極初期のゴジュラス改造機

学年誌収集では小三はあと数冊だけ揃っていないのですが、そのうちの一冊が84年10月号です。
ただし国会図書館で複写しているので内容は把握しています。
この号はかなり異端な号です。
バトストはお休みで「自由に楽しもうぜ」的なノリで5つの改造ゴジュラスが作例として紹介されています。

・ゴジュラス大魔神
・ゴジュラスファイター
・キャノンゴジュラス
・ゴジュラス双頭型
・エリマキゴジュラス


と名前を聞くだけで凄い感じのゴジュラスです。
とりあえずゴジュラス大魔神でググると良いと思います。

さてこの号の改造ゾイドは異端すぎるうえにバトストじゃないので再現しようかどうか随分悩んだんですが、ええいやってしまえという事で手を付けました。
奇異な姿から「地球人が飛来した直後に改造された機」というよう風に考えました。
たとえばゴジュラス大魔神は「未知の惑星に不時着した地球人はとにかく不安ですがるものが欲しかった。だからゴジュラスを東洋地方に伝わる伝説の神を模した姿に変えた…」ような。

とりあえず今回はこの5体のうちの二つを描きました。
上記のように考えたので、素体としては「アーリータイプ」の方を使用しています。

ゴジュラスファイター

5つの改造機の中ではかなりマトモな改造機です。
牙が一本だけ大型化しているのと、通信機のようなものを付けている。
あと翼が付いているのですが、こんな程度では恐らく飛ぶ事はできまい…。
運動性を上げる試験のようなものと思われる。


色は限定型にやや近い感じ。

次、
キャノンゴジュラス


顔がマクロスのデストロイドモンスターになっています。
そのまんま付けている感じがもはや潔い…。

大型キャノンは4門あります。この時期…ゴルドスさえまだいない時期としてはかなりの高火力です。
斉射したら転倒しそうな気もしますが。

これは初期の「ゴジュラスの強化改造の方向性がまだ定まっていない時期」の改造機と思われる。
もはや格闘戦は期待できない姿ですが、この時期は高い位置から大型砲を撃てるようにすればいい という考えだったのだろう。



頭部に足されたパノーバー砲も対小型ゾイド用としては素晴らしい威力を発揮しそう。
「背の高いゴジュラス」を上手く生かした改造だと思います。
ただゴジュラスの特性を活かしたとは言い難く後に否定されたのでしょう…。

個人的にこのキャノン砲は105mm高速キャノン砲・・・すなわち後にゴジュラスに搭載されたものの試作であると想像しています。

今回再現した二種類は5種類の中ではとても普通なものです。
さて残りの3つはまたいずれ…。
しかし大魔神は…んー…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ファイターのほうは今見ると正直ダサいんですが、キャノンゴジュラスのほうは
今見てもスターウォーズぽくてカッコ良いw
スターウォーズは元々運用とか全体バランスとか考えてないメカデザインが多いから、
これが出てても違和感無さそうです(^^;)

しかしゴジュラス大魔神まで描くのですか・・・。
Zナイトの原点としてアレンジしないとですね、特に顔が(苦笑)。

No title

早速ググって見ましたが・・・、
いやー、いっそ清々しい位大魔神ですねー・・・・。
個人的に大魔神は外観に手を加える事による敵への心理的な影響のデータ取りや重装甲化による防御力のアップなんかもコンセプトの内に入るかもと思いますが、見た感じ頭を丸っと変えてる様に見えるので、
心理的な影響は兎も角として、ゴジュラスの顎を格闘戦に使う気は無い様に思います。

今回の作例記事から紹介された機体について考えると、
ファイターは機動力を中心とした総合性能の強化、
キャノンは砲戦機への転用化、
と言う形でアーリータイプ時代におけるゴジュラスの運用の方向性を模索した中での機体と言う風にも感じられます。

この作例記事の改造ゴジュラスの全容を見ない事にはまだ判然としない部分もありますが、
以前考察されたゴジュラス9バリエーションの中でアーリータイプが存在すると考えられる4体は、
この作例記事の5体の改造ゴジュラスと合わせて「アーリー9バリエーション」であった可能性も、もしかしたらあるかも・・・。

今ぱっと思い浮かんだ妄想ですが、
キャノンゴジュラスは長距離砲戦型と言うコンセプトが巡り巡ってMK-2の原型になったオギータに、
大魔神は重装甲化と言うコンセプトの面でバンカーに、
それぞれそのコンセプトが継承されていたりして・・・。

No title

エリマキゴジュラスと双頭ゴジュラスはウルトラ怪獣がモチーフでしょうか(エリマキ怪獣の「ジラース」は怪獣アイディアに行き詰った円谷スタッフが、ゴジラのきぐるみを借りて改造したものと聞きます。ほんとにゴジラそのまんまだったのかよ・・・)。

当時の改造作例もゾイドとしては異端ですが、当時のプラモ、おもちゃを全力で、モチーフの壁を越えて自由に楽しんでる光景はゾイドが子供のためのおもちゃという「古き良き時代」を表しているようにも感じます。

新世紀以降も「こんなんアリか?!」という改造は山のようにありましたが(一番強烈だったのがウルトラの首が左右にパッカーン、からの機体後部から巨大カマ)、それとは違ったインパクトと楽しさが感じられて楽しいですね。

No title

ゴジュラスファイターの翼はコングMK-Ⅱのブースターのようなコンセプトなんですかね。ゴジュラスの機動力があがるなら割と脅威なパワーアップ機です。
キャノンゴジュラスはゴジュMK-Ⅱに比べ狙いはつけやすそうなんですが首への負担が…ゴジュラスがムチ打ちになりそうです。

No title

ゴジュラスファイターは元々ノロマなメカとされてたゴジュラスをなんとか有効に扱うとした合理的な改造ですね
キャノンゴジュラスは最近の記事でよく出てくる9バリエーション時の地球人的な発想で作られたのかも
絶大なパワーをもつゴジュラスを戦車的な運用したかったのかもですね
しかしこの形状だとメカ生命体としての意思はほぼなくなってて機械的な操作がメインになってそうですね・・・

No title

キャノンゴジュラス・・・えっ!?
ゴジュラス大魔神ググってみた・・・えっ!?ええぇ〜〜!
・・・もう何が何だか分からないよ(笑)

No title

なんか改造ゾイドや隊長機?がmk2のカラー先取りしてるパターンありますよね。
といってもコングとゴジュラスしか例を知らないんですけども。

購買意欲をそそる作戦にしても、せっかく出たのが限定品というのはあんまりだぁ~(涙)

No title

ファイタータイプはカラーリングも相まってエースパイロット用に思えますね
キャノン砲装備型はある意味ゴジュラスmkⅡの原型とも見えます
105㎜高速キャノン砲は、ゴルドスに採用されていることで有名ですが、ディバイソンの17連突撃砲も同じ口径なのが興味深いです。

No title

>Jスターさん
キャノンの方は後のゾイドが歩むアプローチとは明らかに異なっていますが、これはこれでカッコよいですよね。
モンスターのユニットもあんがいシックリとなじんでいると思います。

>ラウルさん
アーリー9バリエーション! いい響きですね。
それにしてもアーリータイプだけで9種類もあるとは凄まじい事です。
ゴルドスやマンモスは改造ゾイドが稀なんですが、それらに比べてあまりにも多い。
当時の扱いの大きさが良く分かります。

これらアーリータイプの改造は全て理想的な強化を果たしたキットと同じ仕様のものが生まれて否定されたと思います。
いやしかしコンセプトの一部は新時代の進化した技術を伴って復活したかもしれませんね。
技術やコンセプトは「流行がまわる」ように古きものがまた復権する事もあると思います。

>A-10に乗りたい人さん
ゆるーい時代の作例ですね。
実際のユーザーは自由な発想で版権とか気にしないで戦わせたりもしますしね。
今ではちょっと考えられない作例ですが・・・、これはこれで子供の遊びに向き合った良いものですね。

新世紀の首から鎌のはゾイドバトラー雷刃の漫画にも出てきましたね。
空母タイプが堅実な造りだったのと対照的です。

>しめじさん
ファイターはこの時代のノロマな仕様をなんとかして改善すべく奮闘した仕様に思えます。
キットと同じ状態の近代改修型に同ユニットを装備したらかなり強そうでもありますね。

キャノンは斉射すると首ごと吹っ飛んじゃいそうな気もしますねえ。

>w15さん
開発史はよく読み解けますよね。そうした意味ではとても魅力的な改造機だと思います。
キャノンの砲はユニットが厚い装甲で覆われていて、キャノピー剥き出しのコンセプトを否定している事も興味深いです。
(もっとも本機のコックピットがどこかは不明ですが・・・)

>ぬりさん
他もインパクトが大きいんですが、大魔神は抜きん出てますよねw

>NoNameさん
箱裏バリエーションにも後のMK-IIカラーを思わせるようなものもありますね。
ちょうどシールドライガーが白い装甲でMK-IIっぽかったです。

限定型は当時も一瞬でなくなったらしいですね。
ゾイド3周年記念アイテムですがもうちょっと販売して欲しかったですねー。

>ロイさん
当時としてはエース機だったかもしれませんね。

105mm口径は興味深いですよね。
共和国軍では標準的な口径だったのかもしれませんね。
もちろん長距離砲のゴルドス砲と中距離以下のディバイソン砲では内部的には異なる部分も多いと思いますが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント