13話に期待

さてさて今日はアニメです。
13話はギャラガー(ギルラプター)とベーコン(ファングタイガー)が動きまくるはず。
12話のちょっとうーんな部分を取り戻すべく神回になってる事に期待しています!

多分ですがギルラプター、ファングタイガーのアクションが見応え抜群なのは約束されたようなものと思います。
贅沢を言うとガノンタス、スコーピアも傍観に徹さずある程度動いて欲しいなぁーと期待しています。
具体的に役に立てと言うわけじゃないけど、見てるだけだとやっぱり「逃げるか加勢するかしろよ」と思ってしまう。
たとえば加勢しようとして止められるとか(動きの遅いガノンタスや軽量級のスコーピアじゃ邪魔にしかならん!みたいな)です。ぼけーっとしてるだけじゃなくて何らかの行動があるといいな。

ワイルドライガーはどうでしょうね。12話ではオイルが漏れてボロボロだったんですが、一旦撤退して回復につとめるのか、それともタイガーと共闘するのか。
いったん引くなら戦いたいところを我慢してこの場は信頼するアニキに任せるとか、共闘するならボロボロのライガーとアラシだがそれでも奮い立つとかそういう演出があるといいなと思います。
できれば「知らん間に全回復してたぜだから共闘するぜ」ってのは避けて欲しいかも。。。
宇宙戦艦ヤマトの第三艦橋よろしく破壊されても翌週にはなぜか大復活してるみたいなネタ要素も悪くはないんですが、あまり過度だとやっぱり主役機やライガーは理不尽に優遇されてんなーという印象になってしまいかねないので。


デスレックスは漫画版だと絶望感を素晴らしく演出していました。
コロコロ10月号を買った方は分かると思いますが、ベーコンが加勢してからの爽快感。デスレックス起動後のベーコンの最後のコマの言葉はかなりきますね。
アニメでもあの絶望感があると良いのですが。

死亡フラグ的な噂もあるベーコンですが、さすがにファングタイガー発売もまだ先なので大丈夫だろう……と思いたい……。
でもなぁ、トミーはゴジュラスギガの前科もあるからなぁ、何が起こっても不思議じゃないぜ。
頑張れファングタイガー!

今回からはOPとEDも変わるのかな?
それも見所ですね。楽しみです。


ところで後一つ、ペンネたん。ペンネはけっきょくデスメタル側と何の関係もないのかな……。
その事も気になっています。


ギャラガー到着後も特にどうという動きはない。
ギャラガーはまぁあのキャラだから、戦闘終了後に「あ、ペンネ居たんだ~!」とか言い出しても不思議ではない気がします。
ですがペンネ本人が逃げたり隠れたりしていない事から、やっぱりデスメタルとは関係ないのかなとも思い始めています。

んー、でもこれだと事前に「ペンネは謎の多い女として登場します。果たしてペンネの正体は・・」とされていた事とはいったい……。
もしかしてゾイドワイルドの世界にはデスメタル帝国を超える大きな何かがある。ペンネはそれに関与してる…なんて可能性があるのかなぁ。
や、でもやっぱりデスメタル帝国と何かつながりがある気がする。
ワイルドブラストを見て「デスブラスト?」と誤認していた事。ゾイドを癒す森で戦いを静観していた事。あの辺はやっぱりデスメタル帝国との関係を強く思わせる。
まぁ、デスメタル帝国は勢力を拡大して世界の大きな脅威になっている。そんなだから彼らの使う技なんかの情報もある程度広まっているのかもしれない。
ペンネは一人旅をしているししっかり者だから情報収集などは入念に行っているでしょう。
だからデスブラストの情報は知っていても不思議じゃないかもしれないし、戦いを静観していた一件も面倒事に巻き込まれるのはゴメンと思ったとすれば不思議ではない。
なにせ積極的にデスメタル帝国と敵対したら指名手配されちゃうからねぇ。。。。
あのシーンは、実はアラシたちを信じており積極的に戦いには加わらない。でも万が一ヤバくなったらその時に救助できるよう戦いを監視しつつ待機していた…、そんなシーンだったのかも。

ただもう一つ、やたらと遭遇回数が多い事。これもやっぱり気になるなぁ。アラシ一行を監視しているととられても仕方がない遭遇率。
特に10話のギョーザ登場回では半ば隠れながら見ていたようだった。ギョーザが指摘したから出てきたものの、そうでなければどうなっていただろう。
その直後「よく会うな、尾行してるんじゃないのか」と言うアラシに「そんなわけないじゃない!」と強く言い返していましたが、ズバリ言い当てられた時に逆切れするのは常套手段…。
だからやっぱり何かあるんだろうなぁとは思っています。

もしホントに何もなかった場合は、遭遇率の多さは一体どう説明されるのだろう……。

……ハッ、もしや初登場回…不思議な洞窟での一件いらい実はワイルドブラストできるアラシに惚れてた。
だからどうしようもなく後を追ってしまう。けどツンデレちゃんなので素直に言い出せない。
そんな事情が?
それだったらそれはそれでいいような気も…………いや、ないか。

まぁ万が一億が一そういう事実だったとすれば、アラシにはちゃんと見合うような成長を更に望みたいところでありますね。
そんなわけで13話です。
今日も早起きして見ましょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

新しいOP/EDは10月放送分から、という情報をどこかで見たような気がするのでまだでしょうかね。
前期OP/EDは聞き納めの可能性があるので「ちゃんと、ありがとうぐらい言っておく」気持ちで聞くことにします。

>戦闘終了後に「あ、ペンネ居たんだ~!」
あ、ありえそうで怖い・・・

No title

以前、スクショをすっかり撮り忘れて、キャタルガについて微妙に間違ったことを書いてしまったので訂正を含めて……

以下、放送中dメニューのゾイド図鑑より引用。ネタバレ注意---

キャタルガ
カイコガ種。掘削と牽引に優れた中型ゾイド。本能解放時、回転顎が前方にせり出してくる。防衛本能として地中に穴を掘り身を隠すのが目的だが、他のゾイドに遅い掛かることもある。

ファングタイガー
サーベルタイガー種。パワーを活かした単騎突撃を得意とし、至近距離の牙攻撃で敵を仕留める。本能解放時は2本の巨大な牙をむき出し、敵を両断。1000万Vの電撃を発射する。

アンキロックス
アンキロサウルス種。襟で音波撹乱する特殊小型ゾイド。フリルで音波を収束させ、反響により獲物の場所を特定。一気に音波を放出し、敵を異常化させる。それは人体にも影響する。

デスレックス
ティラノサウルス種。最も凶暴なゾイドの王。本能解放時、大顎と第二の顎で敵に被りつき口内のスクリューミキサーで粉砕する。相手が粉々になるまで決して離さない。

---引用ここまで(私が打ち間違っていない限り、漢字変換も原文のまま)

感想はまた後ほどに。

No title

今回はなかなか熱い展開でした
これでアラシも一歩成長したかな

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ギャラガー様だと何をやっても「ま、帝王だからな・・・・」で納得しちゃいそうですな!

>狭霧さん
情報ありがとうございます!
全機種ともまだ発売前なので機体が膨らみますな!!

>ぬりさん
めちゃくちゃ動きましたね。
今後に期待がもてます!!!!!!!!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント