アニメ6話!

今日は6話でした。
そろそろ土曜朝に早起きするのも慣れてきました。
が、慣れる事と眠くない事はイコールじゃないので眠いですね。
でもその眠いを吹き飛ばす面白さなので苦にはなりません!

さて中身ですが、今回は初っ端からまたアラシが空腹で倒れていた。
学習しなさい……。

今回は「ゾイドハンターの村」が出てきました。アラシはそこで助けられたのであった…。
この世界にはゾイドハンターの村なんてものもあるようですね。


それにしても特徴的な格好の村ですねえ。
なにげにカロンが可愛いぞ。レギュラー化してもええんやで。

ゾイドハンターの村がいかなる存在なのか。これは気になるなぁ。
アラシの村のようにゾイドを忌み嫌う場所だけでなく、積極的にゾイドとかかわりを持つ村もあるのか…。

デスメタル帝国は世界征服を野望として掲げています。
その為に主力歩兵ラプトール、四天王の強力ゾイド、ギャラガーのデスレックスなどの大部隊を運用している。
あとクワーガもキットのパッケージがデスメタルマークになっているので、ある程度の配備があるでしょう。

ゾイドハンターの村は、もしかしてデスメタル帝国の野望達成の障害になっていたりするのかな?
各地にゾイドハンターの村があるので、これを実力で排除できるだけの部隊を保有する必要がある……。

ただ今回もデスメタル帝国の部隊が出てきましたが、あまりゾイドハンターの村を気にかけている風はなかった。
むしろそんなことはどうでもいいとばかりに、相変わらずワイルドライガー捕獲に向けて動いていた。
ゾイドハンターの村がいかなる存在なのか。デスメタル帝国にとってどういう存在なのか。そしてデスメタル帝国がワイルドライガーだけを執拗に追いかける理由は何なのか。この辺は今後特に考えていきたいです。



さて今回は何と言ってもグラキオの重量感たっぷりな魅力が描かれました。
このカットを見ているとハンマーの裏側を塗り分けたくなるな。
肉抜き感が全くなくなりデザインとしてとてもカッコ良くなってる!

重戦闘ゾイドの魅力。ライガーのスピードとはまた違った魅力が描かれるのは嬉しい事です。
そしてワイルドブラスト!


アンカーで体を固定し、地面をたたき割る凄まじい攻撃!!
重量級ゾイドの魅力をこれでもかと魅せてくれましたね。

先日発売されたばかりのグラキオサウルスの最高の宣伝になったでしょう。
それにしてもワイルドブラスを見せる第二弾がグラキオだったとは意外です。
グラキオのライダー…クロアメは何者だろう?
実は父ちんじゃないの説を唱えていたりするんですが、んー。気になる!
これも今後追っていきたいです。

あと細かい事ですが、一話でグラキオサウルスは隕石だか火山弾だかを打ち砕いていましたが、これが「隕石だった」とはっきりと明言されたのも何気に重要だったかな。
という事で色々あってやっぱり安定の面白さでした。


ただ一方で今話は少し残念な所もあったかなーという感想もあります。
もちろん面白くて大満足な6話でしたが、グラキオサウルスVSワイルドライガーの戦いが思ったよりも短時間で終わってしまったのは残念だったかなぁ。
もうちょっと見たかった! もうちょっと長ければ嬉しかった。
両者の戦いはデスメタル帝国部隊の乱入で中断されました。
それは仕方ないんですが、乱入前にもうちょっと時間をかけて激し目に死力を尽くして戦っていればなぁと惜しく思いました。
6話は村の人とのギャグチックなやり取りなどもふんだんにあってそれはそれで微笑ましくて良かったんですが、もう少しそういうシーンをカットして戦闘に割いてほしかったかなー。

あとワイルドライガーはVSグラキオ戦では通常戦闘をしていましたが、デスメタルが現れた瞬間にワイルドブラスト。
そろそろラプター程度は通常戦闘で倒す描写が見てみたいかなー。
ワイルドブラスト・必殺技要素での販促は絶対必要なんだろうけど、毎回本能開放・キングオブクローのくだりが同じなので今後も続くならややマンネリ感があるかも。

とまぁそんな部分がありつつも基本的には本当に楽しんでいます。
しばらくお別れかと思っていたペンネがちらっと再登場したのも嬉しかったし、次週はついにオニギリ&ガノンタスが登場する!!
漫画版ではガノンタスとガブリゲーターが同時に登場しました。ガブリゲーターの登場も近いのかなー。これも気になるなー。

そんな感じで第6話でした!
7話も今から楽しみだ!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

第6話の見所は「竜脚類型ゾイドの戦い」が描かれたことでしょうか。
特に「スピードでアタックしてきたワイルドライガーを、パワーで強引に押し返す」場面は痺れました。アニメ無印で登場したウルトラは、鈍重な超弩級戦艦的な演出でしたので、パワフルな躍動感が描かれた今回は非常に興奮しました。バトルシーンが短いというのは確かに残念でしたが。

今回登場した2つの村については、現時点ではデスメタルの脅威ではないので無視してると思います。あくまで「ゾイドハンターが創った」だけであって、現在はハリボテのゾイドで喧嘩祭りをしている=村にはゾイドがないという状態なので。

むしろ、気になったのは、プチ再登場したペンネがデスメタルの兵士とニアミスした場面。これはやっぱり、デスメタルと縁があるという伏線なのでしょうか。

ワイルドライガーの本能解放のマンネリ感は今後の課題でしょうね。個人的にはグラキオの本能解放に持って行かれて忘れてましたが(笑)、ウルトラマンなどは「変身(登場)シーンやメカの出撃シーン」がバンク映像になっても、必殺技は新撮映像なのでマンネリ感が最小限に抑えられているのですが、本作は逆なのが痛いところです。

そして、エンディングでクレジットの出ないクロアメの謎が深まる、深まる・・・。


ところで、Twitterを見てると、グラキオサウルスを「首長竜」と発言する人が意外と多くて、気になっちゃいます…。

No title

あーやっぱり、私も思ったよ
バディはグラキオだし無口(意味深)だし
メカっぽいアーマーで覆われてて
特定できないからね

頻繁に使える?

私も見ましたが、冒頭の場面は全くその通りですよね。「朝飯を食べたら」なんて言っていたから食料を用意しているのかと思ったら何もなし。死活問題なんだから解決しとけ!と思いました。
それにしてもワイルドブラストは頻繁に使えるものなんでしょうか?確か3話くらいでアラシがかなり体力を消耗して眠りこけていたから命にも関わってくるはずなんですが。
あと見ている側からすると「全力を出さんと勝てんのか」という印象を持ちますしね。

なるほど

多くの部分で同感ですね。
面白いんだけど、そろそろもう少し欲張ってしまいたいというか。

特にライガーとグラキオの決着がつかずにすぐ終わってしまったのは残念です。この辺りは優位性が明言されつつ実戦では微妙な交戦結果しか残っていないゴジュラスギガvsデスザウラーの様なもう一歩感がありました。
ただ、冷静に考えれば仕方がなかったのかもと思います。
ゾイドの王と銘打たれつつも苦戦が目立ち、一部からは弱い奴認定されてしまったワイルドライガーを負けさせるわけにはいかない。けれど隕石を粉砕するパワーを持った恐らく古参向けの重量級ゾイドグラキオサウルス を負けされるわけにもいかない。クロアメとアラシは敵対している訳でもない。ならば有耶無耶にしてしまおうという判断は分かる気がします。

特にグラキオサウルス は、超大型アイテムなので、負けさせるわけにもいかない。ちびっこに弱いと認定されたゾイドの売れ行きは悲惨です。強いオーラを出せるだけ出して、とにかく子供にも大人にも売りたいんでしょう。強く支持します。


戦いはすぐ終わってしまいましたが、終始グラキオが優勢でした。
アラシが素人というのが一番大きいんでしょうが、ペンネも狭い空間ならライガーの逃げ場が少ない分グラキオが有利だと推定しています。
素人のアラシがグラキオは速いと咄嗟に言っています。素人でもわかるというのは、よほど明確に速いんでしょう。

グラキオがライガーを捉え切ることはありませんでしたが、ライガーも一撃でも浴びればやばい状況。ライガーのパワーではグラキオにたやすく押し返される。でもよろめかせることはできる。
どちらも長所を潰し合い決着がつかない感じでした。


グラキオのワイルドブラストも文句無しのかっこよさでした。
普段全く喋らないクロアメがワイルドブラストと叫ぶ様はかっこよくて痺れましたね。

もちろんライガーもかっこいい。
キングオブクローでラプトールを倒していましたが、引き裂かれた様な傷ができたのはいかにも野性的でこれもしびれました。
すっぱり切れるのもかっこいいんですが、同時に切られた側の再起不能感が半端なく、可哀想に感じていました。

今回のは、いかにも動物的で、しかも斬り付けられた側も蘇生の可能性が見えるダメージ描写は素晴らしかったですね。


隕石と明言されたのは大きいですね。
一部では極小の火山弾を辛うじて粉砕した程度で良い気になるな、という批判もありましたし。やはり過去への挑戦と新世代の開拓を意識した演出だったんですね。


このままライト層を取り込みつつ、穏やかな古株を囲みにかかってほしいですね。

No title

ライガーVSグラキオの対決はやや短かったですが、
ライガーをも怯ませるグラキオの咆哮、
首や尻尾、踏みつけを使ったバリバリの格闘、
ライガーの体当たりでも全く倒れる様子の無い堅牢さ、
といったウルトラザウルスとはまた違った雄大さというか揺るがない姿を見せてくれたので大満足です。
特に大型ゾイドの格闘戦と言うだけでも貴重でした。

また、クロアメのキャラの掘り下げもされたのが嬉しかったですね。
寡黙な彼ですが村長からもらった帽子を嬉しそうに被っていたのが意外と可愛くてほっこりしましたし、アラシとの対決ではワイルドブラストを使わずデスメタルから村人を守るためには容赦なくワイルドブラストで叩き伏せたというのが最高にカッコ良かったです。
ゴチャゴチャ喋らず正々堂々と戦い、弱きを助け悪を倒すというのは主人公アラシにとってベーコンとはまた違う兄貴分として映ったのでは。
声も結構渋くていい声でした。

No title

毎回なにか気になる描写がありますね
今回はライガーが逃げ出したゾイドと言ったような?
重火器がまだ使われてませんよね世界観的にNGなのか
理由が在るのかなあ次回の亀には装備されているはずですが最近のタカトミは挑戦的なので何かとんでもない秘密があるのかなあ

素人

無印のバンとスラッシュゼロのビットはゾイドの操縦は素人(初心者)でジークやライガーゼロに頼っていたのに対し、アラシはここぞと言う時にワイルドブラストを使いまくり(無駄遣い)、それが仇となり、体力を消費しすぎで何度も衰弱危機に飾りました

しかしその後バンとビットはジークとライガーゼロに頼らず、自力で操縦をマスターし、一人前のゾイド乗りに成長しました
今後アラシもいつかワイルドブラストに頼らず、ワイルドライガーとの絆をさらに強くして一人前のゾイドハンターに成長する事を期待します。

No title

グラキオの雄大さに痺れました。買っといて良かった。
ところで、
この世界で火器はどうなっているのでしょうね?
帝国がロケランやワイヤー付きスタンガンを使っていましたが、あくまで歩兵の装備で、ゾイドに装備する様子が未だありません。無制限に解禁するとゾイドの前にライダーを殺す発想が出て、機関銃を積んだカブターやクワーガが最強ってことになりかねない。そんなメタ的な理由なのか、あるいは作中の事情で説明できるのか、次回のゾイド博士の解説に期待大です。

No title

グラキオの雄大さに痺れました。買っといて良かった。
ところで、
この世界で火器はどうなっているのでしょうね?
帝国がロケランやワイヤー付きスタンガンを使っていましたが、あくまで歩兵の装備で、ゾイドに装備する様子が未だありません。無制限に解禁するとゾイドの前にライダーを殺す発想が出て、機関銃を積んだカブターやクワーガが最強ってことになりかねない。そんなメタ的な理由なのか、あるいは作中の事情で説明できるのか、次回のゾイド博士の解説に期待大です。

No title

グラキオの雄大さに痺れました。買っといて良かった。
ところで、
この世界で火器はどうなっているのでしょうね?
帝国がロケランやワイヤー付きスタンガンを使っていましたが、あくまで歩兵の装備で、ゾイドに装備する様子が未だありません。無制限に解禁するとゾイドの前にライダーを殺す発想が出て、機関銃を積んだカブターやクワーガが最強ってことになりかねない。そんなメタ的な理由なのか、あるいは作中の事情で説明できるのか、次回のゾイド博士の解説に期待大です。

No title

グラキオの雄大さに痺れました。買っといて良かった。
ところで、
この世界で火器はどうなっているのでしょうね?
帝国がロケランやワイヤー付きスタンガンを使っていましたが、あくまで歩兵の装備で、ゾイドに装備する様子が未だありません。無制限に解禁するとゾイドの前にライダーを殺す発想が出て、機関銃を積んだカブターやクワーガが最強ってことになりかねない。そんな制作側的な理由なのか、あるいは作中の事情で説明できるのか、次回のゾイド博士の解説に期待大です。

No title

グラキオの雄大さに痺れました。買っといて良かった。
ところで、
この世界で火器はどうなっているのでしょうね?
帝国がロケランやワイヤー付きスタンガンを使っていましたが、あくまで歩兵の装備で、ゾイドに装備する様子が未だありません。無制限に解禁するとゾイドの前にライダーを狙う発想が出て、機関銃を積んだカブターやクワーガが最強ってことになりかねない。そんな制作側的な理由なのか、あるいは作中の事情で説明できるのか、次回のゾイド博士の解説に期待大です。

No title

今回は軽量級のライガーと重量級のグラキオ、両者の特性がしっかり出た好勝負でしたね、

ライガーVSグラキオのバトルのルールはゾイドバーサス2のスフィアモードを思い出します。

ライガーは機動力で翻弄できますが、
グラキオはライガーの体当たり程度ではビクともしない上に、首や尻尾のリーチの長さに加えてプレス攻撃と、その巨体を存分に活かして立ち回っていたので、
あのままバトルが続いてたらペンネの想像通りライガーが不利だったかもしれませんね。
(とは言え、例えば足の一点を執拗に狙う様な頭脳プレーができればあるいはライガーにも勝ち目があるかも。)

クロアメは平素は物凄く無口ですが、それだけにワイルドブラストで叫んだときは驚きました。
重量級のパワーを存分に見せたワイルドブラストも凄く良かったです。

良い話なだけにライガーVSグラキオはもうちょっと見て見たかった所がありますし、
アラシは毎回ワイルドブラストを発動している所があるので、
そこは色々ともう一声な所はありますね。
ただ、あんまりやり過ぎるとマンネリがちにもなるので、
今後はアラシの成長に伴ってワイルドブラスト無しでも敵を一蹴する様も見て見たいですね。

次回も楽しみです。

No title

クロアメが喋ったーーー!(そしてまたすぐ無口)

しかし(デスブラストを除いて)、アニメで二人目のワイルドブラストはグラキオがかっさらっていきましたか。こいつは予想外です。予想通り脚部のアンカーも使って、大迫力でしたね。

せっかくグラキオのワイルドブラストが見所なのですから、今回ライガーはワイルドブラスト無しにして、そのバンクの分の尺をグラキオvsライガー相撲にもう少し使って欲しかった気もします
(とは言いつつ、肝心の相撲も、ライガーが吹っ飛ばされて回転着地、のバンクを2回も使ってるので、現場のマンパワーが不足していたのかもしれません)

しかし、プッキャ村長とトッハ村長……安易なのは今更だからいいけど、呼びづらいよ!

No title

>ネームレス Mk-II 量産型 さん
重パワー、重防御の機体がパワーと頑丈さで強引な戦いをする。
これ大好物なので最高でした。
あのまま30分やってくれても良かったなー(笑

村は確かにハンターが創っただけであって現在はゾイド不在でしたね、、、。
数の多いカブターやクワーガあたりなら捕獲できそうな気もしまうが、それもしていないんだなあ。

ペンネは確かに気になりますね。
そういえば5話では敵がデスメタルじゃなくて盗賊だったんだよなぁ…。
ペンネとデスメタルの関係は重要になってきそうですね!

戦闘のマンネリ化は今後の重要課題だと思います。
「いっけー!」みたいに腕を前に差し出していますが、いずれそういうノリノリな描写では似合わない場面も出てくるだろうし。
まぁ週刊アニメは本当に大変だと思いますが、ぜひとも見せて欲しいですね。

首長竜は正直そのカテゴリーを決めた昔の偉い人が悪いと思う!
首長竜はブロントサウルスなどでプレシオサウルスの類は「海竜」とか「ヒレ竜」と名付ければわかりやすかったのに…。
私はカミナリ竜と呼んでいますが、これも厳密にはブロントサウルスを示す語なんですよねえ。

>ぬりさん
思いますよね。
メカっぽいのは改造されちゃった可能性も・・・・・・・。

>YHさん
ワイルドブラストなしで勝って欲しいですねー。
最初は解放しないと苦戦したが今では余裕。
そんな描写でこそ成長が描けると思います。

>No Nameさん
ライガーとグラキオはまた再戦して欲しいですね。
まぁ今回は高価格帯でしかも発売直後のグラキオを負けさせるわけには行かなかった。
さりとてワイルドライガー敗北は主人公機としてありえない。
そんな思惑があったんでしょうね。

グラキオのワイルドブラストはよかったですね。
当初「ここには届かない」は長い首で克服すると思って居ました。
そしたらまさか地面を割ってしまうとは!!

仰られている一部の声ってそんなにあるんでしょうか・・・・・・・・。
そりゃあ色んな方が居ますからありはするんでしょうけど、人気が出たらそういう声の割合は絶対に避けられません。
そこで「こういう声がある」と宣伝し続けるよりは趨勢がどうかという判断をしていったほうが良いと思います。

>No Nameさん
ライガーはもともとデスメタル帝国が捕獲していたが逃げ出したゾイドですね。
カメは大砲持ちなので、この扱いは気になりますね。
活躍すればその下記を他のゾイドにも付けたいと思うようになるだろうし。

>gdさん
最初はみんな素人だった、ですね。
いずれ立派に成長して多角的な考え方の出来る、そして多角的な戦闘も出来るライダーになってほしいですね。

>ラウルさん
どちらの特性も紹介し、しかしこのフィールドではグラキオが優位と説明した良いバランスでしたね。

クロアメは叫びましたねー。
あと、ワイルドブラストが出来る熱いハートも持っているという事ですよね。
しかし一体何者なのか。ますます謎が深まる…。

>狭霧さん
キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!!

ワイルドブラストは今後おそらく色んなキャラが使うようになると思いますが、二番手がクロアメだとは思わなかったですねー。
しかしかっこよかった。

作画は確かに大変そうですね。
週刊だもんなぁ・・・。いくら時代が進化したといっても動きを造るのは人だしモデルの作りも超細かいので本当に頭が下がります。
でもその上で更なるものを求めてしまう罪な視聴者であります。

キャラの名前は分かりにくいですね!
オニギリ、ギョーザなどの名前があるんだから素直にキャップ、ハットでいいのに。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント