グランチュラのバリエ

グランチュラのバリエです。
本日でコンプします。多かったぜ。

ジェットマグマ

前方にドリルを付けた地中潜航型。
学年誌に登場。

実はコックピット部分にも手が加わっていて、下側しかない(むきだしの懲罰席仕様)状態であった・・・。


なのですが、地中に潜るのにわざわざむき出しにするってどうなのよと思ったので、これは潜航中に破損してはずれたと解釈してコックピットはそのまま残しました。
…ただまあ、アタックゾイドのグランドモーラーとか明らかに地中に潜るのに剥き出しなのも居るのでこれが正しいのかもしれませんが…。
ゾイド星人はその辺の事情で何が起こっても不思議ではない・・・。

本機が面白いのは、

背中にグライドラーの脚をかぶせて綺麗な装甲を付けている事です。
そしてそのうえにアクアドンのタンクを重ねている。

正直、アクアドンのタンクはない方が好きかなあ。
地中潜航型とすれば側面に張り出しが付くと障害になりそうで…。


とまあ、色々思うことはありつつも面白いバリエだなと思います。

グランチュラは改造タイプで地中に潜る能力を得た。
グランチュラの発展型であるところのガイサックは標準仕様として地中に潜る能力がある。
本機もまたガイサック開発に先行して開発された実験機なのかも。

次、
マニュプレーダー

作業用ガイサックです。特徴的な作業用アームを持ちます。
操縦席は背中に移動。非戦闘用だからか、むきだしです。



シルエットはもはやタコに近い感じになっています。
実際、カラーリングも含めて海底での作業用メカといった雰囲気がする。
剥き出しのコックピットであること以外は・・・・。

作業用ガイサックは種類が複数あってとても興味深い。
そういえば先日「キャラメルマンみたい・・・」と言ったバリエがありましたが、

これも作業用なのかもしれませんね。

最後、
スカイアパッチ

上部に回転翼を付けたヘリ仕様です。

本機は帝国軍の改造モルガ「サンダーモルガ」に刺激された仕様と思う。



性能的にはサンダーモルガが上にみえるかなあ。
サンダーモルガは対地攻撃が存分にできるロケットランチャーも四基装備しているし圧倒的。
比べるとグランチュラはノーマルと同じ20mm砲だけで心もとない。

コックピットが重装甲タイプな事も特徴ですが、これはカクカクしたキャノピーが戦闘ヘリっぽいからでしょう。
重装甲コックピットは某太陽の牙を参考にしていると思いますが、かの主役機の頭部形状は戦闘ヘリをモデルにしているそうな。

という事で、ようやくグランチュラのバリエをコンプしました。
ええと何個あったのかな…。
一覧も近く用意したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

地中潜行型なのに懲罰席って…
共和国もしれっと中性子ミサイルぶちこんだり1200ミリキャノンをぶっぱなしたり酷いことしますな

ハイドッカー?

スカイアパッチの上部はハイドッカーのパーツに見えるんですが、どうなんでしょうね?

No title

>w15さん
酷いことしますよねぇ。
という事で優しい解釈をしました。
そうあってほしいものです。

>YHさん
ハイドッカーの尻尾とゴルゴドスのレーダーですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント