ディバイソンの事

今日はディバイソンについて。
ここのところディバイソンについてけっこう辛い評価の記事を書いていますが、今回はどうなる事でしょう。



最近は汎用性がないだのマッド登場後は下位互換だの散々な言いようですが、もともとは万能機として設計されていると思います。
万能というキーワードは中央山脈です。
私はディバイソンはアイアンコングをうらやましいと思った共和国軍が同様の機体を欲した結果として生まれた側面が強いと思っています。

アイアンコングの強みは地形を選ばず運用可能な点にあります。
山岳ではゴジュラスは動きにくい。が、アイアンコングは問題なく動ける。
150機でもって共和国領土になだれ込んだ時を思い出されたし。この部隊は中央山脈をあっという間に突破した。
共和国軍(ゴジュラス)は山脈を下りた地点で戦いを挑んだ。
ゴジュラスは山脈で戦えないからこうするしかなかった。

もちろん問題なく動けるといっても一切の制限が無いわけではありません。
サーベルタイガーに勝るものではない。
平原で出せる動きを「☆☆☆☆☆」とすると、山岳での動きは
ゴジュラス:☆
コング  :☆☆☆
サーベル :☆☆☆☆☆
くらいじゃないかな。

ゴジュラスは絶望的に低下する。サーベルはなんら低下せず平原と同じ動きを出せる。
コングの動きは「やや制限されるが、それでも必要十分な動きを維持している」感じ。
低下はするがゴジュラスの「もはや困難」な状態と比べれば雲泥。

コングのサーベルにはない利点は重パワー重装甲の機体なので決定力がある事です。
サーベルは軽火器しかないので要塞の攻略には向いていない。
ゴジュラスやマンモスは重パワーで決定力があるので要塞の攻略は容易いが、山岳の場合はそもそも現場に辿り着くのが困難。
そこへきてコングというわけです。


さて帝国軍は第一次中央大陸戦争で中央山脈を突破した。
それはサーベル&コングの実績に他ならないでしょう。
サーベルが山岳で敵ゾイドを排除し、そして要塞などのサーベルでは攻略が困難な地点ではコングが出張った。

第二次中央大陸戦争で、共和国軍はサーベルタイガーに相当する機体としてシールドライガーを開発した。
これにて一時的に山岳での優位を得る活躍をした………のだが、結局はその後再び押し込まれている。
ここで、共和国軍はやはり山岳で運用可能な重パワーゾイド…つまりアイアンコングに相当する機体が必須と痛感したと思います。


運用は、シールドライガーが敵と遭遇した際はこれを排除する。
サーベルタイガーはもちろん山岳ならアイアンコングでも倒せるでしょう。
複雑な地形でさすがに性能をやや落とすコング。それを大ジャンプなどで翻弄してバックを取る。突撃そしてレーザーサーベルないしクローで引き裂く。

余談ですがコングは格闘戦でゴジュラスに劣る一因が後方だと思う。
ゴジュラスは後ろを向いた火器が豊富にあるし、接近されれば尾がある。後方から責めれば返り討ちにあいかねない。
コングは長い腕が強力で細くすればライガークラスなど一ひねりですが、前方と側面はカバーできても後方からくる敵に対応するのは難しそう。
後ろを振り向くよりシールドが突撃する方が早そうである。

さて、そんな感じでシールドが敵ゾイドを排除する。
しかしシールドは決定力がない。敵基地などがあればこの破壊は苦手。
そこで、そうした際はディバイソンが出張るという運用。
ディバイソンは、まさにサーベル&コングに相当する運用が求められた結果として誕生したと思います。


さてディバイソン、開発中は[そうした能力を満たす][その上で可能な限りの汎用性や拡張性を持たせる]計画がされていたと思います。
いやしかし、開発中に大きな事件があった。
そうデスザウラーの登場。
共和国軍としては、敵新型ゾイドの警戒は十分に行っていたと思う。
しかし、まさか歴戦の猛者が乗るゴジュラス大部隊を圧倒する程のバケモノだとは思わなかっただろう。

二足歩行機にしてウルトラザウルス並の超パワー。そこから繰り出される格闘力はゴジュラスを片腕で投げ飛ばす。尾の一撃でゴジュラスを大破せしめる。
荷電粒子砲はまったく持って防ぐ事ができない。
超重装甲はウルトラキャノン砲さえ防ぐ。
電撃的に共和国首都を陥落させるデスザウラー。どうやって倒せばいい?

ウルトラザウルスは直接戦闘用じゃない。せいぜい遠距離からキャノン砲を撃つ程度しかできない。そしてそれじゃ倒せない。
ゴジュラスはデスザウラーと同タイプなので戦法も似ている。すなわち力量差がモロに出るので勝つ術がない。
シールドライガーは動きの良さで翻弄する事はできるがパワーがあまりにも不足しており有効打を与えられない。
サラマンダーは爆撃がせいぜい。
共和国ゾイドはもはやなす術がない。

そこでディバイソンには対デスザウラー用の能力をも付加する要求が加えられたと思う。
ウルトラザウルス、ゴジュラス、シールドライガー、サラマンダー。これらは改造したところで無理。
完全新規の対デスザウラー用ゾイドを開発していたのでは間に合わない。敗戦必死。
そこでディバイソンになったと思う。

ディバイソンに加えられた改造は出力の大幅向上だっただろう。
本来はディバイソンに求められたとつげ気力というのはアイアンコングを倒せる程度だったと思う。
しかしそれではデスザウラーはビクともしない。最低でも損傷させなきゃならない。そこで出力向上をした。
結果としてアイアンコングは直撃なら吹き飛ぶ、デスザウラーでもダメージを負うほどになった。
しかし出力向上は機体に無理な負荷をかける上に完成までに許された期間も短かった。

突貫的な設計で「背中に極太パイプを通す」方法が採られた。
その結果、ディバイソンは対デスザウラー用として有効な能力を得た代償に、将来的な拡張性を失ってしまったのであった。

私はディバイソンをそんな風に考えています。


さてディバイソンは傑作機だと思います。
開発中に無茶な要求をされ、しかし見事に対デスザウラー戦が可能な能力で完成した事。
マッドサンダー完成まで何とか戦線を維持した事。
これは見事だと思います。ディバイソンなくして共和国は勝てなかった。

対デスザウラー戦のほか、本来の目的であった山岳でも大いに運用されていたと思います。
デスザウラー最強時代の共和国軍は、中央山脈の攻略に乗り出した。
ディバイソン完成後は山岳での強力戦力として運用された事でしょう。
ディバイソン就役前も、共和国軍は山岳を順調に攻略していた。
しかし帝国北部基地の攻略戦では分解したウルトラザウルスを現地で組み立てる作業をしている。その苦労たるや。
こんな苦労をして攻略をしていた時代はディバイソンの登場で終わった。

対デスザウラー戦任務はマッドサンダー登場で終わった。
だが山岳での重要戦力という意味ではマッドサンダー登場後も変わらずあったと思います。

ただ、こう言うと見事だけど一方で苦労も多かった機体である。
アイアンコングはディバイソンが登場した頃は「MK-II量産型」にアップデートしており当初の想定より苦戦する事が多かったはずです。
サーベルタイガーには優位を示せていたものの、強化されたグレートサーベルには勝てなかっただろう。
これらの想定外の敵の強化に対して、ディバイソンは強化されなかったのが痛かった。

対デスザウラー用に無理にしかも突貫で強化した弊害で将来的な拡張性がなくなっていた。
もし、ディバイソンが当初の想定通りに完成しており「対デスザウラー戦能力はないが拡張性はある」となっていれば、アイアンコングMK-II量産型を倒しグレートサーベルにも対処できる改型が生まれていたと思う。
ただし、その場合はそもそも共和国軍は戦線を維持できずに敗戦していただろう。
これはもう、どちらが良かったかというと明らかにディバイソンは現在の仕様であるべきだったでしょう。

ディバイソンにとっての不幸はコングがMK-II量産型に強化されたこと、サーベルがグレートになってディバイソンを倒すほどの強化を果たした事。
更に暗黒軍のゾイドの全ては対ディバイソン能力が完備されている。
砲で撃ち抜くか、ディバイソンが補足できない超高機動でかわすか。
しかし逆に言えばこれはディバイソンが以下に強力だったかを示すものでもあります。


ちと長くなってきたのでいったん区切ります。
続きは近日中に。
ディバイソンの凄いぞな面もどんどん研究したい所ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

時期主力として考えていたとしたら、17連突撃砲の矛盾についても少し説明ができたと感じます

対高速ゾイドを想定しているならば速射性を上げて弾幕を張るのは効果的ですし、PVのようにディバイソン同士で編隊を組んで戦うのならば前面に砲塔を集中させても問題はありません
完全新規設計の実弾を大量に必要とする弱点も、本体の量産とともに国力で補えるところを考えると、潤沢な資源と資本、国力を背景にした共和国らしい設計でしょう

こう推測すると、余計にロールアウト時期が不憫です
国力ありきの設計のものを国土奪還のために使用しなければならず、ちぐはぐな面も妥協してかまど作戦のような無茶なことをさせられるのは、まるで要塞攻略用に満を持して作られたにも関わらず防衛用の捨て駒にされた、100機のエレファンダーを彷彿とします
機動力に乏しい2000円モーター級が煮え湯を呑まされるのは、様式美なのでしょうか

No title

自分の見解ですが、ディバイソンの気性も重要だと思います
ゴジュラスは荒々しくてパイロットを選ぶ問題はありますが、その攻撃性が格闘戦や耐久力に大きく貢献してスペック以上(だから性能が陳腐化しても暗黒大陸戦争で軍の中核を務めれた)の戦闘力を出せますし。アイアンコングも機械制御で状況を選ばない気質(悪く言えば洗脳ですが)を持たせています
ディバイソンの勇敢な面は砲弾が降り注ぐ中で突撃する上で悪影響を抑える点が期待されていたと思います<反対にレッドホーンは当時は小型機がメインで攻撃される前にアウトレンジから火力で圧倒して近づいたら角を刺すなど突撃しながら近づく敵を迎撃しているイメージを持っていました
暗黒軍との戦いは暗黒軍が汎用性や稼働時間や整備・生産性などを捨てて超攻撃力と短期決戦でパワー対決になったために被害が出まくりましたが(突撃機というポジションで先陣切るから被害が大きいのは当然だと)、もし暗黒軍が長期の戦争を想定して汎用性重視のゾイドを主力にしたとしたら被害は大きいものの、大打撃を与えていたと考えられます

追記:コングはナックルウォーキングや足の短さから格闘攻撃時には足が止まるか(安定を出すには片手を地面につけるか足を止めるかしかないと構造的に)、極端に運動力が落ちてしまうと思います
一瞬の静止時間と攻撃の主導権を手放すのは格闘戦では致命的でしょうね<新世紀では倒すことはできないまでも攻撃の主導権はシールドが取れると戦力表に書いていました)

No title

共和国陥落後の中央山脈では帝国山岳用ゾイドの種類の少なさが挙げられてましたが「コングが使えるのなら共和国小型ゾイドがいくつか使えたからといって、、」と思ってました。
これはコングの性能低下と、シールドが相当頑張ってたんでしょうね。

シールドがコングにも戦えたこともディバイソンの特化型への道を決定づけたのかもしれません。
人間もゾイドもポジションの奪い合いは大変ですな。。。

元の設計は万能機だったというのは大いに考えられます
コトブキヤのHMMディバイソンは17連突撃砲がユニット化され脱着可能ですが、本来ならそのように汎用性、拡張性を持つ構造をした機体だった可能性もあります
もしかしたら当初は共和国版レッドホーンのような機体を目指していたのかも
そこにデスザウラーという驚異が現れ、急遽、仕様変更を余儀なくされたのが現在の姿なのかもしれません
当時の共和国ゾイドとしては異例の重装甲化も突貫工事を予想させます
メカの露出部分が多い共和国ゾイドは、機体の排熱を空冷に頼る部分も多かったとしたら、ディバイソンの重装甲化によって機体のメカの露出面積の縮小による熱の蓄積は即座に問題になったと思います
背面の大型パイプは重装甲化したゾイドの排熱や冷却機構に関して技術的に発展途上だった共和国の苦肉の策だったのかもしれません
その上で要求性能に達するゾイドを完成させたのは流石共和国と思いました

No title

新世紀のアロザウラーのようにディバイソンだからこそデスザウラーに痛撃を与えたといのがディバイソンの功績かと
ウルトラやゴジュラスノキャンンでは足止めもかなわずサラマンダーやシールドでは及ばず・・・まして格闘でも及ばなかったのに功績をあげたのはさすがだと思います
しかしマンモスといいディバイソンといいポテンシャル高そうなのに改造されなかったのは不遇ですねぇ・・・
レッドホーンがダークホーンになったような改造してもらえればあるいは・・・

ディバイソン以後とメタから

 「幻のRBOZ-007」アンケートで投稿したことですが、ディバイソンの
技術的意義は「装甲式コクピット技術の習得」だと思います。
この技術がなければマッドサンダーの、特に防御面での実用化も無理だった
でしょう。

メタな話ですが、当時のトミーとしても共和国デザイン変更の試金石だった
のかもしれません。
ただし、共和国ゾイドの個性を奪ってしまったという批判が成り立つことは
否定できません。 

No title

バトスト3巻を読み返してディバイソン就役前の情勢から考えますと、
確かに共和国が山岳で使えて要塞攻略の決定パワーのある機体が欲しくなりますね。

「小さな戦士たち」の描写を参考にすると、
帝国はそこで紹介された機体にコングをプラスすれば種類は少なくとも万能かつ大型の機体を山岳戦に投入できるのに対して、
共和国はシールドライガーを除けば後は汎用機は少なく、局地戦で威力を発揮するといっても基本は小型・中型機が主流なので拠点攻略が厳しいと感じます。
実際今回の考察で挙げられている様に拠点攻略の為にわざわざ山岳地にウルトラザウルスを分解して持ち込む奇策まで使った訳ですし。

また、改めて考えますと、
この時共和国軍が帝国軍山岳基地の攻略に際してわざわざ冬将軍を耐え忍んで持久戦に持ち込んだのは、
帝国軍の山岳基地にデスザウラーを擁する救援部隊が到着するのを阻止する事をより確実にするだけでなく、
ヘリックルートを通じて5体のウルトラザウルスを現地に持ち込んで組み立てるのに掛かる時間を稼ぐ為のギリギリの作戦だったのかも・・・。
実際ゼネバス皇帝も冬将軍の猛威には共和国軍も耐えられないだろうと踏んでいた訳ですし、
共和国軍もこう言った持久戦は何度もしたくはないと思いますし。

そう考えればディバイソンが山岳戦でも有用な重パワーゾイドとして求められていた可能性は大いにあり得ると思いますし、
そして重パワーのゾイドだからこそ、対デスザウラーにおける共和国の窮状を打開する為の機体として白羽の矢が当たったのもまた必然であったと思います。

ディバイソンがいたからこそ共和国は目下最大の脅威であるデスザウラーへの対抗手段を何とか確保し、
それがあったからこそマッドサンダーの登場まで共和国を支える事ができましたし、
暗黒軍や機獣新世紀のガイロス帝国軍にディバイソン対策が浸透していたのもそれだけディバイソンが脅威であった事の証左でもあるので、
何事も悪い面があれば良い面もあり、
ディバイソンは急造機であったとしても救国の機体でもあったと今回の考察を通して改めて思いました。

No title

救国の機体だったからこそ、Mk2仕様などにして改良して欲しかったですね・・・

もしも改良するのであれば、

まず扱いにくい17連砲は長射程で命中率の高い信頼性のある主砲に、
3連衝撃砲は対高速ゾイド用に実弾を高速でばらまくタイプの砲に換装。
これで遠距離戦にも高速型の相手にも対応可能となります。

ノーマルでは後方や側面への武装が心もとないので、腰のあたりにも旋回式の速射砲を装備し後ろに回り込まれた時の対策も強化。
更にパワーがありボディもデカイので腹部をコンテナとして物資を積みこめば弾薬切れの心配もない!
そして尻尾は背部のレーダーと連動したジャミングテイルに換装すれば電子戦能力もアップ!
これで汎用性も決定力もある重ゾイドとなります。
いける、いけるぞ!!




・・・・ってこれカノンフォートじゃん。

No title

ディバイソンの山岳適応力は低いです。
そしてコングは並程度はあります。
またセイバーやヘルキャットと山岳部隊を組んでいたこともありますのでむしろそこそこ得意かもしれません。

No title

>アザレアさん
17門突撃砲の弾幕については私はちょっと疑問があったりもします。
自動装填装置を積んでおり1門あたり秒間2発の速射性、すなわち前門合わせて秒間34発もの105mm砲が降り注ぐわけですが…、その弾はどこに搭載しているの? という事です。
おそらく発射が出来る時間は極めて短いものと考えています。
この部分についてはやはりデスザウラー対策で肉薄して全弾叩き込む設計に変更されたからと思います。

色々と気の毒に思える要素が多い機体ですね。
そこが魅力でもありもどかしい。
エレファンダーとは一度ガチンコバトルをしてパワフルさを体感させて欲しいものです。

>デスペラードさん
気性は重要ですね。
穏やかで扱いやすく、それでいて先頭時には勇猛果敢なパーフェクトな気性をしていると思います。
比較的技量に劣るパイロットでも扱いやすい機体だったと思います。背中にもコックピットがあり二人乗りな点も大きい。
この辺はレッドホーンやアイアンコングの影響を強く受けていると思います。

暗黒軍は仰るとおり性能をアンバランスにしてまで攻撃力と短期的な能力を重視していますね。
その事はディバイソンにとって凄く不運だったと思いました。
このような偏った設計は本来ならありえないものと思います。しかし暗黒軍はそのような設計のゾイドを中核にした・・・。
ディバイソンはこの事に翻弄され予想以上に急落してしまったのでしょうね、、、。

アイアンコングの脚はメカ生体答辞においても「脚が小さい、意外な弱点かもしれない」と書かれていました。
接近戦での脚周りの動きはゴジュラスに一歩劣る感じなんでしょうね。長い腕で補うのだとは思いますが、カバーしきれない場面もありそうですね。
ゴジュラスに倍する運動力を持ったシールドなら、腕を警戒しさえすれば主導権は取れるのでしょうね。
そこから一気に畳みこめるかが勝敗の分かれ目になりそう。

>No Nameさん
山岳ではシールドはめちゃくちゃ頑張っていたと思います。
それに加えてアタックゾイドや24ゾイドが索敵で頑張っていたこと、コマンドウルフがヘルキャットを圧倒して帝国山岳戦力の中核であろう同機を徹底排除していた事も大きいと思います。

>横転臼砲さん
HMM版と言えば私はあの造形こそ理想的にアップデートされたディバイソンに思えます。
背中周りが洗練されている感じ。
ifの世界のディバイソンととらえても面白いかもしれませんね。

背中のユニット化もあり得ますね。
CASのように、作戦に応じて17門突撃砲やビッグ・バッド・ジョン仕様に換装できるなどしておけば最高ですね。

開発は本来は相応の工程表で進んでいたと思います…が、デスザウラーの出現を受けて大幅に繰り上げられたと予想しています。
現場は大変ですねぇ。
それでも立派に完成させているのだから凄い事です。

>W15さん
レッドホーン→ダーク・ホーンは驚異的なパワーアップでしたよね。
ディオハリコンを抜きにしたとしても、超大型ガトリングガンは使い勝手も良いし最高です。
装甲も強化されているし。
あれを見ていると本当に帝国軍(暗黒軍)の強化は上手いなーと思います。
共和国軍でもディバイソンやマンモスで同様の強化タイプを開発して欲しいものですね。

マンモスと言えば、私はマンモスの反省を踏まえて理想的に進化させたのがエレファンダーだと感じています。
ビガザウロを流用したので微妙な部分が出た→完全独自設計に
大型過ぎて足回り(機動力の確保)が不満足になった→やや小型化した
火力不足気味→旋回式の強力砲を多く付ける。

いつかディバイソンの進化形とも言えるゾイドが登場する事も願っています。

>砂ZPさん
装甲式コックピットの技術習得は大いにあり得ますね。
デザイン的に言えばディバイソンの装甲式コックピットのハッチはブラックライモスのそれに酷似しています。
天井に窓を設けているところなどコピー品かと思える程です。
構造はライモスを大いに参考にしたのだと思います。
そういえばカノンフォートもブラックライモスに似ている。脚装甲の形状とかはかなり酷似しています。
ブラックライモスは傑作機であるがゆえに共和国軍に大いに研究されたのだろうなあ…。

キャノピー式は大陸間戦争以降は暗黒軍が引き継ぐ形で入れ替わったのでしょうね。
しかし暗黒軍はジーク・ドーベル以降でキャノピー式を廃止してしまった…。
これがアンバランスな感じを大いに生んでしまったと思います。

>ラウルさん
山岳での決定力は欲しい所ですよね。
共和国軍は多くの種類のゾイドを投入して優位を得ました…が、そうはいってもやはり要塞攻略などで苦戦する事も多かったでしょうね。

共和国軍が山岳吉攻略に時間をかけたのは、たしかに仰るようにウルトラザウルスの輸送と組み立ての時間の為だったのかもしれませんね。
これはコメントを見て初めて気付きました!
たしかにあの場所まで運ぶ、しかもウルトラをたいそうな機知もない場所で組む訳だから大仕事だっただろうなあ…。
整備用メカ(マッドサンダー内部図解でマグネーザーを運んでいるアレ)とかも多く運ばれただろうなあ・・・。

ディバイソンは傑作機で間違いないと思います。
しかし傑作であるがゆえに入念な対策をとられた。これは誇らしくもあり、ちょっと寂しくもありますね。

>No Nameさん
そうなんです!
最高のディバイソンを考えると大型カノンフォートやん! ってなっちゃいますよね。
カノンフォートは実に考えられているなあと思います。
しかし小型化した事でパワーが減り、汎用性があるにも関らず残念な結果になった事は虚しいことです。

>NoNameさん
ウシ科の動物は山岳への適正がそこそこあるのでディバイソンもあるだろうと思っています。
脚も長いし。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント