元祖ムラサメライガー?

なんだかモヤモヤするのもあれなので、いっそ特攻ゾイド少年隊の改造ゾイドも再現したれと決意しました。
といっても「ミニ四駆と合体したレース仕様」とかもあるので、そうした明らかなおもちゃアプローチの改造機は無しで。
本作は「シミュレーションバトル編」「シミュレーションバトル・トーナメント編」「実機に乗って実戦編」に分かれるんですが、実戦編を中心に再現していけたらと思います。

大型ビームキャノン砲装備仕様

本機はトーナメント編に登場した仕様です。
実戦編に登場した仕様ではありませんが、カッコ良かったので再現しました。
作中オリジナル改造機の中では一番好きかなー。

本機は帝国側少年団が共和国少年団を秘密裏に倒すべく送り込んだスパイ、村雨ケン太少年が乗っていた仕様です。
不意打ちで主人公タケルの乗るゴールドライガーを倒そうとするも失敗。その後タケルのフェアプレーに感化されていいヤツになります。
(でもその後再登場する事はなかった)


色がブラックです。カッコいいー! というか後年のDCS-Jみたいですね。
搭乗者が村雨少年なのでムラサメライガー…ともいえるのか?
色も名前も時代を先取りしていたのか。とか思うとちょっと面白いです。

ビームキャノン砲はカッコいいですね。
MK-IIと違って1門です。旋回できるかは不明。作中では前にのみ撃っていました。

要注目な点として、胸部の三連衝撃砲が撤去されてラジエーターのような装備になっています。
という事は冷却に難のある装備なのかも。

このビームキャノン砲がバトストに登場していたらどう扱われただろう。
私は、キャノンビーム砲(MK-IIの砲)のプロトタイプだと思いました。
共和国軍は初となる大型ビーム砲の開発に取り掛かった。
試作された大型ビームキャノン砲は威力は申し分なかったが技術的に洗練されていない部分も多く熱処理の問題を起こした。
そこで胸部にラジエーターをつけて対処した。
本装備の経験を基に更に洗練された姿で完成したのがキャノンビーム砲である…というような。

という事で続けて主人公機ゴールドライガーにも取り掛かりたいところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

アーバインのコマンドウルフが装備してたロングレンジライフルに似てますね・・・
実弾兵器だったのかもしれませんが砲の旋回もできそうですな
のちのマーク2がビームキャノンを採用したのはエネルギータンクの増設により機体の稼働時間やエネルギーの問題を緩和できたのかも
砲の旋回もシールドライガーの運動性なら・・・・ってことで固定にし威力アップを求めたのかも

No title

高速機に大型の大口径砲の正式採用はシールドライガーMK2(改造機は除きます)が最初ですし、試行錯誤が何度も繰り返されたのでしょうね
高速機に大型の主砲はあとの時代にも受け継がれてますし<暗黒軍の主力機や新世紀でのサイクスや王狼も口径は兎も角、砲自体は大きい

バトストに組み込むなら案外登場初期のヴァリエーションでモデルで、タイガ―のスナイパ―を駆逐するカウンターユニットと考えるのも面白いです<有用性が認められてMK2仕様に改造されて正式採用されたなどです

No title

ビームキャノン自体は今や珍しい装備ではなくなりましたが、基部にキャップがあしらわれたデザインはゾイドらしいというか、力強さを感じます。本体と同じ『記号』が入ってると一体感も増しますね。
キャップまわりの円形部分が光りながら回転してチャージしたらかっこよさそうです。実践だと相手に発射を感知されやすくなりそうですが・・・・

No title

ビームキャノンのサイズが凄いですね
個人的にHMMで中央大陸戦争時代から存在することになった
コマンドウルフのロングレンジライフルに似ていると思います。
砲の旋回が出来るかは分かりませんが個人的に出来ないか、制限されていそうな印象があります。
後最近中央大陸のMAPを見ていて思ったのですが、学年誌の砂漠地帯の戦闘は何処辺りで行われた戦闘なんでしょうかね?
個人的に大陸西部は気候が厳しいという設定などからゼネバス領の国境近くの地域と思ってます

No title

大型のビームキャノン装備にDCS-Jを思わせるカラーと色々と興味深い機体ですね。

バトスト的には試作段階のビームキャノンで冷却系に困難があると言うイメージを盛り込むのはリアリティがあっていいと思います。

村雨に黒いカラーリングにビームキャノンと、偶然の一致なのかあえて意識したのか、
どちらにせよ後々に継承されていく要素が幾つもあるというのは面白いです。

No title

>w15さん
そういえば似ていますね。砲身の長さといい一門な事といい。
名称は大型ビームキャノン砲なので明確にビーム砲だと思います。
旋回はどうでしょうね。できたとすれば使い勝手ではMK-IIを超えていたかもしれませんね。
ただ仰るようにシールド自体の運動性が良かったのでMK-IIではあえて不要と判断した可能性もあると思いました。
開発の裏側を想像するのは面白いですね!

>神楽歌さん
大型砲装備の元祖ですね。
高速機に大型砲なんて・・・と思いつつも、やっぱりカッコいい!
引き継がれたのも納得ですね。

本機は漫画では対シールドライガー用に登場していたので、バトスト的にいえば対サーベル用という解釈も良いかもしれませんね。

>A-10さん
ゾイドらしい装備って言うのは良いですよね。
リアルだけどハッタリもある具合が最高です。
「回転」しそうな部分は良いですよねー。
いかにもエネルギーを生んでる感じがたまりません。
キャップと組み合わさっていると更に魅力倍増ですね。

>ロイさん
ロングレンジライフルは、コマンドウルフ箱裏に似たようなバリエが載っていました。
なので同じような砲がメカ生体の時代からあったのは確実でしょうね。

砲の旋回は不明ですが(作中では正面にしか撃っていなかった)、走行中に横に撃つのは厳しそうな気がしますね。

砂漠は中央大陸のそこら中にありますので特定が難しいですね。
私も西側のどこかだと思っています。

>ラウルさん
いい仕様ですよね。
リアルタイムの時代に見てもグッとくる仕様だと思いますが、今の時代に見返すと更に魅力が増して見えるのが良いですね。

この時代は黒いライガーは悪役だから黒というノリで出された感じでした。
新世紀のDCS-Jは黒光りする英雄が乗るライガーという風になっていたのも面白い事です。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント