小型格闘王

ゴドスのバリエーションを描きました。

アーマードゴドス


学年誌に登場したバリエーションです。
頭部にアンテナ、肩に三連装ロケット、脚部に装甲、背中にウイングを背負っています。

名称はアーマードゴドスですが、別の号ではホッピングワラビー(カンガルー型)と書かれていたりもする。
ゴドスなのかカンガルーなのかワラビーなのか。
足の裏が大型化しているので砂漠等でもよく動けるとの事です。

次、
戦闘機械獣のすべてに登場する増加装甲タイプ

名称不明。胸部と脚部に増加装甲を付けています。
それ以上の情報は無し。
最規模な改造機ではないので、現場で応急的に行われたのだと思う。

次、
History of Zoidsに登場する増加装甲タイプ

こちらも増加装甲タイプですが、戦闘機械獣のすべてのものよりは手が込んでいるかな・・・?
手も換装されていますが詳細不明です。何故か細くなっている。

劇中ではモルガ・ゲルダーVSゴドスの戦いが発生し、ゴドスがモルガを撃破するもその隙にゲルダーが狙いを定めた。どうなるゴドス!?という感じでした。
結末は描かれず。

ゴドスのバリエはこれにてコンプできた・・・・と思います。多分。
今回紹介した増加装甲タイプはいずれも地味な改造機ですが、主力歩兵なだけにこうしたバリエは各現場で無数に存在すると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

History of Zoidsに登場する増加装甲タイプですが、火器がほとんど撤去されているようですね。これでは、ゲルダーに勝てそうにありません。。。
手も細かい作業に向きそうなマニピュレーターのように見えますし、戦闘用じゃないのかもしれません。

No title

アニメ版でレイブンの乗ったゴドスの無双っぷりが心に残ってます
ゴドスの背中のEタンクはゴジュラスの随伴として行動半径を伸ばす措置でしょうね
前にもネタにしましたがゴジュラスMK-2風のゴドスを見てみたい気もします

No title

主力歩兵ゾイドの割に武装を強化するより装甲を増設するとは・・・
小型ゴジュラスといっても過言ではないのにゴジュラスと違い武装よりも防御を強化する必要が小型ゾイドにはあったんでしょうかね?

もっともコマンドウルフにしろゴドスにしろ新世紀になってからアタックユニットやウィーゼルユニットを背負うようになったところを見ると新世紀では旧大戦のような物量がなかったので総力戦であり個々のゾイドにも総合的な火力が求められた・・・

一方旧大戦ではゾイドの数が豊富で中型大型ゾイドのための偵察任務を小型ゾイドが請け負いその結果射撃能力や格闘能力ではなく防御力を上げるってコンセプトになったのかもっすね

No title

ゴドスってあんまり改造機ないですね。
新世紀でもワイルドウィーゼルユニット装備型と、パイルバンカー装備仕様ぐらいしかいないですし。

余談ですがカンガルーとワラビーに明確な区別は無く、
大型をワラビー、中型をワラルー、小型をワラビーとだいたいの大きさで見分けて呼んでいるに過ぎないそうです。
じゃあゴドスとカンガルーも大して変わらないですね(暴

ゲルダーVSゴドス

アーマードゴドスとホッピングワラビーはゾイドコアを
交換しているのではないかと思いました。
カンガルー型の戦闘用の適性の試験型とかで
確かHMM設定だとプテラスもゴドスのボディの設計をかなり
流用したことになっていました。
ホッピングワラビーはカンガルー型のテスト機としてアーマードゴドスのボディを流用したのかもしれません
しかしゴドスもこうしてみるとやはり恐竜の殺し屋と恐れられるだけある精悍な姿ですね
ゲルダーとゴドスの戦闘については、ゲルダーの箱裏で角の連装電磁砲でゲルダーがゴドスを撃破しているシーンが強く印象に残っています。
拙作のゴドス篇でゲルダーの改造型をラストボスに据えたのもそのせいです。
後拙作 グラフィックス戦記更新しました。
今回の主役は三式さんもレビューされていた親衛隊のあの機体です

No title

>す さん
History of Zoidsのは不思議なバリエですよね。
格闘特化とすれば火器撤去も分からなくはないんですが、それにしては指が細い…。
脚はそのままなのでゴドスキックは使えそうですが、その前にゲルダーの主砲で撃ち抜かれそうでもありますねぇ。

>神楽歌さん
アニメのゴドスの基地破壊描写はゴドスの恐るべき底力と同時に限界も見える秀逸な描写だったと思います。
MK-II風を作るならLBゴジュラスMK-IIのパーツが似合いそうですねー。

>w15さん
たぶんモルガやゲルダーの正面装甲の凄さに刺激を受けて、我が軍のゴドスも同様にしてやろうという流れがこの当時においてあったのだと思います。
しかし実際にはゴジュラス譲りの頑丈さ(生命力の強さ)があったので不要だったという所じゃないかなと思います。

敵軍の兵器に刺激を受けて我が軍でも という流れはよくあります。でも結局のところ軍としての考え方が違うので馴染まなかったりして、取り入れられる事は稀だったりもしますね。

>NoNameさん
鷲と鷹、イルカと鯨みたいなものですか。
しかしどうせなら名前を勇ましく大型を思わせるカンガルーにすればいいと思うんですが、遠慮して小型のワラビーと読んじゃう共和国軍は正直でちょっとかわいいですね。

>ロイさん
共和国軍はカンガルー型のショットダイルを保有しているので、野生体としてはカンガルー型は存在するでしょうね。
なので換装していた可能性も十分に考えられます。
一方で、そこまでカンガルーらしくない(あまりにも直立である)事からゴドスのまま据え置かれている可能性も感じます。
なかなか難しい所ですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント