レーダース

本日の改造ゾイド。
今日は一種類です。

始祖ゾイド、ガリウスの改造機。

レーダース

エリマキ状のアンテナを装備し敵を探る偵察機仕様です。
また脚部も換装しています。

学年誌に登場した改造ゾイドですが「脚がグッとカッコ良くなった」とコメントされていました。
そうかガリウスの棒脚は公式側も悔いの残る仕様だったのか…。
たしかに本仕様でえらくカッコ良くなったと思います。

本機はゴドス完成後に余剰となったガリウスの延命策じゃないかなーと思っています。
またマーダに対抗する意図もあったように思う。

足は換装で機動力がぐっと上がっていそうです。
特に足場の悪い地帯でもジャンプをして容易に行動できそうに見えます。

マーダはその軽快さから大活躍をみせたわけですが、ガリウスも改造によって同等…とまではいかないまでも似たような走破力を得たんじゃないかな。
その軽快さで縦横無尽に駆け抜け、直接視認またはエリマキ状のレーダーで敵を探る。
(ただしこの時期なのでレーダーの信頼性には疑問も残る)

旧式化した後のガリウス。
訓練機になったり民間に払い下げられたリ、あるいは本仕様のように延命策を施されて再び一戦に返り咲いたり。
色んなその後を想像すると面白いものです。

ちなみにカッコいい足ですがクラッシャージョウという作品の1/100オストールのものがそのまま流用されている模様。
再現される方はこのキットを探してみても良いかも。
初期の改造ゾイドはけっこうクラッシャージョウのキットが多用されている印象です。
今はもちろん絶版なんですが、もし見かけたら確保しても良いアイテムかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おお、ガリウスにはこんな改造機があったのですね。
確かにこのチキンレッグ型なら、地上を走るのにも速度向上の効果があったのかな……なんて想像しちゃいますね。
そして、当時はエリマキトカゲが流行ってましたよね……(懐古)。

そういえば、マーダはあの時代には異常な最高速度を地上では誇ってましたっけ。
もう、乗る方も狙う方も途方もなさそうな550km(うろ覚え)を。
話は脱線しますが、あれって長時間維持できる速度なんでしょうかね。
いや、最近「人間以外の動物は短距離ランナーだから長い時間最高速度を維持できない。できて数十秒」的な知識をにわか仕込みで獲得しまして。
ゾイドの最高速って、どれくらい維持できるんだろう、なんて思ったのです。
推進剤をメインの移動能力として使う系統のゾイドはまあ、長時間というか燃料と放熱の許す限りできるんだろうなということは予想できるのですが。
ですから、恐らくはマーダも。
サーベルタイガーとかシールドライガーとか。見るからにメインに推進剤を使っていない移動方法であるゾイドはどうなのだろうと。ふと、そんなことを考えたりしてしまいます。

うーん、余計な知恵でしょうか。

No title

逆関節はいかしてますね。

骨ゾイドでマーダやモルガと戦うのはきっと大変だったことでしょう。
PSゾイドだとそうでもないけど……。

No title

ゴドスより小回りもきくでしょうし最高速度も瞬発的ならシールドライガー並みでしょうし偵察用としてはりにかなってたのかもですね

やっぱあのマッチ棒みてぇな脚はトミーでも不本意だったんですかねぇ・・・?

No title

レイダース?失われたアーク?(乱視

バッタのような脚をしているんで速度もですが跳躍力もありそうですね。偵察機であればなおさら脱出能力も必要なので。

ガリウスの最高速度は度々話題に挙がりますが、
個人的にはテストでの測定値だと思います。
つまりある程度整地された場所でのタイムであり、実戦では敵もいれば障害物や荒れ地もあるのであの速度の半分も出ないんじゃないかと。

でもシールドライガーなどの高速ゾイドは実戦でも測定値とさほど変わらない速度を出せるんじゃないでしょうか。
機体のエネルギー値によるスタミナも差があるでしょう、ガリウスのサイズでは最高速度は少しの間しか出せなさそう・・・。
マーダ、ゲーターなどホバー走行するゾイドも基本的にホバー能力は悪路での行軍用じゃないかなと思います。

No title

>やまさん
えらく印象が変わったガリウスですよね。
イメージ的には確かにエリマキトカゲかも。
水面をも走る機動力!!

マーダは500kmですね。そんでもってホバー走行時の速度です。
最高速度の維持はライガーだと短いでしょうね。
牛(ディバイソン)とかだと長く維持しそう。

マーダはホバー・・・すなわち完全人工的なシステムだからエネルギーが続く限りにおいては持続できるのかなと思います。
ライガーについてはブレードライガー以降のものが補助的にブースターを積んでいるので「足で高速走行→疲れた所でブースターで補助(少し休む)」というサイクルを繰り返してトップスピードを維持するのかも…。

>メカカブトさん
いいですよねー。やっぱり脚には関節がなくてはイカンと思います。
骨ゾイドだとモルガの突撃を受けたらひとたまりもないでしょうね。
逆にモルガの分厚い前面を貫ける装備はないし…。

>w15さん
「軽快さ」がガリウスの強みですよね。
小型だし偵察用としてかなり活躍したものと思います。

足は不本意だったでしょうねw
だからこそバージョンアップ型のゴドスが発売されたと思います。
しかしこの改造機は細さを保ったうえでカッコ良くしているのだからお見事です。

>NoNameさん
軽快なジャンプをしそうですね。
ガリウスのシールドライガーより早い最高速度はエンジンの出力から計測した計画地はじゃないかなー・・・と思っていたりします。
同様にグライドラーも。

テストで弾丸などを全て抜いた軽い状態で瞬間最高速度で記録したものかもしれませんね。
あの足では少しでも障害があったらたちまち走れなくなりそうですねぇ…。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント