Zナイトの強さ

HPを更新しました。コラムです。
こちら
前回、前々回の続き二当たるものですね。
Zナイト劇中に登場するゾイドをまとめたものです。

一連のコラムの中でZナイトの「地球に帰還したグローバリーIIIには6つのゾイドコアが積まれていた。これを使用した装甲巨神が作られた」という部分、これは「6つのコア=オーガノイドのコア」と考えています。
そしてその他の通常ゾイドは多く積まれていたとも考えています。
それがZナイトに随伴したデスキャットであり魔王・ガンギャラドなどだと思います。

ところでZナイトとお供のパンサーが魔王ガンギャラドを倒しに行くエピソードは「番外編」とされていると書きました。
そこんとこにも踏み込んでみましょう。

「Zナイト番外編・狩人の章」

ま、たしかに番外編っぽいですね。
Zナイトも銀色だし。

私はこれをZナイトの「前史」だと思いました。
Zナイトの歴史を簡単に書くと、前史部分がかなり壮大です。
詳しくはこちらの記事を参照ください。
ここでは極めて簡易にまとめます。

2409年 グローバリーIII帰還。
2440年 6つのメタルハートを使用した巨神の開発が始まる。Zナイト、マリンカイザーなど6体の巨神が完成する。
244?年 巨神を使った戦争が起こる。巨神の圧倒的な破壊力より地球は徹底的に破壊される。
2452年 巨神の封印が決定する。

この後、地球人の一部は火星をテラフォーミングし移住する。火星国家キルナが誕生する。

2998年 火星国家キルナが地球に宣戦布告し戦争が始まる。Zナイトとマリンカイザーが封印を解かれる。


Zナイトで語られるストーリーは2998年のキルナVS地球(ブルースター)の部分です。

「Zナイト番外編・狩人の章」は前史として捉えると上手くはまると思う。
巨神完成の前日譚を想像します。

コラムに書いた通り、私はグローバリーIIIには6つのオーガノイドと多数のゾイドが積まれていたと推測しています。
これは、ゾイド星人としてはゾイド星の復興に協力して欲しい。地球の力を借りたい。その交渉道具としてゾイドを連れてきたという考えです。

しかし地球は戦いの星であり、ゾイドはすぐさま戦闘兵器として運用されたと思います。
ゾイド星の復興を手助けして欲しい。その願いが届く事はなかった。

「なに、一緒に積まれていた6つのオーガノイドを使えば現在運用しているゾイドを大きく超える強力兵器も作れるだと!?」
そんなわけで巨神が建造される。

巨神建造後もゾイドは重要戦力として使われたと思います。
巨神はあらゆる兵器を圧倒する強さを誇る…が、唯一、それに肉薄できたのがゾイド。

しかしながらゾイドには寿命という弱点があります。
グリーバリーIIIが帰還したZAC2409年から巨神を封印した2452年までの年数は43年。
もはや老齢になってガタがきた機体も多かったでしょう。
地球で繁殖はできないだろうし、ゾイドは地球側が「ゾイド星に行かない」と決めた時点で滅びるしかなかった悲しい存在となったのであった…。

「狩人の章」に登場する魔王ガンギャラドは、もしかすると死んだと思われ遺棄されたゾイドが何かの拍子に息を吹き返し暴れまわっていたのかも。
それをZナイトとデスキャットが撃破した。
「遺棄したゾイドが実はまだ死んでいなくて暴れだした」なんていう事が知れれば大きな失態です。
なので「魔王」などという呼び方で「正義の名の下に討伐された」ように印象操作したのかも…。

さて、やがてゾイドは全滅。
耐用年数を過ぎたり、あるいは装甲巨神たちの戦いに巻き込まれて死んだ機も多かったと思う。
生き残ったのはオーガノイド・装甲巨神のみであった…。

ところでZナイトのストーリーの前史には「グローバリーIIIにはゾイド星からの移民も2000人ほど乗っていた」「ゾイド星人は迫害されていた」との情報があります。
おそらくこれは「ゾイド星には行かない。助けない。それよりゾイドやオーガノイドを地球の兵器として利用するよ」とした地球側を良しとせず反乱したからじゃないかなぁ…。

装甲巨神は「セカンド」と呼ばれるゾイド星人と地球人のハーフにしか操縦できないという設定があります。
地球人が操縦すると一応は操縦できるのですが過度に凶暴化して次第に自我を失ってしまう。OVAにてマリンカイザーのパイロットがそうなった。
これ、「オーガノイドだからゾイド星人にしか操縦できない」のは良いとして、なぜハーフじゃないとダメなんだ?という疑問がありました。
もしかして、「純血のゾイド星人にも操縦できる」だが「巨神建造の経緯からゾイド星人が協力するはずなどなかった」という意味じゃないかな…。

反乱したゾイド星人は鎮圧され、徹底的に管理される。
巨神建造の為にむりやり子を産まされ、しかもその子は教育する為に生まれた瞬間から引き離され徹底的に地球寄りの知識だけが植えつけられる。
…これはドロドロしすぎかな?

そんな風に前史の裏事情を考えてみました。


さて、あとZナイトの強さも考えたいです。
強さを測る貴重な資料はギルガVSシールドライガーMK-IIの一戦です。


当初シールドライガーは接近戦で驚異的な運動性で立ち回り優位に立ちます。
だがギルガの分厚い装甲はシールドライガーの攻撃を通さない。致命傷にはならないのだ。
ダメージを覚悟したギルガが反撃に出ると大勢は逆転。防御力の高いギルガはダメージ無視で攻撃に出る。
パワーで勝ることから強引にシールドを掴み取り引き裂いたのであった。

私はこの戦力差はゴジュラスVSサーベルタイガーに似ているなと思いました。
ギルガはだいたいゴジュラス程度の戦力とみて良いと思います。

ただしギルガは天才パイロットであるところのゼルダン将軍にしか扱えない。天才ゼルダン将軍をもっても操縦は5分が限界。
というピーキーどころじゃない機体なので兵器としての価値は低い事も加える必要があるのですが。
(後に操縦性は若干改善して操縦限界時間は10分に延びた)

ギルガより交戦力で大きく劣るバトルアーマーの面々は小~中型ゾイド程度?

で、ギルガと互角程度のZナイトの強さはどうか。
やはりゴジュラス程度なのか。
「ゴジュラス程度の強さで長時間の稼動ができるのがZナイトの実力」

いや、でもこれはちょっと違うと思う。
なぜなら狩人の章でデスキャットを配下に付けガンギャラドを倒している。
これはゴジュラス程度の強さでは決してできない。
「オーガノイド」であるとすればもっともっと強いはずだ。

なにしろ、巨神は地球を壊滅状態に追い込んで封印されたほどの強さ。
ゴジュラスが6体居たところでそこまでの破壊はできないと思う。
じゃあどういう事か。

封印を説かれたZナイトは大幅に弱体化していたのだと思う。
封印帰還は500年。分かりやすく言うと寝起きの感覚。
しかもパイロットは巨神に乗って日が浅い若造。
Zナイトは「戦うたびに強くなる」とされています。
これは「強くなる」というより「元のレベルを取り戻す」と言った方が正しいんじゃないだろうか。

最初の頃、Zナイトやマリンカイザーはバトルアーマーにさえ苦戦していた。
それが徐々に圧倒できるようになり、ギルガと互角程度にまでなった。
その後、グレートZナイトに進化し…最後は真の力を解放してキングゴジュラスをも倒します。

なおマリンカイザーは終始活躍する事がなく最後には登場さえしなくなります。
こちらは力を取り戻す事がなかったのかもしれませんね…。

そんなわけでZナイト関連の妄想でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私はZiナイトは全然興味無くてデスキャットがパシられててシールドライガーが引きちぎられてるのはちょっぴり腹立たしくすらあるんですが、
こうして見るとストーリーのつながりはそこそこ考えられてるんですね。突然現れるシールドライガーはかなり意味不明ですが・・・。人が乗ってるとも思えないし野良でしょうか?

しかしながら、Ziナイトがゾイドコアを使用しながら人型でも問題なく動けてしまっているんで、もうゾイド(生物)である必要がこの時代は本当に無くなってますね。
進化と同時に寂しさも感じます。何より公式が「ゾイドなんか古い、Ziナイトこそ最新最強!」って言ってるみたいで複雑な気持ちです

No title

なんかZナイトの考察は怖いですね(汗
ゾイドがどういう扱いを受けてるんだろうかという。
まあ登場回数は少なそうですが。

電ファミの田中圭一連載でゾイドのマンガが配信されてますね。
徳光さんの仕事が描かれています。
色々考えさせられます(はっきり言えば同感です)。

No title

オーガノイドシステムはゾイドの寿命が縮むと聞きますから、仮に装甲巨神にオーガノイドのコアが使われていたとしても、最後まで生き残れたのは休眠状態にあったからでは? オーガノイドみたいに繁殖能力は維持されていないようなので、稼働し続ければいずれ装甲巨神は死滅するでしょうね。
ギルガがシールドライガーに手こずったのは、背後から不意打ちを喰らったからで、まともに戦えばギルガの圧勝だと思います。ホバー走行で時速1000キロとエナジーライガーも真っ青の俊足の持ち主だそうですし、キングゴジュラスを建造したグローバリー号よりも遥かに進んだ地球の技術で作られたギルガが、ゴジュラス程度の戦闘力ということはあり得ないのでは?
地球人が装甲巨神の操縦に耐え切れないのは、装甲巨神にも搭載されているであろう精神リンクに耐え切れないからかもしれません。装甲巨神もゾイドと同様に罪の無いゾイドコアを動力源として使用していますから、コンピューターでゾイドコアの洗脳が不十分だった場合、ゾイド人より精神力の劣る地球人はゾイドコアの憎悪の思念に耐え切れないと思います。 惑星Ziでもパイロットに心を開いた機獣化ゾイドはめったにいないのではないでしょうか。

No title

戦力比較はパイロットの乗ってないゾイドがどのくらいの強さなのかにもよりますね。
しかしゾイド星人の扱いよ…。
Zナイトのストーリーが続いていたらゾイド星と地球とで戦争になってたかもしれません。

フォウ、フォウ、フォウ―

個人的にはギルカはウルトラザウルスクラスかと思いました
技術の発展ではZi側も機体の寿命を減らすユニゾン(フェニックスの設定)や32核砲、たいして大量繁殖を可能にしたOSの応用など・・・だんだん倫理観が凄いことになってますね<それらの技術はもちろん、長期戦争やってて経済が崩壊しないのも凄いですが
この業が多様なな理由でバイオゾイド(ゾイドジェネレイション)が発生したとオカルティックに考えてしまいました<ビーストⅣ(作品が違う)


No title

Zナイトはここのブログでしか知らないのですが・・・
なんだか強いんだか弱いんだかよくわからないですね・・・
シールドライガーに苦戦してたりキンゴジュに勝ったり・・・
コアの出力が覚醒直後で鈍ってる説はおもしろいですね
出力うんぬんで戦いでの性能の違いが説明つくかも
とはいえ稼働時間が5分から10分にのびてるっていうナゾもありますけどw

No title

なんかライガーとぎるがが迫真だなぁ。
本物のライオンに襲われてるみたいだわ。
このままギルガ?林に引きずりこんで食い散らかしそう。

2つ目のコメント、訂正です。。。

”徳山さん”です。
大変失礼いたしました。。。

No title

本題からは少し外れますが、私は個人的に動物型メカより人型メカのほうが近接格闘戦には優れていると思います
何故なら、動物は噛んだり尾で叩いたり爪で引っかいたりする程度しかできませんが(後半になると背中にアームを装備した反則が出てきましたが)、人間は様々な「武器」を扱うことができるからです。
劇中Zナイトやギルガは使いませんでしたが、もしもナギナタやハルバートのようなロングウェポンを持っていたらゾイドを一方的に攻撃することも出来たのではないかと思います
一方射撃戦にはあんまり向かないと思います、三式さんならお分かりいただけるかと思いますが、キットを組むと胴体の大きさ(=ゾイドコアのパワー)はレッドホーンより小さいのに背丈はアイアンコングよりデカいんですから、火力は低いのに正面投影面積ばかり広いということに・・・ 直立二足歩行ゆえの宿命なのですが。

No title

>NoNameさん
お気持ちよく分かります。
わたしがZナイトを最初に見たのは最終号でキングゴジュラスがグレートZナイトに倒される号でした。
なんで最強のキングゴジュラスがこんなのにやられとんねん!!! と怒り心頭でした。
後になってZナイトシリーズやゾイドとの繋がりを見るとなるほどなーと思う部分もかなりありました。

シールドライガーは謎ですね。
とりあえず空間転移の謎を先に解かねば…。
ギルガを倒そうとしている、またZナイトの強化に貢献しているところから目的が最初からあった気もします。

Zナイトはもうちょっと深彫していきたいです。
ゾイドとの関係などを考えて両者ともに輝きを増すようなワールドを自分なりに構築したい後思います。

>No Nameさん
リアルに考えていくとおぞましいものがどんどん出てきますね。ゾイドもZナイトもやっぱり戦争をしている世界だしドロドロしたものも多いのかなと思いました。

田中先生の漫画はさすがでしたね。

>No Nameさん
オーガノイドシステムで寿命が縮む設定ってありましたっけ?
私は「オーガノイドがエネルギー消費量を低下させ効率化するので」むしろ機体寿命は長くなっても良いと考えています。
縮むのはディオハリコンのようなエネルギーを一気に放出するものかなーと思います。

ギルガはゴジュラス程度と思います。
というのもギルガは後に出た「ストライカー」よりやや強い程度の機体です。
ストライカーはキングゴジュラスに蹴散らされています。
ギルガでも同じだと思います。
あまり強すぎるとこの部分の整合性が取れないようになると思います。

>しめじさん
地球VSゾイド星…。見てみたいような恐ろしいような…。
実はホビージャパンEXでそれらしきオリジナルストーリーが展開されたことがあったりします。
機会があれば紹介しますね。

>神楽歌さん
技術が進歩するとどんどん恐ろしい方向にいきますね。
戦争があれだけ長引けばその辺の倫理観もどこかに飛んでいってしまうのかなあと思いました。
恐ろしい・・・。

>w15さん
描写によって強さが曖昧なのはありますね。
Zナイトは好調時と不調時での楽さも凄いです。

キングゴジュラスが覚醒直後で鈍っていたとすれば・・・、
まあ確かに隕石の中に封印されて地球に激突。
そりゃあ「!?」な状態でフルに力を発揮できないかも…。

この後、キングゴジュラスは火山に落とされてしまいます。が、そこから脱出。
これにより怒りMAXモードになったようで超大暴れを開始しています。
火山の熱さとかで寝ぼけが吹き飛んで覚醒したのかも・・・。

>No Nameさん
本物のネコ科動物は力だけでなく驚異的にしなる体も凄いですね。
まさにネコ科大型動物のように、倒して奥深くに引きずって行きそう。

>名も無い者さん
私は格闘戦は動物型が基本的には強いと思います。
人は非力です。しかし器用です。だから武器を造ってようやく対等になれる…。

この一戦で見ると、ここまで接近しているなら刀はむしろデカ過ぎる。ナイフ程度の武器が欲しいところですね。
長距離用:銃、近距離用:剣、超接近戦:ナイフ
のように多彩な武器を持っていれば人型が強さを発揮すると思います。

射撃は器用に動く腕があるので人型にも分があると思います。
しかし大型砲を持つなら四足機の安定感には勝てないと思います。

石藏

 Zナイトたちのコアがオーガノイドであったとするならば、気になることは新オーガノイドのデススティンガーは制御不能で、小型オーガノイドを媒介することでKFDとして制御可能なレベルに落ち着いたという機獣新世紀の記述ですね。もしデススティンガーのようなオーガノイドのコアであったとしたら、Zナイトたちの描写は単純にいって力不足という印象です。

 オーガノイドのコアを無理やりヒト型に押し込めた結果、力が弱まっていると考えることも出来ますが、それでは他にも連れてきたゾイドは居るのにあえて、力の落ちるゾイドコアを動力に選んだ人形兵器を建造した理由は何だったのでしょうか?それまでの地球製兵器にない利点をコアに見出していたはずです。おそらくは既存の兵器よりも強力なものになるという確信はあったことでしょう。
 

 ここに、ゾイド人とのハーフにしか装甲巨神の制御ができないという点をアニメで描写されたバン、ジーク、ライガーの関係から装甲巨神はパイロットにバンとジークの役割を担わせているのではと考えてみました。ヒト型のゾイドであるゾイド人が介在することでオーガノイドのコアとゾイド人が間接的に融合、そこから機体にコアのエネルギーが循環するという方式なのではないかと。

 徐々に力が増幅していったという描写も、パイロットであるヒト型ゾイドの延長として装甲巨神の機体をオーガノイドのコアが認識していたとすれば、パイロットが変わる度にオーガノイドとパイロットの親和性がリセットされてしまうから、出力が不安定化するのではないでしょうか? 機体の制御にゾイド人とのハーフが必須というのは本来想定されていなかった事態だと思いますが、惑星Ziのゾイド同様、パイロットとコアが一体になると凄まじい力を発揮する特性は地球でも変わらなかった。

 などと考えてみました。

No title

私の推測ではZナイトたちは
・建造当時は強さMAXで6機で世界を潰すほどに強かった。
 デス・キャットを配下につけたりガン・ギャラドを討伐できるほど強い。
 キングゴジュラスにも肉薄する感じ。

・500年の封印で分かりやすく言うと”寝ぼけた”
 徐々に覚醒して力を解放させていった…のだが、劇中ではまだゴジュラス程度にしか回復していない(それでも十分に強い)。

のだと思いました。

基本的に今まではパイロットは腕が良い悪い程度でしか判断していなかったのですが、仰られた説もとても興味深く「オーガノイドらしい」感じがしますね。
この面からでも想像を膨らませると面白そうですね。

No title

オーガノイドシステム(OS)で寿命が縮む設定は、電撃ホビーマガジンのSMACK ZOIDSに記載されていたそうです。この設定が公式かは分かりませんが。究極野生体と違ってシステムで無理矢理にコアの出力を増大させたり、細胞分裂速度などを促進させたり、精神を故意に狂暴化させたりしているので、コアへの負担はかなりの物ではないでしょうか?ファンブック2でOS搭載機は自分に搭載されたOSを憎んでいるようですし。
地球に現れたキングゴジュラスは旧大戦と同じスペックなのでしょうか? 火山のエネルギーを吸収したり、グローバリー号より優れた技術で建造された最新鋭のメタルフットを圧倒した異常な性能は、地球の技術で近代化改修されたものだと思っていたのですが。

No title

おー 電ホビでしたか…。電ホビは入念に読み込んでいないので見逃していました。
あれは公式見解なのかどうかは意見が分かれると思いますが、私は公式の線画等を惜しみなく掲載しているので、全く関係がないわけではないと思います。
一方で言うと「一説」であると思っています。
現実の世界にもいろいろな機関があって真逆の見解が出る事も珍しくありません。
そういう事かなと思います。

オーガノイドにも様々なものがあると思います。
本来の理想的な形はエネルギー効率の最適化(延命にもなる)と思います。
しかし未完成の部分的な使用だと暴走などにもなると思っています。

ゾイドの心理はその辺りの見解を組み込むと「不完全なものを組み込まれてしまったゆえの感情」とも読めるかもと思いました。
ところで真オーガノイド・デススティンガーは分裂を繰り返してグレイグーを起こそうとしているように見えますね。

キングゴジュラスについては不明です。
ただどこで近代改修された?という疑問がある気がします。
ゾイド星にはその余力がない。地球だと、隕石として地球に注いだ事がちょっと謎な気がします。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント