間違い探しレベルである

今日の改造ゾイド。
今日は一種類です。

オルディオス先行機


今日はカラーから。
試作機の形状はほぼ量産機と同じです。
どこが違うか分かりますかな?



この辺が変わっています。
脚の排気口はこちらの方が好きかな。
というか量産機の排気口はざっくり穴をあけただけで寂しい。

微妙に重要なのはコックピットハッチの形状で、量産機では上部のみが開きますが試作機はチークガード部分も一緒に持ちあがるような構造になっているみたいです。

初号機…クルーガーが駆りギル・ベイダーを倒したのは本仕様。
だが実のところこの時点では未完成とも言える状態で、乗りこなせるパイロットは一人だけと言われる程であった。
量産機との違いは操縦性だと思っています。

「乗り心地は抜群ですよ」とはクルーガーの言葉ですが、もともと荒っぽい操縦をする”クレイジーホース”だからこその言葉と言える。
ただ能力的な部分で言えば量産機と変わらないと思う。
じゃじゃ馬を上手く乗りこなす事さえ出来れば戦える。それが本仕様だと思います。

クルーガーの乗る本仕様がギル・ベイダーを倒したことで共和国軍は貴重な時間を稼いだ。
まさに救国の名機と言えます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

肉抜き

 翼の白いパーツの外側が肉抜きされているのが、試作と比べて製品版で一番悲しい点です。
 バトストの写真ではカッコいい翼なのに、購入してガッカリして、エポパテで埋めました。
 リバセン版も変わらず、二機目のオルディオスの制作に躊躇しています。グレートバスター砲の砲身も肉埋めしなければならないし、足の内側もスカスカだし。
 大好きなゾイドだけに、残念です。

No title

自分はカラー変更のイヴィルペガサスも結構好きですね
量産と考えてみればオルディオスは生産性は欺瞞を施した上で全力生産でしたから低いのではと思いました
ガンキャラドも野生体の確保と変形機構がネックになるイメージが出てますね<もしくは無理に生産したせいで数はそろっても稼働率が低かったり、整備に時間がかかるなど
実際、攻める側と攻められる側の支援体制は段違いですし、アイスブレイザ―にしろがルタイガーにしろ末期の帝国機は稼働時間や整備性を地元優位を生かして低く作ってもOKな流れが見られます
逆にデスキャットは反撃後の逆侵攻の切り札でしょうね・・・後のエレファンだ―のように防衛戦に回されて壊滅する流れまで…

No title

ゾイドジェネシスのギル登場の中でミィのランスタッグ→
オルディオス乗り換えなんて期待が放送当時にありました。
その頃のガセネタで盛んだったのは
オルディオーシャンとガンギャラクシーでしたっけ。

未復刻機のゾイドが登場する可能性の中で
様々な憶測や希望が入り混じっていた
楽しい時期でもありました。

No title

自分の周囲ではむしろイヴィルペガサスの方が人気があるぐらいでした。
あと、オルディオスに関してはギルベイダーとの力関係がちょうどデスザウラーとディバイソンぐらいの
「正直まともに戦うのは自殺行為だがわずかに勝てる可能性があり、必死に立ち向かった」
ぐらいだと思ってましたが調べると結構普通にオルディオスが勝っていて驚いたものです。

それでも悪魔のような強さのギルベイダーに立ち向かっていって共和国を救ったゾイドなので個人的には大好きな機体です。
リアルメカとしてはどうなの?という部分もあるゾイドですが、これぐらいハッタリのきいたヒーローらしい奴もたまにはいいかなと思います。
これが逆に渋い機体だったら対ギルベイダーとして説得力が無いかなあと。

No title

頭のツノも違ってたと思う

No title

>城元太さん
肉抜きはオルディオスの大きな弱点ですね。
脚は前脚は良いのですが後脚が…。ランスタッグに比べればマシですが、それでも3800円クラスのゾイドとしてはどうかなーと思ってしまいますね。
スタイルが良いので肉抜きが目立つのが惜しいです。

>神楽歌さん
エヴィルペガサスは屈指の人気カラバリですね。
白から黒へ。あそこまでイメージが一変したのも珍しいですね。
後年にギルベイダーが白いギルドラゴンになったのと対になっているのも面白い事です。

生産についてはそのような事情があった可能性は高いですね。
共和国軍はあの頃においては生産設備をギルの空爆で潰されていた事情もあったと思います。
そのような中でまさに「突貫」で造られていた機も多いと思います。
それでも何とか戦線を盛り返したことが凄いですね。

>NoNameさん
ジェネシスでは是非活躍を見たかったですね。
ランスタッグの後継機にこれほど相応しい機体があろうか!

ガンギャラドもジェネシスに出てほしかったですねぇ。ドラゴンだしギル・ベイダーと編隊を組んでほしかったです。
ただまあガンギャラドは黒い害は似合わない気もするのでそこがどうだったのかなあとも思いますが。

あの頃はマルダーも復活が噂されていた記憶があります。なんだかんだで賑わっていた時代ですね。

>NoNameさん
実際にはディバイソンとデスザウラー程度の戦力差だと思いますが、クルーガーをはじめエースが頑張ったのでしょうね。
オルディオスはリアル系であるところのゾイドとしてみれば「?」な部分もあります。
が、ラストバトルに向けてゾイドバトルストーリー伝説を最終最強に盛り上げようとしていた意図も感じます。それこそ神話の如き神々しさにまで昇華しようとしていたような…。
最終局面であるがゆえに許された描写でありオルディオスの魅力かなと思います。

>No Nameさん
ご指摘ありがとうございます! 修正します。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント