ゴルゴドス的なエレファンタスとハイドッカー

先日の・・・、


まずゾウ的なやつの方から。


・・・ジオラマで見ると凄くゾウっぽいのですが、これは最適な角度にしているからだなと思いました。
コックピットの先に鼻を付けたら、そりゃあゾウとしては変になるもんなぁ…、
でも、ペガサロスの部品を象の鼻や耳に見立てる改造は面白い発想だと思います。
耳の形状が後後のエレファンダー・コマンダータイプに少しに似ている機がするのも興味深い。

尾も色々増設されてる雰囲気がありますがよくわからないのでここはキットおままにしました。



旧式化したエレファンタスをゴルゴドス開発登場の最新技術を使って近代改修した・・・ような感じかな。
電子戦能力は大きく向上。
でもゴルゴドスがこの当時の共和国軍としては優秀すぎたので復権しなかったとか、そんな風な事情を想像します。

次、ハイドッカーみたいなの。

おおおお、これはかなりカッコいいのでは。まとまりもあるし首のラインもけっこう綺麗だ。


比べるとラインはけっこう違うけど、やっぱり首が長いからどちらもハイドッカーに見えるなぁ。
流れとして綺麗なラインを描いているのはハイドッカーノーマルかなー。
でもゴルゴドス改造のラインも大げさに首を持ち上げた感じが威風堂々としていて良い。


本機はおそらく歩兵支援用ゾイドであろうハイドッカーを更に能力向上させた仕様と思います。
しかしながら時代は既に歩兵支援から対ゾイド戦に移っていた。
なので良好な成績を残しつつも領さされる事はなかった…みたいに想像しています。

電子戦用装備が増えて重量は過多になったと思う。
それを補うべくロケットエンジンのようなものが付けられているのも魅力です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

本日より「A-10に乗りたい人」から「A-10」に改めさせていただきます。引き続きよろしくお願いいたします。

風邪の具合はいかがでしょうか。
ブログが毎日の楽しみでいつもチェックしていますが、どうか無理はなさらぬよう。

ゴルゴドスの改造だからか、どちらも特徴的な背びれがありますね。象型には若干「?」ですが、雷竜型には違和感がありません。
むしろ背びれが当時の恐竜の復元のトレンドを表しているようで非常に「恐竜らしい」姿ではないでしょうか。
個人的には首の「たるみ」が21世紀以降の雷竜の復元像に近いのもツボです。

No title

うーん…エレファンタスのほうは思ったより…って見え方ですね
ハイドッカーのほうは首長竜みたいでカッコイイですけど背ビレが…

No title

>A-10さん
改めましてよろしくお願いいたします!

雷竜タイプいいですよね。
背中のゴツゴツも当時お復元図には良く描かれていたのでそれの誇張と思えばまあ。
首が長いので雄大さで本物のハイドッカーを越えている気もします。
良い改造作例ですよね。

>w15さん
背びれは当時の図鑑などでは恐竜の背中にちょっとした背びれ的なゴツゴツが描かれている事が多かったのでそれと思えばあんがい違和感はないかも。
まあ、そうはいってもちょっとでかすぎるって言うのはありますけどねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント