ゾイドとは

アニメ10話の感想は既に1(ゾイド偏)、2(キャラ偏)で書きましたが、今回は補足を書きます。
今回の話では少し気になったキャラの掛け合い話し合いがあったのでその部分についてです。





ギョーザがトリケラと一緒に大道芸をしてゼニーを稼ぐ。
その現場を見てアラシが
「ゾイドってのはゼニー儲けの為に居るんじゃないだろ」
と憤っていました。
兵器扱いするドレイクに向けたような激怒ではないんですが、それでもそんな事しちゃダメだろうと明確な意思はもっていた感じ。

この部分はうーん、これってどうなんだろうなぁ…と思ってしまいました。
「お金儲けは悪い事だ」と主張する人って実際に居ますが、そんな事言われても困る気がするなぁ……。

……アラシの居た村がそんな感じの考え方だったのかなぁ。
アラシの村はあんまりお金とかのやり取りをしてる感じがしなかった。
アラシの村は村の中でもかなり小さな感じがする。まさにイナカ村の名の通り。
あの人口ではしっかりした経済圏を作るのは難しそう。
なので皆が協力して分け合うような生活をしている。その結果としてアラシには金で何かをするという事があまりに見付いていないのかも。

アラシの村について少し考えます。
・ゾイドを嫌っている
・ゾイドから逃げるために高い立地になっている
・下層部の森(ゾイド生息域)に降りる為の縄梯子がある
・森にはクマなどのゾイドじゃない普通の動物も居た
村について分かっているのはこんなところ。

村はあまり豊かな資源があるとは見えなかった。
村(上層部)だけで生活するのは厳しそう。
おそらくですが、縄梯子を伝って危険な下層部に行く。そして動物を狩りその肉、食べられる植物、材木などの物資を上層部の生活圏に持ち帰る。
そうして生活していると思える。
危険な下層部に行くのは力のある男達でしょうか。否応なしにそのような生活をしていればゾイドを嫌うようにもなるかなぁ…。
下に行く男たちはゾイドを恐れるのは当然だし、帰りを待つ女たちはやはりゾイドが居なければこんな心配しなくていいのにとなるのは自然だと思う。
さて、そのような生活スタイルであれば貨幣でやりとりするのではなく「皆がそれぞれ出来る事をして協力する」というスタイルになるのだろう。
お金は汚いというイメージになったのかも。

ただ、やっぱりお金は汚いという意見はやはり賛同しかねるかな。
それはアラシの村の価値観かもしれないけど、他の世界で通用するものではないと思う。

アラシは旅をしているわけですが、旅とは色々な世界を知り自分を成長させるものと思います。
自分がいかに独りよがりな考えをしていたか・無知だったかなどを知り、そして大きな世界に触れて知り。その結果成長するのですね。
もし「自分は正しいからそれを世界中に知らせてやるぜ」という思いで旅をしてしまうと不幸しか生まれない…。

アラシはメンテナンスにおいて自分の無知を知り反省し、そして以降はキチンと行う成長をしました。
お金についての部分でも考えの多様さが今後身に付くと良いなあと思います。


それにしてもお金ってなんで汚いイメージを持たれがちなんでしょうね。
労働の対価にお金を得る。そのお金で好きなものを買う。それってとても真っ当な事だと思うんだけどなぁ。

トリケラも明らかに無理やりやらされているわけじゃなくて同意のうえでやっていたし。
それをダメだと言ってしまうのはどうなのかな。
まぁお金のみを目的として人を不幸にする企業…いわゆるブラック企業というのが存在するのは事実で、そういう企業が扱っているお金は汚いかもしれない。
でもその例をもってお金儲け全体が汚いのであるというのはかなり暴論ですね。

実際にお金を儲ければこそ食料が手に入る。メンテのための道具や消耗品も手に入るでしょう。結果として人もゾイドも幸福になる。
お金は汚いからと言っていたら人も飢えるしゾイドもガタがくる……。
今後ペンネやギョーザが旅の仲間に合流したら、そういう意識も付くようになるのかなぁ。

キッズ向けアニメにあるまじき議題な気がしますが、こういう部分もしっかりとした考えがあると良いなぁと思います。


さて「ゾイドはゼニーを稼ぐ道具じゃない、相棒だ!」とガツンと言ったアラシに対してギョーザは「じゃあ何のために居るんだ?」と問い返す。
アラシはやや間をあけつつ「夢の為だ」と答えていました。

「古大秘宝Zを見つける。その為にゾイドは…、相棒はいるんだ」

「いる」は「居る」なのか「要る」なのかどちらだろう……。
いずれにしろこの答えは正直ずいぶん身勝手だなあと思ってしまいました。
夢、古大秘宝Zを見つけるっていうのはアラシの目標であってゾイドの夢ではない。
ただ「アラシを認めその夢に協力する事について同意している」から一緒に旅をしてくれているのだと思います。

ギョーザはゼニーを儲ける事を目標にしている。
ギョーザは「ゼニーを儲ける事はトリケラも納得済みなんだぜ」と言っていた。
アラシに夢がある。その為にライガーと旅をしている。
ギョーザには目標がある。その為にトリケラと大道芸をして稼いでいる。
あまり差はないと思う。

またその次はゾイドサッカーをやったわけですが、大道芸でゼニーを稼ぐのはダメなのに賭け試合でゾイドサッカーはOKなんかい……とも思ってしまいました。
アラシのOK/NGの基準が正直よく分からん………。
なんかしっかりした考えがあるというより何となくな感覚で決めてる気がする……。

と今回は考えの未熟さが大きく出た回だったと思います。
こういう部分でも成長が見えるといいなぁと思っています。
まだまだ続くわけだから今のところの答えがこんな風に不備だらけなのはまるで構わない。
でも中盤、後半、終盤になるにつれてしっかりした考えを身に付け改めて語ってくれるといいなあと思います。
そんな感想も持った10話でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>なんかしっかりした考えがあるというより何となくな感覚で決めてる気がする……。

これが、ずばりじゃないでしょうか。
アラシが何歳の設定かわかりませんが、いわゆる理屈じゃ無い子供の言い分に思います。それこそ「お父さんがXXと言ってたからダメ」みたいな。意図的に、子供っぽく演出しているというのなら、今後の成長に期待したいですが、どうでしょうかね。

あと、サンラータンに限らず、ワイルドはキャラクターの年齢層がイマイチわからないのはちょっと残念かなと思います。ペンネ、オニギリ、ギョーザは「同年代」なのか「年上/年下」なのか、それすらも怪しい。公式設定出てましたっけ?


全くの余談
ゲームアプリだと「10,000ゼニー=500ゾイドダイヤ=600円」ですね(購入個数で違うけど)。さすがに、現実の通貨とは合わせられなかったようです(笑

No title

自分もアニメを見ている時に同じ場所で引っ掛かりました。

現実でも大金を稼ぐという事に対してどちらかというとネガティブなイメージを持たれる人が多い気がします。
実際年収数千万、数億、それ以上を稼ぐ人がいてその半分近くを税金として納めているから公共サービスが回っているわけで、本来感謝される対象のはずなのですがむしろ「それだけ儲けてるんだから払って当たり前でしょ」みたいな扱いになってるような…。

ただ、記事にあるアラシの村では~を読んで、ひょっとしたらアラシの爺さんの教育方針だった面もあるのかなと思いました。

まだ働いてない子供にとってお金というのは自分の欲望を満たすための引換券以上のものではありません(まだ2歳の甥っ子でさえお年玉をあげるとニヤァって笑いますw)。
小さい子にお金を稼ぐことの大切さを教えるのは難しい、下手をすればお金第一主義という性格になりかねない。
今の段階なら自分が養ってあげられるし、とりあえずはお金ばかりにこだわる人間は碌な大人にならないと教え、のちのちその大切さがわかっていけば……と思ってた矢先に旅にでてしまった。
なんて背景を想像しました。

爺さんがアラシが旅にでるのを反対したのはゾイドのことだけでなく、アラシがまだ未熟だからという部分もあったと思いますし、今後敵味方いろんな人間にあって成長してくといいですね。

No title

ワイルドアームズ1(及びリメイクのアルターコード:F)におけるジェーン・マックスウェルの「命はお金で買えないけれど、お金で買えるものはいっぱいあること、忘れないで」を思い出しますね。

アラシは、初めてドレイクと出会った時もそんな感じでしたね。
「自分の主張を分からせてやる(同じ考えにしてやる)」みたいな主張をしていました。
やっぱり、アラシはまだ何も知らない愚か者の主人公……の、役回りなのでしょう。
そうした主人公は経験を経て成長していくのも役割ですから、彼が今後どのように成長するかも楽しみですし、非常に大事な所ですね。

メタな言い方をすれば、同じタカラトミー枠のシンカリオンがかなり丁寧に描いているので、きっとゾイドワイルドもその辺りを描くことは忘れてはくれないだろうという信頼感が、何となくあります。

まだまだアラシは色々なものに触れ始めたばかりです。
これからたくさんのものに触れてどう成長し変わっていくのか、楽しみですね。

作ってる側はそこがいいたいのではないのでは?

お金を稼ぐ事を否定するより、ゾイドが人間の都合で金儲けのために無理やり芸をさせられるという事を嫌ったのでは?
ただ無理やりというのも勘違いだったわけですが。
ラストのお前実はいい奴なんだな、というのを印象付けるための演出のための言葉選びだったとか?
まだ幼い子の未熟な言葉選びにあまり目くじらを立てなくても……

それにペンネにしろサンラータンにしろギョーザにしろ、一見シビアな面もありながらちゃんと情に熱い面が大きいキャラが複数わざわざいますし、絶対後半に何かあります。
ギョーザの「夢だけじゃどうにもならない」ペンネの「お金が必要」という趣旨のセリフが出ているのもその証左でしょう。
タカラトミーの子供向けアニメは、どのアニメも所々リアリストでシビアなので、最初に純粋で未熟な主人公を丁寧に描き、中盤以降理想だけじゃどうにもならない、という演出を光らせるためのものでしょう。


ただ、深夜のワンクールアニメや映画を見慣れてると、どうにもペースがゆっくりすていてやきもきしてしまいますけどね。

No title

あの狭い村から出たばっかりなので、アラシはまだまだ子供ですよね。
今回のは「トリケラドゴスを金儲けの道具として使っている」と感じたからの発言だと思うんですが、
実際はトリケラドゴスもギョーザがお金に執着する理由を知った上で強力してくれてるような感じです。

ちなみに9話のラストで様々な出会いがアラシを成長させるというようなことがナレーションで言われていたので、
これから色々な意味で成長していくんじゃないでしょうか。

絆が深まってない(足りない)

アラシとワイルドライガーは相棒になったように見えたけどワイルドライガーはアラシの身勝手な命令と行動に呆れており(振り回される)、アラシを落馬(振り下ろす)させその場を見なかったこととしらんぷりしていることからアラシとワイルドライガーの絆が深まってないみたいです
要するにアニポケのサトシとリザードン、ヒカリとマンムー、アイリスとドリュウズとカイリューみたいな関係(構図)です(性格は違うけど)

これまでのアニメ主人公たちはゾイドと最初から絆を深めていったけどいつかアラシとワイルドライガーも絆をより深くしないと。

No title

今回のアラシの言動は色々な意味で狭い村で育った子供って感じでしたね。

ただ、ライガーとの関係もそうですが、それは井の中の蛙だったアラシにまだまだ成長の余地があると言う事だと思います。
完成された主人公もそれはそれでいいですが、未熟な主人公が旅を通して成長する、その物語はまだ始まったばかりなのだから、
ゾイドの知識を学んでいく様に、これから旅に必要な事を色々と学んでいけばいいと思います。

お金に関しては「一気に大儲け」となると悪いイメージも付いてきそうな印象が強いですが、
金は天下の回り物とも言いますし、コツコツと日々のお金を稼いでそれを必要な事に使うのは正しいと思いますし、
個人的にはアラシはそう言う感じでお金を稼ぐ事の良い面を徐々に学んでいけばいいと思います。


今回の違和感が後にアラシが成長していく事で解消されていく、そうした展開がある事に期待していきたいです。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
何となくな感覚で決めてる気がする、とすれば悪く言えば身勝手で独善ですね。
まぁ確かにあのくらいの年齢だとそうなる気もします。
ただ10話、二桁話数というとそろそろ成長も見たいカナーというタイミングです。

年齢について言えばサンラータンはあえて不詳になってる感じがします。
他は…どうだろう。デザインがけっこう独特で推測しにくい感じもしますもんね。
オニギリとか特に不詳すぎる…。

ゲームだと1万ゼニーで600円ですか…。
だとするとあれだけの芸をして600円しか稼げない事はちょっと哀れ。
また救助に要求した額が良心的過ぎる気もしました。どうなんでしょうね。
ただこの世界だと物価がだいぶ違っていて1円あたりの価値が非常に高いのかもしれませんね。
体感的な価値が1ゼニー=1円な可能性はあると思います。

>しめじさん
お金はなぜか汚いイメージになっちゃうんですよね。
特に日本だとそういう傾向が強い感じがする。
その辺にこそガツンと言って欲しいなと私は思います。

アラシ個人について言えば、村や爺ちゃんの方針という影響は強いでしょうね。
・・・ただそれ以前に、そもそもあの村にお金の概念ってあるのかなぁ・・・。
漫画版だとシャーベットがバー(?)みたいなのを運営していましたが、お金を払ってる感じはなかったしなぁ。
イナカ村がどこまでイナカだったのか。気になるなー。

>やまさん
成長をぜひ見せて欲しいですね。
ただ上でも書きましたがもう10話。そろそろ具体的な成長を見たい頃合でもあります。
ワイルドブラスト乱発の戦闘だけでなく通常戦闘でも十分立ち回る。考えも成長する。
一気にじゃなくていいから、そういうのが欲しいです。
もちろん直感を信じる強さはそのままで良いのですが。

たしかにシンカリオンを見ていると信頼感が出てきますね。
同様に長く続く丁寧なものであって欲しいです。

>No Nameさん
あの大道芸を見て「無理やり」と判断した可能性はありますね。
ただアラシはゾイドのことを直感的に理解できるキャラなのでそこは誤らないで欲しかったかなーとも。
ちなみに目くじらを立てている気はありません。

>No Nameさん
子供というかガキンチョですね。
相手を理解する事。それをワイルドライガーとの絆で学んだはずだから、今後はそのことをもっと他のキャラやゾイドにまで広げてほしいなと思います。
よい部分はそのままに。冷静な部分も併せ持てるキャラに成長して欲しい!

>gdさん
ワイルドライガーは、本当に嫌なら多分振り落としてそのまま逃げるでしょう。身体能力的にそれは容易です。
それをしないということはややウンザリしつつもじゃれあいに近い感じじゃないかなと思います。

>ラウルさん
そうですね、成長の余地は確かにめちゃくちゃある状態ですね。
ここいらで成長を見せて欲しいと思うタイミングですが、もう少しガキな未熟な所を描写しておいて、どこかでのタイミングで一気に成長する。そんな事があるかもしれませんね!

今期アニメが全何話かは分かりませんが、長期シリーズで「10話なんてただの冒頭でしかない」と言える位であって欲しいです。
それならば現時点での未熟さも大いに納得できるものです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント