クライマックス手前!学年誌ゲット

うおおおおおおおおおおお

学年誌をゲットしました!!!!!!!!!!

小三91年2月号。
小三のゾイドは91年3月号まで載っています。なのでこの号は、クライマックス一歩手前の号ですね。
うひょおお。
リアルタイム時に購読していた本ですが、今こうして再開できたことに感動。

巻頭グラビアはストーンヘンジとかミステリーサークルとか。

そうそう。当時はミステリーサークルが凄くはやっておりました。
色んな説があったなぁ。
私はプラズマ説を信じていました。

さてさてゾイド。
クライマックスに向けて最高潮に熱くなるストーリー。

前号で暗黒首都を攻略した共和国軍。
だがガイロス皇帝の居る宮殿は緊急脱出装置を備えていた。
空を飛んで逃げる宮殿。
共和国軍はそれを見失う失態を犯した。
だが今、キングゴジュラスを中心とした部隊が宮殿を追って動き出した!


飛行部隊の活躍で敵の場所が分かった。
突撃するキングゴジュラスと全戦力で迎撃する暗黒軍の地獄の死闘が始まる…。
恐るべき力で前進を続けるキングゴジュラス。
デス・キャットが超重力弾砲を撃つもまるで効果がない(ひしゃげてすらいない・・・)。

いやしかし、これは囮であった。
この隙に、黒い巨鳥ギル・ベイダーが宮殿を離陸。一直線に迫ってきた。
猛スピードでビームスマッシャーの照準を定め放つ。

さしものキングゴジュラスも至近距離からのビームスマッシャーには耐えられない。
ああ負けてしまうのか。


いや、オルディオスが身を盾にして守った。
バラバラになるオルディオス。しかしこれによりキングゴジュラスは守られた。

必殺の一撃を交わされたギル・ベイダーはなおもキングゴジュラスを襲う。
怒りに燃えるキングゴジュラスもこれを迎撃する。両軍の最強ゾイド同士の決戦だ。


ギル・ベイダーはツインメイザーを撃ちまくりながら接近、チタンクローでキングゴジュラスの片腕を引きちぎる。
だが善戦もそこまで。至近距離からスーパーサウンドブラスターを受け四散したのであった…。

見開きの関係で見づらいですが、片腕をギルがへし折っています。
凄いじゃないか。

味方機に守られたり、その上で随分な苦戦をしたり。
この号のキンゴジュはけっこう精彩を欠いているかも。
いやギル戦以前に大軍団を壊滅させているから疲れていたとかそんな事情はあったと思いますが。

この次の号で「ギル・ザウラーVSキングゴジュラス」の決戦が行われ、そして小三のストーリーは見事完結します。
余談ですが、その際にキングゴジュラスの腕は完全に修復されていました。
これが「後方の基地に戻り修理した」のか、コラムで書いた「ナノマシン・オーガノイドシステム」のようにキングゴジュラス自身が再生させたのか。その事情についてを考えてみても面白いかもしれませんね。


さて、今回めでたく小三を一冊ゲットしまして残りの小三は2冊になりました!!
残りもどうにかゲットしたい!
頑張ります!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

デス・キャット……。やはり超重力弾砲はゴジュmk-2あたりに一度あてて威力を見せてからキンゴジュには効かない、という流れにしてほしくはあったと思います。

ただ、この武装はなぜギルでもガン・ギャラドでもなくデス・キャットに付けられたのかという疑問はあります。
デス・キャットの体内でなくては超高密度の弾体をつくれなかったという野生体固有の問題かもしれませんが、三式さんのデッド・ボーダーの重力砲は射程が短いという考察を見るに超重力弾砲も発射後に密度がみるみる分散し威力が反比例して劣化していく、…近づけば近づくほど威力があがる武装というなら一気に距離を詰められる高速機に装備されたのもうなずけます。

仮にそうだとするならば最大威力を発揮できる距離まで接近すればキンゴジュにさえダメージを与えられる兵器であったが、そこまで近づく前にデス・キャットのパイロットがキンゴジュの迫力に負け撃ってしまった、もしくはキンゴジュがあまりにデカくて距離感を間違えたなどのフォローができなくもないかなあ…と思います。

No title

要はギルのパワーがあれば格闘でダメージ与えられると。
ということはOSデスやギガでも殴り合いに持ち込めば
ダメージ与える程度は行けそうですね。
マッドの体当たりも通用しそうだ。

No title

史上最強ゾイドとしてはちと不甲斐ないですね・・・
まあギルベイダーは万全の状態で出てきたワケだしそもそもキンゴジュは飛べないからギルからすれば相手の射撃さえよければ・・・で戦いやすいでしょうね
キンゴジュとしては近距離でのビームスマッシャーには注意しなきゃですから不用意に捕まえにいけないでしょうし
むしろビームスマッシャーをF2やオルディオスが身代わりで防いでいますが・・・はたしてヤツらの装甲でビームスマッシャーを無害化できるかはアヤシイものです
腕の再生はどうなんでしょう?
おそらく前線で修理をうけたのでしょうけど・・・それにしては次の回では元通りですもんねぇ・・・
キンゴジュ自体特異個体なんで再生能力もハンパないんかも

No title

ふと、これだけ見るとキングゴジュラスが語り継がれているほど恐ろしいものではないというか、思い出補正のようなものを感じてしまいますが。

もしかしたら、キングゴジュラスの強さは操縦者(へリック大統領)の技量も加えた上でなのかもしれませんね。
WW2まで位の戦車には、昼飯の角度もしくは豚飯の角度ってあるじゃないですか。
現代のADFSDSには意味のないことですけれども。
ともかく、装甲厚を真正面から受けるよりも厚く見せることで被弾径始を生み出し、敵弾を受け流す技術ですね。
戦車にそんなものがあったように。そして更に遡れば中世時代の騎士や戦国の武将たちの間で、鎧の厚い部分や被害の少ない部分で攻撃を受けるかのように。
そんな技術がゾイドにもあったのかなと考えてみました。

一見すると、レーザーや荷電粒子といったものには、無効にも思えますけれど、そういう有効な部位での受け方や技術があって、だからこその強大さをキングゴジュラスは示していたのではないかと。
そんな風に考えてみました。
そう考えると、誰にも止められないような恐ろしい存在がいきなり現れたかのお湯に見えた。そこにも説得力がるんじゃないかなと思った次第ですが、どうでしょうかね。

No title

暗黒軍に回収されたキングゴジュラスの残骸はその後どうなったのでしょうか? あの残骸が暗黒軍に渡ればパワーバランスが崩れそうですが、後の歴史にたいした影響が見られないところを見ると、余程残骸の状態が悪かったのか、共和国軍が残骸ごと暗黒軍技術者の抹殺に成功したか、それともキングゴジュラスの技術自体がギルベイダーとそれほど差がなかったのでしょうか? ギルとデスザウラーの合体ゾイドでも互角に戦える程度のスペックですし。

No title

うーん熱い!
キングゴジュラスは大軍相手に無双するものの、
その後現れたギル・ベイダーには苦戦、
オルディオスの捨て身の援護からの片腕を犠牲にしての勝利、
正に激闘と言った感じです。

ただ、伝聞に寄るキングゴジュラスの完全無欠の無敵のゾイドと言うイメージと比べると些か精彩を欠いている感もあると言えばあるかもですね・・・。

ただ、大軍との戦いによるキングゴジュラスの疲弊や、
何よりも陸戦機のキングゴジュラスに対して空から攻められると言うギル・ベイダーのアドバンテージもあるので、
キングゴジュラスとて最強無敵のゾイドではなく、戦術・戦略を駆使すればダメージを与えられると言うのは良いと思います。

個人的に最近思う事ですが、
勝利に対して代償や誰かしらかが犠牲となる要素が過剰にデカイ(と読者が思ってしまう)様な展開は、
個人的にはその物語の読後感が濁ってしまってスッキリとしないです。

しかしその一方で強い主役がノーダメージで無双して勝つと言うのも、
カタルシスが今一なくてどこか面白味に欠けると思います。

そして何よりも、主役側は適度にダメージを負う事で相手の強さを感じつつ、
その上で相手を倒す事で、主役と敵役の双方に魅力を出した上で物語のカタルシスを産むコツだと思うので、
このキングゴジュラス対ギル・ベイダーの戦いは、
地上戦では無敵のキングゴジュラスを空と言う優位な立場から攻撃できるギル・ベイダーの双方の強さを惹き立て、
キングゴジュラスが片腕を失う事でギルの底力とその上で勝つキングゴジュラスの強さを描いた良いストーリーだと思います。

あと、個人的に片腕を失ったキングゴジュラスは一旦後方に下がって突貫作業で修理したに一票です。
オーガノイドによる自己修復能力が半端ないと言っても、
バトスト世界観でアニメ無印のデススティンガーの様にズタボロの状態から欠損した尻尾まであっという間に綺麗に治ると言うのは今一シックリときませんし、
漫画版機獣新世紀ゾイドだとジェノザウラーの荷電粒子砲で半身が吹っ飛んだ状態のシーザー(シールドライガー)がジーク+シャドーキーで応急的に自己修復しても再生した半身は結構グロい状態になってましたし・・・。

No title

>しめじさん
デス・キャットはキングゴジュラスとしか交戦していないので悲しいんですよね…。
仰るようにゴジュラスMK-IIやシールドライガーなんかに圧勝してアピールするくらいの見せ場は欲しかったですね。
その上でキングゴジュラスに挑めばよかったのですが。

超重力弾砲は、多分ですがドラゴンボールでいう所の元気玉のように撃つ際のチャージ時間が極めて長い・スキだらけなのだと思います。
なので撃つ者は敵をかく乱する(かく乱して敵を混乱せしめその隙にチャージする)だけの速度や運動性が必須=高速機しかないという感じだと思います。
見つかりにくい=大型機では無理という要素もあると思います。

>No Nameさん
ビームスマッシャーで切れてるところもあるので、マグネーザー、関節部を狙っての荷電粒子砲あるいはコア砲なんかが有効な気がしますね。
ギルの場合は、金属を溶かすメタルバーストという液を爪内部に持っています。この効果も大きいと思います。

>w15さん
この号の強さは「伝聞ほどではない」って感じですね。
強いが対処は出来るくらい。

ギルベイダーは攻撃するには至近距離からのビームスマッシャーか爪の格闘戦が必須です。
ですがスーパーサウンドブラスターが怖いですね。音という特性からどこからせめても餌食になる可能性がある…。
ただしスーパーサウンドブラスターは「味方機にもダメージを与えかねない」という諸刃でもあると思います。
当初においてキングゴジュラスが苦戦したのはまだ周囲に味方機があったからなのかも。同士討ちを恐れて使えなかった…。
だがオルディオスが犠牲になった今、残ったのはキングゴジュラスのみ。という事で放ったのかも。

>やまさん
キングゴジュラスは最強ゾイドには違いないですが、仮にゾイドが後1年続いていれば更に超えるゾイドが確実に登場していたとも思います。
大陸間戦争がなく、中央大陸戦争で終わっていたならばキングゴジュラスのような伝説的強さのポジションにはマッドサンダーが居たのではないかと思います。
私的にはキングゴジュラスの伝説は実力が半分、ストーリーがそこで終わったのでという要素が半分だと思っています。

キングゴジュラスがあそこまでの無敵を発揮したのは搭乗者の技量ももちろんあって100%の力を出した事もあると思います。
あと、新鋭機なので特性がまるで敵に知れていないという要素も大きかったと思います。
要するにこちらは強みを存分に活かして戦う。敵は最新鋭でデータがないからどう戦っていいかがまるで分からないという事情があったと思います。

>No Nameさん
リバセンに一部そのような記述はありましたが結局そこまで活かされていない事から考えるに直接的に得るものは少なかったと思います。

>ラウルさん
最初のページの猛攻具合がクライマックス感を出していて、いやがおうにもテンションが上がりますね。
そのシーンでの強さの印象は凄まじいです。
一方でギル戦は以外にもよい勝負をしていますね。まあ、あれだけの大軍団を倒した後なので仕方がない気もしますが。

ギルとの戦いは、双方の強みと弱みを出し尽くした名勝負だと思います。
片腕を失うバラスも良いですね。
私もこの一戦の後は後退して修理したと思っています。その間にギルザウラーの出撃準備が整った…と思うといっそうアツいですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント