ザットン

ザットンはとにかくマイナーな機体だと思います。
バトストで登場しているシーンが帝国側ではおそらく最も少ない。
「偵察、輸送などが目的」のゾイドなので無理もない…。
ですがザットンには興味深いプランもあったようです。


ザットン就役前の開発中における資料です。
注目すべきは頭部横についているレーダーです。
これは帝国共通武器セットの3Dレーダーと思われる。
そこから大きさを計算するとレッドホーン以上の大型機として計画されていた事が伺えます。
(ただし頭部が明らかに共通コックピットなのと型式がEMZである事から小型機の可能性もあるとは思う)

両脇には巨大な電磁砲かビーム砲か・・・強力火器もあるようで、とても興味深い。
(軽攻撃タイプとあるけど明らかに強そうだ…)
配置は後のウルトラザウルスに似ているかもしれない。

全身にはエアインテークや廃熱口と思われるものが多く付いているのも興味深い。
ザットンは「ゲルダー以上の重装甲」と設定されているので、熱処理が大変なことが伺えます。

これはザットン開発時におけるプランの一つと思います。
おそらくビガザウロの影響であろう、同様の機体を欲した帝国軍がザットンを大型ゾイドとして開発し運用する事を想定した。
しかしおそらく格闘力でレッドホーンに劣るだろうし火力も大差がないように見える。要するに本機を採用するくらいならレッドホーンを増産したほうが良いと判断されたのかも。
そしてザットンは小型機として調整され現在のような形に…。

そういえばこの大型ザットンを見て思い出したのは、バトスト2巻付属の漫画「トップハンター」に登場するデスザウラーとの競合に敗れたデスドラゴンです。

ちと形状は違うものの、これもザットンに似ている。

「大型のカミナリ竜型ゾイド」というのは初期の頃からあった帝国軍の悲願なのかもしれないなと思いました。
このような目で見るとセイスモサウルスも一段深く考えることができるかもしれないですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ザットンとハイドッカーに関しては渋くて好きなんですが、
そもそもなんで開発された?というぐらい地味なんですよね・・・

この子たちが出てきた時って、
「小型ゾイドの重武装・高速化、電子戦ゾイドの高度化」が進んでた時期ですよね。
その中、彼らが取った生き残る術は

鈍足!
軽武装!!
偵察は目視!!!

・・・・・・・・・・・なんで?(笑

装甲は比較的厚いので輸送機として生き残れたようですが、開発された意義がいまいち分からなさすぎます。

No title

小型の雷竜型ゾイドは陸上の戦闘が激化すると戦力としては不足なのも仕方ないですね。ブラキオスは水陸両用機として新世紀以降も生き残りましたが。
・・・ん?ということは、この試作機も海での運用が想定されていた?この当時、雷竜は水中で暮らしていた説が一般的でしたし、海軍力の増強を目的としていたのかも。長い首は潜望鏡として機能し、静かに近づき、上陸するという運用を想定していたのかもしれません。

「デスドラゴン」もよく見るとドラゴンというより雷竜ですね。前足が竜脚類のように太くたくましいです。打倒ウルトラを目的として海戦もできたりして。そう考えると『トップハンター』に登場した試作機は陸(デスザウラー)、海(デスドラゴン)、空(デスバード)きれいにそろいますね。

No title

ザットンもレッドホーンなみにデカくしてピガザウロクラスで運用するつもりだったのかもですね
しかしそこで問題になったのは格闘能力でしょうね
当時ゴジュラスはレッドホーンを圧倒する格闘能力を有しておりザットンを大型化量産化しても劣勢を覆せなかったのかも・・・
一応レッドホーンもビークルで多少は偵察能力あったでしょうし武装も動く要塞として恐れられてたでしょうから同クラスの装備をしても輸送能力があっても・・・って厳しい評価だったのかも
ウルトラクラスのどでかさがないと覆せなかったのでしょうが・・・ウルトラもだいぶ後で共和国がようやく実現したくらいですし大型化が難しかったのかも

とはいえ輸送偵察用としてサイズをコンパクトに量産化したのかもですね
開戦当初は歩兵が多かったみたいですし兵員弾薬の輸送には役に立ったのかも

No title

>NoNameさん
>その中、彼らが取った生き残る術は

>鈍足!
>軽武装!!
>偵察は目視!!!

(笑)
ほんとですよねww

まあでもそれは、この頃になると、「必ずしもすべてのゾイドが前面装備として設計されたわけではない」ということなのかな、と解釈します。

もしかすると、こうかもしれません。
うんと初期のゾイド(初期の骨ゾイド)は皆、前線でバリバリ白兵戦に参加することを目的に設計されており、後方の兵器は非ゾイドが担っていた(もしくは、コンセプトアートに出てくるようなさらに初期のゾイド)。
それが、ザットンのころになると、このクラスのゾイドも後方に供給されるようになった。
ザットンのようなゾイドが新型として現れるようになったということは、ゾイドが前線エリートのための兵器でなく、全軍で用いるような兵器に発展した、ということを物語っているのかもしれません。

地球で、自動車が当初は一部の特別な部隊(「機械化」部隊と称する)にだけ配備されていたのが、やがてどの部隊にも供給されるようになった、というような感じで。
馬で牽引していた砲兵が、やがて自動車で牽引したり自走砲を装備したりして「機械化」したように。

No title

>NoNameさん
ザットンは地味ですよねー。もー活躍シーンが全くと言っていいほど見られない。
武装はけっこう強力ですが、なんで後を向けてるの・・・と思ったりも。

目視偵察はゲーターが失敗した時の保険じゃないかと思います。
ゲーターは帝国初の電子戦機なので成功する確信があったわけじゃない・・・あるいは完成時期が遅れる可能性も合ったのだと思います。
その間のつなぎとして長い首で目視的に言えば良い形状のザットンが「保険」として開発されたのかもしれませんね。

ハイドッカーは歩兵支援だと思います。
歩兵支援としては成熟した世いきたいですが時代は既にゾイド戦になっていたので時代遅れ間は否めないですね、、。

>A-10に乗りたい人さん
雷竜型はどうしても運動性が低いので陸戦では厳しいですね。
パワーはあれど動きが弱い…。

ザットンが水陸両用かは謎ですが、このころの図鑑は「ブラキオス=水」てな解説だったので可能性はありますね。
ちょっと各所にある排気口が心配でもありますが…。

デスドラゴンは大まかな形はザットン、そして装甲の形状がブラックライモスを思わせる箇所もあってなかなか面白いですね。
ブラッシュアップしていずれ描いてみたいです。
デスバードはどこの野生体を使っているんでしょうねえ…。

>w15さん
帝国版ビガザウロを作りたかったのかもしれませんねー。
でもほとんどの能力でレッドホーンの劣化版になりそう。レッドホーンが傑作という事でもありますが。

大型化はレッドホーンサイズが限界でしょうね。ウルトラザウルス開発情報をキャッチしていながら帝国軍は「無理だろう」と放置していたくらいなので、大きさ限界をビガザウロのボディ程度と思っていた可能性は高いですね。
もし大型ザットンが完成していれば、余り使い道がなく共和国軍でいうとマンモスみたいな地味な位置になっていたかもしれませんねぇ。

>す さん
初期は歩兵が兵力の中心でゾイドはその補助
次第にゾイドを狩る事が中心になったのでゾイドは大型強力化
という流れを想像しています。
ゾイドが歩兵支援から対ゾイドへ映る過渡期においては様々な珍作も生まれると思います。
そんな中の機体なのかも知れませんね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント