飛べゴドス

先日、ゴジュラス9バリエーションの飛行タイプ「アルバトロス」を描きました。
さてゴジュラスの小型版と言えばゴドス。
ゴドスの改造バリエーションにこんなのがあります。

フェニックスII
アルバトロスと同時期に登場した改造機です。
ところでフェニックスIIなんですが、フェニックスIという期待は現在のところ確認できていません。
いきなりIIだけが登場しているんですね。初代は失敗作だったのだろうか・・・?


アルバトロスとカラーリングが同じな所がニクいですね。


サラマンダーもプテラスもない。
そんな時代に開発された両機。
といってもこの時代にはペガサロスが居て空軍力では帝国軍を圧倒していた時代です。
なので無理にゴジュラスやゴドスを飛ばさなくても…という気はします。
いやしかし、これらの機が翼の構造を発展させ後のサラマンダーやプテラスを生んだのかもしれない…。

同時期、帝国軍はマーダを改造して何種類かの飛行タイプを開発していました。そして後年にシルエットの似たシュトルヒが誕生している。
これも興味深い所です。

ところで、

後の時代(デッド・ボーダーが登場した頃)にはアロザウラーの飛行タイプも登場しました。
コチラの名称は特になく単に「飛行型アロザウラー」と呼ばれていました。
共和国軍は恐竜を飛ばすのが好きだなー。


これはデッド・ボーダー登場頃という時期から考えて、キメラの実験機と推測しています。
同じ基地には「シールドバイソン」というシールドライガーとディバイソンの合成獣も所属していました。

飛行型アロザウラーはさすがにサラマンダーの羽があるだけあって性能が良さそう。
ただアロザウラーのパワーではどこまで扱えるかが若干心配です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この非飛行型の改造を見て、ふとゴドスにもサイズダウンした長距離キャノンを付ければ分隊支援火器装備的な機体として活躍できたのだと考えました
多分、飛ばすことこそが一部の民族(鳥族や風族)には重要だったのでしょうね
飛行型アロザウラーはサラマンダ―か空挺するのにコスト削減(サラマンダ―を使うリスクを減らす)から生まれた機体とも思えます

No title

ゴドスやアロザウラーにも飛行タイプがあるというのは面白いですね。

こうしてみると個人的にフェニックスⅡとアルバトロスは将来的な次世代型飛行ゾイド(プテラスとサラマンダー)の開発の為のテストベッドとしての側面もありそうだと感じました。
当時の空軍の戦力がぺガサロスで十分であったとしても、
帝国軍の対空防備の増強や将来的な帝国製飛行ゾイドの本格的な登場を見越すなら新型飛行ゾイドの開発の必要性はあると思いますし、
これらの機体はその開発に大きく貢献したと思います。

コアに関しては、ゴドスにせよゴジュラスにせよマーダにせよ、
ボディはそのままでも改造後のコアは翼竜型や始祖鳥型のコアに載せ替えているか、
キメラ技術で飛行種のゾイドの遺伝子情報をゴドスやゴジュラスに組み込んだのかも・・・。

アロザウラーの方はキメラの実験機とすると興味深いですね、
アルバトロスやフェニックスⅡなどのデータもあると思うので開発や改造は比較的容易でしょうし、
翼付きの恐竜型と言う面では空挺仕様の改造ゾイドの有用性を示した帝国のフロストイグアンや自軍のガブリエーレとの連携の想定など、
色々と考えられそうです。

HMMでは、ゴドスとプテラスは共通パーツを多数使用してます、体型も似ていますし、何かしら技術的な共通点はありそうですね。

No title

アルバトロスを見た後にゴドスの尻尾をよく見ると、なんだかモルガに見えてきます・・・

No title

アルバトロスが1号機
フェニックスが2号機だったのかも…
こんなのの飛ばせれる技術があるからこそサラマンダーが誕生したのかも

にしてもアロザウラーも飛んでいたとは…
キメラの試験運用だったのかあるいはデットポッター対策だったのか…

No title

両機がサラマンダー、プテラスの開発母体になったという説には真実味を感じるのですが、それにしても肝心の翼があまり似ていませんね。

あの、独特な骨組みだけのような形の翼は、どういう経緯で出現したのでしょう。

アロザウラーの翼は、サラマンダーの翼そのままなのでしょうか?
サイズが合うのかちょっと不思議に思いました。
まあ、本を見れば一目瞭然なわけですが、悲しいかな本を持っておりません……。

No title

HMM設定だとプテラスのボディはゴドスの設計の影響をかなり受けてるらしいのでこれらの改造機がプテラスやサラマンダーの開発に貢献したかもしれません
しかしアロザウラーに翼を搭載したタイプの存在には驚きました
暗黒大陸のドラゴン型をキメラ型と思った共和国軍が再現しようとしたのかと推測します
後この時期は暗黒軍もデッドボーダーにレドラーの翼を搭載した改造機 フライングボーダーを戦場に投入していますよね

No title

>神楽歌さん
キャノン砲を付ければ対地攻撃で威力を発揮しそうですね。
でも翼の付き位置的に背中は厳しそうなので、手持ち式とかが現実的だと思いました。
操縦者はバランスを上手く制御する技量が要求されますね。

初期においては部族間の対立というか我が部族をどう中心にするかというか・・・そんな派閥争い的なところが色濃くあったかもしれませんね。
「地球技術で」にこだわりすぎるとゾイド星の歴史をやや無視してしまいがちになりますが、改めて意識すべきだなと思いました。

>ラウルさん
開発史が見えてくる面白い設計ですよね。
しかも両軍がそれぞれプテラスやシュトルヒに繋がる計上の改造をしているのだから凄い!

コアは判断が難しいですね。
既に野生体の確保が出来ていたとすれば、ゴドス改造機ではなく「プテラスの初期実験機」という可能性もありますよね。
その方面でも探れば凄いワクワクがありそう!!

>NoNameさん
HMMの設定と合致するのは面白いですね。
恐竜はやがて鳥に進化したのでゴドスやマーダが飛行型に進化したのも納得なのかも。

>A-10に乗りたい人さん
なんでゴドスの尻尾は先っちょがなくなっているんでしょうねぇ…。

>w15さん
たしかに、アルバトロスがフェニックスIだったのかもしれませんね。
しかしまぁ、恐竜を飛ばした機体に不死鳥の名をつけるとは共和国軍もなかなか凄いネーミングですね。

>す さん
そういえば翼の下達は全然似てないですね。
グライドラー、ペガサロス、アルバトロス、フェニックスIIは何となく繋がってるイメージですが、サラマンダーで一気に変わりましたね。
サラマンダーの開発者はあのチェスター教授なので、革新的な技術的進化があったのかもしれませんねぇ。

>ロイさん
飛行型アロザウラーにフライングボーダーをからめると面白い考察が出来そうですね。
この直後にレドラーの翼を付けたフライングボーダーを、後年にギル・ベイダーの護衛に大型翼を付けた改良型フライングボーダーが出ているのでアロザウラーの影響を受けたのかも。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント