ゴールドなゾイド

・・・そういえば先日は暗黒軍のゾイドのカーリングで「ゴールドコング」を少し紹介して…、「暗黒軍らしくない・・・というかゴールドは共和国っぽいなあ」なんて書いていましたが、そういえばゼネバス帝国にもゴールドなゾイドがいました。

デスクロス

これも先日話題に出しましたね。「おそらくゼネバス皇帝」が乗っていたとされるゾイド。
金メッキです。これとゴールドサンダーが並んだらさぞや凄まじいだろうなあ…。

あと、

こちらは正真正銘のゼネバス皇帝が乗っていた専用デスザウラー。
こちらもゴールド。ただしメッキではなくスプレー塗装のような質感です。私はこっちの方が落ち着いていて好きかな。

ゼネバス皇帝は金がお好き。
ただ当初の皇帝専用機はもっと落ち着いていた。
History of Zoidsに皇帝専用レッドホーンが示されています。





皇帝専用レッドホーンのカラーはアイボリーまたはシルバーだそうです。

アイボリーのカラーはちょっと気になる。
レッドホーンの箱裏には…、

アイボリーのレッドホーンが「親衛隊用」と紹介されています。

思うに、初期の皇帝親衛隊カラー=アイボリーだった。
しかしアイボリーは上品なカラーだが戦闘的なイメージではない。
ゼネバスは戦士としての気風が強い。なので戦闘的な色、すなわち銀色に改定したのだと思う。
そして、旧来の皇帝専用機カラーだったアイボリーという色は親衛隊カラーに譲られたのだろう。
だがしかし、親衛隊も戦闘的なカラーの方が良いんじゃないかなぁ…という考えが後年に生まれ…、親衛隊カラーは赤になったのかも。

さて銀色の皇帝専用機カラー。
派手ですが、金に比べればまだしも渋めかな。
というか…、小型量産機と似たようなカラーで特別感は薄いかなあ。
この時期は銀が皇帝専用機カラーで、しかし後に「特別感が薄い! もっと別の色にする!!」となって金色になったのかも。


その後登場した機体、サーベルタイガー、アイアンコングには残念ながら皇帝専用機が確認できません。
いや…、一応あるにはあるんですが…。




学年誌の読み切り版ゾイド漫画。これにゼネバス皇帝専用と思われるサーベルタイガーが登場します。
頭の上に乗っていますな。
ただこの漫画はなんていうかゼネバス皇帝のビジュアルからも分かるように黒歴史確定な感じで………。
あと色は分からないですね。

アイアンコングは冊子「ゾイドグラフィックス」によると、「暗黒軍が裏切った際にゼネバスが乗っていたのはアイアンコングだった」となっています。
暗黒軍を相手に粘るも最後は大爆発を起こして海に落下し消えたとのこと。
こちらでは暗黒軍との決戦時に乗ったのがデスザウラーじゃなくてアイアンコングなんですね。
ただし、文字情報だけでカラーリングは不明でした。

色が確認できる専用機としては、デスザウラーの登場を待たねばならなかった…。
冒頭で紹介したデスクロス(ただしコチラは実際に登場していたか不明)と金色のデスザウラーですね。

この後更に別の皇帝専用デスザウラーが登場します。


コチラは黒赤の純ゼネバスカラーですが、アクセントにやはり金が使われていますね。
やはり特別な色のようだ。
ところで「ゴールド=ゼネバス皇帝専用機カラー」とすれば、もしかしてゴールドコングはゼネバス皇帝専用機…?




ゴールドコングを詳しく解説しましょう。

共和国軍のガイロス帝国首都攻略戦が始まる。
キングゴジュラス参戦で共和国軍の勢いが増す。ついに共和国軍は防御壁を越えて首都内に侵入した。
首都内でも順調に攻略を進める共和国軍。いよいよガイロス皇帝のいる宮殿に辿り着いた。
宮殿を守る防衛部隊としてゴールドコングがキングゴジュラスに挑む。
だが勝てるはずは無かった…。スーパーガトリングの直撃を受け、爆発四散するコング…。

しかし、ガイロス宮殿には緊急時の脱出装置があった。
ゴールドコングが交戦している中、脱出装置が機能しガイロスは首都から離脱した。
この後、キングゴジュラスはこれを追いかけギル・ザウラーとの死闘を繰り広げる事になる……。



というものでした。
もしや追い詰められたガイロス皇帝はゼネバスを捨て駒にしたという可能性もあるのだろうか。
好意的に解釈すれば、久々にヘリックと戦える場所に出会えたということでゼネバスが自らの意思で出撃したとも思えますが。
んー、しかしコングか。
もはやこのときデスザウラーは余っていなかったのかな。
もしくは同タイプのゾイドでは力量差がモロに出てしまう(デスVSゴジュラスを思い出されたい)。なので、あえてコングだったのかもしれないなあ。

ゼネバスって最末期においては具体的な行動が不明。「生き残る事はできなかった」という事を除いては不明なのでこの時にやられちゃったのかも…。
共和国軍・キングゴジュラス(パイロットはおそらくヘリック大統領その人)は、ゴールドコングのパイロットがゼネバス皇帝その人であると知る事もないままスーパーガトリングを撃ち込んでしまったのかも…。

あるいは…、ヘリックは発射ボタンに手をかけたその瞬間、ゴールドコングのパイロットがゼネバスだと悟った。いやしかし、その時は既にボタンは押されていたのだ…。
みたいなドラマがあったら熱い。SSやなんかが書けそうな気がしてきますね。

コングの周辺には援護をしているように見えるガル・タイガーやジーク・ドーベルがいますが、これがグレートサーベルやライジャーだったらより燃えただろうなあ。

ということで、今日はゴールドな色のゾイドを考えてみました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ゼネバスがレッドホーンとデスザウラー以外の専用機を所有していたのか、
ゾイドグラフィックスのアイアンコングが専用機だったのか、
生き残っていた機体に乗っていただけなのかは気になる所ですね。

ゼネバスの最期に関しては新世紀FB4のプロローグに
ゼネバスには何の実権も与えられず
大異変の混乱の中で息を引き取ったとの記述がある事、
プロイツェンの反逆のセイバータイガーゴールドの説明文に
金色はガイロス帝国皇族か
特別に認められた者(シュバルツのセイバータイガーの牙と爪が金色)に
のみ許されたカラーリングであるとの記述がある事等から、
ゼネバスがゴールドコングに乗れた可能性は低いと思われますが、

もし、ゴールドコングに乗っていたのでゼネバスで、
ヘリックが知らずにコングを破壊した事でゼネバスが死亡していた場合、
ガイロス帝国が出撃はゼネバス本人の意志だと説明しても、
最後に悟ったヘリックが事実を述べたとしても、
ゼネバス人による暴動が起こる可能性が高いと判断した
両国がそれぞれ情報操作を行ったという線もあるかと思います。

No title

ゴールドコングにゼネバスが搭乗していたとすれば…へリックは敢えて止めを刺したのかもしれませんね。
ゼネバスが助けを求めているなら救出するつもりだったが、勝ち目のない戦いでも自ら挑んでくるなら武人としての死に場所を与えたのかもしれません。
へリックに敗北しガイロスに囚われという経緯はプライドが高ければその後を生き延びたとしても生き恥と感じたかも?
 
しかしへリックにしろゼネバスにしろいい年齢にもかかわらずアグレッシブに戦闘に参加しますね(ゼネバスは追い詰められてという場面が多いですが)。
パイロットとしての腕は確かなのでしょうが皇帝や大統領が前線にたつのは部下は気が気でないでしょうね…。

No title

ゴールドコングにもしゼネバスが乗っていたら・・・
あながちこの戦闘で負傷し大異変が起こり治療もままならなく死去したって説もあるかもっすね・・・

No title

実際にゴールドコングにゼネバスの搭乗歴があるかはともかく、ガイロス王宮の前に護衛用として晒されているのは、ガイロス側の示威行為かも知れません。
敗北してガイロスに下った亡国の象徴として、または両国の「友好」の象徴として、政治的なメッセージがあるのかも。

No title

>noir wizardさん
ゼネバスはゾイド乗りとしても優秀であるそうなので、大型機は一通り自分専用機を揃えていそうなイメージもあります。
最低でも歴代最強ゾイドは自分の乗機にしたんじゃないかなぁ。
ただし最強ゾイドが入れ替わったら、今までの専用機はお払い箱になって親衛隊などに回された可能性なんかも感じます。

ファンブックの記述は見直したいです。
でもファンブックはファンブックで「?」な所もあるので、ゴールドが果たして本当にガイロスの色なのかについても検証したいところです。
確認できる中でもゼネバス専用機のデスザウラーが金色を使っているので怪しいなぁとも思います。

情報操作はありそうですね。そういう裏はイメージして行きたいところです。

>しめじさん
あえてかぁ…。その可能性もありますね。
なぜ助けた! これ以上生き恥を晒せというのか!? 
みたいになりそうですもんね。
ヘリックならそれでも根気よく話し合いで説得しそうでもありますが、でもあえてコングで挑んでくるゼネバスに誠意を持って応えた結果かもしれませんえ。

三国ともトップはよく戦いますね。
部下がヒヤヒヤする…というのもありますが、それ以上に我らの大将強し!!と跋扈する要素もあるんでしょうね。

>No Nameさん
このシーンでは胸部が破壊されているので頭部コックピット自体は無事かもしれませんね。
それでも大怪我は追っただろうからそういう可能性も大いにあると思います。

>メカカブトさん
政治的な意図はありそうですね。ガイロス、そういうことしそうだもんなぁ…。

No title

ゴールドコングがデビルコングと違ってそこいらのかませ犬のように破壊されたことやファンブックで描かれたゼネバスの末路を見る限り、ゼネバスが裏設定でゴールドコングに乗っていた可能性は低そうですが、強引にこじつけるなら、手足を縛られたゼネバスが無人操縦のゴールドコングに乗せられてそのままコングごと爆散し、葬儀には偽者の遺体をあてがわれたところでしょうか? あの闘争本能溢れるゼネバスならコングに乗った途端に暗黒軍に反旗を翻しかねないので。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント