アニメ7話!

7話もリアルタイム視聴で~

「怪亀!その男ゾイド博士」
なんだか今期シリーズは最獣要計画とか古大秘宝とか感じで遊ぶのが好きですね。

今回はデスメタル側の開発研究所が出てきましたね。
・・・研究所所長の名前がマカロニでしたが、ペンネ姐さんとは関係ないよね?
弟がチクワだったので、たぶん節穴的な名前なだけだと思うんですが……。

さて7話では冒頭から早速ワナに引っかかるワイルドライガー&アラシ。
今回は率先してワイルドライガーから罠に飛び込んでいたような気がします。
今までけっこう「先走るアラシを冷静な目で見ているワイルドライガー」っていう感じだったと思うんですが、ワイルドライガーもけっこうどっこいやないかい!
似た者コンビなのかも。

ただ今回は全体的にアラシとライガーがホントに互いに信頼しあっている感じがした。
捕獲されたライガーを呼ぶアラシ。それに応えようとするライガー。
ピンチの時は拘束具を付けたまま駆けつける!
徐々に本当に良い相棒になってきているのがいいですね。

一話で絆を結び、二話で改めて向き合い、4話からは旅が始まり一緒に居る時間がずっとになって。
ペンネにあってからはメンテも習ったのでアラシなりに一生懸命やっているのでしょう。
その辺が今話の信頼に思えました。


それにしてもデスメタル側の「開発研究所」が出てきたのはけっこう重要かも。
研究所ならともかく”開発”研究所だからなぁ。

デスメタル帝国は現在デスメタルキーを少数だけ保有している。これは「オリジナル」と呼ばれて四天王が所持している。
これを量産し全兵士に配備する大きなことが目的のようだ。

…オリジナルのデスメタルキーってどうやって保有するに至ったのかな。
これも発掘した?
この辺の妄想も膨らみますね。

さて開発研究所はもちろんデスメタルキーの複製・量産品を開発しているわけだけど、そこそこ規模が大きいのでそれ以外にも色々なものを開発していそう。
チラッとですがバラしたゾイドのパーツを山積みしているシーン(クワーガ、カブター、ラプトール)があったので、キメラの研究なんかもやっていたりして…。
あとはゾイドに搭載する重火器なんかも開発していたりして。

キットではいずれカスタマイズパーツが出ると予想していますが、それはこうした開発研究所で出来たものなのかもしれませんねぇ。

フリーダム側…主人公サイドのカスタマイズパーツは5話でペンネが「カスタマイズが得意」と言っていたので彼女お手製のパーツだったりするのだろうか。
その辺もワクワクしながら予想していきたいですねえ。

さて話が逸れたので本筋に戻ります。

今回はオニギリとガノンタスが登場!
オニギリ、ガノンタスの役割は基本的に漫画版と同じ感じでしたね。

オニギリは正直あまり好きじゃないかなー、今のところ。
なんでしょうね、ガノンタスを人質(ゾイド質?)にとられて無理やり開発をさせられている悲壮な状況なんですが、ゾイドを見たとたんにキラキラして語り出す……。
んー……、いやまぁゾイドが大好きで詳しいのは良いんだけど、「普段はそんなオニギリだが今は話す気力さえない……」みたいにした方が良いのではないかなぁ。
敵側……オニギリを騙して連行し無理やり働かせている所長。そいつらが乗るゾイドでさえ見たとたんにキラキラして解説を始めていた。
むーん。
そりゃあ大変ではあるだろう。でもそこまで悲壮極まってる感じではない印象でもありました。
ガノンタスとはその後に絆を結んでワイルドブラストしますが、正直よく結べたなぁというか、そんな感じもしてしまったかなぁ。

そりゃあ申し訳ないと思っていたんだろうけど、その想いはそこまで深かったのかい?
キミはそれでどの位悩んだんだい?
ゾイドを見たらテンション上がる気持ちはわかるけど常に相棒の事は思っていたの?
と思ってしまったかなぁ。
厳しいでしょうか。

まぁでもガノンタスは何か優しそうだしなぁ。
少なくともワイルドライガーのようにプライドの固まりって事はなさそう。
色んな事を分かって受け止めたうえで絆を結んだのかなぁと思いました。
この辺はいずれ「出会い」のシーンなんかの回想なんかも語られると良いですね。


ただオニギリの事だけでなく、今回は演出が全体的にイマイチだったかなーとも思った回でした。
いくらなんでもアラシをオニギリと同室に閉じ込めはせんだろうとか。
戦闘中にデスブラストキーのパイプをつなぎ直す所長、それを律義に待ってるアラシ&ワイルドライガー。
なんだかすごく早く動くガノンタス。
などなど。今後気をつけて欲しいかなーと思う事が幾つかありました。

まぁ、とはいえガノンタスはいい感じでした。
重量級ゾイドらしい動きも良いし、もちろんワイルドブラストシーンも良かった。


砲がじっくりと仰角をとる感じが特に良かったですね。
破壊力もいい感じに高く、今後いかなる活躍をするかが楽しみです。


来週はギルラプターが再び登場。
そしてガブリゲーターの登場も近い!?

漫画版だと割とあっさり沈んだキャビア&ガブリゲーターですが、アニメだとより一層強そうな予感がして楽しみです。

7話は演出面で個人的にはちょっとなーと思う部分が多かった回でしたが、深く切り込めそうな情報もあったしワクワクは広がりました。
次回以降にも期待です!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たしかに子供向けということを加味しても、御都合主義というか、オニギリは便利な解説役になってしまった感があります。
お陰でライガーが中型100頭分の戦力という規格外の強さを誇るゾイドだとわかりましたけど。
数ある希少種の中でも飛び抜けて高い攻撃力を持つなんて。
逆にそれだけのゾイドでワイルドブラストをしているのに、紙装甲のギルラプターにかすり傷ってアラシの未熟さが際立つなぁ。
それともライガー伝説に尾ひれがついているのか。
アラシには好感が持てますね。

ガノンタスは非常にIQが高いので、相棒オニギリの苦しみやマニア根性を全て理解した上で心を許したとも考えられます。
自分語りに熱が入って周りが見えなくなったり迷惑をかけてしまうのはマニアにありがちなことですし、オニギリもマニアでキモがられる中で自分を肯定してくれた奴らに騙された感じです。
この辺りはアラシに掴みかかられてるシーンでも複雑な思いで見ていましたね。
加害者でもあるのに被害者ヅラしているようにも見えちゃう…かも。

ガノンタスは寛大かつ信じる力が強いのでしょう。
今作はとりわけ人間に強い信頼を見せる子が多いので、十分考えられますよ。
ゾイドの心に最もスポットが当たった作品かもしれません。

No title

2話に分けてもいいかなって感じは少ししましたね。
でも朝の子供のアニメですのであまり暗い展開にはしない方が良かったとも思います。
わりと今回のデスメタルは本当に酷いことしているので、オニギリも暗くなってると話が全体的に重たくなりすぎる気がします。

ゾイドジェネシスがストーリー全体的に重たくしすぎてたのを反省として踏まえてるのではと思うのは邪推しすぎでしょうか。

おにぎり

マッドサイエンティストの素質ありありですな!という感じなのではないでしょうか。
根っからの科学者・技術者気質なのだと思います。

あんだけ町を破壊されてもゴジラへの「科学的関心」を最優先させて考えいていた(退治するのに大いに不満だった)山根博士の例もあります。
いい人なんだけど、そのことになると見境がなくなってしまう、というキャラクターなのではないでしょうか。

あるいは、例えば、アメリカ軍は日本の敵だったんだけど、マスタングかっこいい……とつい思ったりする軍事マニアも結構いると思うんですよね。その類かもしれません。

No title

今回もデスメタルの開発研究所にガノンタスやガブリゲーターの登場と、見所が多かったですね。

オニギリはちょっとゾイドへの好奇心や興味、元気が強すぎる感がありましたが、
最大限に肯定的に解釈するなら、
あるいはカラ元気であってもそうでもしないと相棒のガノンタスを実験台にしている苦痛に耐えられないのかもしれないと思います。
(これも最大限に好意的な解釈ですが、ガノンタスもそう言うオニギリの心を察しているからこそ、実験に耐えてオニギリにキーを託すだけの絆があったと思います。)

とは言え、そうした好奇心よりも苦悩の方が勝って、もうちょっと悲壮感を出した方が良いと感じる所もありますし、
ちょっとばかりオニギリのゾイドマニアな面を強調し過ぎた感もあるので、
今後オニギリとガノンタスがあのタイミングでキーを手にするだけの絆を持てたかを掘り下げて欲しいですね。

今回は色々とツッコミ所もありますが、
その一方でアラシとライガーの相棒感はより強まっていますし、
デスメタルが現状では使える者が限られるデスブラストをより広く使える様にと画策している事、
直接描かずとも明らかにヤバイと思わせるガブリゲーターの凶暴性の描写と、
見所となり得る要素も詰まっていると思います。

次回は再びギルラプターとの対決となりますが、どうなるか楽しみです。

一番上のコメントをしたものですが

アラシになぜ好感が持てるかが抜けてましたね。
ゾイドを相棒として愛しているからです。
オニギリにも掴みかかってましたし。

悪役の博士たちは酷い事をしましたが、ラプトールは死なずに生きていたので、案外ゾイドは死ににくいのかもしれません。
ラプトールのワイルドブラストの詳細は気になりましたが、ライガー相手にどこまで通じるのか気になりますね。

No title

確かに演出等引っかかりの多い回でしたが、それよりもデスブラストが気になります。キーを刺せば誰でも使える、という話ではない様子。
更に今回、同じ調整状態の同じキーを使ったのに所長とオニギリで成否が別れました。もしかしたらデスブラストは、ライダーがゾイドを道具と考えていることを条件としているのかもしれません。
だからオニギリにはデスブラストが出来ず、ガノンタスもそれを感じていたからオニギリにゾイドキーを託したのではないでしょうか?

No title

そろそろスタートダッシュの時間と予算が尽きてきたのでは……と、少しだけ心配になっちゃいますね。

アラシの旅立ちまでは3話ぶん使ってガッツリ描写しましたが、ペンネやオニギリはいささか駆け足で、どうにか尺に収めるために都合を付けた感があります。また、一方その割に「クワーガでラプトールを持ちあげて落とす」バンクを繰り返すなど、妙なところで尺を使っている感もあります。
今回は戦闘シーンの総量を減らしてでも、オニギリとガノンタスの心情掘り下げに尺を割いても良さそうでしたね(止め絵多くなるだろうから作画スタッフも楽でしょうし。脚本は大変だけど)

今回の個人的なMVPは、(不完全とはいえ)気合いの入ったデスブラスト演出をしてくれたラプトール君ですw

「失敗した悪役を処分するために、落とし穴で人喰いワニ・サメ・ピラニア等々に喰わせる」というのは悪の組織の定番演出ですが、ガブリゲーターがその役になりましたか。…今のところ落とされたのはゾイドだけですが……今のところ人間については明確な死亡描写は無し?

No title

なるほど。オニギリ君の件、見過ごしていました。確かにご指摘の通りだと思います。主題にも関わりかねないところですからね…。森茶先生がこれまた丁寧に描いてらしたので対照になってしまった感も。あちらのオニギリ君は押し殺したような無表情で実験キーを挿したりしてて。アラシに殴られると一転して堰を切ったように辛苦の感情をぶちまけて。彼の罪悪感と恐怖がよく伝わってきました。
描写に気をつけて頂きたいが、今後に期待です。見過ごしてた私が言えた義理は全くありませんけれども(笑)

内容に思うところがないわけではないですが、兎にも角にもゾイドは綺麗ですね!クワーガ好きとしては、今回の初、帝国クワーガがこれまでの野良クワーガと違い、キャップがデスメタル仕様になってて燃えました。

No title

オニギリを見て、「ガールズ&パンツァー」の秋山優花里をコミカルにしたキャラだなと思いました。ガルパンをご覧になっているかわかりませんが、戦車マニアの彼女はチームの知恵袋でありながら、対戦相手のレア戦車を見てテンションが上がる性格でした。子ども向けにシンプルな演出にはなっていましたが、あれと同じような感じかなと。怪獣映画にも必要になる解説役としては、何でも知っている大人(老人)にするか、主人公に近い世代でマニアかガリ勉君にするか・・・ぐらいですよね。

ガノンタスとの関係については、Twitterでは「ガノンタスの方が不完全なデスブラストを発動しないよう堪え忍んでいたように見えた」という意見があり、なるほどと思いました。既にガノンタスはオニギリのことを信頼していて「相棒に間違ったこと(デスブラスト)をさせてはいけない」と我慢していて、かつ刃向かって戦う意志が無いオニギリには「ワイルドブラストを強要しない(≒強要したらデスブラストと同じ)」という忍耐強さという解釈はどうでしょうかね。

なお、ガノンタスの設定は「IQ107」で「体重50t・速度89km」となっています。数値的には、子どもより知能は高く(=大人)、カノントータス(33t・100km)より瞬発力があると考えてもおかしくないように思います。・・・そこまで考慮した演出では無いと思いますけど(笑

個人的に気になったのは、破壊された研究所から相当数の人間が避難してきた場面です。全員がデスメタルの直接敵関係者なのか?それとも労働力として雇用されていたのか?はてさて強制労働従事者だったのか?これがわかれば、デスメタルの社会的立場がわかりそうなのですが・・・。

追伸
マカロニ兄貴と弟チクワがやることなすことアレだったのは、頭の「中身が無い」からだと思います(笑

三式さんはいい人だ

三式さんは本当に優しい方だと思います。

私も20代の頃だったらオニギリの都合の良いところに疑問や怒りを感じた筈なのですが、私が真面目に就活しなかったせいもあってレベルの低い人間性の欠如した職場で働きすぎたせいで徐々に相手の気持ちを考える気持ちが薄れていってしまいました。
職場にアラシの様に道徳的な人間も少数ながら居ましたが、実際に行動を起こすことのできる様な人間は残念ながら皆無でした。
コミカルな描写ながら有能な人材を甘い誘いと弱みにつけこみズタズタにする、中小企業のパワハラ体質を思わせる回でしたが、それだけにアラシの逆襲は痛快だったけど、食べられてしまったゾイド自体には罪は無いのでは……。
あの兄弟には罰があってほしいものです。(あの上司なので何も心配は無いと思いますが)

発見したことはゾイドの目の光が消えることはそのゾイドの死では無いということです。その2体も最後はガブリゲーターに食べられてしまったのですが……

凄い重いエピソードでしたが軽快なテンポでそれをあまり感じさせない脚本だったと思います。
オニギリ君はマッドサイエンス的気質はあるけど基本いい奴だと思いました。それ以上にそれを全部受け入れていたガノンタスの優しさが目立っていたように思います。
アラシもオニギリも自分の信念に正直に生きていると思うけど、ガノンタスはもっと上の領域に生きている存在だと思いました。(昨今ニュースで取り上げられているジイチャンの様なレベルです)

No title

>No Nameさん
オニギリは救出された後で解説要因になるなら良いんですが、つかまっている&相棒が人質になっている状態で嬉々としてしゃべりまくるのはちょっとなーと思ってしまいました。

解説はまぁ絶対的に正しいかは分からないので話半分です。
ゾイドの知識は豊富なオニギリですが絶対的な知識があるわけではないので。

ガノンタスはまぁ確かに色々分かった上でという気はしますね。
でも一言くらいは文句を言っていいきもしますw

>No Nameさん
まぁ確かに過度に暗くなるのは・・・ですね。
ただ終盤で苦悩を乗り越えてワイルドブラストという盛り上がりが欲しかったです。
ガノンタスが過度に優しくないかなーと。

>す さん
状況は分かっているが、それでもおさえきれないサガってやつですね。
ま、でもその上で… ですね。

敵軍の装備をカッコイイと思う事はよくあったみたいですね。
B-29を指して「綺麗」という感想は当時の記録にもよく出てきます。
また有名なものに「B-29は残念ながら立派です」と評されたものもあります。
しかし「残念ながら」なのです。

別のもので例えると、落ち込んでいたとしても美味しいものを食べたら美味しいと思うのが人間です。
でもその場合は「おいしー、サイコー!!」ってなるじゃなくて、おいしいことは認めた上で「こんな状況でも美味いと思い感情が高ぶってしまう自分への嫌悪」がくるんじゃないかなぁと思うんです。

>ラウルさん
ガノンタス、ガブリゲーター。
水辺に関連しそうなゾイドが一気に登場しましたね。

オニギリは仰られている説はあるかもしれませんね。
もはや壊れていた………ただそれにしては割と冷静な部分もあったりしてやっぱり疑問も残ったり。

ま、でも今後の展開でぜひとも挽回して欲しいですね・

>レイさん
たしかにデスブラストはガノンタスではダメでラプトールではOKでしたね。
仰られている説はありそう!!
それと同時に、
小型ラプトール=必要な電力量が少ない
中型ガノンタス=必要な電力量が多い
という違いからデスブラスト複製キーの機能が及びきらずああなったのかもしれないなーと思いました。

>狭霧さん
ペンネは謎を残しつつ魅力を描きつついい感じだったと思います。
思うにこれは旅する少女という立ち位置だったからです。
オニギリは事情が違ってゾイドを人質にとられてるとかデスメタル帝国に関ってるとかそういう複雑な事情が多すぎた。
それで描写が不十分な感じがしました。

戦闘は仰るとおりバランスを見てオニギリの描写を少し増やして欲しかったですね。
惜しかったです。

>マーネイスさん
漫画版とは少し違う部分もありますね。
漫画だと逃走に成功していたし、口調もちょっと違う感じ?
あと打算がけっこう強いかも。
この辺を細かく比較しても面白そうですね。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
解説要員は必要ですよね。その役としてオニギリは最適ですね。
ただそれだけに彼の解説を素直にワクワクして聞けるように最初の登場から救出までをもう少し丁寧に とは思いました。
(どうでもいいんですがワタシ、解説役というと虎丸&富樫が思い浮かぶ・・・)

ガノンタスが絶えてた っていうのはたしかにありそうですね。
それを思うと特にライダーとの絆のないラプトールが成功していた事も頷けるものです。

マカロニとチクワは私も見る眼のない節穴という忌みが込められたネームだと思いました!

>kageさん
優しいかどうかはわかりませんがせめてフィクションなのでその世界ではこうあって欲しいと思う事はよくありますね。
そのフィクションを見て勇気をもらえると思います。

ガノンタスはとてもいいゾイドですね。
優しい、やさしすぎる。
たしかに上の領域って感じがしますね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント