先行型ジェノザウラー

先の記事で出したライガーゼロパンツァー初期型と思われるデザイン画ですが、なんてこったいこの画はファンブック2巻にも載っていた模様です。
こんな超有名な所に載っていたとは。
新世紀は本当に認識が甘いので読み返してどんどん体感していかねばなーと反省しきりです。


しかし「初期型」「試作」「先行型」といったものは面白いですね。そこを妄想の突破口にできるし良いものだと思います。
今回は、ジェノザウラーの「尻尾が開く」タイプを描いてみました。これはおそらく最も有名な試作型と思います。
キット版とあわせて。



上から、開発中、リッツ機、キット版です。
開発中のものはキャップがシールドライガータイプですね。その後、新型キャップになった。

尻尾の放熱ギミックは心待ちにしていたユーザーも多かったと思います。アニメでも印象的に描かれていたし。
私は次世代ワールドホビーフェアで先行販売されていたのを買って、かなりワクワクしながら組み立てたら「開かん・・・??」となってガッカリしたのをよく覚えています。
その後、HMMやリボルテックやZAでようやく開くギミックが実現したのは嬉しいことでした。



キットのもの(開かない)は、あれで正解なのか省略されただけかというのは解釈の分かれる所だと思います。
現在のところ個人的にはキットのもの(開かない)はOSレベルを落とした量産機仕様…だと解釈しています。
試作型のものはバトストだとリッツが乗っていますね。これはOSレベルの高い先行型と解釈しています。

バトストでリッツが後に乗った「ジェノブレイカー」は尻尾が量産機と同じ形に改められています。
ここからジェノブレイカーを想像すると…、先行型のジェノザウラーは荷電粒子砲の威力が凄く高いのだが機体にかかる負荷が大きすぎたので後に出力を下げられた。
(要するに同クラスの機体を撃破できる程度の威力があれば良い。ゴジュラスは一撃でとはいかないようだけども配備数の少ない同機は対応が必須でない)
出力を下げたことから尻尾の大掛かりな廃熱口も不要になった。ブレイカーは改造時に「ついで」にここも改められた……という感じに想像しています。

いやしかし近年のHMMやZAのジェノブレイカーは「開く」ようになっているから、やはり別の解釈をするべきなのかも…とも思っています。
バトストでのリッツの狂気を見るに「合理的だが威力を下げる」ような改装を了承したかどうかも怪しいしなぁ。
なかなかかに悩ましい問題だと思いますが、皆様の解釈はいかがでしょうか。
いずれにしても、試作型の存在も含めて魅力的な機体ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

自分もジェノの尻尾の放熱フィンのギミックがオミットされた事にはガックリした思い出があります。
ただ、最近になって思い返すと、パーツが細かくなる事による組み立て難度の上昇や、
放熱フィンの可動軸がヘタったら見栄えに影響があるんじゃないかなどを思う時があります。
前者に関しては後々のダークスパイナーを考えればそんな事は無いかもしれないとも思いますが、
後者に関しては構造次第ではありますが、遊んでいる内に可動部がヘタって来て下側のフィンが開きっぱなしになる可能性もあると思いました。
(バーサークフューラーは電動変形だからストッパーがしっかりと効いているだろうし、ダークスパイナーは上面しか展開しないので、
尻尾の放熱フィンのギミックが実現したと思う・・・。)

量産機仕様で尻尾の放熱フィンがオミットされたと言う解釈は面白いと思います。
何しろジェノザウラーの荷電粒子砲は機体自体を丸ごと砲身にした上で足はアンカーで固定する訳だから反動も半端ないですし、
そうなれば各部のパーツの消耗も速いだろうからOSの出力引き下げに合わせて荷電粒子砲も必要十分なレベルまで出力を落とされ、
その過程で排熱量も尻尾の放熱フィンを使う必要が無いレベルになったのでオミットされたと言うのはありえそうです。
(放熱フィンをオミットした分、尻尾の構造を簡素化すれば格闘兵装としても運用し易くなるでしょうし。)

ただ、放熱フィンの展開はアニメの印象的にジェノを象徴するギミックであるし、
HMMなどの放熱フィンのギミックを残したモデルもある事を踏まえて考えれば、
荷電粒子砲の積極的な運用を求める(砲撃戦重視の)パイロット向けに調整したジェノは放熱フィンを残した仕様に、
荷電粒子砲を使う必要性が薄い(格闘戦重視の)パイロット向けのジェノは放熱フィンをオミットした仕様にと、
必要に応じて放熱フィンのある機体とない機体が製造された可能性もあるかも・・・。

リッツのジェノブレイカーに関しては、
おそらく荷電粒子砲の主だった放熱系はバックパックに回し、
尻尾は放熱フィンをオミットした代わりに殴打武器としての性能を高めた格闘戦仕様に換装したのではないかと思います。
フリーラウンドシールドやエクスブレイカーで格闘力を強化したと言っても、リーチ的には尻尾は魅力的な武器ですし、
リッツが格闘力の強化を念頭に置いていたのならこの長物の武器を活かさない手は無いと思います。
その上で荷電粒子砲の出力低下を嫌って放熱系にも手を加えたとすれば、
新たに設置されたバックパックに荷電粒子砲の放熱系を担わせた可能性があると思います。
(バックパックの放熱機構に関しては、スラスターが展開するのは放熱も兼ねているとか、
フリーラウンドシールドの裏側に放熱機構を備えていると言った可能性もあると思います。)

最後にふと思った事ですが、
コロコロに掲載されたジェノザウラーの試作モデルは目が緑なので、
以前考察されたゾイドの目の色と制御の関係(ブログの「ゴジュラスMK-II量産型考」)を踏まえて考えてみて、
この開発段階のジェノザウラーは「まだOSを搭載していない状態」で、
その後OS搭載仕様に改装されたのがリッツが乗る先行型、
キット化されたのはOSのレベルを下げて尻尾も簡略化した量産型、
と言う風になるのではないかと妄想してみました。

今回の考察を踏まえた個人的な妄想ではありますが、
「当初ジェノザウラーはOSとは無縁のデスザウラーの小型化・高機動化を伴う廉価量産機として開発が進められていた(この時点ではゼネバス系技術者が主導)が、
グランドカタストロフ後に荷電粒子砲の小型化に関する技術の一部が遺失化してしまい、
機体内に出力確保の為のサブジェネレーターを搭載し、本体に納まりきらなかった排熱機構は尻尾に回す事で事で賄ったが、
そこに(ここからはガイロス系の技術者が主導になる形で)OSの搭載が決定され、
OSの搭載による出力強化と入れ替わる形でサブジェネレーターの簡素化や、
それに伴って排熱機構をジェノ本体に載せる余裕は出来た反面、
従来型のキャップではOSによる出力向上には耐えられなかったので新型キャップに改装し、
先行型の段階ではOSによる出力強化の関係で荷電粒子砲発射時の排熱にはまだ尻尾の放熱機構が必要になっていたので尻尾はそのままの状態で残され、
その後の実戦を踏まえたブラッシュアップやOSの出力を抑えると共に荷電粒子砲の出力も調整されるにあたって、ようやく尻尾の放熱機構無しでも大丈夫な様になった。(ただし大出力の荷電粒子砲を使う必要に迫られる機体には継続して尻尾の放熱機構が残された。)」
と言う段階を踏んで、量産型では尻尾の放熱機構が無くなったのではないかと思います。
(リバセンのガルタイガーに関しては、
「グランドカタストロフの最中の現地レベルでの多少のメンテくらいはどうにかなったものの、
オーバーホールにあたってこの荷電粒子砲の小型化技術の遺失化の影響が出て、超小型荷電粒子砲の整備に問題が出た為に機獣新世紀時代には一線を退いていた」
と言う感じに妄想・・・。)

個人的に今回のこの妄想は、以前から何度かコメントしているジェノリッターに触発された「メカ生体時代にジェノザウラーが生まれるとしたら?」の妄想に加えて、
「開発段階(試作モデル)のジェノは目が緑=高度な制御がされている=OS搭載機ではない?」
と言う発想に起因するモノですが、
こうして改めてジェノザウラーの出自を考え見るのも面白いです。
長文失礼しました。

No title

ブレイカーはF2の解説にもありますが
コンバーターにより粒子砲の出力30%アップしてます。


No title

ジェノザウラーの尻尾の排熱ギミックは、コスト問題で解決するんだったら、多少値段に反映させてでも残してもらいたかったです。非常に残念でした。
とはいえ、上の方が仰る「遊んでいる内に可動部がヘタって来て下側のフィンが開きっぱなしになる」のは御免ですね。ゾイドにはまだポリパーツは使われてませんでしたから。

設定においては尻尾の排熱機構はブレイカーを含むすべての機体に付いていたと思います。ジェノザウラーはボディの設計が荷電粒子砲ありきの設計です。後の量産機と思しき機体も荷電粒子砲を使ってるシーンが見受けられました。とても粒子砲に制限をかけているとは思えない出力の描写です。もちろんジェノブレイカーもです。

特にジェノブレイカーはFB2の真オーガノイド戦で「ゴジュラスでも丸ごと消せる」出力の荷電粒子砲を放っていました。これを本体側(尻尾)の排熱機構を使わずにやってのけるのはまず難しいでしょう。排熱が追い付かずにわずかな間ですがフリーズしたくらいです(そこをデススティンガーに捕まった)。

それにリッツのブレイカーはそれまで乗っていたジェノザウラーに改造を加えた機体です。打倒ブレードライガー(アーサー機)に燃える彼がわざわざ切り札の荷電粒子砲に制限をかけるような要請をするとも思えないんですよね。

ストーリーのジオラマに使われたジェノブレイカーは単にテストショットのモデルだっただけのことかと。メタな話ですが、その方が製品版とのギャップも少なくなります。少しさびしいですけどね。

No title

手元にファンブックが無いので確認できないんですが、
プロトブレイカーVSデススティンガー(2巻)や、量産型ジェノザウラーVSバーサークフューラー(3巻)で確かに荷電粒子砲を使っているシーンがあったと思うのですがこの2機はどうでしたっけ?

前者は改造ゾイド中心に編成された特殊部隊なので先行型ジェノザウラーがベースかもしれませんが、後者は明らかに量産型なのでこの2機を確認すれば分かると思います。

あと、リッツのジェノブレイカーに関してはホバリングをして空中から荷電粒子砲を撃つシーンが多いです。なので不要として排熱ギミックはカットしたのかもしれませんね。
この辺は荷電粒子コンバーターに変わったから放熱をせずとも発射できるようになったのかもしれません。
あの装備チートすぎますねえ・・・・粒子砲が数秒で再チャージされるので連射可能+威力30%アップらしいですし。

No title

連投失礼します。
先の投稿の
『ジェノザウラーはボディの設計が荷電粒子砲ありきの設計』
は少し言いすぎでした。あくまで可能性の話です。機体を変形、ブレイカーでなければ地面への固定が必要な威力ですから、そうであっても不思議じゃないな、と。

オミット・・・なるほど。キットを見るにその解釈も面白いです
先行型や量産型、改修機などを問わず、ジェノタイプの標準的な構造だと思っていました
デスザウラーにおける背中のファンのように、大出力の荷電粒子砲を本体に内蔵するための荷電粒子の吸入と排熱を兼ねた必須機構だと思います
後のバーサークフューラーの尻尾にも同様の構造が見られるので、特に致命的な弱点でもなさそうです
キット的には部品の増加や複雑化など、いろいろ事情がありそうですね
当時はまだ技術的に難しく、フューラーで完成できたのかもしれません

No title

他の方も仰っていますが、ジェノザウラーはブレイカーになった時に荷電粒子コンバーターによって出力のアップがなされているので、下げたという説は無いかと。

単純に、玩具の事情でしょうね。
既に新ゾイド当時において、再開に当たってトミーのスタッフが子供に小型ゾイドを組ませたところ、それでも当時の子供には組み立てが難しかったという逸話があります。
ソースの提示ができないのが歯痒いのですが。

ともあれ、そんな事情もあって、排熱フィンは玩具的にオミットされたのではないかなと考えます。
私はそうは言いながらも、エレファンダーにバーサークフューラーと、組み立て部品数がそれまでに大して尋常ではないキットが続々とで出たのですが。
細かいことですし、脇道に逸れるので申し訳ないのですが、この辺りのキットで子供向けのなりふりを構ってなかった理由も気になるところではあります。

……最終的にまとまりのない文章で申し訳ないのですが、当初は組み立てを簡易にする方に舵を切って、放熱フィンをオミットしただけの話ではないかなと思います。

No title

量産型だから尻尾の機構を簡略化したとは考えもしなかったですね…

そうすると量産型のジェノがオリジナルより若干劣るっていうのにもつじつまがあいますわな
しかし量産型のジェノに荷電粒子砲の制約がかかっていたとなると旧デスザウラーと同じように発射できる回数に限度がありなおかつ威力も劣るとなると…

他の方の言う通りキッド化するにあたり尻尾の構造の複雑化並びに尻尾を稼働するにあたり構造をシンプルにするしかなかったんじゃないかと思います
尻尾を大きく振るためここを開閉式のハッチなどギミックを仕込むと動いてる最中誤作動を起こす可能性アリでしょうし…

フィンは何する?

自分もちょっとがっかり派で、価格の問題かとも思いますが、玩具ということもあり組み立て難易度の問題かな、とも思いました。

設定的には、熱処理効率が改善されてフィンの展開が必要なくなった可能性もあるかと思われます。
可動式装置は故障の元ですし、強度的にも劣って防御上不利になります(また、尻尾を武器にして攻撃する際にも故障の原因になりますね)。
なくてよいならない方がよいので、開発者は廃止しても大丈夫な方向で開発努力した可能性は十分にあると思われます。
とはいえ、どういう風にすると熱処理効率が向上するのか、考えなければなりませんが。まさか、液冷式にしたわけでもありますまいし。
ジェノブレイカーに関しては、背中の装置が何か機能を持っていたのかもしれません。

ところで、展開式放熱フィンはそもそも、どんな働きをするのでしょうか?

何かを吐き出すのでしょうか?
実体弾兵器の場合、弾丸を発射しますとその爆発エネルギーを含むガスが発生し、それをどう処理するのかがいろいろ兵器開発者の工夫のしどころとなります。

他方、荷電粒子砲はそういうガスは発生しないのではないか、という気がします。
熱は発生するかもしれません。しかし、単にモヤッとした熱だけでは、フィンを開いたところで勝手には放出されませんから、パソコンの放熱システムのように、中に送風用のファンなどを設置しなければなりません。
ジェノザウラーの尻尾内には、そういうファンが装備されているのでしょうか。
あるいは、別の原理で(例えば荷電粒子を体内で加速する際などに)「風」が発生して、自動的に後方へ噴出されるようになるのでしょうか。

あるいは、フィンはラジエーターであり、何もガス状のものを放出するわけではなく、空冷エンジンのひだひだの部分のように表面積を増やすことで機体内部の熱を冷ますという効果があるのでしょうか。

もしくは、逆に、ファンから外部の空気を取り込んで内部を冷ますのでしょうか。

公式ファンブック等でどう説明されていたか、アニメでどう描写されていたか、記憶にありません。
どうなんでしょう?

No title

>すさん
アニメでのジェノザウラー初登場時に荷電粒子砲を撃った後に内部から空気を放出しています。

No title

自分のシナリオの中ではジェノブレイカ―の形になるまでに何度かの武装追加や部品交換を繰り返して到達したとおもってます
予想ですが、コンバーター装備時に排熱問題を一度クリアし、格闘戦での強度から排熱なしに変更したのではないでしょうか?その後に改修を繰り返して強度の補強も済み、いざ排熱機能ありに戻そうとした際にウルトラの進撃が始まり換装せずに出撃したのではないでしょうか?少し時間があればできたが間に合わずに出撃したという考えです

話はそれますがフリーラウンドシールドに大打撃を与えるABキャノンですが、これを量産してライガーゼロのゼロアーマーに標準装備すれば「ブレードライガーより強い)が強調できたと思います<ゼロアーマーでブレードより強いと言われても、少し想像しにくいイメージがあって思いました
いっそゴジュラスギガの標準装備でも良いのではと思えます

No title

>2017-05-22 23:44 NoNameさん

ご教授ありがとうございます。

そうしますと、やはり内部にファンのような強制的な熱排出のための装置があるのかな、と思います。
熱膨張の圧力だけで自然に排出するのは非効率ですから。

もしくは、荷電粒子砲は、実体弾砲と同様の強力な発射ガスが発生するのか。
そうなのかもしれません。

No title

個人的な考えですが、すべてのジェノに尻尾の放熱機構は備わっていたのではないかと思います。
しかし、展開する必要があったのは試作機とエース用だけであった……そんな感じかと思います。

ジェノのOSのレベルを落とした量産機の出力(排熱量)は試作機と比べて低いと想像できます。
そして試作機で必要とされた放熱機構は、量産機では必要とされなかったので量産機では展開することはなかった。
キット、すなわち量産機の放熱機構が展開しないのは新世紀時代において「量産機が放熱機構を展開した事例がなかった」ということではないでしょうか。

ここまでは量産機の放熱機構が展開しない理由を述べました。
ここからは量産機にも放熱機構自体は存在すると思う2つの根拠について。

1つには、ジェノザウラーは当然ですが中型高速ゾイドです。
メカ生体時代から新世紀時代に共通する中型高速ゾイドの特徴として、就役後に何度も改装ないし改造を重ねて運用していくというものがあります。
ジェノ就役以前のセイバータイガーやシールドライガーの運用を見れば一目瞭然です。
当然、ジェノの開発においてもセイバータイガーの運用を反映していると思われます。
今後の改造(出力向上)に備えて放熱機構をそのままに残しておかれてもおかしくはないでしょう。

2つ目の根拠としては、ジェノはある種の精鋭部隊向けのゾイドであるという点です。
少なくとも当初想定された運用としては、量産型といえども新兵にポンと与えられるゾイドではないです。
経験を積んだパイロットが乗ることでしょう。
そんな経験を積んだパイロットが現地改修ないしOSレベルの向上を要求する。
ひどくありそうな展開だと思います(笑)
現実でも2次大戦時の戦車、クルセイダーのリミッターの例があります。
量産にあたってエンジンにリミッターをかけていたが、現地改修でリミッター解除して運用した例もあります。
40キロ後半から60キロに最高速が向上したそうです、整備兵は泣いたそうですけど。
性能向上を要求するベテランパイロットと、無茶言うなと反論する整備兵のドラマとか是非とも公式であってほしかった(願望)

No title

>ラウルさん
なかなか判断の難しいところが多いですよね。
キット的な面とバトスト的な面で上手く整合性をとりたいところです。

ブレイカーのバックパックが冷却機構をかねているというのは面白いですね!
あの中には荷電粒子砲用のエネルギーの他に冷却用ガスもたっぷりと詰まっているのかも。

尻尾は打撃武器に使いたいですよね。やっぱり恐竜なので。バックを取られたときの強力な武器ですしね。
ジェノ系はガンスナイパーやスナイプマスターに比べればマシだとは思いますが、やっぱり荷電粒子砲を考えると使うのを躊躇しちゃいそうでもありますねぇ。
放熱機構が壊れたら自爆しかねないので…。
(※ガンスナやスナマスはスナイパーライフルだからジェノ以上に破損が命取りになりそう)

目の色は元々は多分緑=帝国共通で企画していたがよりデスザウラーとの共通性を考えた結果としてでしょうね。
色合いだけで言えばブレイカーは緑の方が良かったかーと思ったりも。

バトスト的に言えば仰られたとおりOSの有無が色を分けたのかもしれませんね。
開発に付いては更に踏み込みたいです。
バーサークフューラーの元となったスケッチはかなり昔からあったそうです。
体形の似た機体なのでそこも絡めつつ考えていきたいです。

>NoNameさん
ご指摘どうもです。
ところで威力が30%じゃありませんでしたっけ? 
「単発での出力」が30%向上と明確にあれば推測を改める必要があると思いました。
逆に威力が30%向上ならエネルギー量は減ったが収束率が上がったので威力は30%増しなど様々な考え方ができると思います。

>A-10に乗りたい人さん
キットでは見たかったですよねー。
現在ならヘタり防止をしつつギミックが実現しそうでもありますよね。

ブレイカーの「ゴジュラスを丸ごと消せる」は要注目かもしれませんね。
単なる威力向上なら「収束率向上で穿つ力を高めた」とも思えますが、丸ごと消せるというのはジェノザウラーの収束荷電粒子砲というよりむしろデスザウラーの大口径荷電粒子砲のイメージに近い進化です。

>NoNameさん
プロトブレイカーやジェノトルーパーはどうでしょうね。
見る限りキット版を試用した改造機のようではあります。
ですが高出力のイメージの強い機体でもあるし深く考えてみたい機体でもありますね。
プロとブレイカーは背中のバックパックからの廃熱も出来るのかな・・・?
量産型ジェノザウラーVSバーサークフューラーはありましたっけ。ちょっと見直していますね。
この話題はまだまだ続きそうなので新記事にもしたいです。

リッツ機はたしかに空中から撃っていますね。
「ザウラー」の時点でも空中のストソに向けて撃っていたりするし、かなり無茶をしていますよねえ。
それでいて遂行しきっているので凄い。

>横転臼砲さん
キットとあくまで同じとするか違うとするかは解釈が難しくまた面白いところでもありますね。
ジェノ系とフューラー系を見ると、フューラー系は排熱しやすい構造の装甲をしていると思いますね。
ジェノ系は通常の装甲を施したが熱の問題が出たので急遽として廃熱できる開閉機構を加えたという感じがします。
この辺りは技術的な進化を感じます。

>やまさん
まあメタ的にいえばキットの事情以上ものはないでしょうね。
とはいえ画面から色々深読みしたいという事もあるので出来る限りは深彫りしたいです。

キットの組み立て難度は部品点数よりも構造に依存すると思います。
部品点数が多くとも組みあがっていく!という感じだと嬉しくてテンションを維持したまま作れるんですが、作業感のある単調な感じだとどうも…。
エレファンダーは部品点数が多いものの組み上げる楽しさがあって良いキットだと思いました。
個人的にはダクスパが精密なのは良いけどちょっと細かいパーツが多いかなーという印象がありました。
組みやすさを基準にまた別のコラム的なものも書いてみたいです。

>w15さん
量産型もリッツ機に劣るとはいえかなりの強力機のはずなので、あまり大幅に下げない中で考えたい事情もあってなかなか難しいですね。
そういえばジェノは尻尾を大きく振るので、その勢いで誤作動を起こす可能性は大ですね…。
構造はコマンドウルフの下あごのようなタイプにすれば簡易ですが、それでは次第にダラリが常習化してしまいそう…。
何らかのダラリ防止策が必要とあればますますコスト的な問題は厄介に…。

>すさん
フィンから出ているものは幾つかの気体の混合だと思います。
内一つに冷却用のガスなんかもあるんじゃないかなーと思います。
冷却も、熱々のものを一気に冷すと割れてしまったりします。なのでどの程度の冷却をどの艇の時間で行っているかなども入念に考えたいですね。

>神楽歌さん
リッツ機の戦い方だとメンテ回数も多かっただろうからその度に細かな改良が施されていた可能性は高いですね。
ガリル遺跡での戦いからリッツ機はキットと同じ形状になっています。
このあたりの裏事情を考えてみると面白いですね。
そしてまた、メンテ回数の多い無茶な戦い方をしていたリッツが、ファンブック2巻のあとはどのように戦ったのかを想像するのも面白いと思います。

ABは確かに謎ですね。
一応、装備する事も不可能ではないんですよね。
共通装備よりも専用装備を強調した… ヒーローにしたかったというのがトミー的な事情だとは思いますが、上手くバトスト的にも解釈したいですねぇ。
もしかしてOS機に最適な調整がされていた・・・のかな?

>maki さん
なるほど! 新しい解釈ですね。
エース機が超全力で放つ際は展開が必要だが量産機では必要ないというのは面白いですね。

乗り手が成長するにしたがってリミットを解除する余地を残しておくのも面白いですね。
物語的にも盛り上がるし実際そうした機構はリアルだと思います!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント