こういうのも楽しいですね

これは何でしょう?


バトスト1巻と答えたアナタ、半分正解、半分不正解です。

答えは………、


バトスト1巻のミニチュアでした。
ふとこういうものが欲しくなって作りました。

ちなみにめちゃくちゃ凝っています。



このサイズなのに全ページあるんだぜ。
まあ小さすぎるのでタイトルくらいしか読めないんですが。
や、でもこのサイズで全ページを再現するという事が達成できて自己満足に浸っています。

表紙・裏表紙だけだとプラ板かなんかにシールを張るだけで良くてすぐできるんですが、凝り性が出て全ページ作りました。
表紙・裏表紙のみですがラミネート加工の代わりとしてセロテープを貼り付けています。これにより防水、防油性があります。フィギュアとからめやすいための配慮です。一方でセロテープを張ると紙が反りやすくなりました。これは課題だったので次回があれば活かしたいと思います。


こういう極小サイズの本の事を「豆本」と言うそうです。
作り方講座のページを参考に、「背表紙側には水で溶いたボンドを塗って固める」とか、実際の本と同じような手順で作りました。
よい勉強になりました。




本物と比べるとホントに小さい。具体的に言うと25×31mmです。
このサイズはねんどろいどやfigmaと組み合わせるといい感じのサイズ感です。

組み合わせるとこんな感じ。

こういうアイテムもたまには良いですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ガチャガチャにありました。

この記事を読んでいて昔のガチャガチャに似たような景品があったことを思い出しました。
といっても内容はちゃっちくサーベルタイガーのデータが少し載っているくらいでしたが。

No title

あーそれそれガチャガチャでファミコンゾイドの攻略本があったらしい

No title

昔こんな感じのサイズでなぞなぞの本のキーホルダーがあったなぁ…
ページまで再現されるとは流石です

No title

ミニノートやシールが入っていたガチャガチャが
昔あったような気がしたなぁ

No title

>YHさん
ありましたね。
私は2001年に大阪日本橋にオープンしたガチャガチャ博物館という店で見た記憶があります(展示のみで販売はなかった)。
4ページくらいの冊子だったように見えました。
もっとじっくり見ておけばよかった!

>NoNameさん
なんとガチャで攻略本!?
はたして全て解説できるのだろうか…。

>w15さん
キーホルダーのものはたいてい表紙と裏表紙のみな感じですね。
読めたとして数ページのものが多い印象。
今回は次作なので時間をかけてこだわってみました。

>ぬりさん
ミニになってると特別感があって実にそそりますな。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント