ゾイド漫画



予告どおり、田中圭一先生の漫画でゾイド回がきてました!
インタビューはモッチャやOHAOHAアニキにも出ていた徳山先生。
ゾイドを深く語られている回です。

今回初めて知ったのはゾイドが組み立てキットである理由でした。
恐竜の骨を発掘して復元する。―――その工程を楽しんでもらうためなんです。


な、なるほど!
確かに組み立てる楽しみは発掘復元のそれに近いかもしれないなあ。
そして組みあがったものが生きている様に動くのだから。
動力ゾイドの魅力を再発見した気がします。
あと、やっぱりゾイドにとって「恐竜」というモチーフは深いつながり何だなあという事も思いました。

絵も大型ゾイドのほとんどが登場していて嬉しいですね。
そんな中、中型ゾイドなのにしれっと登場してるウオディックにちょっとクスッとしました。

重箱の隅をつつくなら共和国の基本色がシルバーとされていますがシルバーはむしろ帝国ですね。
共和国はグレーか青じゃないかなあ。まあ共和国は歴史の中で象徴的な色がどんどん変わっているので一色だけ選ぶのは難しいのですが。
新世紀以降の共和国軍なら確かにシルバーでもいいのかな。ゴジュラスもウルトラも銀だった。
この時代は帝国軍は主にはシルバーじゃなくてガンメタルを使うようになっていたし。

アニメについての見解はそうだなと思う部分もあり、一方でアニメもまた素晴らしい作品であれをきっかけに今でも熱心に追いかけるファンも多い事から複雑だなーとも思いました。
アニメゾイドは3DCGを違和感なくアニメ作画と組み合わせた最初の作品。業界に与えた影響は多大で今でもゾイドを超える動きの作品ってなかなかないと思います。
凄い挑戦をした作品だと思うんですよね。アニメが短期的に盛り上がりその後一気に下がる事は否めない…。ただ挑戦して大成功して1999年のCGなのに今でも凄いと言われるほどの動きだった事・大きな目標に挑戦して勝ち取った精神、これってメカ生体ゾイドが持っていたより良い動きに挑戦したキットを開発する挑戦する精神に通ずるところもあるんじゃないかなーと思ったりします。
なんていうか、思うに、これをやってやるぜ見せつけてやるぜっていう熱い思いとそれに吊り合うだけの実力がある作品はアニメであっても終了後も長く愛される気がします。
商業的に言うと確かに/0が終わった後にガクンと下がってしまったのですが…。

個人的にはこの時期のゾイドのやっちゃった事はとにかく高速重視になった事じゃないカナーと思います。
アニメは高速でも良いのですが同時展開していたバトストまでそれ重視になってしまったのはちょっとナーという感想もあります。

作中で注目したそのほかの箇所と言えば「売り場作りマニュアル」が激しく気になる。
いやー、見てみたい。もはや現存してないと思いますが。
もしも現存するならそれを見てその通りの飾り方をして見たいもんです。

そんな感じです。
この漫画のシリーズって単行本化したりするのだろうか。
他の話ももれなく良い感じなので単行本かも希望しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

売り場作成マニュアルはぜひ見てみたいですね。
それと関係あるかはわかりませんが、アニメ放送当時の売り場にはゾイドに広いスペースが確保されていて中央にドーン!とジオラマが飾ってあった店もチラホラあった気がします。
なかなか真似ができないスケールで「これがゾイドの世界かぁ・・・・!」と世界観の認知とインパクトを与えるにはかなり貢献したのではないでしょうか。

No title

ものさしとなる玩具……というのは、すごく志の高い思いだったのだなあ。だからこそ、こうして素晴らしいものが産まれて来たのだなあと、感心することしきりです。

そんな志の高い話は、最近では聞いたことがありません。時代なのか、単に社内だけの話で聞いていないだけなのか。
後者であることを願いますが。

ゾイドはどこでも凄かったですからね。
それは、この志の高さと、売り場作成マニュアルのような有言実行の成果から現れていたのですね。
凄い事です。
私も、ゾイドが無ければロボットを好きであったか怪しいくらいの年代に出逢いましたからね。

しかし、こうして聞いてみると、やっぱりアニメというのはハイリスクハイリターンなのだなと思いました。
一気に刻み付ける力は凄いけれど、終わった後の燃え尽き方も早いというのは。
素晴らしい体験をさせてもらったので、一概にその反動を批判することはできませんが、ものさしたる力を失う代償が、アニメにはあったのですね。

そして、物差したる力を再び確立すべくコンセプトアートは描かれていると。
それは是非、成功して欲しいですね。現状、あまり目立ってはいませんが……。
コンセプトアートに関しては、重版もかけて頂けないかなと願っている次第です。
友人に譲ってしまったら、後で再び買えなくなったという失態を侵したので(苦笑)
それと、デスザウラー覚醒の2巻だけ、出版社にもないんですよね。書店経由で問い合わせたのですが、ダメでした。
新しいコンセプトアートも待ちたいところですね。

これからゾイドがどうなrのか、やはり目は離せません。

No title

同感と言いつつ、必ずしも「アニメで売ったから駄目」って意味ではないのでは、と自分は勝手な解釈してます。
それこそ、ジオラマだって紙面での展開が終わったらやっぱり厳しいですし。
最後のページの最初のコマ、結局はこれが新世紀の節々(全体ではない)から感じられたんじゃないでしょうか。

最もゾイドは一度失敗してますし、それが新しいスタッフになりふり構わぬ手段に出させたという点もあると思います。彼らはゼロからでなく何かを守ることから始める必要があったわけで、それはそれで難しい。
自分だって、ゾイドという媒体を預かったら売れなかったら恥ずかしい、申し訳ないという気持ちが先に立ってどういう判断を下すか、自信ありません(汗)

どちらにせよ、ゾイドに再び本腰入れて貰えて嬉しいです。
新旧の失敗を活かして、なんて小さいことは言わず、それらを忘れさせて新しい流れを作ってしまうほどエネルギーのある取り組みを期待します。

No title

アニメがおわったとたん業績がガクンと落ちてたとはここで聞いてましたが・・
自分はこのころはまだまだ好きだったんでそれほど気にはならなかったんですがねぇ・・・
アニメでライガーが活躍してたから高速ゾイドは無敵やぁって先入観があったかもっすね・・・
ガイロス首都でのデスザウラーVSシュナイダーみたいな描写が多ければ大型ゾイドには及ばないって認識されたのかもですけど・・・
ギガやセイスモも活躍が短かったのが要因だったのかもっすね

No title

アニメ自体は「攻めに攻めた」結果だと思うので批判はしたくないですね。
じゃあメカ生体みたいにジオラマだけやってたら・・・とてもじゃないですがあれほどヒットしなかったですよ。絶対に。
そのアニメ自体も非常に挑戦的で革新的でしたしね。

高速機偏重になったのは主役級のライガー、ジェノ系がみんな高速でしたからね。
実際はデスザウラーなどにはやはり及ばないという描写も時々はされていましたが・・・・。
大型でいえばデスザウラー、ウルトラザウルスはまだしもマッドサンダー、ゴジュラスギガが全くといっていいほど活躍せず、セイスモはやたら強い強いとゴリ押しされてましたが肝心のキットの出来がその描写に追いついてなかったのが残念でした。
ギガはキットとしては傑作の部類に入るのでもっと活躍させて欲しかったですね。

こういう話題になると文句ばっかりになりがちですが、メカ生体時代よりもはるかにライバルが多くて逆風だらけだった中であれだけヒットを飛ばした新世紀版のスタッフ達も間違いなく凄いと思います。
メカ生体時代はある意味やりたい放題できましたが新世紀では色々な制限もあったでしょうし。

No title

映像媒体は広く周知してもらうにはこれ以上ない宣伝効果がありますが盛り上がりの頂点がそこに来てしまいますからね。

アニメではありませんが某漫画雑誌編集者の方とご一緒した時に自分の担当作品がドラマ化した際
単行本売り上げがドラマ化前の数倍に一気に跳ね上がったが、ドラマが終わった2か月後にでた新刊の売り上げ部数がドラマ化前の半分以下に一気に落ちたと話していました。

売り上げがいい=いいコンテンツとは限りませんが人気を持続させるには数年ごとに映像化を続けることが理想なのかもしれませんね・・・。まあそれが出来れば苦労しないって話ですが・・・。

No title

中々どうしていい話ですね。
組み立てる楽しさは個人的にもゾイドの魅力の一つであり、
MPシールドライガーを組み立てた際には往年のゾイドを組み立てる楽しさと思い出が蘇っただけに実感がありますし、
動力を持っている事で動くというのはガンプラにはないゾイド独自の魅力である事を再確認しました。

アニメ終了後の様子は個人的にも急速に熱が下がり出した印象があります。
個人的には当時はまだまだゾイドに熱中していましたが、
アニメが終わり、漫画は機獣新世紀ゾイドからZIODS惑星Ziに移り変わる中で、何となくゾイドを取り巻く空気がアニメ放映中から変わった印象があります。
個人的にアニメにせよ他のメディアやキットにせよ、それぞれに成功があり、その裏で与えた様々な影響などもあると思いますが、
商業としての展開の中でそれぞれ一長一短などもあると思います。

アニメはアニメで新しいジャンルや新しい技術に挑戦し、その中で掴めたモノは多かったと思いますし、
その中で高速ゾイドは動かしやすく絵になるタイプのゾイドであったし、
アニメと連動するとなると他のメディアでも同じ主役を押すのはある意味では自然な流れだったのではないかと思います。

ただ、個人的にゾイドの持ち味の1つは様々なタイプの機体が存在する多様性にあると思うので、
その中でどのメディアでも同じ特定のタイプのゾイドに焦点を当ててしまったのは多少なりとも問題であったと今では思います。

個人的にゾイドと相性がいい話作りとしては、往年のバトストや初期のトランスフォーマーのアニメの様な「群像劇」であると思います。
高速ゾイドには高速ゾイドの良さがある様に、他のゾイドにもそれぞれ魅力や良さがあるので、
初期のトランスフォーマーのキャッチフレーズである「君が選ぶ、君のヒーロー」はゾイドにもまたいえることですし、
今後も様々なメディア展開においてもゾイドの多様性を活かしていけたら良いですね。

No title

徳山氏のお話は、ソイド展開の歴史の裏側の新しい面が見られて大変面白かったですね。
最初の星々を移動する機械生命体の設定から、共和国対帝国への路線変更が
まさか社内アイデア募集で徳山氏の案が選ばれて、ゾイドを担当することになったからとは・・・。
子供の頃に実家の田舎から大きな町のデパートに行ったとき、ゾイドが大々的な
ショーケースに入ってズラっと並んでたのをよく覚えてるんですけど、
それも売り場作成マニュアルから発展したものだったのかなあ。

「普遍的なものさしを作る」という言葉には心に響くものがありました。
確かに、TVなりで展開する作品は放映が終われば玩具人気も終わってしまう。
納得できる部分もあるのですが、私はもうひとつ、今だからこそ言える別の
「普遍的な存在になる」形を知っています。
そう、ガンダムシリーズです。
現在のように、大人になってもその作品の玩具を趣味として買い続ける層が
多人数存在する時代だからこそですが、作品が終わってしまっても
その『世界』の虜になった人たちが、何か新展開がある限りそれについて語り合い、
新解釈の玩具にダメだダメじゃないと議論を繰り返す。
別の世界観の新作にも食いついて、そっちの玩具にも手を出してまた議論を繰り返す。
そして旧作もスピンオフが出たりリメイクが出たり・・・。
新作から入ってきた人も、その輪に加わってファン人口が増えていく。
『いつの時代もイオンの棚にガンプラが並んでいる』状態は、『普遍的な玩具』のひとつの形ではないでしょうか。

スパロボの総合プロデューサーの寺田氏と、Fateシリーズシナリオの奈須氏の対談であった発言なのですが、
「物語が終わっても、(活躍して輝いた)キャラは残る」というものがありました。
ゾイドアニメが終わっても、見てた人の心の中にはバンやアーバインたちの心躍る活躍が
確かに残っていて、それがあるから「このゾイドをアーバインがカスタムしたらどうなるか」と
放映終了からずっと後になってもプラモを改造したりする。
それは、魅力として「俺が考えた共和国兵士の活躍ストーリーで作るカスタムゾイド」と
どちらかが劣るものでは多分ないでしょう(^^)

ただ、普遍的な玩具になるには、アニメ等をやるにしろやらないにしろ常に何か新展開を
やり続けないとファン人口は維持できないし、増えていきません。
まずそのことを、これからのトミーにしっかり自覚してもらいたいですね。
(めちゃくちゃなパワーインフレ設定を作らないこともね!w)

No title

高速ゾイド偏重は仕方ないでしょうね。ゾイドに限らず、ガンダムやマクロスでも主役機は小型で運動性の高い機体が多いですし、マッドサンダーやデスザウラーのように鈍重な巨大兵器は主役には流行らないのでしょう。自分も当時ヒーローチックなカラーのシールドライガーMK2を主役機だと勘違いしていました。
おまけに大型ゾイドは値段も高くなりますから、より小型で安い高速ゾイドは売りやすかったのかもしれません。
すぐに打ち切られたとはいえ、後に小型無動力ゾイドのネオブロックスが主流となったのも、値段の問題もあるのでは。

No title

少し長くなりますし、少々愚痴っぽい所もあると思いますが追記です。
このお話を読んだときに、個人的に「ものさし」と言う部分がグッときました。

最近、と言うよりここ一年近く、
個人的に大好きだった某作品シリーズで展開したソシャゲや無双ゲーのシナリオで、好きなキャラクター達が酷薄に扱われている事に怒りと不満とストレスを感じ、
最近ではそれらの原因になったソシャゲや無双ゲーがすっかりアレルギーになってしまったのですが、
その理由についてあれこれ考えた末に、この話の中に出てきた「普遍的なものさし」についての一説でストンと納得がいきました。

その作品シリーズは元々それぞれの作品でその中に登場するキャラクターのスペシャリティ(その作品内だからこそと言う唯一性)を強調するために様々な濃密な設定を盛り込んでいるのですが、
件のソシャゲや無双ゲーは個人的にそれらのスペシャリティを蔑ろにしていると強く感じ、
加えて、かつてZOIDS惑星Ziでも感じた、既存の、それも主役格のキャラクターを新作に登場する新キャラクターの噛ませにしたことへの憤りがあります。

更に、某無双ゲーにおけるキャラクターの扱いの問題に関する1例として、
個人的に大好きなとあるキャラクターをただの前座のかませ役として扱った上に、
その作品におけるそのキャラクターの背景設定として、
そのキャラクターの設定と根本的に矛盾する相性最悪の別のキャラクターをその作品の前日談における相方として組み合わせると言った、
その作品シリーズでの過去の扱いや個々のキャラクターの設定などlsts考えれば個人的に明らかにおかしいと感じる扱いをしている事にも、
原作者や一時創作物であっても過去の作品の設定を大事にせずに、
そのキャラクターの上辺の部分しか見ていない様に感じ、同時に強く憤りを感じています。
(しかも過去の同じ作品シリーズを鑑みれば、
そんな配役をしなくても新作のシナリオにおけるそのキャラクターに必要な背景設定は構築できたのにも関わらず、
そうした過去の作品と著しく矛盾する要素を盛り込んでいると個人的に感じます。)

そうした事もあって、個人的には「普遍のものさし」と言うものは何事においても大切なものであり、
作品やキャラクターを普遍的なものにするにあたって、そのものさしを大切に扱ってこそ、
作品やキャラクターは後世に残り続けるんだろうなと思いました。
お目汚し失礼いたしました。

No title

高速ゾイド偏重への私の考えなのですが、おそらくトミーの販売戦略が、
メカ生体時代は『ターゲットの小学生が憧れる豪華な大型機体をメインとする』だったのが、
機獣新世紀時代は『ターゲットの小学生が手に入れやすい価格帯の中型機体をメインにする』
に変わったからではないでしょうか。
アニメのゴジュラス初登場回やデスザウラー的な演出をすれば、大型は凄く強くてかっこいい!という
主役機としての見せ方も出来たはずですし。

完全に想像でしかないのですが、昭和時代は憧れのDX玩具として大型ゾイドが中心にドーンといて、
お年玉や誕生日などの特別な日まで子供が我慢して、満を持して買ってもらう形だったと思います。
平成はそれに比べると、ライバル商品が凄くたくさんあって子供の我慢できる期間が短く、
比較的入手しやすい(買ってもらいやすい)中型ゾイドを中心にしたんじゃないかなあと。
そうすると、中型が主役なら大型に勝つには何より『スピードで出し抜く』形にならざるをえません。
高速機偏重になったのは、それゆえにそっちへ突き進むしかなかったからではないでしょうか・・・。


そして、ちょっとこの場にはそぐわないとは思うのですが、ラウルさんの愚痴とおっしゃられる文章は
私の書いた文章中のある作品に対してのものだと思われるので、少しだけ補足をお許しください・・・。
この作品のスマホアプリゲームはプレイしていないのですが、無双ゲーに関しては
私も初回限定版を購入して裏切られました。ええ・・・。
言及されている私も大好きなキャラの扱いは、間違いなく作者がいわゆる「俺様ちゃん」に
なってしまったからだと思われます・・・私は次がどうなるかで切るか決める所存です。
引用したのはあくまで「物語は終わってもキャラは残る」という言葉が、言いたかったことに
ピッタリ当てはまる言葉だったからなので、お間違いの無きよう(==;)

No title

>>Jスターさんへ

いえいえ、お気になさらないでください。
引用されました言葉はとてもいい言葉だと思いますし、
自分のコメントはこの漫画の一節から「普遍のものさし」の大切さについてコメントしたつもりです。
ご迷惑をお掛けしてしまったのでしたら大変申し訳ありません。

個人的にその作品シリーズの中でも件の無双ゲーの前作に当たるPSPのRPGのキャラクターに対する思い入れが非常に強いだけに、
件の無双ゲーとソシャゲが原因で、
今はその作品シリーズやその原作者に対する個人的な信用度などが底を割って色々と反転してしまっているんです・・・。
(あくまでも個人的な感想なのですが、
その無双ゲーは一度既存の設定との致命的な矛盾に気づいたら、後は芋づる式に既存の設定との矛盾が幾つも出てきたり、
先のコメントで取り上げたキャラクター以外にも、
個人的には主人公や他の既存の主要なキャラクターもまた、作中の展開で前作のエンディングのハッピーエンドをぶち壊しにされた様に感じた事など、
シナリオありきでキャラクターが活きていないと感じる所などがあり、主要なキャラクターの扱いが総じて酷いと感じました。)

ちなみに先のコメントでも触れましたが、
個人的には某無双ゲーや某ソシャゲに対するアレルギーから、
その某作品シリーズは個人的に読み慣れた過去の作品(と言っても主なのは先述したRPG2作品くらいですが・・・。)以外はシナリオを全然受け付けなくなったりするなど、我ながらかなり重症です・・・。

個人的には先述した様に某無双ゲーの前作に当たるPSPのRPG2作品にとても強い思い入れがあるので、現状でのそれらの作品のキャラクターへの扱いの酷さや、
その事についての個人的な考察を重ねる中で、
今回「普遍のものなさし」と言うものの大切さを噛みしめました。

なまじキャラクターや過去の作品への個人的な思い入れがとても強い事もあって、
未だに近年のその作品シリーズの公式サイドのキャラクターの扱いに対して自分の中で心の整理が全然つかず、
こうした場ではあまり口に出さない様に自制して気持ちを切り替えようとは心がけてはいるのですが、
いつまでも自分の中で愚痴や矛盾点の指摘などが止まらなくなっている事や、
今回とても感銘を受ける一節を見た事もあり、
ついつい愚痴っぽい文章を書き連ねてしまいました・・・。
再度のお目汚しとご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした・・・。

9番目にコメントした者です

高速ゾイドが主役になったもうひとつの理由にアニメでの活躍の描写の問題があるのかもしれません。ライガーのように小型で素早い兵器が激しい攻撃をかいくぐってデスザウラーなどの巨大兵器を倒すシーンは見栄えがしますが、逆にデスザウラーなどの巨大兵器が小型のライガーを握り潰すシーンは迫力はあるものの悪役じみていて、主人公機には向かないと判断されたのかもしれません。
ただ実際のアニメのブレードライガーはデスザウラーの荷電粒子砲を弾きながら体当たりで倒すという、本来マッドなどの大型ゾイドが行うであろう戦法を二度も繰り返したのが残念でした。個人的にはライオン型らしく剣で斬るよりも敵ゾイドの喉笛に噛みついて倒して欲しかったのですが、それこそ悪役じみていると判断されたのでしょうか?

No title

皆さんのコメントを見ていて思うのは、
ユーザーって当たり前ですが一人一人その作品に求めるものが違っていてそれに全て対応することは無理なんですよね。
でもそれに少しでも応じようとしているのか、聞く耳持っていないのかはユーザーはすぐ分かってしまう。

ゾイドについては割と常に挑戦・進化しようとする傾向があり、それが場合によってはユーザーがついてこれない時もあります。
けれどそれはそれで裾野が広がる意味ではいいことかなと最近思います。

正直、わたしもバトストではズルい戦術戦法ばかり使うネオゼネバスが幅を利かせて無人キメラが闊歩し始め、アニメはフューザーズでゾイドが合体していた辺りは本当に受け入れがたくて見限ろうかと思いましたが、
そういった嫌いだった要素でもその後色んな意見を見ると見方が変わったりして面白いなとも思うわけです。

逆に言うと、ゾイドファンだからって無条件に全部受け入れる必要もないなとも思えるようになってきて。
好きになれないものは好きになれないで無理に見なければいいと考えたら楽しめるようになってきました。

No title

>A-10さん
マニュアル、見てみたいですね。
アニメ放映当時は私は電動ゾイドを動状態で吊って展示してある店をよく見ました。
不安定で揺れていましたが動きを伝える良い転じだなーと思いました。
メカ生体ゾイド終了から10年もたっていない時期なので、売り場に過去を知っている方が残っていてそんな展示をされていたのかもしれませんね。

>やまさん
長く愛される玩具にはそれ相応の理由があるものなんですね。
近年はタイアップで一瞬燃え上がりそして忘れられる売り方のものも多いと思います。それはそれで否定するわけではないんですが…、時流に関係なく長く愛せる玩具を作りたいという意思は素晴らしいですね。
またそれに応じられる実力が会った事も凄いです。

コンセプトアートはギルベイダー登場シーンなども描かれているので続刊をぜひ希望したいですね。
ゆっくりでも良いので着実に進んで欲しいものです。
続刊さえ出れば既刊を再入荷する店舗も増えると思うので是非…。

>No Nameさん
アニメも色々ありますので一概には言えないですね。
OVAとか特にいいんじゃないかなーと思う時がよくあります。

アニメを一気にダウンすると言う一方でジオラマ戦記への言及がなかったのは戦記が群像劇であって誰しもが主役になれるからかもしれないなーと思いました。
要するに主人公の活躍を見る(受動的な楽しみ)か、自分自身が世界に飛び込む(能動的な楽しみ)かです。
群像劇であると後者になりやすい側面はあると思います。

いずれにしろまた本腰をいれてほしいですね。
半チャージ状態で放つんじゃなくて、フルチャージでドカンと撃って風穴を開けて欲しいです。

>w15さん
機獣新世紀ゾイドは割と上手くやっていたと思います。
バトストを同時展開していましたしね。
でもやっぱり/0終了後は一気にダウンしたそうです。そおあおりを最も大きく受けたのが2001年年末商戦のマッドサンダーたち…。

バトストは、重戦闘ゾイド同士の「ヘビー級ボクサーが足を固定し片方が倒れるまで殴りあう」ような戦いも同時にみせて欲しかったなーと思います。

>NoNameさん
バトストだけじゃ厳しかったでしょうね。爆発的にはいかなかったと思います。
人気はあるが爆発的でもない。そんな状態…、細々とした展開だとあれだけの機体が再販できたのか。新型が開発できたのかといったら分からないですね。

重戦闘ゾイドはフォローはされる事も在りましたが結局描写としての説得力に欠けていたのが痛いなーと思います。
特にギガとマッドサンダーは全くと言っていいほど活躍シーンがない…。
マッドなんて一回出て終わりだし、ギガなんか常に不調だったり俯角をとったりするイメージだし…。

爆発的なヒットを生み出したのは本当に凄いと思います。
メカ生体当時と比べた場合、テレビゲームの地位がものすごく向上していた事がきわめて重要です。
玩具には厳しい状況でかつてと同等かそれ以上の旋風を巻き起こしたのは本当に凄い。
だからこそ重戦闘ゾイドへの扱いを不満に思ってしまう面もありますが…、でも手腕は確かだったと思います。

>しめじさん
やっぱり今やっているアニメやドラマだと販売数が全然違うみたいですね。
その局の○曜日○○時はアニメ枠とかで固定されている事が多い。
なので終了後の後番組はアニメである。
そりゃあ、放送が終わったら後番組に注目がいってしまいますもんね。
その後番組も全力でグッズを売るべく打ち出しているわけだから…。

でも、新作アニメもやっぱり見たい。
色んな方法があると思うのでぜひとも検討していってもらいたいですね。
個人的にはOVAを希望していたり。

>ラウルさん
漫画の後退は確かに印象が大きく変わった転換点だったかも・・・。

アニメは、当時はゾイドを動かせるようになったと言っても複雑なものはまだまだ難しい。
そんな状況で「駆け抜ける」事が出来る高速機はアニメ的な見栄えも良いし動かすのがまだ楽という事情もあったのかなーと思います。
ゴドスやゴジュラスを主役にすると敵を解体する格闘シーンを毎回つくらにゃいけないですからね。
そりゃ、ブレードで両断するシーンがいいよなという事もわかります。

今の技術だとデスザウラーがゴジュラス駐屯基地を壊滅させるシーンなども製作可能だと思います。
なのでまた新しく挑戦して欲しいですね。
群像劇。色んなゾイドが居てそれぞれ主役になれる。
それは忘れないで欲しいですね。

>Jスターさん
我々が子供の頃にデパートで見ていたゾイドは売り場マニュアルにそったものだったのかも知れませんね。
マニュアルの存在も凄いし売り場でゾイドを魅せてくれた店員さんにも感謝です。

ガンダムは私も思いました。あれはアニメなのに放送後期から人気が上がり終了後から加熱したのですよね。
ガンプラも終了後に始まったものだし。
今でも熱いコンテンツで今後も10年は衰えないでしょう。それはもう普遍的ですね。
本当に凄い作品だったと思います。

本当に熱いファンが多く居るコンテンツなのでぜひとも本気で取り込んで欲しいですね。
この漫画で語られている想いをまずはタカラトミー社内で共有する所を徹底して欲しいです。

高速機への集中ですが、展開開始前の記事を見るとゴジュラス・コングもかなりプッシュされています。むしろこれが主役じゃないかと思うほどの特集です。
当初はライガーで行くかゴジュラスで行くかで迷っていたと思います。
しかしアニメに歩調を合わせるように歩みを切ったのかなーと思います。

>NoNameさん
動魅力を出すかは描き方次第なので高速機だけが主役とは思いません。
最も売れていた・売れる価格帯は2000円だったそうですよ。レッドホーン、シールドライガーなどのクラスです。

>No Nameさん
色んなユーザーが居てそれぞれゾイドを愛していますね。
全てにおいて満たすのは無理だと思いますが、「俺の思っていたものとは少し違うけど、これはこれでいいじゃねえか」と思えるような熱いものではあってほしいです。
付け焼刃はやっぱりすぐに分かってしまうと思います。

全力で転んだなら得るものもあると思いますが、こんなのが喜ぶんでしょ?という安易なものだとコンテンツを壊して終わるので…。

私はコンテンツには「守るべき伝統」と「革新すべきもの」が共にあると思います。
それを見極めて欲しいなと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント