最新式レールガン装備タイプ

線画です。久しぶりに帝国側。

漫画版の機獣新世紀ゾイドに登場した改造レッドホーン、最新式レールガン装備タイプです。


もー、この昔から大好きなんです。たまらん。
ゴチャゴチャしたメカニックの造りも最高だし、色も良い。
ってか漫画だと色は分からないんだけど、多分銀色をしている。少なくとも赤や黒ではない(トーンが貼ってないので)。
銀っていうのが良い。塗装さえしていない出来立てほやほやの試作品という感じが最高。

帝国軍は試作品を盗賊団などに横流ししてテストさせてたりしたんだろうかなー。
そんな妄想も膨らむ。


ほぼ側面からのコマがあったので再現は楽にできました。
(ただ側面からのコマよりも少しだけ砲身を伸ばしています。登場シーン全体を見るとこんなもんかなと思いました)

このレールガンは、図面で見るより立体的な角度で見た方が圧倒的に見栄えが良いですね。
複雑な造形が絡み合った砲なので。
基部の感じももちろん良いし、砲口が小さいのも好みです。
皆、漫画を見直すのだ。



デザインも良いのですが「撃つのに丸一日かかる」っていう大がかりな感じも素敵。
この設定がデザインをさらにカッコよく見せているのだ。デザインと設定が見事に融合して互いに高め合ってる感じが最高。

ゴチャゴチャした装備は改めて魅力的です。
帝国らしからぬゴチャメカぶりですが、多分試作品として無理やり作ったものはこんなのなんだろうなぁ。
そして試作状態から改良を重ねてスッキリした外観にまとまっていく。更に機能面もアップされて発射速度なども上がってくるんだろうと思います。

あと細かいですが漫画版だとフリルが砲になっていた。(新世紀版の設定だとレーダーの筈だ)
という事は盗賊団が使用していた本機は旧大戦の生き残りなのか…。
盗賊団だから本体側は中古品なのかなー。そんなことを想像してみても面白いかもしれませんね。

そんなわけで最新式レールガン装備タイプでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

案外出所を特定させないためにゴテゴテしたデザインで作ったのかもしれませんね
他にも盗賊団の整備能力から無駄に大きく作ることで構造に余裕を持たせて整備性を上げた可能性もありますね
あと、うろ覚えだったのですが数発の発射で壊れると会話にあったので、データの入ったコアユニットや回収したい重要部品を守るために保護のために大きく作ったのかもしれませんね<同時にレッドホーンも爆発に巻き込まれるための火薬をとうさいなど

No title

1発撃ったらまる一日冷却を要するってロマンがありますね・・・
まぁただ単に試作品で冷却が欠陥なだけかもしれんですけどw
とはいえライガーが気を取られていて不意打ちされたとはいえ一撃でライガーを戦闘不能に追い込んでる当たり強力なのにはまちがいないんでしょうけど・・・?

No title

漫画版ではいきなりシーザーが致命傷を負わされたシーンに唖然とし、
その後のシーザー復活からの逆転劇に燃えたので、
このレールガンも印象深い装備です。

破壊力は抜群だけど大仰で使い勝手は極めて悪い、でもだからこその一撃必殺の装備である事が、
この装備を印象付けると共にシーザーの復活劇からの逆転を魅力的なモノにしていると思います。
(そしてこうした装備を給与した帝国の面子も今後の物語によく関わってくるので、登場人物の繋がりがしっかりしていると思います。)

メカ生体時代の設定を知ると漫画版は結構メカ生体時代の設定を拾っているのが解って面白いですね。
当時は、「どこから砲撃しているだろう・・・?え!?レッドホーンのフリルの角ってレーダーじゃないの?!」って思ったりもしましたし、
トルナード(ステルスバイパー)が水中戦にも対応出来たりと、
発見があります。

帝国にとって盗賊団を利用する上で自分達の存在はなるべく伏せたいだろうから、
各種偽装と同時に廃棄寸前の中古の機体を回すと言う事はやりそうですし、
アーバインのトルナードの場合はアニメやバトストのコマンドウルフの様に戦場に乗り捨てられたスネークスを改修した機体かもしれないと思いますし、
こうしたメカ生体時代の設定を反映した機体についてあれこれ考えるのも面白いです。

もしトルナードがそこそこの老齢機だとしたら、ステルスドラゴンへの大改修(と言うかボディ新造とコアの移植)によく耐えられたなぁ・・・。
でもシーザーの場合もジークの補助があるとは言え、機体自体はそこそこ古そうですし、
瀕死の重傷かつシャドーキーまで使った状態のシールドライガーからブレードライガーに進化して、
そこから更にライガーゼロのボディにコアを移植してからも元気にしてたので、
漫画版の世界だと割とゾイドコアはとても頑丈で数度の改造や大ダメージに耐えられるくらい生命力に溢れてるかもしれないですね。

No title

>デスペラードさん
なるほど、面白い解釈ですね。
整備能力から大きく余裕をもたせたというのは面白い!
たしかにメカニックが剥き出しだけど、それゆえに整備面を考慮すると盗賊弾向きだよなぁ・・。

発射はどうなんでしょうね。私は適切に運用・・・・・一日一発の発射速度さえ守れば比較的長く撃てるんじゃないかなあと思っています。

>w15さん
その設定がデザインの魅力を更に高めているんですよね。
最高の仕様です。
発射速度を改善すれば恐るべき武器になったと思います。
描写からして貫通力が凄まじく高そう。
あと少し着弾位置がズレていてコアが傷ついていたら、さすがのジークでも修復が間に合わなかったと思います。

>ラウルさん
あの描写は何度でも言いますがとにかく最高でしたね。
詳細までレールガンの凄さを語ってから、そしてそれをギリギリで交わすシールド。
何度読み返しても最高のシーンでした。

トルナードのエピソードは想像したいですね。
実はスネークスという可能性もありますねえ。
しかし、それだと旧大戦中期に一線を退いたスネークスだからかなりの老齢機ですね。
あの機体もアニメ版のように深い絆で繋がれているのかもしれませんね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント