マンモスコラム更新

コラムを二つ更新しました、
どちらもゾイドマンモス関連です。
コチラコチラ

改めて雄大で魅力的なゾウさんだと思うばかりです。
・期待の大型ゾイドだが思ったほど活躍できなかった。
・地球人来訪後はゴジュラスがどんどん強くなっていく裏でひっそり旧式化していった。
・寒冷地でデスザウラーを撃退する大金星をあげたが、それで復権する事はなく完全退役していった。
こんなゾイドは他に居ないよなあ…。

悲壮なゾウという部分はエレファンダーに受け継がれていますが、あっちは強くて強力なゾイドだから同じ悲壮でもちょっと違うかなあ。
まぁエレファンダーもあの一戦の後あんまり運用されてる印象はなくて。
期待された割に配備数を増やせなかったというのはある程度似ていると思いますが。

そんなわけでゾイドマンモスのコラムでした。

最近更新がゾイドワイルドコラムと併せてコラムばかりなので、もうちょっと別の更新もしたいと思っています。
台風もあって何かとバタバタしているんですが、せっかくレイノスやアイアンコングも手に入ったことだし撮影から始めようかしら。
(コングはミサイルの修理の目処が立っていないんだけど…)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

コラム読むと、「旧式」というイメージが強かったマンモスがとても魅力的なゾイドだったことに気付かされますね。

ところで、Wikipediaの記事によると、HISTORY of ZOIDSを出典に「ZAC2033に武器と装甲の強化が行われた」という情報がありますね。近代化改装は公式設定のようです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/巨大ゾイド#ゾイドマンモス

さて、話は変わりますが、昨日は「おもちゃ見本市」の記事が幾つか出ていました。三式さんならチェック済だとは思いますが、待望の「改造ゾイド」が登場し始めているようです。改造ウルトラザウルスばりの重砲化グラキオを始め、ミリタリー色が強い改造機が多いのは興味深い。
https://mantan-web.jp/article/20180905dog00m200011000c.html

そして、公式Tweetで「名前は非公開」で紹介している「赤い恐竜型ゾイド」、改造ゾイドの写真の背景に名前が写り込んでいるというオチに笑いました。
https://twitter.com/zoids_official/status/1037313394938769410

いつになるか分かりませんが、こちら絡みのブログやコラムも楽しみにしています。
新旧ゾイドのどちらも沢山書いてくださっていることに感謝です。

No title

戦闘機械獣のすべてではレッドホーンと対峙してないこともあって無双に近かった記憶です。
大人しいがパイロットの命令に応じて遮二無に暴れまくるという、周囲の手を焼かせるゴジュラスより優等生と言う感じでしたね。
整備員にも快く送り出されてる感じで、これがゴジュラスなら「もう帰ってくんな!」とか言われててもおかしくない(実際暴れたら整備員もただでは済まないでしょうし)。

そりゃ一緒に寒冷地に行って一生懸命整備してくれる人もいるでしょうな。。。
ゾイドを整備するために整備員になったのであって、ゾイドに殺されるためではないですし。

No title

忘れがちですがマンモスってゴジュラスと同クラスのパワーを持ってるんですよね<レッドホーンとの戦力差は装甲と火力の問題が大きかったと考えます
それ考えますと一部の企業や研究所に試験用や大型重機として払い下げられたとも思いました
鼻の部分と牙の部分をドーザーにしたり背中の火器を外してクレーン等を増設したりなど。また重パワーから新型砲の試験も考えられますね<シールドライガーの砲も非戦闘試験なら足回りもあり出力も安定して撃てそうです

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
History of ZOIDSはちょっと怪しい情報も満載だと思うんですよねー。
分かりやすい所で言うと各機のロールアウト年がかなりズレています。
しかもアイアンコング完成直後に共和国軍は総攻撃を開始。
結果としてコング量産前に帝国は敗北し暗黒大陸に逃げています。
サーベルタイガー、ウルトラザウルス、カノントータス、グスタフなんかの機体が登場するより前に・・・。
なので一種のパラレルだと思っています。

もし同じ時間軸とするなら、一応そのようなプランもあったし試作ももされたが結局採用されていないだと思います。
なぜかというと結局活躍していないためです。

>場末の葦さん
戦闘機械獣の全てではマーダを鼻で叩き落してましたっけ。
ただ登場シーンはそれくらいだったような…。
しかもアルダンヌの戦いでは確かにマーダを倒していましたが、結局のところ共和国軍を勝利に導いたのはゴジュラスだったので深読みするとマンモスの戦力が見えてくる気もします。
ただ扱いやすさはゴジュラスより上でしょうね。
雷で暴れて到着が遅れるゴジュラス・・・。

>デスペラードさん
初期においてはゴジュラス以上。ただし後に徐々に評価が下がっていったので近代改修がされなかった事が思われます。
それでも民間に払い下げれば破格の高性能機でしょうね。
ビガザウロとともに平和に貢献したと思います。

砲はキャノン砲はチト反動の関係で辛そうに見えます。
あの品ジャンクな足では。
しかしビーム砲ならいけそうな気がしますね。
キャノンビーム砲なんかを積んだら安定して撃てそうです。
残念なのはキャノンビーム砲が完成した時期は既にマンモスが退役していたことですが・・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント