巨砲

昨日、スパイカーのバリエを描きました。
それでだいたい小型ゾイド(共和国)は片づけたかなーと思っていたんですが、各資料を見直すとそれなりに漏れもありました。
しばらくは落穂ひろい的に漏れていた改造機を再現したいと思います。

本日はエレファンタスの漏れ。

エレファンタW

戦闘機械獣のすべてに登場。
エレファンタスWじゃなくてエレファンタWです。何がダブル化というとコックピットが二つありますね。
片方が砲手、もう片方が機体操作だそうです。
コックピットが単純に二個あるのではなく、二つのコックピットをカットして溶接したようにして一つに合体しています。


この時代としてはデッカイ砲だなぁ。
ちなみに連装砲です。
またその他にも火器が多くあり頼もしい。
パワーはおそらく高いであろうエレファンタスの改造機としては武器を満載した本仕様は正しいと思います。

私としては上部のデカい砲も興味深いのですがそれよりもコックピット下部にもうけられた小型機銃に注目したいです。
これは明らかに対人用。
歩兵にとっては恐怖の配置だったでしょう。

ところでエレファンタスと言えば、


こんな仕様もありました。
こちらも巨砲装備。ただしこちらの方がデカい。そしてこちらは砲が単装です。

開発的に言うとこちらが先かな?
さすがにこのクラスの巨砲はエレファンタスが耐えられなかった。
そこで口径を減らしつつも連装化で総合的な攻撃力を維持したエレファンタWが開発されたと。

ただしエレファンタWもけっきょく安定した運用はできずに早期に退役。
そして時代は重装甲スペシャル球を迎える…とかではないかなあ。
そんな風に想像しました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

エレファンタwwwwwwwwwwwww
・・・失礼いたしました。どうにも草を生やしている様に見えてしまったもので
エレファンタスとは関係の無い話で恐縮なのですが、旋回砲塔についてのコメントで「ウルトラに旋回砲を付けるとすれば全周囲ではなく「右をカバーする砲・左をカバーする砲」といった感じになると思います。初期状態の戦艦大和が側面に副砲を積んでいるじゃないですか。あんな感じです。」という三式さんの返信は全くの盲点でした。
現用兵器しか知らず、その中でも海戦兵器は特に興味が薄かったので「側面についた副砲」という案が全く出てこず戦車かイージス艦の先端についてるような物ばかりイメージしてました。己の無知と薄学を恥じるばかりです

No title

えれふぁん太( ´・ω・`)
小型機なのにコクピット2つなのがコスト高になったかもっすね
とはいえこの流れでウルトラには砲撃戦用の砲手がパイロットに作って流れになったかも

No title

>名も無い者さん
基本的に艦船に搭載する大型砲は中心線に付いています…が、ドレッドノートより昔の船になると両舷に積んでいる場合も多いですね。
古めの艦船も調べると凄く面白いですよ。

>w15さん
「ス」はつけて欲しいですね。

コックピットは確かに後に影響を与えているかもしれませんね。
砲手が専用になるきっかけを作ったのはエレファンタwだった・・・・・・・・・・っていうのが事実だとすれば凄い仕様だ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント