ワイルドライガーは何者なのか?

ワイルドライガーはシリーズの主人公機。
物語の中心として大活躍しています。
アラシの相棒として。そしてまた、デスメタルの捕獲目標として。
今回はそんなワイルドライガーを考えます。

さてワイルドライガーで現在明かされている情報は……、
・白いタテガミを持つ唯一無二の伝説のゾイド
・ゾイドの王と称される
・一時期デスメタル帝国に囚われていたが脱走。その末にアラシと出会った
というもの。

アニメでも漫画でも、デスメタル帝国はワイルドライガーを執拗に追い捕獲を目指しています。
「一度デスメタル帝国が捕獲したが、脱走したから」という理由は示されています。
ですがよくよく考えるとこれは不思議です。

放っておけばよろしい。
なぜかというとデスメタル帝国には大戦力があります。
漫画5話では、まさに地平線を埋め尽くす大部隊が登場しました。アニメでも同程度の戦力を保有しているでしょう。
これと対峙すればワイルドライガーには勝ち目がない。

単機としても、確かにワイルドライガーは凄く強い。
でも圧倒的最強かといえばそうでもない。
ファングタイガーやギルラプターと同格。特にギルラプターは(ライダーの技量による所が大きいが)ワイルドライガーを圧倒する強さを見せています。
更にデスレックスは同格どころか上位機でしょう。
ワイルドライガーとデスレックスの戦力差を考えるとシールドライガーとデスザウラー・・・は言い過ぎかな。
でも最低でもシールドライガーとジェノブレイカー位の性能差はありそう。

要するにワイルドライガーを倒すことは容易い。ワイルドライガーはその程度の戦力である。
デスメタル帝国の掲げる世界征服、これを達成するための重要戦力としてワイルドライガーを欲しているわけではなさそうな気がします。
デスメタル帝国の現在戦力を100とすると、ワイルドライガーを引き入れれば101くらいにはなるかもしれない。
でも200になったりするものではない。

漫画5話では、アラシの乗るワイルドライガーとオニギリの乗るガノンタスがデスメタル帝国大部隊に遭遇しました。
その時、ギャラガーはワイルドライガーを自軍に引き入れようとしていた。
でもガノンタスは「そっちのカメはいらないから」としていた。

ガノンタスだってかなり強いゾイドです。
特にワイルドブラストの砲撃力は凄いので、デスメタル側が運用し「デスブラスト」で撃ちまくればそれなりの戦力にはなるでしょう。
「戦力」という要素のみで見るなら、ワイルドライガーを自軍に編入するメリット。ガノンタスを自軍に編入するメリット。これは同程度ありそうに思える。
それなのにガノンタスには見向きもしなかった。

この差は何?

というか、戦力増強を目指すなら最も手っ取り早いのはグラキオサウルスだと思う。
アニメではそんなに数が出ていませんが、漫画版だと群れと言える単位で登場しています。
そして強い。
戦力についてはアニメでも隕石を打ち砕くパワフルさ、ワイルドライガーと互角以上に戦う強さ、地面を割るワイルドブラストの破壊力が描かれました。
これを捕獲・運用すればよろしい。
でもそんな事をせず………、他のゾイドにはあまり興味を示さずワイルドライガーのみを追っている。

何故?
というとワイルドライガーのみが持つ何かの要素があるんじゃないかなぁ。
「唯一無二の伝説のゾイド」
ゾイドワイルドの世界では、ほとんどのゾイドが差はあれどいっぱいいる。
カブター、クワーガ、ラプトールは凄い数がいる。特にカブターは「レアホワイトが1万分の1の確立で生まれる」と統計が取れるくらいに生息している。
グラキオサウルスも多い。
ギルラプターもガブリゲーターもガノンタスも箱に複数機が写っている。
でもワイルドライガーは単機。

ワイルドライガーのみが持つ特別な伝説級の能力があるんじゃないかなぁ……と考えています。
単機としての戦闘能力はギルラプターと同程度。しかしその伝説級の能力を使えば凄まじい力を発揮する。
それこそデスメタル帝国の戦力を倍にしてしまえる程の……。

それは何だろう。
ワイルドライガーは「咆哮砲」を持ちます。これで敵を怯えさせた。
これが、更なる能力があるんじゃないかなぁ。
「王」と称されています。
すなわち咆哮で周囲のゾイドを威圧し自身に従わせる。そんな能力さえあるんじゃないだろうか。

王とは民を導くもの。
多くのゾイドを導くことができる伝説の存在、それがワイルドライガー……なんて考えました。
そしてその能力は悪用する事もできる。
デスメタル側が捕獲し自国の目的……世界征服の為に扱えばどうなるか。
その咆哮でデスメタルに従順なゾイドを効率的に集めることが可能……。
王の能力は、使い方によってはこのような事も出来る。
だからデスメタルはワイルドライガーを執拗に追いかけているんじゃないかなぁと、そんな事も思いました。

ワイルドライガーの秘密は今後どんどん明かされていくでしょう。
とても楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ライガーの特異性はやっぱり他ゾイドを統率、けしかける能力でしょう
個人的に考えているのは、地球に流れ着いたゾイドコアの持ち主がライガー種で、祖種の形態を色濃く残しているからとかですかね。

進撃の巨人でも、主人公は他の巨人をけしかける能力があり恐れられていました。

単体でもそこそこ強いが、他ゾイドを家来にしてけしかければ軍隊ができる。
王道ストーリーでうってつけの能力ですよ。
単体では勝てない相手に力を合わせて立ち向かうのは。


現時点でも、体に著しく負荷をかけるワイルドブラストを連発してるのにそこまでダメージを受けていない描写があります。

あるいは無限に進化する能力とかもありですね。過去設定とかぶるからないか。

No title

うーん・・・私的には、あんまりワイルドライガーが王だ王だと持ち上げるのは
好みではないんですよね・・・(==;)
ゾイドという物語が、完全に「ライガーが王様で中心なんだ!」となって
しまうのは昔からのファン目線だとあまりにも酷いというか。
平成版からアニメの主役ではあったのですが、群像劇であるバトルストーリーが
同時に存在していたので、多くの主役がいるドラマなことも描いてくれていた。
しかし、長い時を経て復活したら、火器武装を否定され、かつての
ゾイド設定を悪役側にされ、そして「ゾイドはライガーが中心の世界観である」
とされてしまうのは正直悔しいのです。
アニメで「ワイルドライガーはゾイドの王だ」とのセリフが流れると、
「ゾイドの王はライガーじゃねえ。恐竜種だ」とつい頭に浮かんでしまいます。
こちらへ書くのはどうかと思うのですが、ゾイドワイルドはもう根底から
以前のゾイドとは別物という印象になってきていて、かつてのゾイドの因子を
受け継いでいるのはコトブキヤの『ヘキサギア』のほうだとしか
思えなくなってる今日この頃です(=A=;)タハハ。
なんとか、俺ゾイドカスタム遊びだけでも復活させてくれないものかなあ。

さて、ワイルドライガーの王の力ですが、私も他のゾイドに命令できる
能力では?と少し前から考えていました。
進撃の巨人を見ていましたので、多分これと同じかなあと(苦笑)。
見える・・・アラシとワイルドライガーが吼えてゾイド集団を従え、
単体ではかなわないデスレックスに戦いを挑む姿が・・・(クワッ!)
展開としては、デスメタル帝国のゾイドが強制支配から本能開放で解き放たれて
ワイルドライガーに味方する感じでしょうか。
物語のパターンとしては燃える展開ではあるのですが、一度くらいは・・・
「こちらを悪だと決め付ける雲霞の如く襲い掛かる小型の敵集団を、真っ向から
叩き潰す巨大な正義の恐竜王ゾイド」が見てみたいものですw(^ワ^;)
敵の先頭に立ってた主役ぽい姿のキャラが「僕の王の力があああーー!!」って
吹き飛んでやられるようなw
まあその場合は、恐竜王ゾイドに乗るのがJOJOの空条承太郎みたいな
キャラじゃないと絵になりませんが(汗)。

長文ですが、Jスターさんへ

私もライガー主役、というのに長年抵抗を感じていた者の一人です。
ですが、ライガーが主役でいいじゃないですか。別に全ゾイド最強で誰も敵わないと明言されたわけでもありませんし、苦戦も目立ちます。
グラキオサウルス やデスレックス など、明らかに上位種っぽく描かれた種族もいます。


>>こちらを悪だと決め付ける雲霞の如く襲い掛かる小型の敵集団を、真っ向から叩き潰す巨大な正義の恐竜王ゾイド

おそらくゴジュラスのことを指すのでしょうけど、確かに魅力的です。私もゴジュラスは大好きですし、活躍を見たい気持ちもありますが、コンセプトアートで久しぶりに輝いているゴジュラスを見られました。
それに肉食恐竜種ライバル化ラスボス化は確定路線です。
平成アニメでも平成バトストでもそうでしたし、新生肉食恐竜型主役としてデザインされたゴジュラスギガは、残念ながら主役にはなれませんでした。
また、敵と決めつける悪というのも正義ではなく悪です。
群像劇としながら、主役は肉食恐竜型というのもいささか矛盾が…
ならば主役はそろそろ肉食恐竜に戻してくれぃ!という表現の方が当てはまるのでは?
強すぎる主役は他を食います。むしろ主役で、王と冠された魅力的な生物より強い生き物がいるというのはいい塩梅じゃないでしょうか。
現実のライオンだって、百獣の王と冠されながらも、サシの勝負じゃ勝てない獣は結構います。



>>火器武装否定

ガノンタスやワイルドライガーはちゃんと火器を持っていますし、完全否定はないと思います。ひょっとしたら今作後半や次回作で、過去ゾイド像に近づいていくことだって考えられます。なぜなら過去ゾイド設定でも最初は原種のそこそこ大型のゾイドを馬や牛のように扱い、それが全身改造され、武装し、どんどん巨大化していった設定だったはずだからです。
今のワイルドの世界観はまさに人類がゾイドと関わり出したばかりの世界観に近いです。
それに、メタ的な事を言うと他の方も仰っておられましたが、火器の充実はロボット作品と真っ向から対立します。強い火器があれば、動物型や人型である必要がありません。火器充実のミリタリな世界観で、リアル火力戦術全開のセイスモや爆撃機であるギルベイダーは批判されました。
かといって恵まれた格闘能力と速力を持った巨大肉食恐竜型のゴジュラスギガは火器ゼロでさらに批判が強かったはずです。
火器バランスが非常に難しいゾイドにおいて、今作くらいのバランスは製作者側にはやりやすいでしょうし、ファンからすれば激しい格闘戦を見られて良いと思います。


>>かつてのゾイド設定を悪役側にされ

デスメタルは言動が派手なので忘れがちですが、彼らなりの正義があると公式にアナウンスされています。敵でもありますが、違った正義という立場でもあるんです。ひょっとしたらデスメタル側が、あっと言わせる正論を言う場面も今後でてくるかもしれませんよ。
また、時代や価値観や倫理観は変わっていきます。
大昔は白人優位で有色人種は劣等種という考え方は当然でしたが、いまや肌の色という理由だけで劣等種扱いされるのは悪です。
野生動物の主要器官を機械の人工ボディに移植してガチな軍用利用するのは今はかなりシビアでウケが悪い設定でしょう。
現代向けにアレンジされたゾイド設定は、時代の流れとして受け入れた方が楽しめると思います。




好き嫌いは人それぞれですし、批判意見もある程度はあっていいと思いますが、今まさに前に踏み出した状態の若者に昔は良かった、今の若者はいかんというのも虚しい話です。
ゆっくりで良いので、少しずつで良いので、今生きている設定を受け入れた方が楽しいと思います。

No title

ね、ね、コロコロの次号予告見た?
なんか気になる事書いてあるよね、そういう事かな?

No title

ブログ本文+皆さんのコメントへの返信
以下、ちょっとメタな視点です。


マンタンウェブ:ゾイド:12年ぶり復活の裏側 原点回帰と進化
https://mantan-web.jp/article/20180818dog00m200009000c.html
これまでも出てきていた話で特に目新しい点ではありませんが
「子供に昔のゾイドを作ってもらったところ、ニッパーの使い方に苦戦する子供もいた。プラモデルを作る子供が減っているようです。」
「ミリタリー要素に興味がある子供が減っている。ロボットアニメも減っているし、戦争をテーマとした玩具や子供向けアニメも減っている」
などなど、とにかく徹頭徹尾最近の子どもをメインターゲットに努めています。

なので「子どもたちにアピールしやすいモチーフ」から逆算しての「ゾイドの王」という設定でしょう。確かに、ティラノサウルスも強いし人気です。しかし、絶滅して図鑑や博物館でしか見られない古生物より、現在も生きている姿が動物園やテレビで見られるというのは強みだと思います。(ついでに言うと、子どもにおもちゃを買ってあげるお母さんや祖父母だと、ライオンとトラの区別はついても、ティラノサウルスとベロキラプトルが区別できるか怪しいと思います・笑)

旧ゾイドファンの自分としては、今なおバトストは至高だと思いますし、銃砲がほぼ皆無のゾイドワイルドが寂しいのは間違いないです。ただ、ミリタリー要素はどうしても中高生以降がターゲットになるので、子どもたちへの訴求力を考えれば現在のワイルド路線はよく考えられていると思います。

・・・それだけに、往年のファンに向けたゾイドFORの終了が痛手で悔やまれます。
裏を返せば、(運営の失策はありますが)現在のファンの大人だけではゲームアプリひとつ支えきれないというのが実情なのかもしれません。

No title

今回の話(7話)ではおにぎり君のセリフからワイルドライガーの重要かなと思う発言がありました。

ワイルドライガーが伝説の存在となっていたのは半世紀(50年前)から。と
ワイルドライガー以外のライオン種のゾイドはいない?
です。
つまりアラシの祖父がまだ若い頃はワイルドライガーはたくさんいた可能性?

自分はワイルドライガーは本作の舞台のワイルド大陸とは別の大陸に多く住むゾイドと考えています。

単にワイルド大陸では伝説となっているだけで他のワイルド大陸以外の大陸では大量にいて、伝説でもなんでもないゾイドかなと思います。

(さすがに地球の大陸がまた一つになるほど未来じゃないと思う。
ちなみに今の地球の大地がまた一つになるまで2憶年かかると言われます)

またワイルドライガーは最も進化した種で伝説級の能力もワイルドライガーが普通に持っているだけで伝説にないその他のゾイドはワイルドライガーよりも遥かに劣る存在だと思う。
(例えるならワイルドライガーがF91の時代のMSくらいの性能でそれ以外のゾイドの多くは1年戦争の時代のMSくらいの性能?)

単純に絶滅寸前のレアゾイドだからじゃないでしょうか。

No title

すみません、私の文章への返信コメントをされた方がおられるので、
それについての私の返信を書かせていただきます(^^;)


>恐竜王ゾイド~おそらくゴジュラスのことを指すのでしょうけど

いえ、違うのです。
私のイメージは「ゴジュラスを高速型に発展させたギガをさらに
ブラッシュアップしたイメージの恐竜型ゾイド」ですね。
ギガは高出力に見合った火器を武装すればガンダムのように万能型に
なるはずなので、開発期間の短さからの急造ではなく、じっくり再開発された
いわばパーフェクトゴジュラスギガでしょうか。
足をもっと長く、腕も大きく、もちろんあの太い眉毛に見えてしまう
パーツはかっこいいものに変えて(苦笑)。


>群像劇としながら、主役は肉食恐竜型というのもいささか矛盾が

私が「ゾイドの王は恐竜種だ」と書いたのは、ゴジュラス、ウルトラザウルス、
デスザウラー、マッドサンダー、キングゴジュラス、ゴジュラスギガ、
セイスモサウルスなどの軍戦力の中核となった巨大恐竜ゾイドたちのことを
指しています。
それと、群像劇であることと物語全体の主役が特定の誰かであることは
矛盾はしていませんが・・・銀河英雄伝説でもラインハルトとヤンが
物語の中心で主人公ですよー(汗)。


>強すぎる主役は他を食います

強すぎる主人公には強すぎるライバルがいるのがストーリー構成の常套手段です。
空条承太郎に対してはDIOというライバルがいました。
むしろ、私的にはバトル作品で「強くないのになんで王様なの?」って話よりも
「これはまさに王だ!」ってのがぶつかりあうほうが好みなんです(^ワ^;)
成長してゆく少年が主人公の話ならゾイドワイルドの方向性であってると
思いますが、単に「英雄VS英雄」が好きなんです。


>火器武装否定

これはですね、ゾイドに元から備わってる火器ではなく、本能開放が無くても
普通に有効な砲撃ができるロケットランチャーやミサイル等がゾイドに
装備されると、ワイルド世界のライダーたちは『即死』してしまうので
少なくともワイルドが続く間は火器武装カスタムは出ないと踏んでの
発言なんです。
後半、火器を防げるバリアーみたいなものが登場しない限り、対ゾイド火器は
あの世界のゾイドバトルには存在できないのではないでしょうか。


>かつてのゾイド設定を悪役側にされ

どう見てもヒャッハーなデスメタル帝国は、正義があるといっても
「倒される悪役」で出てきているのは間違いありません。
漫画でもギャラガーがゾイドを指して「この道具」ってセリフ吐いてましたし(苦笑)。
これに対する感情は、現代向けにアレンジしたものをどうこう言うメタ視線ではなく
「昔からのゾイダーの俺を悪役にしやがった!」という、冤罪をかけられた
ような拒否反応です(@血@;)
現代社会の「野生動物は害獣でも保護しろ」のクレームに合わせたのは
理解できますが、この反感はその意見に対しての反感でもあります。
だから、デスメタル帝国を見るたびに複雑な感情がわきあがるんですよねえ。

あと、こちらはネームレス Mk-II 量産型さんのコメントの中の引用文の
「ミリタリー要素に興味がある子供が減っている。ロボットアニメも減っている」
に関してですが、単純に面白いロボアニメ(+ロボ戦争アニメ)が
作られなかったことが一番の根本原因だと思います(爆)。
なんで無感情主人公やおかしな脚本がまかりとおって爆死するんだ・・・。
しかしガンプラの売り上げは海外売り上げで大幅に増えていて、戦火のあった
場所でむしろ子供たちがキャラに共感しているとガンプラ開発者の方が
おっしゃっていました。
海外も考えたら、旧来のゾイドも展開可能かも知れませんね。

ゾイドFORについては、終了したときも書きましたが、まともに普通の
ゲームとして面白くなるよう改良していかないことが・・・ファンが
支える時点までゲームが到達していないのが真実ではないかと(+д+;)
NEWガンダムブレイカーと似た匂いを感じます。
(製作側がファンのほうを向いてないというか)


かなりの長文になってしまいましたが、今回のワイルドは完全に
幼稚園~小学校低学年向けに振りきって設定されていますから、極論を書くと
「年月を経たゾイダーが受け入れられなくても仕方ないつくり」なんですよ
(滝汗)。
ゾイドワイルドのゾイドとヘキサギアを並べたら、私がSFミリタリーファン
向けに特化したヘキサギアに惹かれるのも言い切ってしまえば
好みの問題なので、当たり前なことなんです。
ゾイドは好きですが、無理してワイルドを受け入れなければいけないという
問題ではないんですね。
反応してくださった皆様、意見を下さってありがとうございます(=ワ=;)

No title

>Jスターさん
コメントをざっとですが読まさせて頂きました。
ワイルドは好き嫌いわかれるだろうな、というのは自分も重々承知なので、Jスターさんの肌に合わなかったというもの大切なファンの意見の1つなので良いと思います。

自分は特撮も好きですが、最近のウルトラマンはちゃんとした防衛隊(特捜チーム)が描かれない作品ばかりでちょっと遠ざかっています(予算的都合もあるでしょうが…)。Jスターさんがワイルドに感じておられる感想も、最近のウルトラ作品に対する自分の気持ちに類似しているのかな?、と思うと理解できる面もあります。

少なくても自分は、「従来とは異なる、コロコロ調の少年冒険もの」でワイルドをすんなり受け入れられたのですけど、一方で「攻殻機動隊みたいなちょっと難解ななぐらいのミリタリーテイストのバトストもの」が見たいと今でも思ってます(笑。

まあ、ちょっと穿った見方をすると、シンカリオンが子ども向けながら現実に近い世界を描き、かつEVAとかなり強くコラボする(=ちょっと大人へのサービスサービスぅ)作りになっているので、ゾイドは重ならない違う路線を選択した、というタカラトミー内の路線調整もあるかもしれませんね・・・(汗

No title

その…申し訳ないんですが、そこまで生真面目に考えられなくても。
こうだからこうに違いない、だから我はこう思う、故に受け入れられない。というのは頑なではないかと。
そう考えるのは早計ですとしか。過去の作品ならわかりますが、まだ展開中の作品ですしこれからだんだん変わってくるかもしれませんし、より魅力的になっていく可能性も考えられますよ。

デスメタルだって一見わかりやすい悪役然としているけれど、人は見た目じゃなくて、しっかりと独自の価値観と正義を持っている可能性だってあるじゃないですか。それが逆にギャップにつながる可能性だってありますよ。
悪役にしか見えない強面巨漢がめちゃくちゃ優しくて理論的だったら素敵でしょ?

下準備かもしれません。今まで散々わかりやすい悪役と思い込んでいた相手が、実は素晴らしい相手だったという演出は、下準備をしっかりとしてこそ輝きますし衝撃的演出です。

パーフェクトな主役にはパーフェクトなライバルがいる作品があるというのも、確かにおっしゃる通りです。しかし、公式はその方向に舵を切りませんでした。過去ゾイドを見ても、パーフェクトゾイドは存在しません。あのキングゴジュラス だって苦戦している描写もありますし、短所でパイロット凶暴化もあります。
パーフェクトな主役とライバルというのは、なろう系小説やコブラがありますが、少なくともゾイドは長い歴史で見ても、パーフェクトな主役というのは無かったのでは?ゾイドにパーフェクトな主役は不向きだと判断された結果なのでは?今後パーフェクトな恐竜型の主役が出ることだって十分考えられますが、今は現状を楽しみましょうよ。


群像劇に主役がいるというのも、今作だって何も矛盾しませんよ。
今作も主役がライガーではありますが、ちゃんとグラキオやギル、スコーピアやガノンタスの魅力をたっぷり描いています。これで気に入らないというのは、主役は恐竜型以外譲らないという意思に見えます。それではライガー以外主役は認めんというのと変わらないと思います。たまたま恐竜全般に主役の幅が少し広がっただけで、方向性は同じのような…



また、意地悪なことを言うと、少なくともここ数年、ゾイドはリアルミリタリな世界観や、SF的要素を取り入れた作品展開をし、奮いませんでした。
それも何度かリセットリスタートして、残念ながら全て振るわなかったはずです。だからこそ公式はとっつきやすい子供向けの世界観にしました。

そういったリアルミリタリやSFな世界観が好きなら、それらを魅力的な世界観だと楽しく宣伝し、同じ考えの仲間を増やし、公式に売れると思わせるだけのパイを見せつければ良かったのでは無いでしょうか。少なくとも今現在は、そう判断できなかったからゾイドワイルド があるのではないでしょうか。
過去の設定が好きならクリエイトして仲間を増やしましょうよ。


自分は偉そうに言える様な人間では無いし、何度も失敗を犯した身ですが、こうあるべき、こうだからこうに違いない、だから受け入れられない、というのは発展を阻む考え方だと思います。私だってゴジュラスギガみたいな、コンセプトアートの高速ゴジュラスみたいなゾイドが好きですし、その子達が主役のゾイド物語のアニメを見たい気持ちは今だってあります。でも、素人個人より比べようも無い位色々情報を得られ、悩める公式が、悩んで悩んでこれだという方向に舵を切ったんだから、それをできるだけ肯定的に捉え、楽しむ方がいいと思います。

批判も意見だと思いますけれど、だからといって、今のゾイド気に入らないんですよね、とわざわざ筋道立てて言うのも悲しい話だと思います。
私は過去、独自の路線と価値観で、現状を批判し、誰彼構わず迷惑をかけた恥ずかしい過去がありますが、今振り返ると、なんてもったいないことをしていたんだろうと思います。
周りの人は気分が悪くなる、自分の居場所はなくなる、あとには残った虚しさと自責の念だけ。周りも自分もマイナスになるだけです。

批判の意見も重要ですが、褒めて伸ばすという言葉だってあります。
そして世界はそれがスタンダードになりつつあります。
ゾイドは長年、批判を中心に発展してきました。しかし、公式は何度も膝を折ったし、公式も悩み、再ヒットに12年もかかりました。
ホビーの世界で、批判を中心に回ると言うのも非常に悲しい話だし、応援してあげましょうよ。それかどうしても受け入れられないなら、大人らしく静かに去るのがいいと思います。ワードで自分の理想を追求したオリジナルストーリーを描くとか。
何も今の展開が全てじゃないですよ。
ひょっとしたら今後次回作は歴代一シビアなSFミリタリーかもしれないんです。我々大人が、若い芽を萎縮させてしまう雰囲気を作っては、ゾイドの発展はあり得ません。

結論を言うと、現状に不満を言うより、現状を楽しむ方が多くの方と共有できると思います。偉そうで申し訳ないんですが、振り返るより、前を向いて歩く方がいいとおもいます。どうしても受け入れられないなら、他の手段を探して見ては?

No title

えーと・・・ごめんなさい、私の文章をどうも正しく理解されてると
思えないご意見の方へ書いておきたいことがありますので、
もう一度だけ書き込ませていただきます。すみません。

>パーフェクトな主役

どこにもそうは書いておらず、「強すぎる主人公には強すぎるライバル」です。
そのあとの「パーフェクトゾイドは存在しません」からのくだりは、パーフェクトゴジュラスギガという言葉とごっちゃになって考えられたのでは・・・?
好きな例に挙げた空条承太郎も、よく苦戦してますよ。
そもそも、苦戦もせずに勝ちまくる主人公だと出来のよろしくないなろう系に
なってしまいます(^^;)
ゾイドの過去例でいえば、デスザウラーやキンゴジュラスの登場時、
そしてマッドサンダーやギルザウラーという対抗ライバル機体が
出現したときが「まさに王だ!というのがぶつかりあう」ですね。
他に対抗できる機体がいないもの同士のガチバトル。
おわかりいただけたでしょうか。


>群像劇に主役がいるというのも、今作だって何も矛盾しませんよ。

あの・・・私の文章は、
「群像劇としながら、主役は肉食恐竜型というのもいささか矛盾が…」
という言葉に対して
「群像劇であることと物語全体の主役が特定の誰かであることは
矛盾はしていませんが」
と書いてあるのですが、いつのまに私がワイルドも群像劇で主役がいるのに
その点でダメだと否定していることになったのでしょう?
さらに、
「今作も主役がライガーではありますが、ちゃんとグラキオやギル、
スコーピアやガノンタスの魅力をたっぷり描いています。これで気に
入らないというのは、主役は恐竜型以外譲らないという意思に見えます。」
と続けられてますが・・・ちゃんと文章読まれてますか・・・?

私がその点を気に入らないと、どこに書いていますか?

私がワイルドは合わないと判断した点は、私が書いた文の中に明記してます。
そんな理由では、ありません。

ここまでの返信した内容は、すべて『私の文章を読んだあとに、脳内で
別の文章に変化しているものを基にして書いてある文』に対してのものです。
ご自分が書かれた文章を投稿する前に、一度、対象の文章と見比べて
チェックすることをお勧めいたします。

あと、気になった部分に対しての返信を・・・長文になり申し訳ありません。

>ゾイドはリアルミリタリな世界観や、SF的要素を取り入れた作品展開をし、
奮いませんでした。

これについてもすでに「面白い作品作らないから」と書いてますが、
少し補足をしておくと・・・
最近よく聞く「ミリタリーだからダメ」「ロボだからダメ」という、ジャンルが
それだからウケないという言葉があります。
シンカリオン、ウケました。
ヘキサギア、ウケました。
(アニメ業界へのインパクトも凄かったらしく、レイブレードインパルスの
デザインは他のメカ作品に影響を与えています)
ようはその作品に見た人をとりこにする力を持たせられるかであって、
ジャンルでヒットするしないは決め付けられないんですよね。
ゾイドの展開については、きっちり「ファンが何を求めているか」を
リサーチせずにおざなりにした結果でしょう。


>そういったリアルミリタリやSFな世界観が好きなら、それらを魅力的な
世界観だと楽しく宣伝し、同じ考えの仲間を増やし、公式に売れると
思わせるだけのパイを見せつければ良かったのでは無いでしょうか。

??????
・・・なんでそのジャンルが好きな1ファンが、そこまでの活動を??
それらの本格的な宣伝活動は作品の広報さんがやる「仕事」であって、
ファンがやるのなら知り合いや友人に勧めてみる、自分が気に入る物を
購入して制作会社に還元する、というのが一般的だと思うのですが・・・。
本物の布教活動と同じで、そういう「関心のない層」への活動は何かしらの
強烈な義務感・使命感に捕らわれないと労苦と心労に見合わず、
作業量にダウンするほどですよ。
SFミリタリー好きな層を集めてイベントをやるのならわかるのですが。
新しく知り合って仲良くなった方がその手のジャンルを好きそうなら、
話の折に進めてみるのはよくやってますけどね(^^)


>悩んで悩んでこれだという方向に舵を切ったんだから、それを
できるだけ肯定的に捉え、楽しむ方がいいと思います

いや、ですから「ライガーがゾイドの王」ってセリフを聞いたらイラッとくる作品に、
公式がやることだから受け入れろってのは怪しい宗教のようでは
ないですか(汗)。


>どうしても受け入れられないなら、大人らしく静かに去るのがいいと思います

流石にはっきり言わせてもらいますが、「行き過ぎた滅私奉公精神」の
持ち主だなあと感じざるを得ません(==)
ゾイドシリーズファンサイトで、けんか腰でもなく煽るのでもなく、
これこれこういう理由で私には合わなかったですね~と書くことも
禁じるというのは常軌を逸していると思います。


ここまでです。やはりかなりの文章量になってしまいました。
記事とあまり関係ないことで大量に書き込んでしまったことを
おわびしますm(=Д=;)m


返信失礼します

申し訳ないです。私も熱くなりすぎました私も決めつけが過ぎたと思います。
ただ、この辺りは顔や声が聞こえない書き込みでのすれ違いなのかな、どうしても嫌いだから受け入れたくないという頑なさが…

端的にいえば、この場でそこまで書く必要があるのかなということです。
イラっとくるとか、悲しいじゃないですか。

恐竜型の主役がそろそろ見たいのにな、で終わるなら良いんですけども、ライガーが王なのは酷いという文言がつくと、途端にライガー好きな人が悲しくなるというか。下げて下げるんじゃなくて、上げて上げる、みたいな感じを目指しましょうよ。


知り合いや友人に過去作品の良さを進めたりするのは非常に理想的だと思います。そういうのも重要な活動ですよ。そういう事が言いたかったんですよ。
何もワードで小説書くのが全てじゃないですし。

あと、私も思い込みが過ぎて、言葉選びも間違えたんですが、「今は」ミリタリ寄りのゾイドが受けないと判断されたんですから、鞘に収めるのはいかがでしょう。他作品で、子供向けのミリタリー作品のパイは埋まっていますし、それと潰し合うことを避けたとも考えられませんか?
真っ向からミリタリ風作品をいくつも作るより、多少対象年齢を変えた攻め口の方が顧客を取り合わずに済みます。

例えば、今ゾイドワイルド を見て育った一桁歳の子が、成長するに従って過去作品に興味を持つことだってあり得ます。きっかけの作品になるかもしれないじゃないですか。そこで、ミリタリー作品の良さを共有できると最高じゃないですか。


嫌い、受け入れられない。で終わるより、嫌い、でもひょっとしたらこう言う事なのでは?みたいな進む方向にシフトした方が楽しいですって!
これは受け売りなんですけども。


ライガーが主役じゃないんだよ主役はゴジュラスとかウルトラだよ、とか、アニメが子供向けでいただけないとかは、もう10年以上前に語り尽くされた荒々しい議論です。負の歴史を繰り返すのは悲し過ぎます。
自分は平成出身のゾイドファンでありながらゴジュラスやミリタリーの方が好きだった身です。そう言う人だっているんですよ。
でもその私もゾイドを知ったきっかけはアニメですし、アニメも好きです。


過去設定が悪役側にされている構造が嫌、とか、火器が滅多にない世界観は嫌とか、根本的なところが受け入れられないならそれにしたって、今はそれを秘めて、最終回を見終わった後に、「今回のゾイドどうだった?いやぁ、あの設定はな〜。俺はこう思うけど、どうかな?」みたいな全部終わった後に総括するとか。どうしても今のゾイドが嫌なら、ストレスを貯めて見続けるより、見なくなるのも手です。

ただ、これからって時に、終始批判の意見を書き込むのも流石にどうかと。まだ始まって2ヶ月くらいの作品ですし、ワンクールの深夜アニメとはテンポも違います。まだ、作品の批判を始めるのは早過ぎますって。

No title

自分も正直、このライガー=王と言う路線は不安要素ですね。。。
新世紀がその本性を現したのも中盤からですし、こんなに色んな種類のキットの出来がいいのにそれでもこんな要素を入れないといけないと開発陣は思っているのかという(安定だと思って消極的賛成はしつつも)新しい危機感もあります。
まあワイルドは過去に甘えずちゃんと子供向けに細かいところまで調整してあるのでお陰で別物と考えることも簡単ではあります。
自分に合うか合わないかは別として、これぞ”原作”です。

最後まで待てという声も解りますが、それには”信用”が必要です。
新世紀のやり方はそれなりの数のファンからゾイドの一部の分野に対する信用を奪いもしました(勿論、多くのファンに新しく与えもしました)。
色んな意味で、批判は過去の重みです。
明らかに貶めるためだけの叩きとは別個のものだと思いますし、自由市場の前提レベルではないでしょうか。

また、ワイルドの一方でFORなどの大人向けのサービスが全く動いていないのも不満を増長して当然だと思います。
PSゾイド1のような救世主が待たれます。
そういえば最近、PSアーカイブスと言う便利なものが、、、(チラッ

No title

今更割り込んで申し訳ありません。
私は、「ライガーが王」というのは一種の前フリではないかと考えています。
この先アラシとライガーが成長して「王」があながち名前負けでもなくなってきた頃に、ギャラガーとデスレックスが出てきて「本当の王の力を教えてやる」と言ってアラシ達を一蹴したらどうでしょうか?無印でシールドライガーが荷電粒子砲で撃ち抜かれた時に匹敵する絶望感があるのではないでしょうか?
今の持ち上げもその為の伏線だとしたら、悪くないと思います。その上でアラシとライガーが「本物の王」になるなら、熱いものがあると思います。

No title

ワイルドライガーが王という設定はバトスト基準では違和感がありますが、アニメ基準ならしっくりくるかもしれません。かつてのアニメ版ではバンのブレードライガーやRDのゼロファルコンなどが、超巨大なデスザウラーやセイスモサウルスの繰り出す荷電粒子砲を弾きながら粉砕するというキングゴジュラスすら真っ青の怪物じみた戦闘力を発揮しましたから、ワイルドライガーもこれらのライガータイプ並みの圧倒的な戦闘力を持っているのなら、ゾイドの王という名もふさわしいのかもしれません。

No title

>eonetご使用のNo Nameさん
一連の流れで熱心な書き込みありがとうございます。
特定の方へのレスもされておられますので、そのように使われる場合はできるだけ名前を付けていただけるとありがたいです。
理由は他のNoNameさんとごっちゃになるからです。
単なるレスなら良いのですが議論をする場合にこれは致命的です。

私は管理人ですので過去のもの含めて誰が書き込んだかを判断できるのですが、他の方の場合は名前で判断するしかない。
そんなわけで以降よろしくお願い致します。


さて能力はまさに進撃の巨人のアレに近いものを想像しています。
王ですね。
強力な咆哮がそれを実現すると思います。

>Jスターさん
わかります。よくわかります。
特定の誰かではなく、それぞれが特別であってほしいですね。
「今回はこのゾイドにスポットが当たっていてそのストーリーなんだけど、別の場所では他のゾイドがストーリーを作っているんだろうな」と思えるものが理想ですね。
そりゃあ強いのは良い。ライオンだもの。でもあまりにも特別なものを与えすぎるとなぁというのは思います。

まぁ、そうはいってもライオンは現実でも百獣の王と言われる特別な存在であり動物のリーダー格であるとは思います。
特別な存在とされる事は今期が新規キッズファンを取り込んでいる事と併せて考えても仕方ないのかなーと思います。
そうはいっても特別すぎると という事でもあるんですが、この点についても期待しています。
生物である事がより強調された今期シリーズです。描写はとても丁寧です。
なので、入り口として「ライオンが特別なんだ!」であったとしても、物語が進む中で「ライオンのヒーロー清は存分に描きつつも」他ゾイドも存分に描いて「色んなゾイドがそれぞれ特別なんだ」と思える内容に進化すると思っています。
それに期待したいですね。

カスタムパーツはガノンタスのキャノン砲があるし今後出そうな気もしています。
特にデスメタル側では出ると思います。
更に味方側も「そうはいってもこの状況では使わざるを得ないだろう」という状況が出るんじゃないかなー。
なにせデスメタル帝国という「個VS個」ではなく軍というか「面」的なものに対抗しているわけだから。
そういうのも期待しています。

都合よくライダーは大丈夫 になるのか当たったらアウトになるのかは分かりませんが、その辺は納得できる回答が欲しいですね。
現在ガノンタスやトリケラドゴスが防御力が強いとか味方の盾になるとかされているので、何らかの解答はされると思いますが…はたして。

>ぬりさん
そういう事かと!!!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
私的に思うのは「時代に沿うのは必須である」ことは当然です。
一方で沿うだけではそれもまたジリ貧が待っています。
ヒット作は「時代の流れを見極めつつ、その流れに沿いながら新しい価値を創造する事」です。

ちなみに「新しい価値」というのはあんがい昔の流行の中に隠れている事もあります。

艦これは空前のヒットをしました。
流行のスケールは戦後に起こった「戦記ブーム」を思わせる規模です。
戦後に何度か起こった戦記ブーム。少年はこぞって大和やゼロ戦を追ったものです。
艦これはエロめの擬人化という時代の流れに乗りつつ、更に戦艦・戦記という一見すると「昔はやったけど今では見向きもされていない古いもの」の魅力を再確認して大成功を得ました。

こういうのが大ヒットする要因と考えます。
艦これを見て、「ヨッシャー今はああいうのが流行りだな。じゃあうちは戦車で同じようなのをやろう」となってしまうとダメです。
そういうのは時代に乗ってるから一定の成功はします。ですが自身が主役になる事はありません。
有体に言うと艦これのブームに便乗しただけのもの。

これはとても難しいバランスで、会社は自社の発展を願っています。
発展するには大ヒットが必要です。
大ヒットするのは新しい価値を持ったものです。
ですがそういうのは作るのが難しいしリスクも高いです。

会社は自社の発展を願いますが、現実的に言うと「存続」がもっと大きな条件です。
社員100人が居れば毎月の給料を払うための金を生まねばならん。
リスキーなことはなかなかできない。
ならどうするかというと、流行を調べてそれのパチもんというか似たものを作れば良い。
そうすると大ヒットはせずとも一定の成功はしやすい。
作るのも見本があるから比較的容易である。

だから世の中には、特に現在においては後者の作品が多いのです。
ただし本当に価値があるのは前者だと思います。
ゾイドワイルドは前者だと思います。
なので「時代に沿って」という部分はまさにその通りなのですが、その先に新しい価値も見いだすと思っています。

>No Nameさん
なるほど!
ポケモン初代だと御三家が貴重ですが、続編の別の地方だと普通に生息していたりするようなもんですね。
それはありそうですね。
ワイルド大陸以外にも部隊があったら面白そうですね。
地球でいうオーストラリアみたいな分離されているから独自の進化をした部隊があっても面白そうです。

ライオン種の中でもワイルドライガーはホワイトライオン。その他にも通常のライオンが居ればいいなーとも思うんですが、この先どうなるでしょうね。

>To wayさん
レアゾイドだから集める という発想はデスメタル側にはあまりなさそうな気がします。
そういう発想が無く単に戦力になるか否かで判断しているから「兵器だ」なんじゃないかなー。

>eonetご使用のNo Nameさん②
「そこまで生真面目に考えられなくても」というのはあまりよくないですね。
そう出来ない程の想いがあるからこうして熱い意見が出るわけであってその意見が沸きあがること自体を否定してしまっては互いに遠慮しあってモヤモヤするだけだと思います。

言わんとする事は分かりますが。
あまり良くない例えなんですけど自殺を考えている方が居たとしましょう。
その方から相談を受けた状況を想像して下さい。
A:自殺なんてバカな事を考えるな!
B:そっか辛かったんだねえ
というニパターンあるとAは正論ですが相手をまるで理解していないので絶望させるだけなんです。
Bはこの時点では解決に至っていませんが歩み寄る姿勢を示す事が第一歩なんです。

そういう事を意識するとより良い議論ができると思いますよ。

>場末の葦さん
私もライガー系ばかりの種類が増えて乱発されるようであれば危険だと思います。
が多様性を維持しつつであればライガー系が主役でもいいかなーというのが今のところの思いですね。

信用は一度失うと取り戻すのが本当に大変ですね。
新世紀は色んな議論が必要なシリーズだと思います。
その後のフューザーズ、ジェネシスなども。


私は議論の中で否定的な意見はとても重要だと思います。
これは以前から何度も言っていますが気を使ってうわべだけの賛同をしても全く意味がない。
本音で言ってこそだと思います。
また好きになれないものを素直にそう言ってこそ、本当に好きなものを好きと言った時に大きな感動が生まれると思います。
うわべだけで褒めまくっていたらいつか白けてしまいますからね。。

私は「肯定的に見よう」と言いますがそれは「偏見をもたずにまずは見よう」という事です。
決して「肯定する」事とイコールではありません。
肯定的に見た結果として自分には合わなかった。もっとこうしたほうが好きだと言う意見は当然出ます。

ゾイドに多様性があった方が良いというのは大勢の方が賛同するところだと思います。
同様に意見にも多様性があるのは当然です。

否定的な意見は貴重で、「議論する」という気があれば貴重なものだと思います。
議論する気が無く罵倒したいだけのものに価値はありませんが。
その境は熱心なファンであれば容易に区別が付くと思います。
そうしていきたいですね。

>レイさん
それはいいですね!!
バネを思いっきりひけばひくほど弾は勢いよく飛びますからね。
戦闘力でいえばデスレックスは圧倒的だと思います。
ワイルドライガーをはるかに超えている…その時どう描かれるか。
王とは何だったのか。
その辺もあると良いですねー。

>samonさん
アニメはアニメ、という視点で見るとそうなるでしょうねー。
アニメはサイズなんかも独自なところがありますしね。
アニメの最終話ブレードライガーとキンゴジュはどっちが強いのか気になるところです。
でもそれをあえて混ぜながら考えるのもまた楽しいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント