12話感想1

アニメ12話「狡猾の罠!ライガー危うし!」

11話でカンゴク施設を破壊しまくったアラシ一行。
その事態についに四天王のガブリゲーター&キャビアが処刑に動く!


がしかし、正直今回のはちょっと中途半端だったかなーという感想。。。
まずはキャビアが残念過ぎたかなぁ、と。。。
顔芸(髪芸)だけは良かったんですが。

以下、ちと厳し目な感想になります。

前回、キャビアについて狡猾というより滑稽(こっけい)と書きましたが、その印象が覆る事はなかったかなぁ…。
いやむしろ滑稽さが増した感じ。
大量の罠を用意したししていましたが、その運用はしょうもない小物感しかなかった。
その狡猾さ、アラシレベルの正直モンにしか通用しないで…。
しかも全て回避されるか効果の薄いものだったし。
(最初に撃った大砲だけは当たってましたが、あれはあれでアラシなぜ無傷?という疑問もあったり。。。)

うーん。。。。。
どうなんでしょうねぇ。
前回のセキュリティでも書いた事ですが、もうちょっといい描写にできないものかなぁ。

キャビアは四天王という位なのでめっちゃ強い&優秀であってほしかったなあ……。
これぞ狡猾。卑怯と言えば卑怯だが美学はある、そして強い!!
という感じであれば良かった。

同じ四天王でもドレイクと戦えば瞬殺されそう。。。
多分、四天王最強はドレイクだと思いますが、彼をもってしても「戦闘技術だけなら勝てるが狡猾な罠は厄介だ。奴のフィールド内で戦うことはできれば避けたい」と言われるくらいの感じであってほしかったなぁ。。。
それをどうにか三人がかりで倒す。そんな描写を期待していたのでちょっと拍子抜けでした。


戦いは終始1対1で行われましたが、若干疑問が。
まぁ細かく想像するとガノンタスは疲労蓄積。スコーピアは接近して毒針を撃ち込むしかないがそれは危険すぎる。
そんなわけで実質的に戦えるのがライガーだけだったのかもしれませんが。
でもなんだかちょっと都合よく事が動きすぎな印象もありました。
1対1で行くなら、まず疲労でロクに動けないガノンタスを倒す。スコーピアを巨体で制圧して倒す。
この間ライガーは何もできない。
楽に倒せる奴から倒すのさ、と狡猾な所をアピールしていたらアラシの逆鱗に触れてしまう。
怒りでパワーアップしたライガーとガブリゲーターの一騎打ち。
みたいな感じが良かったんじゃないかなぁ。

細かく言うと水中戦に持ち込まれて苦戦するライガー。
かみつかれた!
どうにかして振りほどいて脱出するんですが、その方法が喉の奥に手を突っ込んだから。
思ったんですがガブリゲーターって喉の奥に敵を粉砕するドリル装備がなかったっけ。


これ。
むしろ手をつっこんだら粉砕されるのでは。
こういう所で設定を拾えていないのは頂けないなぁ。

ガブリゲーターに防御力が無いのもちと気になるかなぁ。
ライガーの場合は大砲を受けてもガブリゲーターに噛まれてもなんだかんだで大丈夫なんだけど、ガブリゲーターは1発もらっただけでKO。
ラプトールやクワーガならいいんだけど、大型というのは耐久力が高いというのも大きな利点なのでそこがなかったのはとても残念でした。
特にワニという決して素早くないゾイドは耐久力の高さは優先的に描いてこそな気がします。


あと漫画版ではキャビアとガブリゲーターの出会い、そして「調教」する過程が描かれていました。
これがかなりえぐいシーンで「デスメタル許せねえ!!」という感情を起こさせます。
またこの行為は兵器運用するデスメタルをよく示したシーンでもありました。
アニメだとこのくだりがバッサリとカットされていたので、、、んー……、残念でした。

もちろんキッズ向けだからそこに分かりやすくしたというのは理解します。でもその上でもうちょっとカッコ良く描いてほしいなぁと思います。
ゾイドワールドはメインターゲットに10代男子としています。キッズと言っても小学校高学年くらいがメイン。
この位の年っていうと、子供っぽい者より少し大人っぽいものを求めたりもしがちだと思う。
そこに前回・今回のノリって大丈夫なのかなぁ…と思っています。

んー、実際のキッズの感想ってどうなんだろう。
楽しんでくれているのなら問題ないんですが…。

という事で長くなってきたのでいったん区切って感想その2へ続きます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

予算、予算を……。
四天王を存分に暴れさせられるだけの制作スタッフの人件費を…(切実

もしや話数の都合か?! ギャラガー様やベーコンのバトルを前倒しにしないといけないから四天王は駆け足だったりするのか!?
うわああああぁぁぁん!

……取り乱してしまいましたが、ギャラガー様専用ギルラプターの色はとってもかっこよかったです。

No title

漫画版の方がガブリゲーターも強かったですね。1度はワイルドブラストも破ってましたし。
キャビアとガブリゲーターの出会いは入れても良かったと思います。
あと、ちょっと全体的にゾイドの動きが少なかった気がします。
罠が次々と出てくるシーンはほぼ静止画だったのはさすがに手抜きと言われても仕方ないのでは。
盛り上がる話だったのでもっと丁寧に作って欲しかったですね。

No title

とりあえず前半についてです。
アラシの急成長が見えたので個人的には満足しています。
ワイルドブラストはちゃんとタイミングを見て発動していましたし、「目に頼るな、ゾイドと一体になれ」というベーコンの教えがついに身を結び、視界を塞がれながらも正面のダミーに惑わされずガブリゲーターを撃破しました。一撃で終わったのは、ライガーのワイルドブラストならそう不自然でもないかなと。

No title

確かにキャビアは狡猾と言うよりも滑稽で姑息な感じですね、
正に「奴は四天王の中でも最弱・・・」と言いますか・・・。

当人はその狡猾さで四天王の地位まで上り詰めたと言っていましたが、
果たしてどこまでが本人の実力でどこまでがギャラガーの気紛れなんだろうか・・・。

ただ、あえてキャビア視点を考えてみるなら、
前回顔を合わせた時や今回初手で泣き落としにかかった時の反応を見てアラシの事を正義感だけで突っ走っているバカだと舐めてしまった可能性があるかもしれないですし。
罠に関してはライガーの反応速度と俊敏性が勝った可能性があるかもしれないです。
(そもそもあの罠自体がライガー級の高速機向けではなく対小型ゾイド用だったのかもしれません。
あの基地に捕まってたゾイドはオニギリのガノンタスとアラシのライガー以外はラプトールなどの小型ゾイドでしたし、
ああいう設置型のトラップは以前から要塞に仕込んでいたものだろうから、
本当は対ゾイド戦用ではなく部下や捕虜とかを痛めつけたりする時に使う為のモノだったのかもしれません。。)

まあ、それだと狡猾の異名を誇る割に迂闊過ぎな気もしますが・・・。

あと、最初からアラシとタイマンだったのは、「あの手のバカは仲間を先に倒すと逆上して何をするか分からん。」と判断したのかもしれないと思いました。

口腔内のドリルはもしかしたら相手を食べる時以外はあんまり回さないか、
ライガーの足が当たってドリルを回そうとした所で引っ掻かれてしまったのかもしれません。

防御力の面に関してはデスブラストの負荷で撃たれ弱くなっていたのかもしれません。
キャビアの立ち回りは罠主体であまり動きませんでしたが、それなりの時間デスブラスト状態でしたし、
ライガーの一撃が決まった時点でガブリゲーター自体のスタミナがデスブラストの影響でかなり落ちていた可能性があると思います。
(先述のドリルに関してもデスブラストの影響で回せなかったか反応が鈍っていた可能性もあるかもしれません。)

ただ、個人的にキャビアとガブリゲーターの一番可哀想な所は、
後からやってきたギャラガーに自分達の存在をガブられてしまった所だと思います。
キャビア達もライガーに結構なダメージを与えていたとは言え、
その後のギャラガーのギルラプターの圧倒的な強さとベーコンの再登場に今回の話のインパクトを持っていかれた感は否めません・・・。

と、個人的に今回のキャビアとガブリゲーターの扱いを肯定的に考えてみたりしましたが、
今回はアラシ達の活躍やライガーとの絆の深まりにギャラガーの圧倒的強さ、ベーコン達の再登場と、
見所は色々あったと感じましたが、
キャビアとガブリゲーターの扱いには個人的にも不満がないわけではありません。

ただ、前回も今回もデスメタルサイドが緩すぎる感は否めませんが、
子供的には卑怯者の悪党をアラシがカッコよくやっつけて、
でもその後悪の総本山がやってきて大ピンチになると言う展開にハラハラしてと、
楽しめる内容なのではないかなと思います。

No title

やつは四天王の中でも最弱…、なキャビア様でしたね。
髪型がコロコロ変わるところはコミカルで良かったのですが。

戦闘に関してはワイルドブラストが便利すぎるかな…、9話でライガーが沼に沈みかけていたのに本能開放しただけで何故か窮地を脱出できた時も思ったのですが、今回も拘束具があっさり引きちぎれてワイルドブラストでどんな状況からも逆転できてしまうのがわかっていると戦闘に緊張感がありません。

まあ、その部分は子供向けアニメだから…という事で仕方なしなのかもですがそれでもガブリゲーターの魅力があまり描かれてないのはいただけないです。
販促目的のアニメでもある以上そこは子供向けも関係ないかと。

前回ペンネが人質になったため捕えられるという流れとなりましたが、これなら前回ガブリと荒野で初戦闘、圧倒的な力を持つ四天王の前に敗北したアラシ達は囚われの身となり、今回はそのリベンジマッチ、という流れの方が良かったのでは…などと思います。

いまいちでした

キャビア随分あっさりやられましたね。しかも罠や水中戦など自分に有利な状況で戦っているのに。男塾の蒙古三凶撰を彷彿させました(これは三式さんならわかると思います。)
あとオニギリとペンネが傍観者と化しているのもいまいちでした。直接戦わなくてもいいんですが、オニギリは亀光砲で壁を壊して外で戦うよう促したり、ペンネはゴーグルでどこからガブリゲーターが来るか知らせたりでサポート出来たはずなのに(ペンネはまだデスメタルの手先である可能性が否定できないので敢えて何もしなかったのかもしれませんが)。
気に入らない点が目立ちましたが、アラシがすぐにワイルドブラストを使用しなかったところは良かったですね。

ターゲットのしこう(思考/嗜好)

色々と粗を探せば出てきてしまう回でしたか……。

ただ「今時の子供は〜」と言っても、アラサーになる私がコロコロ(しかも子供向けの方!)を買ってニヤニヤしてたのだから、子供達にとってはちょっと滑稽な方がいいのかも……しれませんね。とはいえ、アラシのお寒いところは、ちょっと直してほしいところ……。

なお、ガブリゲーターの喉についてなのですが、ライガーはドリルと膜の間にある隙間を狙ったのではないかと。まあ、キャビアはいたぶりを楽しんでてその事に気が付かなかったとか?以前そちらのブログでゾイド人が脳筋だというような文を拝見しましたが、私をしてゾイド人の遺伝子が混じった彼ならやらかしかねない…と(飽くまで私の破天荒な仮説ですが)。

No title

四天王最弱、みたいな奴は好きです。スカルミリョーネ、玄武、クジンシー。そういう意味では私はキャビアわりと気に入りました!ただこんな捻くれた理由でキャビアに魅力を感じる人間なんて少数派でしょうね。
とはいえ漫画版のキャビアの方が素晴らしく下衆でよかったなあ。兵器だと認めれば離してやる、とか。本当にひどい奴だった。こちらのキャビアは卑怯で残酷なだけだからどうも薄っぺらくてそこは残念でした。

それよりも展開にものすごく巻きが入ってきたことが気になります。電気タケノコで一話、みたいな引き延ばしをやめて一気に漫画に追いつこうとしてますね。なにかスケジュール変更の香りが…。

私は諦めません

散々冷遇を受けてきたワニゾイドの鬱憤を晴らして欲しかったので、とても残念でした。キャビアはデスブラスト使ったけど意味があったと言えるのだろうか?

ガブリゲーターに動きが少ないのも残念で、販促の意味でも意図がイマイチ伝わりませんでした……最初期にラインナップされ、一体だけようやくアニメに出られたのに。

ギャラガーが違う色のガブリゲーターちゃんに乗って現れることに期待したいです。


キャンサーのデスマスクと、獣王グノンのことも忘れないであげてくださいね。

No title

知略キャラは純粋な戦闘能力はグループ最弱というのは良くある設定ですしね。

恐ろしい事を言う様ですが、戦闘集団て(四天王とか五人衆とか)上手く描けている物語の方が圧倒的に少ないんですよね。
上に居るボスよりは強く描いてはならない。しかし集団自身の優劣関係も細かく描くのは難しい。
結果、最初の四天王が一番苦戦して後が弱く見え、強かったのは最初の一人、とか最後の四天王に時間を割きすぎて他と別次元に強く見え、他の3人とは何だったのか、みたいな評価になってしまったり。

個人的には、ゾイドワイルドは最初疑問のある設定やキャラでも後々丁寧に補完するケースが多いので今は様子見といった所でしょうか。オニギリとガノンタスの関係とか、ゾイドと人のと関わりとかね。

もっとも、キャビアはあの面白キャラで行くのかもしれないのでどっちの場合で行っても愛せるキャラに仕上がってほしいのは本音ですね。我ながら我儘な事を言ってるなぁ…

好きだからこそ高望(この表現が適切かは分かりませんが)してしまうのは良くある事です。問題は分かりやすさを重視するあまり賢さが描き切れていなかった事ですかなぁ。あんまり厳しい事を言うと楽しんでいる人に水を挿すから気を付けないとですけれども。

しかし忘れがちですが、ライガーはゾイドの王。優位性が明言されていますし、頑丈さ生命力攻撃力瞬発力全てが一線を画すゾイドです。ガブリゲーターがあっさりやられたと思えるのも、ライガーが優位だからこそなのかもしれません。




まぁ小うるさい事を言っても、結局は楽しんでみてるんですけどね。そして後半、例のあの人が出てきました。この話は後半に重要事項が詰めこめれてキャビアが割を食った感じでしたが、だからこそ後半が光りました。

今後の展開、楽しみで仕方ありませんね。

No title

子供の感想ですか・・・
残念ながら私の周りの小学生の感想は「知らない(朝早すぎる?10歳くらいはそもそもコロコロ読まない子が多い?)」「知ってるけど幼稚っぽい」ばかりですね・・・
まあ所詮個人の交友関係の範囲(知り合いの子とか職場に遊びに来る子)なんで偏ってる可能性は十分ありますが
無印や/0の頃のようなクラスの男子のほとんどがゾイダーみたいな状態でないことは間違いないですね

確かに管理人さんの言うとおり喉でオエッはないなと思いました

兵器として乗ってるなら、ゾイドとは関係ないですがキン肉マンII世でサンシャインがチェックメイトという超人にあらゆる痛みを与えて痛みに強くなるようにしたみたいに、アラシ「オニギリの言うとおり喉に手突っ込んだのに!?」→「ガブリゲーターにはあらゆる痛みを与えて克服させた!そんなもん効かねえ」みたいなのほしかったです

大型ゾイド有数の耐久力に、調教効果で「こっちの方が攻撃してるのに、毒を与えてるのに倒れない」みたいな絶望感がほしかったです

No title

まぁアニメは子供が見るとはよく言ったものです・・・
大人になるとどうしても否定的になってしまう・・・というより世の中のしくみがわかってしまい純粋な気持ちが薄れてしまうものです
とはいえおっしゃる通り有利な状況を作ってる割にはさらに有利な状況を作るわけでもなくあっさり敗北はいただけませんね

まぁ子供たちが楽しんでいればそれでよいのかもしれませんがおとなの俺らは・・・

No title

大人には不評でも子供には大人気!・・・ってのも都合のいい話だけどね
実際普通は気合の入った子供向け作品は大人が見ても面白いものだし
公式配信の再生数とかも悲しいものがありますしね・・・ぜんぜん流行ってる感がない

No title

なぜだか最近アニメは流行って無い!と豪語する人が増えてきましたねぇ。
あえてここで話す事なんでしょうか。
好きな物に対して好きだからこそ一言言いたくなるのは人情ですけど、何度も受けてないから!再生回数が~というのは頂けないと思います。良い流れに持っていく上でのお小言ならまだしも、こういう事象があるから流行って無いんだけど、で終わるのはどうなんでしょうか。
ショッピングモールで子供に親しまれている事は各所で言われているし、管理人さんも記事にしていたので、良い評判も沢山あるのに…

No title

>狭霧さん
罠のあたりが止め絵ばかりだったのは予算ないんかいって感じでしたな…。
ギャラガーのギルラプターは素晴らしい動きでした。そこに全て回した感じもしますが、ガブリゲーターは悲しすぎるよなぁ……と思ってしまいました。
再登場を切に願います!

>No Nameさん
漫画版も退場は早かったですが、ドラマもあったし強さの印象も残しましたね。
細かいですが罠を退けるワイルドライガーの描写も漫画版の方が良かったです。

作画はもうちょっと動かしてほしいですよね、、。
メカだけでなくキャラと合成する。だから大変なのは分かるんですが、ああも止め絵ばかりではやはりちょっとなぁ…。

>レイさん
戦闘における成長は見えましたね。
ワイルドブラストを使うべきときまで温存する感じはとても良かったです。
平常パートに戻った時にまたラプトール相手に早々使ったりしないかというのは少し心配ですが。

ワイルドブラストはライガーだけが強いのが気になるんです。
ガブリゲーターだって一度はガブリしたわけだから、必殺技とすれば何故あちらは決め手にならず・しかもダメージもあまりなかった。なのにライガーなら何故いいのかという所が機になります。

>ラウルさん
なんかゴマすりとかが上手そうなので、うまいことギャラガーの機嫌をうかがいつつ上に上り詰めたのかも・・・。そうであれば確かにちょっと狡猾ではあるかなぁ…。

キャビアはアラシを舐めていた。そこは確かでしょうね。
まぁ、簡単に相手をなめちゃう姿勢こそが狡猾ではなく滑稽なんですが…。
直前にそうしてなめてかかったからカンゴクを破壊された。その相手をさらになめてかかるのはやはり…。

罠は仰るようにラプトールレベルの期待を想定していたかもしれませんね。
大砲も威力を小型機用に調整していたならまぁ無事でもおかしくはないかな…。
アラシが無傷なのはよく分からないんですが。
でも、そうであるにしても説明はちょっと不足していた感じはします。
どこかで再登場して今度こそ狡猾の名を取り戻してほしいと思いますね。

アラシと1対1だったのは確かに。
そういう思慮があったなら狡猾ですね。
ただどちらかというとオニギリとペンネが戦闘に加わる姿勢を見せなかったのが気になっています。

あらすじを見るととても見所の多い神回のはずなんですが、演出面で足を引っ張った感じがとても強い感想です。
惜しい!

>しめじさん
まさに…。
ドレイクあたりに悪く言われてそうですよね。ヤツと同じ地位であるなどヘドが出るぜ…みたいに。

ワイルドブラスト万能は確かに思います。凄まじい瞬発力、瞬間的なバネを生むのだろうとは思いますが、それにしたって便利すぎるなあという感じは否めない。
ガノンタスは撃つだけだからまだしも、ライガーのワイルドブラストは前能力超化っぽくてちょっとなぁという感じもします。
後々の課題ですね。
疲労がたまる設定もまたどこかで拾ってほしいです。

>YHさん
あっさりやられちゃいました・・・・。
男塾は大抵において敵の圧倒的有利フィールドで戦って敵側が卑怯な手を使って自滅しますな。
男塾の偉いところは敵が毒蛇とかを使うと卑怯とののしるくせに見方になったときはヨッシャー必殺のあの技じゃーとなる潔すぎるところだと思います!

ガブリゲーターは狡猾という位なら常に水に潜っていてチマチマと弱い攻撃を続けてライガーを水辺に近寄らざるを得ないくらいに持っていく。そこから水中戦にむりくり引きずり込むような感じだったら良かったと思います。

>スサイド生田さん
う~ん、私としてはあの滑稽さを良しとするレベルであれば、「喉の奥のドリルの装備はなぜそんなに考えなきゃいけないややこしさを伴って解決したのだ(説明もなしに)」と思ってしまいます。
全体として描写のレベルがチグハグなんです。
解釈としては可能なんですが、、、。

>マーネイスさん
キャラとしてはとても良かったですね。
私はるろ剣の10本刀の帳を思い出していました。風体も強さのレベルも。

漫画版はゲスを極めていて良かったですね。あの説明はほしかったなぁ。
スケジュール短縮はないと信じたい…。

>kageさん
ワニの強さ、タフさを見せてほしかったですよね。
ワイルドブラストしたものの待機させて罠を使うほうが多かったですね。
あれ、無駄に体力を消耗して頂けなのでは…。

生息数はある程度ありそうなワニ。今後の再登場に期待したいですね。

>NoNameさん
知略キャラが戦闘では弱いのは定番かつ良い設定だと思いますが、問題なのはキャビアが知略キャラにまるで達していなかったという所だと思います……。
ただ仰るとおり今後に期待ですね。
私はオニギリが初登場会ですごく嫌いだったんですが、過去回で受け入れる事が出来ました。
いちど「おいおい」と思わせて後から取り返す。そんなのがあると良いですね。

四天王は確かに描くのが難しいですね。最初が一番強いのは主人公達の成長と思えなくもないですが。
四天王的なキャラで上手く描いていた印象があるのはダイの大冒険かなー…。

>No Nameさん
クラスの大半がゾイダーっていうのはまぁ逆に危険な気もします。
なぜかというと超ブームは冷えるのも早いからです。
ジワジワとコトコトあぶり続ける感じなのが長い目で見れば良いこともあります。
今期はそれを狙っているとも思うので、そこについては大丈夫かと。
ただ具体的な感想はちょっと気になりますね、、、。
適度にシリアスな部分も出してバランスをとってくれればいいんですけどね。

>No Nameさん
仰られているような展開だと熱かったんですけどね!!
それ最高ですね。
サイヤ人編で苦労してナッパの尻尾を握ったピッコロ。しかしナッパはとっくの昔にそれを克服していたのだった…みたいな期待させて絶望描写はイイ…。
またガブリゲーター自身が半端ない。こいつの口はやっぱり何から何まで危険だという描写にもなるので嬉しいですね。
「こっちが○○してるから倒せた」というのは対ザコ戦ではOKですが、ボス戦の場合は「○○してるのに…!いつもみたいにいかない…!」という絶望がほしいですよねぇ。

>No Nameさん
子供が見るもの。それはわかりますが子供だましと子供向けは違います。
https://togetter.com/li/1252350
こちらに詳しいですね。オススメ記事です。
残念ながらカンゴクのエピソードは悪い例になったと思います。

>NoNameさん
上でも書きましたが再生回数はそこまでは深刻じゃないと思います。
一気に超ブームになると冷えるのも早くなる。富士山型のグラフになるわけですね。
長い目で見れば頂点部の高さは若干低くてもジワジワ行き続ける、山脈のようなグラフを維持できれば息の長いコンテンツになります。
そこを目指していると思います。
富士山型のグラフで物を作ると後が大変です。そうした先に待つのは多分機獣新世紀ゾイド後期からのライガーラッシュ…。
そこの反省が込められた展開だとは思います。
まぁ、そうはいっても今話はちょっとアレだったので巻き返してほしいです。

>eonetからのNoNameさん
すいません、ちょっときつい事をいいますね。
以前に掲示板でこんな事が書いてあるとか売れ行きがどうだとかネガティブな事を散々書いたあなたが言う事じゃないでしょう。
自分は思った事を言う。でも人が気にくわない事を言ったら噛み付く。
これはまったく頂けないですよ。ちょっと考え直された方が良い。

以前から何度かそういう事を指摘しております。心当たりあると思います。
だから今回はちょっときつく言っているんです。どうかご理解下さい。

私はこのコメ欄はNo Nameでまるで構わないと思っていますが、そういう事されるなら話が違ってきます。
他のNo Nameさんが萎縮しかねない事態と認識しています。
ご自身を見つめなおしてください。
また再度お名前を名乗っていただけますようお願い申し上げる次第です。

管理人さんへ

申し訳ないです。どうも最近他のスレッドなどで、同じ様に売上を引き合いに出して今のゾイドは昔より受けていないと決めつける人が増えている印象があり、非常に不快に思いその手のコメントにかなり敏感になってしまっていました。


ゾイドの12年ぶりの大成功、おもちゃ売り場での和気あいあいとした雰囲気、実際に親子が楽しげにゾイドを買っている事を度々見ているので、水を挿してほしくない思いもありました。

自分も楽しんでいる中で、実際に親子に受けていると実感が出来るシリーズは本当に久しぶりでしたので、そういった批判に不寛容になっていました。
それだけ新シリーズには期待と熱意をもって応援しておりますので、我儘な事を言えば批判してほしくないという思いはありました。

本当に申し訳ございません。

No title

地域差とかもあるのかもしれませんねえ
言っちゃあ悪いが正直お世辞にも出来が良いとはいえないアニメ
初動こそがっつり売れたけど再入荷からあんま減ってない近所のおもちゃ屋
仕事柄複数の小学生と趣味のものについて話す機会が多いので聞いてみてもゾイド買ってるよって子に今日まで出会ってない等あってこりゃあアカンと思っていましたが・・・

No title

>eonetからのNoNameさん
自分の機嫌を他所に持ち込まないない事は当たり前の事ですのでお気をつけ下さい。ここでも他所でもです。
またこれだけ申しても名乗る事をして頂けないようですのでその点については諦めました。
そのかわりに私としては他のNoNameさんをかばう事を優先しますのでその事はご理解下さいますようお願い申し上げます。

>No Nameさん
地域差は多分あると思います。大阪では「そこそこ」はやってる感じを対関する事はありますね。
順調に売り場面積が拡大されている場所も多くあります。
あと、あのヨドバシカメラ梅田店ではかなりいい位置にでっかくゾイドコーナーがあります。
反面イマイチな扱いなのはトイザらスという印象かなー。
地域差は個人ではなかなか判断しづらいので、こういう時にこそネットを活用したいですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント