング大部隊VSゴジュラス大部隊の決戦に参加しています。
「9バリエーション」とは実は会戦後において発令されたものではなく、アイアンコングの存在が判明した瞬間から発令されたものだったのかもしれない。
本機は外付けユニットを手に持っただけという簡易なものなので、最も早く完成し、それゆえ会戦に参加したのかもしれない。

まぁこの仕様で運よく生き残れたのは幸運だったのだろうな…。
アイアンコングの色から判別するにおそらく隊長機を倒しているように見えるので戦歴は見事ですが…、そりゃあ制式採用はされないよなあ…。

子供の頃、これを見た時の感想は「格闘戦で倒せるのに何でこんなの付けたの?」でした。
いや、今見てもほとんど同じ感想かな…。
でもまあ、対峙するものにとっては恐怖ではあろうなぁ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

・まずコングの曲面の装甲に刃が立つのか?
・このノコギリの形状で刃こぼれしないのか?
・そもそも固定されてる物体ではなく動き回る標的相手に有効なのか?
色々と疑問が付きません。

そして1分間に2000回転!!スゲー!!
・・・・ってむしろ現在普通にホムセンとかで売ってる電気丸鋸より遅いじゃないですか・・・・・
(市販されてる丸鋸は大体、毎分4000回転前後ぐらい)

No title

アイアンコングmk2限定型が発売されるかなり以前(というか、初代ノーマルコング発売後初のゴジュラスとの戦い)で、限定型カラーのコングが参戦していたんですね。mk2のノーマル武装型と思い込んでおりました。
割とメカ生体初期ほど、ジオラマに何の説明もなく様々にリペイントされたゾイドが写りこんでいる印象ですね。
改造ゾイドやmk2でも無く、カラーリングの違うマッドサンダーやギル・ベイダー等は見たことがないように思います。(私が知らないだけかも……)

No title

まあ・・・こんな巨大な回転ノコが、ゴジュラスに身体を押さえつけられた
状態でコクピットに迫ってきたら、アイアンコングのパイロットは真っ二つに
なる恐怖に身も心も凍りつくしか無いでしょうねえw
アイアンコング自身も、チェーンソー持ったジェイソンと戦うような恐怖感が
MAXになるでしょうし、この機体は接近戦にさえ持ち込めれば結構活躍
出来たんじゃないかと思います(^^;)

・・・・・・ちょっと見てみたかったですね、ゴジュラスの全機体がこれに
改装されてアイアンコングを切り裂く殺人鬼軍団になってる絵面をw
(どこの世紀末だよ)

No title

ゾイドウェハースシールだったかな?ベン・ハーとかブルスタインとか、他の改造ゾイドも結構細かいスペックがありましたよね
今となっては貴重な資料です・・・

苦肉の策?

ウォーリャーが決戦に参加したのは顎の強化が間に合わなかったゴジュラスを戦わせるための苦肉の策ではないでしょうか?
ゼネバス帝国が勝つ可能性を考えるのコラムを読み返してみましたが、共和国軍はコング対策としてゴジュラスの顎を強化したとありました。
そして全てのゴジュラスの強化が間に合わなかったので、一部のゴジュラスにノコギリを持たせたのではないかと思います。爪と尾だけではコングには心もとないようですし。
実戦では十分な威力を発揮したものの重量の増加で運動性が悪くなったこととキャノン砲で遠くから攻撃したほうがいいという声が出てきて制式採用にならなかったと思います。
長文失礼しました。

No title

コイツが大会戦に参戦していたという衝撃の事実。
びっくりです。

実際にコングを仕留めているし、生還率30%の戦場で生き残っているし、実はかなり実用的な強化案だったのはないでしょうか。
性能は悪くなかったが、キャノン砲との比較で落選してしまったということだろうか。

レッドホーンを鹵獲した際に入手したコングのデータから、顎の強化とともに対策の一案として計画されたのだろうか。
そう考えると堅実ではあるけど反面、戦場で取れる選択肢はノーマルゴジュラスと大差ない機体なのかなと想像しました。
見た目がクレイジーですけども。

共和国のMK-Ⅱがこの路線じゃなくて本当に良かった。
ウルトラの両前足にノコギリ、マンモスの鼻にノコギリ、ディバイソンの両ツノにノコギリ、そんなMK-Ⅱ部隊に国民もびっくり!
そしてブラックコングとノコギリ対決するシールドMK-Ⅱに暗黒軍もびっくり!

No title

ゴジュラス有利とは言えコングとの格闘性能は8:7。
10体いれば2~3体はコングの長いリーチによってコクピットにパンチをくらいやられるゴジュがいたからの改造機だと思います。
コング以上に長いリーチをもって確実に勝つためといいますか…。
 
腕に回転ノコギリというとCAのコングを思い出しますが、あれは逆に攻撃用ではなく対ゴジュ用の防御のためな気がします。
コング戦はどうしても長い腕が間に入りますがそこに回転ノコギリがつくことによってゴジュ側としては噛みつけば口が裂け掴もうとすれば爪が飛び攻め手がなくなるという、ゴジュmk-2が対コングを想定していたものに対しコングmk-2は対ウルトラのための改造機でしたが仮に対ゴジュラスを想定して相手の長所を潰す改造をしたらああいうものになったのかなと思います。

 初期のゴジュラス改造機は、ド派手なカラーリングと特異な武装のオンパレードですね……。ウォーリアーの外見は、ついつい「キャプテン・アメリカ」を連想してしまいます。ノコギリをフリスビーのように投擲できるかもしれませんね。
 盾はもろにガンダムMk-IIですね……。やはり、当時はおおらかな時代であったと再認識させられます。表面の突起で敵機を押さえつけ、そのままノコギリで切断するのでしょうか。
 厚い装甲に対してノコギリはどれだけ効果があるのか、現実には類似する兵器がないので謎ですね。ドリルならわからなくもありませんが……。

No title

なんで格闘能力高いゴジュラスの腕にノコギリを?と思ったのですがわりと本命だったのかもですね、格闘が得意って長所を伸ばす方向性では
しかも9バリエーションの前の参戦だったのを考えると尚更ですね
このノコギリの盾がわりが後のmark2の腕につくショックカノンのノウハウとして受け継がれたと思うと面白いかもっdす

No title

自分も盾が付いている事を今回初めて知りました。
盾は最初に見たときは「サイコガンダムのものかな?」と思いましたが、
よく見るとガンダムMK-2のモノをベースに手を加えている感じですね。
(よくよく考えたら当時のサイコガンダムのガンプラって結構ちっちゃいヤツくらいしかなかったですし。)

ウォーリアーのコンセプトに関してですが、
ゴジュラスがコングに対して格闘戦で勝てるのにも関わらず、わざわざ巨大な丸鋸を持たせたのは、
個人的には共和国軍がアイアンコングの腕のリーチを警戒していたからだと思います。

ふと思い出したのですが、、
最初のクロスボーンガンダムの漫画では、敵の腕の長いMSへの対抗策として、
クロスボーン・ガンダムX1に先端がドリルになったムチ(スクリュー・ウェッブ)を持たせると言う展開がありましたが、
ウォーリアーもそんな感じで手っ取り早くコングの腕よりもリーチが長い武器を持たせる事にした結果、この様な巨大な丸鋸を持った姿になったのかも・・・。

個人的には本機はあくまで早急なアイアンコング対策として作られた機体であり、制式採用こそ逃したものの、
その一方でこの機体の実戦データからゴジュラスの腕に盾+武器を持たせる事の有用性が見出され、
制式仕様のゴジュラスMK-2が持つ4連速射砲の開発につながったと思います。
その場合、丸鋸から4連速射砲になったのは、
サーベルタイガー対策や砲撃後に接近戦に移行する際に弾幕を張るなどの使い方も含めて、
近接戦でしか使えない丸鋸よりも火器を持たせたほうが色々と効率的だったからだと思います。

ただ個人的に、ノコギリ系の武器も結構魅力のある武器だから、
ゴジュラス版スピノサパーの様なパズソーも好きですが、
ゴジラのファイナルウォーズに出てきた強化後のガイガンみたいに、
腕にチェーンソーを装着した改造ゴジュラスも見てみたいと思います。

実は守りの装備…という珍説

ふと思いついた事があったのでコメントさせていただきます。

巨大なノコに目が行きがちですが実は「盾を持たせる」事が主目的の改造という可能性はないでしょうか。

「コングは砲撃力がすごい」→「盾でガードしよう」→「手が塞がって格闘能力が落ちてしまう」→「盾に武器を付けよう」

といったような経緯があったとか。(ちょっとボディがハミ出してますけども)

丸ノコが採用されたのは、剣や槍と違って大きく振り回す必要がなく(体当たりの要領で押し当てるだけで切れる)、なおかつコングのパンチを牽制できるからと考えても面白そうです。

No title

>YHさん
「ウォーリャー」が不意打ちすぎてつい笑ってしまいました・・・・

案外まじめに作られた改造機というのが面白いですね。
動力をおそらくゴジュラス本体から確保しているのも難点でしょうけども。
人間ならノコギリを振り回されたらビビりますがゾイドはどうなんだろうなあ・・・・・

No title

>No Nameさん
回転数は私も遅いなーと思っていました。
まあ、この巨大さで2000回転だから凄いといえば凄まじいのですが、単純に回転数だけを聞くと遅めですね。
形状は刃こぼれがしそうですよね。
この程度なら使い捨てで交換用の刃を大量に用意する予定だったのだろうか。

>今、初めて気づきました。さん
限定カラーの赤いコングは最初期から登場していますね。
当初は赤いカラーで販売する検討もされていたのかもしれませんね。
カラーは仰るように初期のものの方が特殊というか目立つ特徴的なカラーになっている事が多い気がします。
ギルは改造機は多くとも全てノーマル機と同じカラー。
マッドは微妙な差はありますが印象は余り変わらないカラーですね。
ゴジュラスも末期のものは量産型カラーのものばかりで、部隊として統制の取れたカラーである一方で少し寂しい気もしますねぇ。

>Jスターさん
恐怖ですねー。
しかし自身の腕や牙で解体できるのに、わざわざノコで切り裂くのだから狂気的ですな。
量産されていたら、それこそ帝国軍は接近を許すなという空気が更に高まり砲撃力がいっそう上がっていたかも…。

>NoNameさん
ウェハースというと森永の食玩ですね。
資料が残っているならこれらも一覧にして欲しいものですねぇ。

>YHさん
なるほど、その考えもできますね。新しい視点でした。
ただしウォーリアーは見る限りは一機のみのようで、その点においては疑問も残ります。
写っていない所でもっと多くいた可能性もありますが。
他にも多く居たとしたら、さすがに全機がこのカラーにはなっておらずノーマル機と同じカラーのウォーリアーが居たかも知れませんねぇ。

>メカカブトさん
私はおそらくウォーリアーはカラーリングからしてゴジュラス部隊の隊長機だったと推測しています。
それゆえに陣形のもっとも安全な位置をとる事ができ生還につながったと思います。

運用面はノーマルと変わりないですね。それがMK-IIと比べるとやっぱり厳しいですね、、。
この装備ってやっぱりデスザウラークラスが相手になると通用しないかな…?
もし採用されていれば共和国的な考えで本機のものよりも更に異様にでかいノコができていそう・・・。

>しめじさん
乱戦を考えると確かにゴジュラスが格闘戦で優位と言っても危ういのでノコは嬉しいユニットですね。

CAコングのノコは面白い解釈ですね!
確かに迂闊に攻撃できないので実用的な案だと思いました。
同じノコでも目的が違っているのは面白いですね。

>Namenlosさん
色は派手ですよねー。
こいつとバトロイドは特にド派手です。
極初期は共和国機でも赤系の塗装があったりするのも特徴ですね。

ノコは厚い装甲だと屈して折れる可能性があるような気がしますね。コングはともかくデスザウラーだとキツいかなあ・・・。
ギルのビームスマッシャーはその点を「ビームだから折れない」という上手い解決をしていたと思います。

>w15さん
なるほどたしかに長所を伸ばすと言う点で見れば素直な改造かもしれませんねー。
盾部分は面白い解釈ですね!
オギータ版には四連速射砲はまだなかった…。
この部分にのみウォーリアーの要素も引き継がれたと考えると面白いですね。

>ラウルさん
ウォーリアーのノコはバトスト1巻基準の考えで「コングとの戦いの後に」開発されたと思うと珍妙な使用にも見えますが、学年誌基準の情報を元に「コングとの戦いに備えて」事前に開発されたとすれば目指したものが見えてくる面白い仕様ですね。

手持ち武器は実は本機よりも左記に開発されたであろうバトロイドの時点で出現しています。
ですがバトロイドは腕を人型…ドムのものにしているので専用にした上での手持ちでした。
ウォーリアーは元のままの腕で手持ち武器を実現したと言う点において画期的ですね。
これを元に最適化された手持ち武器が四連速射砲なのかも。

>NoNameさん
なるほどなるほど。防御にも使えそうですね。
当初は敵機を切断する際に出る火花から自身を守るのかと思っていましたが、手持ち式だから多少はフレキシブルに動くだろうし弾速の遅いものになら対応できそうですね。
格闘戦の際もガードができそう。いい感じにスパイクも付いているので、パンチをしてきたコングの腕の方が痛いみたいな使い方も…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント