マッドサンダー

コラム更新しました。
以前にブログで書いていたものの改定版ですが、雷神の系譜です。
こちら

マッドサンダーの量産仕様が誕生する前のあれこれ。

こうして色々と苦労して開発している(キット的にもバトスト的にも)のが想像できるのは面白いです。

今回の更新に併せて、ベアファイター施策のコラムも微妙に改訂したり追加情報を加えたりしました。
こちら
なので一緒のよろしければどぞー。

試作品は魅力的な要素。今後も多く発見し想像していきたい所です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

マッドサンダーの量産タイプもマグネバスター撃ちっぱなしタイプからチェーンで回収できるのに変わってましたよね。
量産機もこまごましたマイナーチェンジを運用に合わせてしてるっぽいですね。

No title

下の潰れたゾイドってなんだろう?
デッドボーダーぽいけど既存の雷神よりもデカい体躯にみえる

No title

試作版をよくよく見ると二連装ショックカノンのパーツ構成が上下2分割になっていたのですね。
製品版は穴がふさがってて、中途半端な肉抜きがされていたから改造にちょっと苦労した思い出があります。せめて試作版のようにモナカ構造であればありがたかったのは本音です。
理想を言えば砲の本体を上下分割、銃口部分はゴジュラスキャノンのように別パーツでキャップをする構造だったら完璧でした・・・・・が、これじゃHMMみたいに部品が小さくなりますね。

No title

同じマッドサンダーかと思いきや全然違ったのですね・・・
そういえばマグネバスターの機構もキッドでは再現されてませんでしたね・・・
新世紀のマッドサンダーもマグネバスターが使えたのでしょうか?
謎です

No title

兵器の機能向上は常に行われていますね
マッドサンダ―は巨大ゾイドとしては量産数が高い機体ですし、中央大陸後期から大陸間戦争終了にかけて、ブロック1~4など細かい仕様の変更もあったのではないでしょうか?
ゼネバス帝国領への反撃進行では性能優先から、暗黒大陸上陸時には補給整備の効率化の改良が施されたり、ギルベイダー登場時には装甲強化やビームキャノンの速射性などの対空向上など見た目の変わらないレベルでの改造もあったと思います

No title

このマッドサンダーの画像すっごい好きです。
背景の雲間から光が差し込んでいるのと、マッドのアングルが素晴らしい

No title

やられてるデッドボーダーもいい味出してますね。
キャノピーがはがれ、口を精一杯開き、所々が歪んでいる。
ただ転がって燃えてるだけのとは格が違う(というか、ただ転がすのってプロの仕事じゃないような、、、)。

No title

このマッドサンダーがデスザウラーをも撃ち抜くデッドボーダーをどうやって倒したのかが気になります。いくらなんでも重力砲の射程がマグネーザーよりも短いことはないと思うのですが、背中のキャノン砲で倒したのか、それとも反荷電粒子シールドに重力砲への耐性があったのでしょうか?

No title

>昆虫さん
マグネバスターは二種類ありますね。
射程距離が長い投げっぱなしが良いのか、射程距離は短いが改修再利用が可能な後期タイプが良いのかは悩みどころ…。

>さいれんとさん
デッド・ボーダーはアロザウラーに近い体格なのでこの位の比率で正解ですね。
尻尾が映っていないのでより小さく見える事情もあると思います。

>A-10に乗りたい人さん
大口径に連加速衝撃砲は試作の方が良い作りですね。
裏面に肉抜きも無いし、悔しいポイントでした。
ただし作品は上下の貼りあわせにやや難があるようにも見えます。隙間がけっこうある。
なので造形を妥協して現在の形になったのかもしれませんね。
今だとスライド金型を駆使してワンパーツながら方向に穴を開ける理想の造形が出来そうでもあります。

>w15さん
マグネバスターはどうでしょうねー。
アイアンコング程度なら貫けると思いますが、デスザウラーの正面装甲を突破する事は出来ないと思います。
マッドの復活目的がデスザウラー対策であったなら無し。そうでなければありだったかも。

>神楽歌さん
実践データを踏まえて常にアップデートは繰り返されていたかもしれませんね。
ギル登場時には多くの改造タイプも試作されたので、その辺の経験を活かしての改良も計画されていたかもしれませんねぇ。
特に対空能力強化は高く望まれたと思うので可能性が高そう。

>NoNameさん
カッコイイですよねー。
最高のマッドサンダーだと思います。画像が小さいのが悔やまれます。

>NoNameさん
メカ生体時代は特に描くメカのポーズ付けが最高だと思います。
ウルトラザウルスの見事な首のしなりや、この写真のマッドサンダーの首の処理も見事です。
容赦なくキットを叩き割ってクラッシュモデルを作っているのも特徴ですね。

>NoNameさん
デッドボーダーの活躍は登場からしばらくに限られているので有効な戦術が確立したのだと思います。
重力砲をはじめ強力な武器は持っていますが防御力は高く見えないのでキャノンビーム砲で遠距離から撃ちぬけば実はどうという事ない相手だったというのが真相だと思います。
ゾイド戦はどうも格闘戦をしたがる傾向にあるので、その事が初期の共和国軍大敗北(敵の攻撃圏内に入る)に繋がったのだと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント