グランチュラ修整

グランチュラのクレーン車仕様をちょっと修正しました。
改造に使われているパーツを教えて頂けたのでそれに近づけました。

情報に感謝です。しかしパーツ解析は奥が深いなあ。

上は籠みたいですね。かなりの高さまで登れるようだ。
これでゴジュラスのコックピットに乗り込んだりするのだろうか。
しかし乗るのはちょっと怖そうですね。


先日描いていたものはこれ。
まあ、クレーン車と言っても色んな形があるからこんなのも居たんじゃないかな。
そんな感じに想像しても面白いなと思いつつ。

そしてもう一つ



これは戦闘機械獣の全てで紹介された作例。武器が増えているのと地を這うようなスタイルになっています。
グランチュラは多分ノーマルタイプでもこうした姿勢は可能だと思います。
が、本機はおそらくこのスタイルに最適化されていると推測しています。
低姿勢で忍び寄り増設した武器を放つ…そんな仕様かな。

グランチュラの改造機はまだあります。
骨ゾイド系のコンプはまだまだかかりそう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

高所作業車に似てます。

私は高所作業車の資格を取ったことがありますが、このグランチュラはそれに似ています。
車輪に加えて、前後左右計4つのジャッキで地面との接地面積を増やして安定させるのです。
ですので、必然的に重心が低く、地面との接地面積が広いゾイドが選ばれるのでしょうが、骨ゾイドの中ではグランチュラが適任だと思います。
坂道でも気にせず作業台を上方へ伸ばすことができるのは車両ではなく生物ならではの特権だと思います。

No title

この台からコクピットに乗り込むのはちと怖いですね…

2機目のグランチュラはアメンボみたいに水面を滑れる機体かと思いました
低姿勢からの射撃に安定させようって狙いですかねぇ…?

No title

電ホビでHMMカノントータスに似たような装備と塗装を施した作例があったのを思い出し、この作例見たいにアームの先端を換装出来た使用でこういった土木作業用機体は手に取っていじって見たい気持ちがあって強く印象に残ってました、
この改造キットは遊ぼうとするとバランス取りづらそうですけど、実機を想像して見ると不整地や災害地でも易々と稼働する様が思い浮かべていいなと思いました。(小並感)

No title

>kageさん
グランチュラは多少の坂でも調整を楽に出来るのは優れていますね。
単純にパワーだけならエレファンタス等が上回ると思いますが、うまく動ける便利さがあると言う意味ではグランチュラは優秀なのでしょうね。
多脚はやっぱり魅力的!

>w15さん
高所恐怖症だと辛いですよねー。
いやでも高所恐怖症だとそもそもゴジュラスに乗れないかな・・・。

下のは確かにそれっぽいですね。
足に忍者のみずぐも的なものを装着していれば良かったのになー…。

>駄文書きさん
ありましたね。
またトミーのキットを扱っていた事から、何度かレスキューゾイドや作業ゾイドの作例が組まれた事もありました。
非戦闘のシーンを思い描くのも大きな楽しみですよね。
魅力的な仕様です。

No title

いかにも作業用っぽい感じ。いいですねぇ。
大人になって観ると、戦闘用よりこちらの方がぐっとくるものがあるかも。

No title

惹かれますよねー。作業メカは子供の頃もある程度は惹かれたんですが、今見るといっそう惹かれますね。
マッドサンダー建造時にマグネーザーを運んでいたあれとかも最高ですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント