アニメ9話!

今日は9話でした。
「神秘!ゾイドを癒す少年」

タイトルだけで事前にゾイドと触れ合って「念」みたいなのを送って治癒する少年が登場するのか? とか思ってたら全然違いました。
「神秘」という面では5話に出てきた動物を治癒する洞窟の方がレベル高いかも。


さて本話も重要な情報が満載でしたね。
今回「町」が出てきましたが、これがまたゾイドを恐れ嫌う場所。


めっちゃ露骨に嫌がってる。
作中では久々にこういう雰囲気の場所が出てきました。
しかしやはりこの世界の多くはこういう場所なんだろうなと改めて思いました。

ただ気になるのは、この町はデスメタル帝国からどうやって防衛をしているのかという事でもあります。
前回、ゾイドを保有し自警団を形成・デスメタル帝国R.A.P隊に対抗していた町が出てきました。
ドレイクが攻めていた別の「都市」も大規模な自警団を形成し自衛に務めていた。
デスメタル帝国の脅威が広がる中、そのような自衛は必須でしょう。
とすればこの町は一体何なのか。

1、既にデスメタルの支配下である。その為保有の必要がない。
2、デスメタル帝国の脅威を知らず自衛の概念がない。
のどちらか?

1の場合は、アラシが立ち寄ったタイミングはちょうどデスメタル駐屯部隊が不在であったという感じ。
この場合は既にデスメタル帝国に支配されている=彼らの使うゾイドを脅威として恐れていても自然です。

2の場合は、デスメタル帝国は最近になって勃興した若い勢力である。だからその急速な成長や脅威度を知らない場所があっても不思議ではない。
という考えです。
ただ辺境のド田舎であるところのアラシの村でさえデスメタル帝国を知っていたのでこの線は薄そうな気もしますが……。


さて今回は森に暮らす少年シメジが登場。
この少年は「ゾイドはみんな友達だ」の精神を持つ存在。
シメジは森に住んでいるんですが、町の住人は名前やその主張をよく知っていた。
思うに、元々町に住んでいたのだけど、ゾイドへの主張ゆえに馴染めず今では森にたった一人住むようになったのだろう。
その主張は変わっておらず「言う事は言う」ようだけど、一方でその意見でもって相手を納得させる・分かり合う事はもはや諦めている風でもあった。
……シメジはアラシのありえたかもしれないもう一つの未来なのかもしれないなぁ……。


さて中盤からは舞台はシメジの住む森に。
ここでも貴重な情報がありました。
沼にはまったワイルドライガーやガノンタスを救うクワーガたち。


二機でライガー、ガノンタスを持ち上げる驚異の力持ち具合が発揮されていた!
凄いなあさすが力持ちの昆虫だなぁ。
この辺のスペックは力関係を知るうえで重要だと思う。


「金属質の樹液が出る木」なんていうのも出てきました。
舞台は地球ですが、半ばゾイド星(惑星Zi)のように金属成分が多くなっているんだろうか?
ゾイドワイルドの世界では、ゾイドが
「数万年前に地球に飛来した一つの ゾイドコアによって生まれ・・・」
とされています。
コアが飛来した際に、一緒に地球の環境を金属質に変えてしまう何かも起こったのかな…?
世界観への踏み込みは今後も示されていくと良いですね。


今回はまたオニギリとガノンタスの過去も語られました。


ガノンタスやさしいなぁ。やさしいなぁ。可愛いなぁ。かわいいなぁ・・・。
そりゃあ相棒にもなりますわ。
正直7話の初登場時点では印象が悪かったオニギリですが、こういう過去を知る事でだんだん印象が変わっていきます。

オニギリの過去の告白と、それを責めずに向き合うアラシやシメジの姿は印象的です。
一度何かやったら一生必要以上に言われ続ける今のネット社会をちょっと示唆しているような気もする。

あと細かい事ですがゾイドが毒によって冒される事。その治癒として薬草を使っている所も注目だったかも。


後半はいつものようにデスメタル帝国ラプトール部隊が登場。
それとの戦闘に。
今回はラプトールの強い姿が見れて良かったです。
最終的にはガノンタスの亀甲砲でまとめてやられちゃいますが……。

今回はラストがとっても良かったです。
というのもやられたラプトールが森に置き去りにされる→シメジやオニギリがそれを直してこれからは森に住めと言う。
そんなやりとりがあったのが凄く良かったです。

そうなんですよねぇ。
「ゾイドはみんな友達だ」と言うならそれは敵ゾイドにも言える筈なんですよね。
そこをキチンと描いていてすごいなぁと思いました。
悪く言うわけじゃないんですが、第一作では「ゾイドは友達だ」と言いつつデスザウラーに対しては「生まれてはいけなかった存在」とかとにかく邪悪な存在としていていました。
そのあたりに若干のモヤモヤを感じていたので今回は敵側であっても徹底してテーマを貫く意志を強く感じました。
ホントにいい作品になっているなと思います!


あとは、ペンネが登場していたのも注目でしょうか。
これだけ頻繁に遭遇するのでワイルド大陸はけっこう狭い?

あと、明らかにペンネが怪しい行動をしていましたね。
戦闘を監視していた感じ。

以前にデスメタル帝国と関係があるのでは と書きましたが、その線が濃厚になっている気がします。


そんなわけで丁寧な描写に感動したりペンネの謎が深まったりと魅力的な9話でした。
次はギョーザのトリケラドゴスが出てくる感じ。
・・・ガブリゲータはどうなった? という気はしますが、楽しみです!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

色々と世界観も判明してきましたね。
マトモな国あるいは統治機構が存在するのかどうかサッパリ分かりませんでしたが、硬貨や紙幣が流通している以上、その価値を保証している権力は存在するはず…!
(金属質とはいえ)樹液を飲むし、毒も薬も効く。こりゃあ、「ゾイドは何も食べなくていい」というアラシの発言の信憑性がだんだん薄くなってきました。もう少ししたらいきなりライガーが空腹で動けなくなったりしちゃうんじゃないかとハラハラドキドキです(

それにしてもギャラガー様、その寝言と寝巻と寝室の内装は何なんですか……。

No title

ライガーは何を食べているんだろう…
アラシに見つからないように他の野生ゾイドを襲って食べているのかな?
それともゾイドの王は特別で他のゾイドのように飲食を必要としない?

ガノンタスは優しいというか可愛いというか三歩後ろをついてくる感じがしますね。ともすれば都合のいい存在になってしまいがちな性格ですが、オニギリの暴走気味なマニア気質がありつつゾイドに対しては深い愛情を持っているところと相性がいいのかも。一度自分を介抱してくれた事をキッカケに実験として乱暴に扱われても信じてくれるなんて、ちょっと良い奴すぎるよ…
オニギリじゃなかったら、都合のいい存在としてこき使われていたかも。
とはいえ、ゾイドキーの存在から、ゾイドは人間の心の奥を感じ取れる存在でもあるようです。オニギリの純真さを見据えてついてきてくれているのでしょうね。

ちょっと意地悪なつっこみをすると、そろそろワイルドブラスト頼りの戦闘を変えて欲しいですね。ゾイドに負担を強いる諸刃の剣なのでから、先頭にバリエーションを増やすためにも使わずに勝つ戦いが見たいです。
ただまぁ、ライガー以外は毎週解放しているわけでもないし、やっぱりライガーは特別なんでしょう。子供向けアニメでわかりやすい見せ場も必要でしょうし、設定との兼ね合いが難しいところかなぁ。

後半の話で実はライガーはもう解放の反動でズタボロだった。もう一回でも解放すれば死ぬ。そんなになるまで解放して俺たちと何が違うんだ?みたいにデスメタルに突っ込まれて何も言えなくなる描写がある…とかだったら重すぎますかね?
ゾイドは結構シビアで残酷な裏設定を差し込んできますからあり得る話です。それとも、やっぱり終始明るい設定にして、王だから問題なーい!で行くのかな?





デスメタルは終始コミカルに描かれており、悪役になりすぎないような配慮が見られます。それでも批判は出るでしょうが、多分人間第一主義、ゾイド工業利用を手段に自分たちがのし上がる事を考える集団なのかな。
人殺し描写は今の所ないですが、今後の描写でどう受け取られるか変わってきます。難しい舵取りですよ。


全く話が違いますが、知っている声優さんがよく起用されているのも嬉しいですね。

No title

ペンネとデスメタル帝国の関係というか・・・
ペンネとギャラガーに共通点があるようなないような・・・まさかね!

No title

ゾイドを癒す少年はどちらかというとオニギリの方でしたね。
なつくガノンタスも可愛いです。

金属質の樹液が出る木は飛来したゾイドコアに種がついててそれが各地で芽吹いてるとか?

ラプトールを森に開放したのも心優しいエピソードという感じでよかったですね(オニギリが亀甲砲発射時に「打ち壊せガノンタス!!」って叫んでた気がしますがw)。
 
>・・・ガブリゲータはどうなった?
9話まで放送して相対した敵ゾイドがギルラプターとラプトール(+クワーガ)だけというのは少し寂しい気がします。
序盤は味方側をじっくり描いていくという構成なんだと思いますが、デスメタル帝国の幹部と幹部ゾイドがズラッと並んでいる壮観なシーンも早く見たく思います。

No title

ワイルドブラストの負担が気になりますね。オニギリ加入でこまめに整備できるようになって解決したのか、ライガーが意地で負担を隠しているのか…。
流石に過負荷でライガーが死ぬ展開は考えにくいので、負担が蓄積して限界が来る頃に、負担に耐えられる体に進化する辺りかなと思います。

最近オニギリのありがたみが分かってきました。彼がいることで、アラシに知識がないことでライガーに不具合が出る心配が無くなり、少し安心しています。

No title

予告からの予想に反してオニギリ&ガノンタス回でしたね。
王道だけどいい話でした。オニギリくんは、色々と凄いですね(笑

薬草をガノンタスに漏斗で飲ませようとしているところが可愛かった。
なんとなく、映画「シン・ガノンタス」の名場面「プロガノケリス種の活動再開を目的とする有毒物中和薬草経口投与を主軸とした作戦要綱」いわゆる「オニギリ作戦」を思い出しました(妄想)。

あと、アプリでもゲーム内通貨として使われている「ゼニー」が登場したのも面白かったですね。

そして、やっぱり気になったのは、行動が問題だったペンネ。絶対に裏がありますって顔をしていますね。小松未可子が演じるキャラクターで裏がありそうなキャラは比較的珍しいと思うので、二重の意味で今後が楽しみです。

以前に、ペンネ=ギャラガーの妹説を出しましたが、まさかギャラガーの「誕生日おめでとう」の相手はペンネなのでは・・・?

No title

今回は久々にゾイドワイルドの世界における人とゾイドの距離感を感じましたね。

ゾイドワイルドのゾイドは24ゾイドの様に小さいだけに割と簡単に町中まで入り込めるから、
今回みたいな町に来たらみんなから怯えられると言う様な事は容易に起きそうだと思います。
(逆に言うと漫画版機獣新世紀ゾイドの世界観だと如何にゾイドが人々の生活の身近にいるかも分かります。)

オニギリとガノンタスの関係は今回の回想を見ると、
自分のやった事への責任感をしっかり持っているオニギリと、
そんなオニギリの事を理解して受け入れている優しいガノンタス、て感じで、ベストパートナーである事が解りますね。

クワーガやカブター、そして最後に仲間に加わったラプトール達と、
ボロボロになったゾイド達が集まる森も興味深いです。
(ゾイド同士での生態系ってどうなってるんだろうと思いました。)

また、クワーガとカブターの昆虫パワーは流石って感じました。
連携戦術をマスターしたクワーガやカブターの集団なら大型ゾイドにも勝るんじゃなかろうか・・・。

今回のバトルを静観していたペンネに関しては、今後一波乱起きそうに感じます。
何せペンネはゾイドの整備やカスタマイズなどの知識を持っている一方で、
ワイルドブラストを知らなくてデスブラストは知っているあたり、
ゾイドの情報源はどちらかと言うとデスメタル寄りと感じる所がありますし。
(ただ、ワイルドブラストもベーコン達シュプリーム団の様なゾイドに友好的な人達じゃないと知らないのかもしれないとも思います。)

アニメ無印の頃にゾイドとは友好的でありつつデスザウラーを倒さなければならない存在とした事に関してですが、
個人的に思うに、アニメ無印世界におけるデスザウラーはそれだけ異質なゾイドとも言える存在なのかもしれないと思います。

例えばウルトラマンですと、
最近ではウルトラマンXの主人公は怪獣に対して友好的に接しているのですが、
スペースビースト(ウルトラマンネクサスの怪獣)に関しては「共存できない」と言い切っている感じなので、
怪獣との共存を考える人でもヤバイと言える存在はいるかもしれないですし、
共存を考え、対話をしても、その答えが敵対する他ないと言う事もあり得ると思います。

これまたウルトラマンの例ですが、
ウルトラマンティガに登場したガゾートなんかは人間と対話が出来た怪獣ではあるのですが、
その生態的にガゾートにとって友好的な存在とは食料と同義であった為、
結局人類とガゾート(の元になった生命体のクリッター)は共存できずに敵対関係となり、
そうした面をドラマとして描いていたりしていました。

とは言えそうした有効と敵対の関係は作品テーマなどでよく変わる所でもありますし、
今回のラプトール達は、敵として戦いもしたけれど、戦いが終わって、自分達を扱き使っていたデスメタルの連中がい無くなれば、
同じゾイド同士共存できる友達であると描いたのもまた、とても良いと思います。

さてはて、次回は新ゾイドの登場ですが、ラプトールとかも含めて、キットの発売も待ち遠しいです。

No title

>狭霧さん
食べ物は興味深いですよねー。
貨幣なども村や町や都市でどの程度の共通性があるのかなども注目ポイントですね。

食料についてはペンネが教えたりしなかったのかなーとは思いました。
ライガーにも腹いっぱいになって欲しいものですね。

ギャラガー様はステキすぎて! あんな感じのバリエーションを増やして欲しいです。

>No Nameさん
さすがに王といっても基本構造は同じだと思うので食料事情は他のゾイドと同じな気がします。
どうなってるんでしょうね。

ガノンタスはあの個体の気質なのか種全体の気質なのかどちらでしょうね。
悪用されたらヤバそうでもありますね。
火力あるし…、デスメタルが一斉に運用したらとんでもない事になりそう。

ワイルドブラストについてはその通りだと思います。
あまり乱発すると修行回の負荷をかける忠告とは一体なんだったのかという気もします。
慣れてくると負担も減るのかもしれませんが、いずれにしろそこのところは「販促だから」ではなくしっかり見つめなおして欲しい所でもあります。

>No Nameさん
悪役になり過ぎないように。その通りですね。
バランスをとった見せ方が上手いですね。
でも都市を制圧したり、えぐいといえばえぐいですね。

人は極力殺さず。そして灰化において人的資源とする方針な気がします。

>No Nameさん
ヒント:髪の色

>しめじさん
たしかに癒すのはオニギリでしたな。
ただ・・・・、一本角はなぜ片方の角が折れたんでしょうね。
もしかして、何らかの理由で傷ついたゾイドたち。その心をシメジは癒していたのかも。

ガブリゲーターははやく登場して欲しいですね!
第一弾ランナップなのにまだ登場していないって・・・・・。いいんだろうか。

>レイさん
ワイルドブラスト乱発だとさすがのライガーでもへばってきそうですよね。
あとアラシも見えない部分で体に負担がかかってそう。
オニギリはその辺を上手くサポートして欲しいですね。
この二人に、どのタイミングでペンネが加わるのかなぁ。
楽しみです。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
オニギリは行動が大胆ですねえ。いや実に大胆だ。
ガノンタスは可愛かったですね。あのタイミングからすでに信頼していたのかな。
優しいゾイドだ。

ペンネはあからさまにあやしいですよね!
いやほんとに今後に大注目です。敵にはなって欲しくないなー。

>ラウルさん
最近は比較的ゾイドに親しい村が多かったんですが、やっぱり忌み嫌う場所も多いんでしょうね。
大きさから町に入りやすい というのは確かにそうですね。
今までだと24かアタックゾイドくらいしかそれが出来ないもんなぁ…。

オニギリとガノンタスの関係はとてもいいですね。
今のネットを見ていると色んな方に見て欲しいと思います。
許すとか受け入れるって大事ですよね。
もちろん単に甘くすればいいってわけじゃなくて。ちゃんと悪いことをしたと自覚し反省しそのうえで全力で対処したからああなったという所まで含めてですが。


アニメ無印のデスザウラーは別格・特別という所はよく分かります。
ただ「デスザウラーカッコいいなー!! 僕はコイツで旅がしたいんだ!」と思って買ったキッズはどう思っただろう。
そんな風には少し思えてしまいます。
邪悪というのはそれはそれで魅力的な要素でそれを突き詰めて成功したと思います。
でもそれに対する晩の見解は聞いてみたいとも思います。
難しい所ではあるんですけどねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント