新世紀におけるディバイソンの事

先日から「旋回砲」について書いています。
この話題を掘り下げた事によって、あるゾイドに関する事も思いつきました。

実は長年の疑問であった事の疑問が解消しそうです。
ディバイソンについてです。


ディバイソンというゾイドについて振り返ってみよう。
対デスザウラー用ゾイド第一弾として登場した。
「あのデスザウラーに短期間の内に対抗する」というかなり無茶な要求に強引に応えたゾイド。
パワフルに突撃して17門突撃砲を見舞う。とにかく突撃。強力だがかなり不器用な仕様だと思う。
なにしろほとんどの武装が正面を向いている。正面は角・17門突撃砲・4連バズーカ・ミサイルポッド・衝撃砲と超強力なのだが、それ以外の面への供えが極めて薄い。

そんなディバイソンは対デスザウラー戦においては奮闘して何とか戦線を保った。
マッドサンダー登場まで共和国軍が戦線を保ったのは本機のおかげと言える。

だが暗黒大陸での戦いでは一転して活躍できなかった。
登場数が極端に減り復権しないまま終わった。中央大陸戦争時代、あれだけの数を誇ったのに。
まとまった数の運用が見られたのは、ギル・ベイダーが中央大陸を襲撃した際に防衛部隊として出動したシーンくらいのものだ。

中央大陸の防衛部隊。
もはや一線機というより予備役と言った方が良いほどの扱いだった。


対暗黒ゾイド戦としては、デッド・ボーダーにやられているシーンがある。
暗黒ゾイドはディバイソンへの対策が完璧だ。
ディバイソンの突撃は強力だが軌道は単純で読みやすい。
それでも、デスザウラーは有効な迎撃が難しい。荷電粒子砲を撃つような相手ではないし(また撃とうとしても間に合わない)、かといって他の小型火器では止められない。
ディバイソンは重装甲なのだ。
だからデスザウラーは腕で止めるしかない。それはもう一か八かだ。

同じ事はアイアンコングにも言える。コングの場合は6連発ミサイルを肩に持ちかえれば有効な迎撃ができるかもしれない。
だが対ゴジュラス戦において「コングが接近戦に向けてミサイルを手に持ちかえるその隙にゴジュラスが襲い掛かった」ような記述がある。
なので、全力で突撃するディバイソンを発見してからミサイルを手に持ち替えようとしても間に合わないのだろう。
だからディバイソンは強かったと思う。
(ただしバックパックを持ったMK-IIに対しては分が悪かったようだ。運動性が高いMK-IIは突撃を上手くかわすのだろう)

一方、暗黒ゾイド。
デッド・ボーダーやダーク・ホーンは突撃するディバイソンを強力な砲でカウンターにする。
ジーク・ドーベルやガル・タイガーは高速機なので突撃がそもそも当たらない。
そんな中で、もはやディバイソンは使い物にならない。よって中央大陸防衛の予備役になったと思う。


さてそんなディバイソン。グランドカタストロフ後もそこそこの数が残っていたようだ。
グランドカタストロフ…彗星衝突。これにより多くのゾイドが数を減らし、あるいは絶滅した。
デスザウラーもギル・ベイダーもガン・ギャラドもデッド・ボーダーもジーク・ドーベルも居なくなった。
天敵と言えるゾイドの多くが減った。
なのでディバイソンは強力機と言って良い地位に回復したと思う。

長年の疑問というのはここ。
ZAC2099年に開戦した西方大陸戦争では当初は共和国軍はゴジュラス、ゴルドス、シールドライガーで戦った。
少し遅れてからようやくディバイソンを派遣している。
私はディバイソンの派遣を見た時に「最初から派遣しろよ・・・」と思ったのであった。
だってゴジュラスが激減している状況。数の少ないゴジュラスに任せるよりも比較的数に余裕があるディバイソンをなぜ派遣しなかったか。
ディバイソンこそ主力運用すべきじゃなかったのか。と、そう思っていた。


さて以下、今回これに対する見解として思いついた妄想。

それはもう、派遣したところで活躍できないと分かっていたからなのかもしれない。
なぜなら主力運用するにはディバイソンはあまりにも不器用だからだ。

17連突撃砲は射程が短いので支援砲撃機として運用する事ができない。
射程・命中精度ともにゴルドスに劣る。

ディバイソンは頑丈でパワーがあるのでゴジュラスキャノンを搭載する事はできる。
この仕様ならば支援砲撃機としての運用も可能だと思う。
いやしかし、この仕様はゴルドスでも可能であった。
レーダーがあり命中率が良いゴルドスに積んだ方が明らかに高い成果が出せる。
ゴルドスが居る限り、ディバイソンは支援砲撃よりも最前線での直接戦闘で運用した方が良いのは必然。

では直接戦闘で運用したらどうなるか。
戦場の主力はセイバータイガーやアイアンコングではなく、イグアンやモルガ。数の多い主力歩兵ゾイドだ。
大型ゾイドは敵主力歩兵…小型ゾイド効率よく排除する事が求められる。

レッドホーンは緒戦で最も高い戦果を挙げたとされる。これはレッドホーンが敵主力歩兵ゾイド(ゴドスやガイサック)を排除するのに最高の仕様だからだ。
敵歩兵ゾイドの攻撃に耐える防御力。敵歩兵ゾイドを排除できる砲撃力。しかも砲は多く旋回式のものが多いので極めて効率良く排除できる。
レッドホーンは対歩兵ゾイド用として最高の能力を持つ。

さて敵歩兵ゾイドの排除能力を言うとディバイソンは絶望的だ。
前方は良い。だがそれ以外から来られると…。
歩兵ゾイドは全周囲からにじみ寄る。多方向から攻められるとディバイソンは対処できない。
もちろん防御力は高いのでそうそうやられる事はない…けど敵の排除ができない=いつまでも撃たれ続けるのだから、いつしかダメージが蓄積してやられるだろう。

突撃機でもレッドホーン、エレファンダー、マッドサンダーは旋回砲があるから、包囲されても旋回砲で効率よく敵を排除する事ができる。
だから生還できる。
でもディバイソンは前しか排除できないので極めて危うい。
これは対デスザウラー用として「突貫」で作られたから汎用性がないのだろう。

包囲された場面を想定するなら、ゴジュラスはまだいい。腕や尾に砲を多く持つから多方向に撃つ事ができる。
これらは小口径だがイグアンやモルガには有効だろう。
対小型ゾイド用としてはレッドホーンに及ばないが、ディバイソンよりは有効に使える。

対歩兵ゾイドとの戦い。この危うさは中央大陸戦争時代にはどうだったのだろう。
やはり同じであっただろう。
だが少なくともディバイソンは中央大陸戦争時代には十分に活躍している。
なぜか。

それはアロザウラーだと思う。
ディバイソンとアロザウラーの就役時期はほぼ同じ。共和国軍は一気に主力歩兵をゴドスからアロザウラーに更新した。
これによってイグアンとハンマーロックに苦戦していた状況から一転、アロザウラーは両機を圧倒してみせた。

メカ生体ゾイドでは「ディバイソン突撃隊」なる部隊の内訳が紹介されている。これは「ディバイソン6機、アロザウラー30機、ゴドス15機、ベアファイター15機」で構成されていたそうだ。
単純にディバイソン1に対してアロザウラー5、ゴドス2.5、ベアファイター2.5が共に行動していた計算。
アロザウラーを中心とした新世代の歩兵(補助として旧世代のゴドス)が随伴して弱点をカバーする。これらがイグアンやハマーロックを防ぐからディバイソンは「正面のみ」の攻撃でも不足なく運用できたのだと思う。

では新世紀はどうだったかというと、アロザウラーは激減していて主力歩兵としての運用などできる筈がなかった。
ベアファイターは明確な記述はないものの配備状況から考えるに少数だっただろう。
主力はゴドスであった。ゴドスではイグアンに苦戦する。
これではディバイソンの弱点を十分にカバーできない。
従って運用できないという結論に達したと思う。

この事から、この時代においても中央大陸の防衛という予備役のような状況に置かれていたのだと思う。


そんなディバイソンだが後に増援として西方大陸に派遣された。何故か。
これはイグアンを超える理想的な主力歩兵が誕生したからだと思う。
その名はガンスナイパー。
アロザウラーはこの時期まだ復活の目処が立っていなかった。
だがガンスナイパーがディバイソンの護衛に付けば弱点をカバーしまさに理想的に動けるだろう。
イグアンは当然として新世代の敵主力歩兵ゾイドのレブラプターにも優位を示す。
これによってディバイソンは再び活躍できる目処が立った。

またオリンポス山での戦いを経て帝国軍がデスザウラーの復活を実現可能レベルで計画している事を知った影響も強いだろう。
共和国軍は急遽としてマッドサンダーの再配備を計画したと思う。
だがマッドサンダーは野生体の事情(生き残りが幼体のみだったのでまだ十分に育っていない)から配備はまだ先になりそうだった。
そこで旧大戦時と同じく応急的な対抗機としてディバイソンをたてる計画が並行して行われた。
ただし対デスザウラー用という計画は、帝国軍がデスザウラーを復活させたのがかなり後になってからだったので実現しなかったのだが…。

西方大陸に送られたディバイソンは目立つ戦果を挙げる事はなかった。
ネオタートルシップ甲板上で他機との共同でシンカーを撃墜したことがハイライトだったと思える程に。
見えない所ではガンスナイパーに護衛されながら活躍したと思う。
ただ活躍できなかった理由として、この時期の敵大型ゾイドは旧大戦の大陸間戦争時と同じくディバイソン対策を取り入れていた。この影響は極めて強いと思う。

この時代の帝国大型ゾイドとの交戦を予想。
レッドホーンには勝てるだろう。汎用性は劣っているが直接戦えばディバイソンが優位だ。
だがBGだと苦戦しそうでもある。
ビームガトリングはハイブリットバルカンよりは弱いと思うが…、実際どの程度の威力だろう。
ディバイソンが突撃した。それを察知したレッドホーンBGが全力でビームガトリングを放つ。
なにしろディバイソンの突撃は一直線だからほぼ全弾当たる。この状況を想像すると、ディバイソンが耐えて体当たりをする(勝利)のが先か、撃ちまくられて屈する(敗北)のが先か…。

セイバータイガーと戦えば互角程度だろうか。旧大戦時の”サーベル”タイガーだったら勝てた。同機は最高速度200km/hだったので勝てた。
しかし”セイバー”タイガーはグレートサーベル並に強化された仕様。もはやディバイソンでは動きに追従できない。
ただしセイバータイガーの武装ではディバイソンを破壊する事も難しい。逆にセイバータイガーの装甲ではディバイソンの攻撃が致命傷になる。
セイバーは高い運動性で翻弄できるが決定威力がない。ディバイソンは動きについていけないが防御力と攻撃力は高い。総合的に互角程度だと思う。
セイバータイガーATなら更に動きが良くなる上に8連ミサイルポッドの高い攻撃力があるのでディバイソンが勝つ事は難しいだろう。
動きの良さで翻弄しつつ8連ミサイルポッドで的確にダメージを与える。ダメージが蓄積し動きが鈍ったところで仕上げのストライククローないしキラーサーベルでトドメを。

アイアンコングはノーマルタイプなら互角、マニューバラスターを付けたMSだと勝てない程度だろうか。
ここは旧大戦時の戦力比(バトスト3巻戦力比較表)をほぼそのまま流用して良いと思う。

ジェノザウラーとは絶対に戦ってはいけないと思う。
そもそもジェノザウラーの動きについていけないし、旋回式の強力砲を持つジェノザウラーには勝つ術がないと思う。

余談だがゴジュラスとジェノザウラーはあんがいいい勝負をすると思う。
ディバイソンの装甲は強いがパルスレーザーライフルを撃ちまくればいつか撃ち抜けると思う。
正面に行かないようにすれば基本的にダメージを受けないのも戦いやすい。
強力な砲を持ち速度と運動性で上回るジェノザウラーは常に側面を取りながら戦う事ができる。
だから楽に勝てると思う。

だが、とにかく頑丈で生命力の高いゴジュラスはパルスレーザーライフルでは完全沈黙させる事は難しいと思う。
なにしろエルガイル海岸での戦いにおいてゴジュラスは荷電粒子砲にさえ耐えた。
ゴジュラスの頑丈さ・しぶとさは凄まじい。
完全沈黙させるには、ダメージを蓄積させた後に格闘戦で直接破壊する必要があると思う。
だがそうなればゴジュラス側にも勝機がある。パワーでは上回る。意地を見せひねり潰してしまうかもしれない。

エルガイル海岸でジェノザウラーとゴジュラスは戦った。この一戦を思い出して欲しい。
ジェノザウラーは荷電粒子砲でダメージを与えたが、トドメをさすのはレブラプターの群れに任せた。
これはあんがい、ジェノザウラーがゴジュラスと戦うのは危険として回避したのかもしれない。
あの戦いを見ると、レブラプターの群れは勝利はしたものの何機かは確実に破壊されている。
ゾイドもパイロットも出来るだけ損失したくないだろう。ジェノザウラーが確実に勝てるならそうしたと思う。
なのにそうしなかったのは、ジェノザウラーは絶対に損失させるわけにはいかない。ゴジュラスと戦えばそうなる可能性があるから、ある程度の損失は確実に出るがレブラプターの群れに任せようという判断になったのかもしれない。
なんだかんだいってやっぱりゴジュラスは強い。

さてディバイソンに話を戻す。
そんなわけでディバイソンは不器用さが出てしまいあまり活躍が出来なかったのだと思う。

ただ伸びしろはあると思う。
なにしろパワーがある。だからいっそ17門突撃砲を撤去し、同位置に旋回式の砲塔を付ければ随分と汎用性が増すと思う。
ちょうどカノンフォートのような形で。

ゴジュラスキャノンさえ積める余裕があるのだから、17連突撃砲はそのまま残しつつ、パルスレーザーライフルと同程度の大きさの旋回砲を増設しても良いだろう。
こうすれば汎用性は大いに増す。

そうしたタイプが実現しなかったのは、共和国軍が復興を優先して軍備を最低限に留めたからかもしれない。
共和国軍のゾイドは旧大戦時よりも強化されたものが多い。シールドライガーもゴジュラスも強化されている。だが所詮はある程度の向上だったと思う。
帝国軍のセイバータイガーの様に劇的に向上しもはや別機という程の改修がされた機はなかった。
セイバータイガーもそうだが、私はアイアンコングも大きく向上していると思う。これはキット的に言うとバッテリーボックスが変化しているからという理由だが…。
帝国側の強化を見ると、共和国側の向上はささやかなレベルに留まる。
軍備にもう少しだけでも予算をかけていれば、汎用性を得て理想的に強化されたディバイソンが完成し主力に抜擢されていたかもしれない…。

またifの話だが、共和国軍が早期にアロザウラーを復活するかガンスナイパーの開発に成功して開戦時に間に合わせていれば…、これらがイグアンやモルガを徹底的に排除しその結果としてディバイソンが大活躍していたかもしれない。
活躍の可能性は大いにあったと思う。
なんとも惜しい話だ。

一方で、その不器用さがディバイソンらしさのような気もするのでこれはこれで良いような気もする。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ディバイソンにせよゴジュラスにせよ最大の敗因は中央大陸での運用を前提にしていたことだと考えます
ゴジュラスは極めて初期の設計で開発当時は大陸間戦争は考えていないでしょうし、ディバイソンはデスザウラーを抑えて国土奪還を任務としていました。
また、ディバイソンが能力を発揮できるのは陣地や基地攻撃であり、西方大陸戦争では初期は防衛戦重視だったので配備が遅れたのではないかと思います
公式バトスト3だとエレファンだ―相手に活躍したみたいですし、レイの護衛でフュ―ラ―やゼロの基地に一緒に突入しています
暗黒大陸での戦いも入り組んだ地形が突入速度を抑えてしまい集中砲火を浴びて沈んだと思えます。ゴジュラスの暗黒大陸での敗因も地形適応の問題から集中砲火や高速機の特攻(個人的には高速機が大勝しているように見えて、実は被弾=即死から命がけのチキランだったと考えています)
マッド・ウルトラは超巨大機で整備施設や移動経路が限定されます。
むしろ暗黒軍はゴジュラスを優先しして排除することでウルトラやマッドの僚機を破壊して進撃速度を抑え込もうとしたのではないかと思えます
IFですがマッド最強を見直して、ゴジュラスやディバイソンを暗黒大陸仕様にMk3化すれば結果は変わったかもしれませんね

No title

追加で失礼します
新世紀バトスト一巻でセイバーのパイロットはシールドライガーの強化を甘く見ていました
結果惨敗しましたが、地の文章では強化が大きかったとのことです
DCSがノーマルの強化機ではなく派生機扱いであることから、シールドも実質的にMK2レベルまで上がっていたのではないでしょうか?

No title

個人的にはとても理に適った説だと思います。
ふとファンブック2巻の戦力比較を見てみましたらほぼ今回の考察の通りでしたし。
(ただ、ファンブック2巻の戦力比較ではノーマルコングも1対1ではディバイソンの方がやや不利という評価でしたので、帝国には期待のアップグレードもさる事ながら、対ディバイソン戦術が浸透していると考えられます。)

対ジェノザウラーはアニメ無印で荷電粒子砲とメガロマックスの撃ち合いでディバイソンがパワー負けしていましたが、
レイヴンが機動力を活かした高速戦闘も得意な以上、普通に戦ってもトーマのディバイソンに勝ち目はないと思います。
(トーマのディバイソンはビークのサポートのお陰で情報処理能力が向上しているので分析と精密攻撃に長けているとは思うのですが、それ以外はほぼノーマルといっても過言ではないでしょうし、後にEシールドを積んで荷電粒子砲を防げるようになっただけマシな気もします。)

ディバイソンには一応後部の対空砲と尻尾のパルスビームガンがありますが、
正面の火力に比べれば月とスッポンですし、突撃重視の四足機である以上、2足歩行機と比べて旋回性能は低いですし、旋回砲塔がないのも痛いと思います。
特に西方大陸戦争開幕当初は、ファンブック一巻にもある様にゴジュラスが帝国軍の大群に全方位から攻撃される(護衛のゴドスは既に撃破されている)状況もあったりしたので、
ディバイソンにとっては極めて不利な状況であったと思います。
(対してレッドホーンは共和国軍が小型ゾイド主体の状況であったからこそ大活躍できたと思います。)
だからこそアロザウラーやガンスナイパーがディバイソンの最良のパートナーと言うのはとても面白いです。
(アニメ無印のライトニングサイクス初登場回ではトーマのディバイソンがヒルツに奪取された際にガンスナイパーと行動を共にしていましたが、
バトストではノーマルのガンスナイパーやワイルドウィーゼル仕様のガンスナイパーと仲良く戦場を駆け抜けたのかも・・・。)

ディバイソンに載せられそうな旋回砲と言うと、個人的にはCPのアタックユニットあたりなんかが良さそうですが、これはコマンドウルフの火力アップが主な火器なので、配備はあまり進まなかったのかも・・・。

本来なら帝国軍がグランドカタストロフ後に軍備増強に心血を注いだ事こそ当時の情勢的に異常な行動ではありますが、
それ故に共和国は後手に回り、自軍の機体のアップグレードも満足にできなかったとすれば、
帝国軍の目論見は西方大陸戦争前半に限って言えば成功していたと思います。

ディバイソンは突撃主体で尚且つその設計ゆえの不器用さがある機体ですが、
だからこそ他機や同型機との連携によって威力を発揮する、
実に共和国的なゾイドであると思います。

No title

マッドサンダーがギルベイダーやデッドボーダーなどに苦戦したのもディバイソンと同じような理由だからでは? デッドボーダーでさえマグネーザーのリーチより遠くから砲撃できますし、小型荷電粒子砲搭載のガルタイガーでも速力を生かしてシールドを避けて背後に回り込んでローリングチャージャーに撃ち込めば倒せるでしょう。一応マッドには旋回式の砲がありますが、ゼネバスの旧式ゾイドはともかく暗黒軍のゾイドは捕捉できないのかもしれません。デッドボーダーをキャノンで倒せたのもカノンフォートのアシストのおかげのようですし、ギルベイダーやガンギャラド、ジークドーベルやガルタイガーにはお手上げでしょう。
デスザウラーはディバイソン相手なら荷電粒子砲を使うと思います。ディバイソン並みの装甲のゴジュラス相手にも荷電粒子砲を使っていますし、ディバイソン程度の速力なら充分対応できるでしょう。仮に格闘戰でもディバイソンの角にマッドほどの威力はありませんから、デスザウラーが苦戦することはないのでは。
ディバイソンとゴジュラスの生存性についてですが、ゴジュラスの場合長距離キャノン搭載のmk2ならともかくノーマルタイプではディバイソンに劣ると思います。装甲とパワーこそディバイソンに引けを取らないものの、速力はディバイソンの半分程度、コックピットは脆弱なキャノピー、腹の砲は固定式など不安要素も多いので。ジェノザウラー相手でも速力の差の問題で近づく前に荷電粒子砲の連射でやられるでしょう。格闘戰なら量産型ジェノとも渡り合えると思いますが、グレートセイバーとダークホーンを格闘で二体まとめて粉砕したリッツのジェノ相手にはむしろ苦戦したかもしれません。

ゴリラのミサイル

同じ事はアイアンコングにも言える。コングの場合は6連発ミサイルを肩に持ちかえれば有効な迎撃ができるかもしれない。

これそもそも何で持ち替えないと使えないんですかね?はっきり言って隙だらけでしょうに。
初期の頃ならサラマンダーを迎撃するために命中率を上げたいからとかそれっぽい理由があるんでまだわかるんですが、それから早くて数年後、遅くても機獣新世紀までにならミサイルの命中率を上げればそんな必要ないし、肩に乗せたまま仕えた方がより万能ゾイドっぽくなると思うんですけどね。何か理由があるのかな?

No title

ディバイソンを投入しなかったのは、ひょっとすると悲劇のカノンフォートの存在があったのではと妄想してしまいました。

カノンフォートは角にビーム砲、背中に旋回砲塔を載せていたと思います。これによってディバイソンに出来なかった射界の確保を狙ったはずですが、結果は様々な資料により悲劇に終わっています。

相手が悪すぎたというのもありますが、西方大陸戦争でも相手は暗黒軍の流れをくむガイロス帝国です。ディバイソン系のゾイドを送り出すことへの不安が共和国上層部にあったのではないでしょうか?

ひどい見方をすると、当初西方大陸に送り込まれた部隊はガイロス帝国の戦力を見極めるための囮で、実践力を見極め、ディバイソンに活躍の余地十分と判断したということもあるかもしれませんね。 どちらかと言うと、機銃新世紀のディバイソンは対空戦や長距離砲撃に活躍した印象があるので、突撃戦を行わないように変化していた可能性もあるのでは?

No title

「西方大陸戦争緒戦でなぜディバイソンが派遣されなかったか」
数が十分にいれば横並びでドドドドドドッ・・・・!とレッドホーンだろうが、イグアンだろうが、モルガだろうがひき逃げで一掃できそう。そう思ってた時期がありましたが、それでも数の有利は帝国側にあったのでしょうね。ディバイソンがたくさんいても、大型ゾイドだから敵歩兵ゾイドに比べれば個体数は少ないでしょう。アロザウラーの不在はそれだけ致命的だったのですね。

ディバイソンの個性を失いかねませんが、装備を前面にではなく、レッドホーンのような『動く要塞』として兵装を変えて配備していればゴジュラスなどの主力ゾイドの負担も軽減したのかも。
もっとも、開発陣がわざわざ時間と予算をかけて旧式機の改装を行うかというと現実的ではありませんが。

No title

アニメじゃ活躍してたんですがねぇ・・・
この記事にすべて書かれてる通りだと思いますわ
しかも新世紀の機体は高速ゾイドが主ですもんね・・・
ただでさえ暗黒軍の高速ゾイドに苦戦してたんだからそら活躍できへんわwですね・・・

もしかすると主力ゾイドに一員としてきたけど補欠で予備の戦力だったのかもですね
旋回可能なマッドとおんなじビームキャノンもってればあるいは・・・

No title

ディバイソンは一ゾイドが一目的のためにいる、共和国らしい贅沢ゾイドだと思います。
実際偏った武装配置を補うため?、数を用意しての運用が想定されているみたいですし、こいつをまともに活躍させるとなると輸送リソースを取り過ぎるので部隊能力が偏る。上陸しての戦争では少なくとも初期には送り辛そうです。

ゴジュラスより機動力の優れたゾイドが格闘戦に持ち込まれて撃破されるのは射撃にエネルギーを使い過ぎ本体の機動力まで下がってしまった、弾切れしたけどその陣地を守らなければならなかった、ゴジュラスの射撃を上手く絡めた前進に追い詰められた、地形的に追い詰められた、とかだと思います。
撃ち尽くしたとはいえ射撃を当てまくったのにそこからの格闘戦で逆転するのがいい味出してます。

ジェノザウラーは旧デスザウラーが2,3発と制限されていた粒子砲を何発も撃てるとか、発射体型やアンカーの制約はあれどやり過ぎな機体でした。
実際、こういう機体って勝った負けた以外にどうストーリーを膨らますんだろう?補給の話ならエネルギー切れかけのジェノザウラーが自分の補給機をブレードから必死に守るとか、同じくエネルギー無い上にゴジュラスが迫ってきたけどこれは引けない作戦だから頑張るとか、色々熱いバトスト作れたのに。
焼畑作戦で得た人気だけでなく、負の面を見るべきだと考察する度強く思います。わざと弱点も作り、子供達に考察の機会と熱いストーリーを与えてきたゾイド達が後にそれを悪用されて単に”弱い脇役”と片づけられるのはクーデターですよ。将来良い取り込み方をされることを望みます。

No title

ディバイソンは大好きなゾイドなのでダメな子みたいな扱いが正直とても悲しいです。
と言うか新世紀ゾイドの特に後半は速けりゃ強いみたいな風潮になっていった感が。
そういえばこの頃から漫画で細いイケメンがムキムキなマッチョを倒すのも流行り始めた気がする・・・・・

ディバイソンに話を戻すと、数を揃えて一斉突撃できるような状況であれば無類の破壊力を発揮すると思います。
単独でどうこうというよりも面を一気に押しつぶして制圧するような能力に長けている。そういう場面が全然なかったのがあれですが・・・。

ディバイソンの17連砲は相手を足止めないし防御させ、そこに全体重をかけて超硬角での体当たりをするには適した武装だと思います。
ディバイソンはゴジュラスと同等の重量で、しかもデスザウラーをも貫く硬さの角。それでぶち当たればジェノザウラーやエレファンダーでも軽くふっ飛ぶと思うんですが・・・・・。
描かれたことが無いので何とも言えないですけども、そういう場面が見たいものです。

あと身も蓋も無い話をすると、ゾイドの世界って多数の弾をばらまくタイプの武器がやけに弱いですよね。
一点集中で高火力な武器の方が強く描かれるケースが多いように見受けられます。
なぜかガトリング砲などもまともに当たったシーンをほとんど見ないですし・・・・・。何故・・・・。

No title

>神楽歌さん
まぁ、そもそも開発段階では中央大陸以外に派遣するとは全く思っていなかったでしょうね。
特にゴジュラスの場合は開発期も古く、あそこまで長く運用され続けた事も大きく想定外だったと思います。
しかしゴジュラスはそれでも常に中核としてあったのですごいなあと思います。
運用状況を思えばディバイソンよりは様々な状況に対応できる柔軟さがあったと思います。

ディバイソンはまだまだ秘めた可能性があると思います。ゴジュラスもそろそろMK-IIIになってもいい頃ですね。
各種データが集まっているだろうし、理想的な強化が果たせそうです。
軍事費が帝国ほどなかった事が悔やまれる次第です。

機体強化に関してはバトスト3巻の戦力比較表とファンブック2巻の登場ゾイドが似ているので比べると分かりやすいです。
レッドホーンとシールドライガーの交戦時の勝率、レッドホーンとディバイソンの交戦時の勝率、特にこれらで見ると分かりやすいのですが、帝国機はのきなみ強化されています。
もちろん全体的に強化されていたが共和国側は時代相応。帝国側はそれよりも一段飛びぬけた超強化だったと思います。

>ラウルさん
コングVSディバイソンは変化していましたね。旧大戦時だと互角だったのですが。
私は対ディバイソン戦術が浸透したと同時にコング側も腹部装備の見直しで強化されたと思います。
何となくですが電池ボックス形状の変化からパワーが強化されている風に見えます。
つまりディバイソンの突撃を合致利を受け止める確立が向上したと考えています。
それに加えて仰られるとおり対ディバイソン戦術も向上していたと思います。

もしかすると、帝国軍は「共和国軍ではゴジュラスが激減した・だがディバイソンは多く残っている」事を突き止めていたのかもしれませんね。
それがゆえに対ディバイソン戦術をしっかりと全軍に通達していたのかも。
逆にゴジュラス対策は数の激減から徹底しておらず、その事が新世紀時のゴジュラス強化の印象に繋がっているのかも…と思いました。

>No Nameさん
マッドサンダーはギル・ベイダーより前の暗黒ゾイド二は全て勝てます。これは新ゾイドバトルストーリーの戦力比較表でもそうされています。
緒戦では苦戦しました。しかしこれは戦術の変化というやつです。
ロッキードP-38と零戦の初期と後期の勝率を調べてみると面白いと思いますよ。
一度負けたからもう勝てんではなく、分析して次はどう戦うか。自身の装備をフルに使い戦い方を洗練させるものです。
マッドサンダーにはその余裕があったという事です。

荷電粒子砲は個人的にはディバイソン相手には使わないと思っています。
この時代のデスザウラーは3発程度しか撃てない事と、チャージ時間が必要だからです。
特にチャージ時間は問題で、ためている間に突撃を受けてしまいます。

>アイアンコングさん
ミサイルは誘導性を持った装備ですが、超高速で飛翔するので急激な旋回ができません。
なのである程度の方向を合わせて撃つ必要があります。
多分、コングの6連発ミサイルはそのような構造なのだと思います。

>No Nameさん
あぁー・・・・・・、そういえばカノンフォートの印象は悪影響をおよびしたかも・・・・・・・。
なにせ本当に悲惨でしたからね。相手が悪かったと言えばその通りですが、当時の兵士はバッファローに良い印象がなかったのかも。
時に人は理屈よりも印象を優先させるものなので、その悪しき例が出たのかも…。

ディバイソンは新世紀時には突撃しているシーンはあまりないですね。
17連突撃砲を撃つ印象だけが強いです。
逆にブラックライモスの角を受けて負けるシーンはありましたが…。
格闘戦で格下のライモスにやられたという事は(奇襲を受けたのではあるが酷い)、この時代のディバイソン乗りは格闘戦の訓練はあまりうけておらず砲戦の訓練を主に受けていたのかもしれませんね。

>A-10さん
ディバイソンの数は多くとも帝国ゾイドの方が圧倒的な数なんですよね…。
さすがに旧大戦時の様に地平線を覆い隠すような数が居れば実現できたでしょうが、そこまでは現存していない。
数の上でも「多いが半端」というのが率直な評価だったのかも。

ディバイソンが仕様変更していればレッドホーン並みの活躍をしていたかもしれませんね。
同じように小型機を排除すべく旋回式の砲を何基か装備。小型砲も増やす。
角は残しておきましょう。レッドホーンと遭遇した時はこれで排除する。
こうして活躍しなかった事を悔しく思う反面、あの偏った配置こそディバイソンとも思えるから複雑ですね。

>w15さん
アニメでもけっこう三枚目というか、高速機の足を引っ張っていた印象もあります。
よくよく考えたらブレードライガーやライトニングサイクスと一緒に行動できているだけで凄い事なんですが。

バトストだと、高速機、しかも強力なのが増えた時代にディバイソンはチト辛かったですね。
パワーに低いライガータイガーなら頑丈さを武器に戦えたかもしれませんが、この時代にはジェノザウラーを筆頭に恐竜型でも高速機が居たので…。
末期にはライガーも長パワーアップして決定力を得るし…。

キャノンビーム砲は是非搭載したいですね。ディバイソンのパワーなら大丈夫だと思うんですが、何で装備しなかったのだろう…。
この事は次のテーマにしたいと思います。

>NoNameさん
ディバイソンは実に共和国らしいゾイドですよね。
考えれば考えるほど良いゾイドです。
今回述べている通り弱点も多いゾイドだと思いますが、当時の状況と照らし合わせればそれが魅力に昇華されるのだから凄いです。

ジェノザウラーは当初は強すぎましたが後に大幅な調整がされました。
その分にはよかったと思います。OSという要素をセンセーショナルに打ち出すにはあれくらいのアピールが必要だったのかなあと今は思う所もあります。
ですが悪かったのは全てにおいて同じようなみせ方をした事だと思います。
登場時に異様に強くて「常識を超えた」というあおり文句をつけて紹介。しかしその先には整合性をとるためか実はこの程度と言い訳がされるパターンが多い。
もちろん初登場時が強いというのはいつの時代も同じでしたが、問題は程度だったと思います。
コロコロだからというのもあるんですが、もうちょっとおさえて欲しかったなあという所は多く感じます。

>No Nameさん
決して弱くない、むしろ強いゾイドなんですが「不器用な」ゾイドでもありますね。
私はこの不器用なゾイドを以下に輝かせるかがバトストに課せられた使命だと思います。
メカ生体ゾイドでディバイソンが活躍したのは見事な描写でした。
新世紀のバトストは高速機に肩入れしすぎた面は否めません。
「出すなら攻めて得意技を活かす機会を一度くらい…」というのは思いますね。
ディバイソンの角による攻撃を一度くらいかまして欲しかったです。

No title

地味な理由として17連突撃砲を運用し続けるだけの補給能力に難があったのかもしれませんね。

突撃砲一度の斉射で17発、二回目で34発、51発・・・68発・・・

一機のゾイドが一度の戦闘で何発撃つかわかりませんが、初期の貧弱な戦力配置を見ると、ゴジュラスを一機送り出すだけで苦労していた共和国の生産能力を見るとディバイソン用の弾薬を確保できなかったという事情もありうるかと?

No title

暗黒大陸でノーマルタイプのマッドサンダーが活躍したことはあったのでしょうか? ゴールドサンダーやマッドフライ、マッドジェットなどの改造タイプの活躍は見たことありますが、ノーマルタイプだと負け戦が多くてゴジュラスmk2同様ヤラレ役のイメージしかなかったので。
ゴジュラスボルガのチェーンやマグネゴジュラスの磁石を搭載すれば、マグネーザーももっと活躍できたかもしれませんが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント