歯の治療が終わる

ゾイドとは全然関係ない話なんですが、5月の終わりから歯医者さんに通っていたんですがようやく終わりました。
痛む1本を治すつもりが、ここも今のうちに治したほうがいいよ的な歯が何本かありまして。
どうしますか?と問われたんですが、ええいもう今スッキリしたほうがいいだろうと思って全て治療してもらった次第です。
なので二ヶ月近くも歯医者に通っていた。

しかし口の中の金属比率が高まっていくのはイヤですね。
・・・金属細胞が増えている・・・ゾイド人化していると思うべきなのか。
いややっぱり嫌だ。

今回ついでなのでずっと抜こう抜こうと思っていながら放置していた親知らずも抜いてもらいました。
麻酔をされながらなので治療中の痛みはないんですが、ゴリッ…!という骨に何かしらをされている感覚がダイレクトに響く。
親知らずは以前にも別のを抜いてもらった事がありますが、何度やっても慣れないぜ…。

そういえば野生体を捕まえて戦闘ゾイド化するという作業は歯医者よりずっと大変だろうなぁ…。
「改造」されるゾイドはその瞬間においてどういう感覚なのだろう。
そんな大変な改造をされてなお人の為に戦ってくれるゾイドは凄いなあと思いました。

そんなわけで腫れないといいなあと思っている本日です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

自分も親知らずを抜いたことあるのですが・・・腫れや痛みより出血が止まらなくって文字通り口の中が血の海に・・・
根っこしか残ってない歯を抜いた時は年末だったのでやはり血の海で連絡しようにも年度末の休みやんけ!!ってなりましたw
おだいじにっす( ´・ω・`)ノ

麻酔について

読んでいて共感できることばかりですね。
個人的には麻酔をかけられた後、感覚がなくなって食事がしづらかった印象が強いです。

「行くぜ! 相棒!!」

ちょっとネタにマジレスしてるかもなので阿保らしいと思った方はスルーしちゃって下さい。

>「改造」されるゾイドはその瞬間においてどういう感覚なのだろう。
 生き地獄でしょうに。生まれ育った肉体の大部分を別の何かに置き換えらえてるのですから。

>そんな大変な改造をされてなお人の為に戦ってくれるゾイドは凄いなあと思いました。
 調教(もしくは洗脳)された結果かご都合主義のたまものと言うべきでしょう。普通に考えたらおかしい。「普通に生きるということを知らない」培養された個体ならあるいは、と言うべきでしょう。
ゾイドの大半が頭にコックピットがあるのはコックピットで入力した情報を「ゾイドの脳が与えた情報だと誤認させるため」と言う考察をどこかで聞いたことがありますが、それが本当なら人のために『戦わされている』と言うべきでしょう。コックピットからパイロットを逃がしたりなどたまに自分の意思で戦ってる時がありますが、あれこそ『本当の意味で調教された』と言うべきだと思います。

たしかゾイドジェネシスで機械兵ってのがありましたよね。ゾイドはアレに近い、というかあれそのものと言うべきだと思います。中にあるのがゾイドコアか人間の魂(やたらファンタジーだけどそこはスルーで)の違いなだけで。

当アニメの冒頭でゾイドは「生きた機械である」って言ってましたけど、「機械にされた生物である」の方が相応しいでしょう。登場人物にとってはそう思えるかもしれなくてもゾイドは最初から機械なのではないから。
「ゾイド」と言う言葉を「人間」に置き換えたら惑星Ziの人間がどういう事をしてるのかだいたい分かると思います。まあ人類じゃないからノーカンと言えばそれまでですが。だったらお前家畜とか利用するなよ?って言われたら「ごめんなさい」って言うしかないですけど。 

No title

まあ、旧ゾイド末期や新世紀から始まった「ゾイドは友達助けてくれるべったり~」的な価値観は手綱で操ってるんならまだしも、、、て思いました。
流行とはいえ、、ね。
ただアニメのクルーガー大佐が語ってた話はあくまで闘争本能とかに基づいたことだしゾイドとパイロットのお互いの利害の一致が前提だと感じられて好きでしたね。
”ただの”戦いの道具ではない、、、位が居心地よいかな。あくまでベストパフォーマンスを発揮するためにはコツが要るよ、みたいな。

歯の治療お疲れでしたね。
自分も歯の磨き過ぎ?で知覚過敏みたいになっていてそろそろ年貢の納め時かと思ってます。
奥の親知らずを磨こうとして他の歯が磨かれ過ぎちゃうんですよね(汗

No title

>w15さん
きゃー 血の海・・・
それは大変でしたねえ・・・。
私は幸い出血はほとんどなかったですが、抜いたところがポケットみたいになってて食べ物がよくつまっております。

>YHさん
歯医者の麻酔は不思議な感覚ですよねー。
子供の頃は感覚がないのが不思議で噛んじゃったりしていました。

>生きた機械である」??さん
まあその辺の解釈もおいおい行っていきたいですね。
その方向もあり。また別の方向の解釈もありだと思います。

>No Nameさん
各メディアによって解釈も様々ですね。
私はメカ生体ゾイドの頃の表現が好きかな。
解釈はいずれ行っていきたいです。
多分これの答えは無限にあると思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント