アロザウラー

先日の記事の飛行型アロザウラーに詳細が知りたいと頂いたので記事を紹介します。


劇中ではこんな感じでした。
中央大陸に上陸した正体不明のゾイドを調査すべく出撃した・・・のだが磁気嵐に遭遇して失速寸前、低空に降りる羽目に。
そこには謎の黒いゾイド「デッド・ボーダー」が居た。
すぐさまアロザウラーは味方機の応援を要請したのだが、味方機はデッド・ボーダーにあっさりと敗北してしまった。
どうなるんだアロザウラー、共和国軍!?

てな感じでした。
続きは無いのですが、おそらく撃墜されちゃったでしょうね。。。勝てそうにない。
せめて手持ち式の対地攻撃用の砲でも持っていればワンチャンスあったかもしれませんが。

デッド・ボーダーが華々しかった時期のストーリーです。
この頃は登場直後でまさに無敵のイメージでした。

さてそんなアロザウラーですが、最近本機にも「試作型」がある事が分かりました。
それも再現しました。


赤い個所がキット(量産機)との差です。


並べるとこんな感じ。
腕、脚、尾が少しずつ違う。全体的なイメージはあまり変わらないのですが。
しかしこの三つの箇所、全て格闘戦での重要な武器ではないか。
初期の運用データをもとに直ちにブラッシュアップが行われたのだと思います。


バトストでは「すべて偽りの島」でルイスが乗ったアロザウラーがこのタイプでした。
また、チェスター教授救出作戦の高速タイプも試作型からの改造でした。
少し前に高速タイプは再現したのですが、細部を試作タイプのものに改めねば…。
その作業は数日中にやってしまいたいと思います。

しかしさすがはゴドスの後継機。主力歩兵ゾイド。
なかなか奥深いものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この機体のメリットは頑丈さでしょうか?
レイノスに比べて頑丈な分、航空兵力としては遥かに劣るが威力偵察としてはサバイバル面では強かったのでしょうね
少なくとも味方機が撃破されるまでは生き残ってたわけですし

No title

なぜこのような違いに気づけるのか・・!?
この類の記事でいつも感心してしまいます。

アロザウラーに巨大な翼は迫力がありますね。
敵として相対したら、原始的な威嚇として「なんだこの強そうなヤツは?!」と認識してしまいそう。

No title

偵察用のアロザウラー…
なんで飛行させたのかますます謎ですw
時期的にキメラの試作機というのもゼネバスに勝利の目前でってのが更に謎ですね…わざわざこの時期に主力歩兵ゾイドであるアロザウラーを飛ばそうつうのも…
ゼネバス帝国攻略においてレイノスプテラスを使いきり整備中のなか試作機のこのアロザウラーを出撃させたんだろうか…?
このクラスでは頑丈なアロザウラーも翼を攻撃されたらカンタンに落とされてしまいそうです

No title

>神楽歌さん
レイノスよりは頑丈でしょうね。
ただし動きが悪いので滅多打ちにされそうでもあります・・・・・。

頑丈だが撃たれまくる/ペラいが避ける事が出来る
どちらがいいかは難しい所ですねぇ。

>A-10に乗りたい人さん
「おやなんか手のパイプが違う・・・・・」という所から比べると、おおここも違う! と発見できました。
たぶん過半数の機体に試作版があると思いますが残念ながらまだまだ解析できていないのが多いです。

翼を付けている姿は、もしかすると「なんで共和国にドラゴンが!? ドラゴンが暗黒軍だけのものではなかったのか!」みたいな混乱を与えたかも・・・。

>w15さん
軍としては現在抱えている人材に仕事をふらないといけないので、そろそろ終戦になる予想だが何かしらの名目をつけて研究を続行させたとか、そんな感じだと思います。
アロザウラーは多分主力歩兵だったので予備機があったのでしょうね。

アロザウラーは頑丈ですがデッド・ボーダーが相手となればあらゆる攻撃が致命傷になりそうでもありますね。
しかし磁気嵐でマトモに動けないパイロットの心境はいかなるものだったのだろうなぁ・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント