ゴルドスのバリエ

ゴルドスの改造機です。
二種類。

ミサイル増設型


小型ミサイルポッド(シールドライガーのものと同じくらい)を付けたタイプです。
地味ですが現実的な仕様…でしょうか。
マーダなど帝国新鋭小型ゾイドが登場した頃だったので、その対策をしたのやもしれぬ。



本機はレッドホーン&マーダに撃破されました。
発見された=もはやなす術がないという描写でありました。


次、
ロングバスター・ゴルドス



「キャノンゴルドス」と書かれているものもあります。
ZAC2034年(第二次ゾイド開発競争の年)に運用されていた。



列車砲のような長砲身の巨大砲を背負っています。
更に対空用装備も大幅に増えている模様。
その代わりレーダーの大部分は撤去。電子戦能力の低下は否めまい。

思うにこの砲はゴジュラスMK-II用キャノン砲やウルトラキャノン砲の開発中に実験されたものだろう。
ゴジュラスキャノンやウルトラキャノンは本砲を更に発展させたものだと思います。
口径は見た感じ25cmくらいだろうか?

ちなみにユニットは外してビガザウロやマンモスにも付ける事ができるらしい。





このユニットはゴジュラスキャノンやウルトラキャノンを開発する途中で生まれた実験砲だと思いますが、ビガザウロやマンモスでも運用可能ならば素晴らしい事じゃないかなあと思います。
おそらく破壊力ではゴジュラスキャノンに大きく劣ると予想します。が、それでもゴルドスの105mmキャノンよりは強力そう。
いっそゴジュラスMK-IIは計画中止として、この試験型キャノン砲を装備したビガザウロMK-IIやマンモスMK-IIを就役させたほうが良かったような気もする。
おそらくこの時代は多くのビガザウロ&マンモスの余剰機が出て居ただろうから、その理想的な延命ができたんじゃないかなあ。

ゴルドスには向かないと思う。やはりレーダーが大部分なくなるので。
なので
・ノーマルタイプのゴルドスがレーダーで敵位置を探知。味方に情報を送る。
・そしてその情報を元に、キャノン砲を背負って近代改修したビガザウロMK-IIやマンモスMK-IIが火力支援する。
・砲撃を生き延びた敵機はゴジュラスが格闘戦で各個撃破する。
というスタイルにすれば理想的じゃないかなあ。

この時点では試作砲ゆえ扱いに難があったとか生産性に配慮していないとか色々な理由があっただろう…けど、それは改めれば良いだけ。
なぜそうならなかったのだろう。
この時点で「ゴジュラスを強くするんだ!!」という想いが上層部で既にゴリ固まっていたのかなあ…。
軍とは時に非合理的な選択をする事もあるので。

ちなみに一応本ユニットはゴジュラスにも付けられるらしい。



ただしそうすると角度の関係で運用がしづらそうである。
特に対空砲は運用困難に見えたので撤去して描きました。
こちらは「一応は装着が可能」というだけで本格的な運用ができるという意味ではなさそうな気がする。

なぜビガザウロやマンモスに搭載しなかったのだろう…という疑問はありますが、しかしこのキャノン砲が魅力的な事には変わりがありません。
ゴジュラスMK-IIやウルトラザウルスの開発中にこんな実験機があったんだ…と思えるのは大変興味深いことです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

キャノン装備は問題は索敵能力の低下がネックだったのでしょうね
後年のシャイアンやロングレンジバスターキャノン装備機は背びれが据え置きですし
マンモス・ピガザウロは130~150tでゴルドスは199tです
見た感じLBキャノンや長距離砲見たく無反動砲には見えないので、反動に耐えられない(重量が不足して)や意外とマンモス・ピガザウロは足が長いので安定性が取れなかったのかもしれませんね

サーベルタイガーのためかも?

ミサイル増設型はこんなカラーリングだったんですね。ゴルドスvsレッドホーンの写真を見ていましたが、気付きませんでした。
それにしてもレッドホーンが持ち上げられているのは後にも先にもここだけじゃないでしょうか(笑)。

巨大砲が採用されなかったのはサーベルタイガーのためかもしれませんね。
サーベルタイガーの登場により後方も安全ではなくなり鈍足で運動性能も良くないビガザウロやマンモスではいたずらに犠牲を増やす可能性も高いでしょうし。
あと巨大砲はアイアンコングにも有効打になりうるか気になりました。

No title

このキャノンの最大の弱点は、大型の3000円モーターの背部装備の拡張性を奪ってしまうところではないでしょうか
結局続編は出ることはありませんでしたが、四足歩行ならば背部に特徴のある装備を付ける可能性が高く、ユニット単位でしか扱えない砲台を載せるメリットは薄いでしょう
それに他の方の指摘のとおり砲塔の末端に無反動砲のような意匠がないため反動も相応に大きいと、自分も感じます

ゴジュラスキャノンはその反省点を活かしたような設計です
パラサウロスのようなゴジュラスキャノン搭載前提の大型機体もある反面、ブレードライガーのような中型でも二門背負う事が可能であることから、射撃に必要なコア出力さえ確保すれば、反動はあまり気にしなくてもよいと推察します
また取り付けも砲と基部だけで済み、背面に装備する以外にも側面などに取り付けも可能で、重量による運動性能低下以外はノーマル機と遜色のない威力を発揮できます

ゴジュラスキャノンは決戦機のインフレで力不足になったとしても、柔軟な運用に対応するだけのポテンシャルがありますし、実際に2000円前後のモーター機相手には十二分な打点になり得たと考えています
劇中では地味な扱いになりがちですが、改めてゴジュラスキャノンが傑作であるという実感を得ました

No title

小型ゾイド対策でちょこんとミサイルポッドを載っけてるのは中々いい感じですね。
ただ、小型ゾイドとの遭遇戦ならまだしもレッドホーンに来られたら確かに詰んでしまうでしょうね・・・。

キャノン砲ユニットはビガザウロフレームの機体の強化にはうってつけの装備だとは思いますが、
ユニットそのものが大掛かりなのが気になる所です。
実質的に背面の装備をごっそり換装する必要があるので、
改装は大掛かりになるだろうし、元々の背面の装備を丸々外す必要が出る点がネックになったのかも・・・。
反動に関してはマンモスやビガザウロにも付けられると言う点から、これらの機体でも運用に支障が出ない程度には抑えられていると考えられますが、
ビガザウロはともかくマンモスは砲がかなり後ろ寄りになっているのでバランスが悪そうに見えます。
(ビガザウロも実際は積んで撃てるけど数発撃つのが精一杯で直ぐに足回りのメンテが必要になるかも・・・。)

この砲もブラッシュアップ次第では十分に実用的だとは思いますが、
アイアンコングを確実に破壊出来る攻撃力とよりコンパクトに纏まった強力砲が求められてゴジュラスキャノンの開発にシフトしたと思います。

後は帝国軍の高速戦闘ゾイドであるサーベルタイガーやヘルキャットの存在も影響があったと思います。
当時の常識を超えた機動力を持つこの2機相手では、タフネスとパワーのあるゴジュラスならともかく、
ゴルドスやマンモス、それにビガザウロでは、その鈍重さに加えてキャノンユニットの重量も加われば為す術なくやられそうに思います。
それから戦闘ヘリ的な運用がされているサイカーチスもまた、
この装備の機体にとっては非常に厄介な存在であったと思います。
(こちらのサイカーチスのレビューに載っている学年誌のバトストだとこの改造ゴルドスがサイカーチスと交戦してましたし、
どちらにしても対空砲でどこまで応戦できるかどうかが肝・・・?)

キャノン砲ユニットはビガザウロやマンモスの延命処置としては理想的な改造ユニットであるとは思いますが、
その一方で技術革新が進む中ではこれらの旧式化が進む機体の延命には限界があり、
キャノン砲ユニットによるビガザウロやマンモスの支援機としての延命よりも、
高いタフネスとパワーがあって伸びしろのあるゴジュラスや新世代の巨大旗艦ゾイドであるウルトラザウルスを攻撃の要とする方向にシフトしたのではないかと思います。

個人的にキャノン砲ユニット自体は良い装備だと思いますし、
マンモスに関しては後年にも寒冷地での運用が続けられたりゴジュラスMK-2の装備一式も装着可能だったので、
考えようによってはビガザウロ共々支援機としての運用の余地はあったかもしれないですが、
技術革新著しい当時の戦場ではビガザウロやマンモスの運用には限界が来ていたのかもしれない可能性があると思いますし、、
その一方で少数ながらこのキャノン砲ユニットは量産されて運用が続けられていたビガザウロやマンモスなどはこの砲をつけて奮戦していた可能性もまたあると思います。

No title

攻撃力は現行機種と遜色なくとも、キャリアーとしてのピガザウロやマンモスの耐久力、運動能力的なものが、前線にとどまることが出来ない要因だったのかもしれませんね。

砲撃されれば、砲撃した相手を探し、反撃しようとするはずで、ピガザウロたちでは反撃を受ける前に後退することも、そのまま前線を押し上げるにも力不足だったとか?

ゴルドスは電子戦装備と両立できればまた違ったと思います。

No title

バスターキャノンより反動が少なさそうでゴルドスやピガザウロ、まんもすでも運用できそうですね・・・
バスターキャノンより火力が低くて不採用だったのかもしれンデスガコイツを装備すれば延命できたでしょうねぇ・・・
まぁ結果的にゴジュラスを強化したことで対戦末期までゴジュラスはささえられることにはなったのですが

No title

>デスぺラードさん
ゴルドスの場合は索敵力の低下はネックだったでしょうねー。
実際、劇中ではサイカーチスの接近に気付く事ができなかったです。

反動も考えたいですね。
口径から考えてそこまで大きくなさそうなイメージもありますが、無反動砲じゃないので実はかなり大きいのかもしれませんねぇ。

>YHさん
ミサイル型は迷彩になっています。
ただし実際は色の境にはグラデーションがかかっているんですが、この図面ではパッキリ分けてしまっています。

サーベルタイガーには発見されれば成す術がないと思います。
が、それでも火力支援には有効そうな気もします。
アイアンコングには直撃すれば有効だと思います。
レッドホーンならバラバラ、アイアンコングでも致命傷を負う感じのイメージ。でも当たるかどうかは別問題でもありますね。

>アザレアさん
たしかに仰るようにデメリットも多い仕様ですね。
そういう部分を考えると、やはりゴジュラスキャノンやウルトラザウルス用キャノンを開発する過渡期において試作されたものなんでしょうね。
こうして考えるとゴジュラスキャノンの優秀さが分かるものでもありますね。
さすがあれだけ積まれただけはある、まさに傑作ですね。

>ラウルさん
ミサイル増設型は地味ながら良いですよね。
レッドホーンには無力、マーダだと速いので当たらないかな…。
ゲーターあたりにはかなり有効だと思います。
接近戦が苦手なゴルドスをカバーする仕様ですが、今回は運がなかったですね。

キャノン砲ユニットの搭載はビガザウロは割とバランスが良いかなと思いましたが、マンモスはちょっと窮屈ですね。
このままブラッシュアップすればビガザウロやマンモス用として十分なものになりそうですが、共和国軍の方針としてキャノン砲はゴジュラ用に最適化させる方針になったのでしょうねー。

また仰られるように、ブラッシュアップさせれば旧型機の延命に最高の装備になる…が、それよりも次世代機の開発をした方が良い結論にも達したのでウルトラザウルス開発が加速したのかもしれませんね。
ゴジュラスキャノン、ウルトラザウルス開発においてとても重要な位置にあるユニットと考えるととても興味深いですね。

ゴルドスなどの機動力低下は懸念されていたでしょうね。
対空砲はそれを物語っていますね。「対空砲」の名ですが地上ゾイドを撃つ事もできるのかな。
でもヘルキャットやサーベルが出現したら対抗できないでしょうねー…。

全体的にとても魅力的なユニットなので、少数生産されてパワーアップした旧式機が活躍したとかの想像もしたいですね!

>石蔵さん
火力支援機として後方から撃つだけの運用にすれば、なかなかのものになりそうな気もしますが、それだけではダメだったのかもしれませんね。
レッドホーン、アイアンコング、サーベルタイガー。
これらが接近してくれば砲撃を潜り抜けて数機でも到達すれば反撃できないまま全滅しそう。。。

ゴルドスはノーマル機との共同運用が望ましいですね。
といっても共和国軍と言えどもそこまで大型ゾイドの数に余裕はないだろうから、難しかったのかもしれませんねぇ…。

>W15さん
無反動装置を付ければ反動も更に低減して使い勝手が向上したかもしれませんね。
もしこれがブラッシュアップされて正式採用された世界観があれば、その後の歴史も大きく変わっていたかもしれませんね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント